学生の頃からずっとやりたいことがみつかりません。

13818

現在大手に勤めているのですが、やりたいことが見つからず、仕事も面白みがなく淡々としている感じです。
人生で大きな判断をする上での基準について人に聞くと、色んな方から「やりたいことをすべきだ」と言われるのですが、その「やりたいこと」が自分にはないのです。
思い返せば学生のときも同じことを言っていたような気がします。
どうすればよいのでしょうか。本当に困ってます。
アドバイス、よろしくお願いします。

モチベーション

ITアンパンマン

回答 11件   応援 9

@kfckfc: 人によって様々かもしれませんが、ひょっとしたらまだ「ワクワクできる何か」に出会っていない可能性もあると思います。

だとしたら色々といつもと違うことにチャレンジしてみるのも良いのではないでしょうか。その中で小さく心が動いた事を大切にすると、自分のことをもっとよくわかる可能性が上がると思います。

素晴らしい何かに出会える事を祈っています。

ご回答ありがとうございます。
@jobq46189: さんの回答を拝見し、仕事を言い訳にしてチャレンジを怠っていたと感じました。
いろんな場所に積極的に足を運んでみようと思います。

@kfckfc: 健闘を祈っています!

「やりたくないこと」なら挙げられるのでは? そうしたら、その裏返しですよね。

それ以前に、やりたいことがなければいけないとは思いません。何かに縛られず自由に生きられるのは素晴らしいことではないでしょうか。やりたいことがあると、視野が狭まるというマイナス面もありますしね。

ご回答ありがとうございます。
@Ordinary Cruncher: はやりたいことではないお仕事をされていて、悶々とはされませんか?
私はキャリアを通じて悶々としながら働くのが怖いと感じています。
やりたいことを仕事とせず、楽しく働くためのコツや考え方がございましたらぜひいただきたいです。

自分にやりたいことがないなら、自分のことばかり考えず、他人のやりたいことを助けてあげてはいかがでしょうか?
恋人や家族、会社の上司や同僚、あるいは社会全体、いろいろあると思います。

@Ordinary Cruncher:
今までなかった視点でした。他人のやりたいことを助ける、それが自分の仕事のやりがいかもしれません。
心が楽になったのと同時に目頭が熱くなりました。
ありがとうございました。

@kfckfc: この悩みすごく多い気がします。
僕は、なりたい自分が漠然だと、やりたいことも見つからないのかなと思ったりしてます...
・10年後に「どんな生活がしたいか / どんな生活はしたくないか」と衣食住の生活レベルで自分に問いを立ててみるのがわかりやすいのかもしれません。
ただ「こんな◯◯がしたい」っていう発想は、「自分が認識できる範囲・世界観」の中でしか生まれないと思うので、海外を自分で回って体験したり、いろんな人に話を聞いてみたり、本を読んでみたりするのがいいと思います。
もし可能であれば、お金の工面をして1年空白の時間を作って、最初の半年は海外を回ったり人の話を聞きまわる時間にして認識の幅を広げ、残りの半年でなりたい自分を真剣に考えてみて、やりたいことに落とし込んでいくっていうのをお勧めします^^

ご回答ありがとうございます。
まずはなりたい自分をイメージしてみます。
加えて行動することですね。仕事で大変だからと言い訳せず、できるところから視野を広げるためのアクションをしようと思います。

ユーザー名非公開1

@kfckfc: あまり大上段に構えずに、自分が「これ好きだな」と思える瞬間は何か突き詰めてみてはどうでしょうか。ひとりでコツコツ作業するのが好き、とか人を笑わせるのが好き、とか感謝されるのが好き、とか。その場面が多い(多そうな)職種・職場を探せばよいと思います。その場がいまの会社にあるのか、外の世界にあるのかは動いてみないとわかりませんが。誰しもが高尚なやりがいを持つ必要はないと思いますよ。頑張ってください!

ご回答ありがとうございます。
@ユーザー名非公開1: さんのご意見を参考に喜びに感じた瞬間、好きだと思えた瞬間を手帳にメモするようにしました。
喜びや好きをためながら、また、それを見ながら次の行動を考えてみようと思います。

ユーザー名非公開2

@jobq46189:なるほど

社会人20年目ですが僕も仕事だとそんなないですね。やりたいことと仕事を結びつけるのは難易度高いかもですね。
仕事という観点では、相対的に「他によさげな選択肢」があればそれを選択するってだけかもですね。

もしくはその選択肢を知らないのなら、探す努力はしてみてもいいかもですね

ご回答ありがとうございます。
おっしゃる通り、確かにやりたいことは相対的なものなのかも知れないですね。
選択肢はあまりに少ないと感じているので、今よりもやりたいと思えるような仕事に出会えるように行動してみようと思います。

ユーザー名非公開3

器用貧乏な方って最近多いです。何かやってみてもそこそこ上手く出来る。だから、なんか面白みがない。でも、そんな中でもひとつ続けてみてください。続けることで何か発見になってくると思います。
そして、自分の思ってることをどんどん人に吐き出してください。吐き出したらその言葉を集めてください。そこにやりたいことが隠されているかもしれません。まずは、どんどん言葉にすること。

@ユーザー名非公開3: 回答ありがとうございます。
どんどん言葉にしていくことですね。意識的に周りの人に自分の気持ちや思考を伝えていこうと思います。

そもそも、「本当にやりたい事」はやったことのある事の中からしか見つからないのではないでしょうか。
イメージ、印象のみで、何となくやってみたい事はある人と無い人がいると思いますが。

そう考えると、今まで「学校で勉強する」か「部活動をする」か「数種類のアルバイトをする」くらいしか経験を積んでいない多くの学生さんや、新卒で就職してある1つの仕事しか経験していない方からすると、その段階で本当にやりたい事なんて見つからなくて普通だと思います。
ますはとにかく、悩むより色々やってみる事だと思いますよ。

@jobq29393: 回答ありがとうございます。
おっしゃる通り、実際にやってみないと本当にやりたいことかどうかはわからないですね。
とにかくやりたいことを見つけるための行動とチャレンジを続けていこうと思います。ありがとうございます。

結婚して、子供を作ると良いのではないでしょうか?

社会人になってまだその状態ということは、恐らく何かに熱中して成し遂げたいというタイプではないのでしょう。
世の中の多くの人が、チャレンジしたもののそこまでの才能や情熱がないと気づき、あるいは試すことなく諦めていきます。

そういう多くの人にとって、人生で一番の幸福をくれるのは、家族、特に子供との時間であるのは広く社会を見れば明白です。
愛する家族と共に、安定した収入と立場をベースに、世の中の色々な楽しみを経験していく。本当に素晴らしい人生だと思いますし、あなたはその生活を得る上でかなりアドバンテージのある立場にいます。

@jobq50578: 回答ありがとうございます。
@jobq50578: さんはすでにご結婚されていてお子様もお持ちですか?
もしそうであれば、奥様、お子様を得て具体的にどのような変化があったのかをお伺いしたいです。

もしかしたら固定観念にとらわれているんじゃないかなと思いました!
仕事はこうあるべきとか、お金が必要だからとか、手の届かない人だからとか。

どこかで見切りは必要だと思いますが、めっちゃ美人と付き合いたいとか、友達とずっと遊んでいたいとか、そういうのでよくて、好きで極めればそれが仕事になる可能性も全然あると思います。

なんでもやるべきだと思います。

僕は今個人で様々な会社のマーケティングのお手伝いをしたり、サイト制作・システム開発などを行っています。中には面白くない大変な仕事もありますが、仕事をいただけているということ。僕を信頼してくれている以上、それ以上の結果を出さなければならないという思いで取り組んでいます。結果として、その人との関係が良くなったり、結果が出ることにやりがいを感じ、その中で「こういう業界はこういう点が特徴なのか」など、色々なチャンスが見え、「これを変える何かに取り組んでみたいな」という風につながっています。

「やりたいことがない」方は大変多いと思いますが、仕事をやる前提としてどうこの仕事が成り立っているのかとか、自分の給料ってどうやって出てるんだっけ?とか、そういう大前提の当たり前の部分がすっぽり抜けた状態で「僕はこれがやりたいんだ」、逆に「これはやりたくないからモチベーションが上がらない」という程、子供っぽい話はないと思います。

まず目の前の仕事を一生懸命に取り組み、その中で得たスキル・知見を活かしながら「自分はこういう人間なんだ」ということに気づき、そこから少しずつ変えていくんでも遅くないと思います。もちろん、海外だったり本で色々な知見を得ることも大切ですが、「仕事をする」ということに対するプロ意識を持って、モチベーション高く取り組むことが何より大切だと思います。

ちょっと説教くさくなってしまいましたが、是非色々なことにチャレンジされてください。応援しています。

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー