• HOME
  • 転職
  • 50代から転職先を探すのはリスクが高いでしょうか?

50代から転職先を探すのはリスクが高いでしょうか?

265

53歳で、とある企業に勤めております。

中小企業の事務員として数十年間働いてきました。
ただ、給与が少なく、今後の余暇を考えたときに、もう少し貯金ができるくらいの給与が欲しいなと思っています。

数十年間勤めたキャリアを生かして、年収待遇の良い企業へ転職をしようと思うのですが、これから転職先を探すのはリスクが高いでしょうか?

今の職場を失ってしまうと、生活が非常に困窮する状態でもあり、なかなか行動に移せないでおります。

もし、何かしらの良い対策方法やリスク回避の方法があれば教えていただきたいです。

ご回答よろしくお願いします。

50代転職転職活動

ユーザー名非公開

回答7

ユーザー名非公開1

転職先を探す時は会社を辞めないのが鉄則。 内定をもら...

続きをみる
転職先を探す時は会社を辞めないのが鉄則。 内定をもらったら退職日を決めてください。退職報告もその時です。 なのでリスクなどありません。 ベンチャーや比較的若い会社はベテランの人が欲しいところもありますよ。 探せばあると思うので、焦らず転職活動してみてはどうでしょうか?
ユーザー名非公開2

心配するよりまず、行動してみましょう。 結果がついて...

続きをみる
心配するよりまず、行動してみましょう。 結果がついてくれば良しですし、自分を見直す機会になるんじゃないでしょうか。 やる気のない若者より、やる気のある50代のほうが私はよっぽど採用したいです。
ユーザー名非公開3

辞めてから探すような書き方ですね。転職は基本的に在職中...

続きをみる
辞めてから探すような書き方ですね。転職は基本的に在職中にすすめ、決まると辞めます。文面からみてズルさがたりず、転職失敗しそうです。いい会社に拾われればいいですが・・・

小さな会社を経営しております。プログラマーです。 な...

続きをみる
小さな会社を経営しております。プログラマーです。 なんだかうまくゆかなさそうな雰囲気です。 転職そのものはできるとは思いますけど、お給料は最初の見た目は上がってるはずが手取りでは下がったりしますし、人間関係や仕事のノリについていけないなどお給料以外の状況も含めて現在より良くなるとはいえない賭けをすることになります。 老後の余裕を考えるなら、副業の道を探して定年退職と同時に独立するほうがマシではないでしょうか。例えば宅建や税理士の資格をとってみてはいかがでしょうか。

辞めてからさがそうと思わないでください。 日本IBM...

続きをみる
辞めてからさがそうと思わないでください。 日本IBMの先輩は、ロックアウト解雇後、3年かけて再就職をすることができました。 50すぎると厳しいです。 先輩 900万→450万となったそうです。 とにかく年齢制限が厳しいということです。 なので、絶対に現職を辞めてさがそうと思わないでください。
ユーザー名非公開4

今のキャリアがどのようものかに寄ります。 100件は...

続きをみる
今のキャリアがどのようものかに寄ります。 100件は、応募しないと、まず、エントリーや履歴書で落ちます。 紹介して、貰える様な得意先や知り合いがいますか? それがないなら、なぜ、今が給料が安いのか考え見てください。 50過ぎたら、管理職を求めていますからね。
ユーザー名非公開5

人材業界に勤めています。 現実的なお話をすると、50...

続きをみる
人材業界に勤めています。 現実的なお話をすると、50代で中小の事務経験あり→全く潰しのきかない人材です。 簿記検定やその他何かしらの資格があればそれに応じて、という感じでしょうが… その年齢でその職種だと大幅な年収UPはかなり可能性が低いので、前の方が仰っているように副業をお勧めします。
この質問に関する記事
【50代の転職】失敗しやすいって本当?成功するための秘訣を紹介

【50代の転職】失敗しやすいって本当?成功するための秘訣を紹介

人材不足の深刻化やて転職市場の活発化に伴って、50代の方でも転職のチャンスを得ることができるようになりました。年収や待遇から他の企業に転職したいと考...

3289
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料