• HOME
  • キャリア
  • 最近のゼネコンの残業や仕事の働き方は以前と比べてホワイトになりましたか?

最近のゼネコンの残業や仕事の働き方は以前と比べてホワイトになりましたか?

805

最近のゼネコンの実情についてお聞きしたいです!
ネットなどで調べると他の業種に比べ建設業は未だに残業だらけと書いてあるのですが、先日某スーパーゼネコンの方とお話しした際、今は労働基準が厳しくなったから心配ないとお聞きしました。また、年末年始は仕事がなくて長期休みがあると聞きました。

現場と本社などでも違いがあるとは思うのですが、本当のところはどうなのでしょうか?

ゼネコン残業ワークライフバランス

Fghjkl245

回答1

ベストアンサー
ユーザー名非公開1

ゼネコンのメイン業務、施工管理職についてコメントします...

続きをみる
ゼネコンのメイン業務、施工管理職についてコメントします。年末年始、GW、お盆休みはしっかりとれます。ただし、それ以外は三連休がなかなかとれません。また祝日はほぼ勤務です。現在個人として良くて4週8休取れますが、だいたい6休か7休程度です。法令で残業規制が未だに月80時間まで許されています。そのため、残業は80時間超えない程度まですることが多いです。2024年になれば法令が月45時間までとなるので他の業界と同じになるでしょう。 本社勤務の場合は普通のサラリーマンの生活ができますよ。
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料