• HOME
  • キャリア
  • 事務職は、AIなどにより、なくなりつつありますか?

事務職は、AIなどにより、なくなりつつありますか?

166

事務職とSE職。
就職を控えている学生です。
事務職は、AIなどにより、なくなりつつありますか?最近は事務職人気で、競争率が激しいと聞きました。
また経理の求人は少ないですか?
会計士の勉強を前していて、簿記1級は持っているので、経理という選択もあると思います。しかしそこまで興味はありません。
そして、経理は給料が低いと聞きましたが本当でしょうか?

SEは、文系ですがプログラミングの授業が学校で多くあり、純粋に興味があります。しかし、基本情報技術者の勉強を通学中少ししていますが、難しく感じます。SEの仕事についていけるか分かりません。

また、ハロワの方に、転職のとき、SEから事務職は難しくないが、事務職からSEは年齢的なこともあり難しいと聞きました。

一生してゆく仕事であるため、慎重に考えたいと思います。アドバイス頂けると幸いです。

事務人工知能(AI)

ユーザー名非公開2018年12月22日

回答3

ベストアンサー
ユーザー名非公開1

しっかり将来のことを考えてられていて素晴らしいですね。...

続きをみる
しっかり将来のことを考えてられていて素晴らしいですね。 質問者さんが考えているとおり事務職は少ないですし、競争率が高いです。 でも受けて受かったらラッキーだと思って入った方が良いかもしれないです。 事務職は前々から業務のシステム化が進んでいて求人や募集人数が少ないですし、AIの技術が発達していくことによってさらに少なくなるかと思います。 リクナビ等で事務職の求人を見ると、あきらかに営業やSEに比べると募集人数少ないことが分かるかと思います。 しかし、まだ経理は事務職の中では需要は多いと思います。Indeed等の求人サイトで事務と検索すると経理の求人は割合が多いです。 また、質問者さんは、簿記1級を取られてるので他の事務職志望の学生より有利に就職を進めることが出来るはずです。 そうはいっても、経理の仕事もSE等の仕事に比べたら少ないですし、経理ソフトも発達して人手がいらなくなってきているので経理一本で就活はしない方が良いとは思います。 経理の給与については私は詳しくは分かりませんが求人サイトで色々な職種で検索して比較してみると良いですよ。職種ごとの給与の傾向が見えてきます。 それから、簿記の知識を生かせるSEの仕事(税理士法人や経理ソフトの開発をしている企業)もありますのでそういった仕事を考えてみても良いかもしれません。 基本情報の勉強とシステムの勉強は私もしているのですが、慣れもあるかと思います。 最初は慣れない用語が多く、やっていて訳が分からないことがあるかもしれませんが、繰り返し読んでいるうちにだんだん分かってきます。 人によって向き不向きがあると思うので断言できませんが、簿記1級を取られてる方なら勉強を続けているうちに分かってくるはずです。 とはいっても、難しいので金銭的に余裕があったら講座に通った方が近道かもしれません。 こんなことを言って良いのか分かりませんか、基本情報を取っていなくてもSEの仕事をしている方は沢山いるのでさほど心配しなくても大丈夫かと思います。(もちろん取るに越したことはないです。) つまり、実際の業務と資格の内容は異なるということです。 SEの仕事はイメージが湧きにくいので、1dayや2dayのインターンに参加してみると良いですよ。 ハローワークの方が言うようにどちらかというとSEから事務職は難しくなく、事務職からSEは難しいですね。 事務職だとSEに必要な専門的な知識は身に付かないので、SEになりたいなら転職するときに難しいです。(人手不足ですので不可能ではありませんが。) 事務職からSEになりたい場合は業務外で勉強することになるかと思います。

学生ということですが、大卒で新卒採用(2020年4月入...

続きをみる
学生ということですが、大卒で新卒採用(2020年4月入社)の就活を控えているという前提でお話しさせて頂きます。高専卒等、学歴の情報をご教示頂ければ、ご返信頂けるとありがたいです。 私はITコンサルの仕事をしており、資格ではITストラテジスト、システム監査技術者、応用情報技術者を持っています。30代前半です。監査法人の勤務経験もあるので、会計士の仕事についても必要であればお尋ねください。 まず、事務職は範囲が広い概念の用語なので、具体的な仕事内容としてどんなことをしたいかを考える必要があります。一般的には、事務職は「人事、総務、経理、財務、広報、経営企画、商品企画、マーケティング、営業」等の仕事があります。一方、技術職は「研究、開発、生産技術、システム開発、品質保証、知的財産管理(いわゆる特許)」等があります。 総合職の事務職でしたら、入社後に上記のどの仕事に配属されるかが決まる会社が多いです。職種別採用をしている企業も最近は増えてきたので、入社後に担当する仕事が内定を得た時点で確定することもあります。 求人の多さとしては、経理の職種別採用をしている会社は少数派です。 また、今後は、経理の中でも単純作業はAI等の自動化が進みます。財務など会社の投資戦略を考えるような仕事は人間がAIを活用して仕事することになると思います。 給料水準は職種ではなく、企業が定める給与テーブルで決まるため、同じ会社であれば、仕事内容が違ってもほぼ同じです。変動要素は残業時間と、部門ごとの業績連動賞与くらいです。 なので、給料水準が高い業界か、業界内の上位企業に入社すれば給料は高くなります。 SEの仕事は、人間の仕事内容を網羅的に場合分けして、ルールを構築し、システムで自動処理できる仕組みをつくることになります。なので、論理的思考力が必要とされます。 資格取得は必須ではないですが、国家試験で問われる内容は仕事に直結する内容が多く、勉強が楽しければ仕事との相性は良いと思います。一流と言われる企業のSEは上位資格を名刺に書いている人が多いです。 長くなりましたが、気になる点があれば追加でお尋ねください。

SEなんて大半はIT特化型の事務職みたいなものなので、...

続きをみる
SEなんて大半はIT特化型の事務職みたいなものなので、事務職がAIやらで消えてなくなるなら同時になくなりますね。 実際メガベンチャーではG SuiteやらSlackやらを駆使して「事務職」ならぬ「事務仕事そのもの」がなくなっできています。そこにはSEなんて職はありません。PO、インフラエンジニア、フロントエンジニアといった感じで分かれてます。 もちろん間接部門もあるけど大企業に比べればずいぶん少ないはずで、その分発言権もないと思います。人事の人でも普通にSQLくらいはかけたりします。 もちろん旧来の大企業も突然消えるわけではないですが、先細りには違いないです。間接部門の人件費が安い分爆発力があるわけです。 職称ではなく会社の中身で判断すべきですね。

この質問に関連する求人情報

正社員begginer_image未経験者歓迎上場企業転勤なし
JOHNAN株式会社
<予定年収>
東京都
正社員上場企業
SGシステム株式会社(佐川急便のSGホールディングス)
<予定年収>
東京都
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料