IT業界は伸び知りがある業界の一方で、激務薄給なのは本当ですか?

385

ITは伸びしろのあるやりがいある業界な一方、一般に激務薄給であると聞きます。
メガバンのユーザー子会社など、四季報を見る限りはそうでもなさそうですが、大手SIERについてもこれは当てはまるのでしょうか?

SIer(システムインテグレータ)ITワークライフバランス

ユーザー名非公開

回答 2件   応援 0

各社の内情を知るわけではないのであくまで参考に。

激務かどうかは会社、部署、チーム、プロジェクトによって大きく変動します。

また激務には種類があり時間的拘束を伴うものや高い成果物を求められる精神(能力)的なものもあります。

何を激務とされるかによって感じ方は変わると思いますが、暇な業界ではなく人手も不足しているため。高給が欲しければ必然的に激務になります。

ここからが重要ですが、激務薄給か高給かの分岐点はご本人の能力次第になります。

仕事に能力が追いつかなければ激務に拍車をかけるでしょう。裁量労働制など残業代が含まれている制度で優秀な人が毎日定時で帰っているのと、そうでない人が毎日2時間残業していれば同じ会社であっても各々に感じ方が違うはずです。

そもそもですが薄給だと感じれば転職をすればいいのです。きちんと能力が伴っていれば激務薄給の会社に滞在し続ける事はありません。

ご本人次第で夢のある業界である反面、自己研鑽を怠れば、疲弊していく業界だと私は考えます。

頑張って下さい。

ユーザー名非公開1

下請け企業になると激務になりやすいですよ。

子、孫請けぐらいならまだいいのですが、4次5次受けとかやばいです。

下に行くほど給料は安いが仕事は同じだかしないといけません。

上の方のいうとおり実力次第ですので自分のスキルをつけられば自分のペースで働けますし、給料ももらえます。

私もここ最近残業あまりしてませんが、年収は上がり続けてますよ。

もっと上を目指しているので、残業はしてないけど勉強はかなりしています。

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー