Web編集者のキャリアプランの描き方はそうればいいですか?

256

Web編集者のキャリアプランについて質問です。
今26歳でWebの編集をしていますが、毎日の忙しさで将来のキャリアプランが描けません。。

先輩からしょっちゅう「キャリアプランを描け」といわれるのですが、いまいちピンときません。
アルバイトから今の会社に入ったのですが、入った時はライターとして文章を書いていました。

編集の仕事は大変ですが、ライターよりも自分は好きです。
しかし将来のキャリアプランとなると。。編集長?
でも会社のポジションで上に行きたいという思いはありません。

仕事のなかでもっとここを伸ばしたい、もっとユーザーに刺さるコンテンツを作りたいとかは、
キャリアプランといえるのでしょうか?

ユーザー名非公開

回答3

小さな会社を経営しております。プログラマーです。 ...

続きをみる
小さな会社を経営しております。プログラマーです。 Webメディアの編集というお仕事は30年前には存在しなかったお仕事です。30年前には現在質問者様がやってるお仕事はキャリアプランに入れて考えることはできなかったわけです。今後10年・20年で何が出てくるかなんて、誰にもわかりません。 同じ仕事をするにしてもご質問の中に出てくる「ライター」「編集」「編集長」・・といったお仕事上の区分けが今後も同じであるとは限りません。 相談される人・アドバイスする人にとっては、相談する人が何をしたいのか?が明確だと何か言いやすいというのはあるのですけど、別に質問者様の人生は相談される人のモデルに合ってる必要なんてないので、「キャリアプラン」という考え方に違和感があるなら、無理に意識しなくていいと思います。 「もっとユーザーに刺さる」・・いいですね。顧客やマーケットの現在の要求に応えることに集中してればいいのではないでしょうか。

具体的な業務範囲が分からないですが、 ・集客やサービ...

続きをみる
具体的な業務範囲が分からないですが、 ・集客やサービスの広報活動 ・サービス運営&育成 などもやっていきたい感じですかね? でしたら、 広告、SNS、デザイン、商品企画&育成 などはマーケティングスキルも必要になっていきそうですね。 また、更に詳細なキャリアプランを探したい場合は、Twitter等で編集者の人を探してみると良いですね。 近年の編集者はディレクションや企画だけでなく、 サービス運営や広報などのマーケティング業務も求められていますからね。 そこら辺のマーケティング周りの考え方やスキルは、色々説明してくれている人がちょこちょこいますよ。

個人的な意見ですが、Web編集者やライターは、最近、こ...

続きをみる
個人的な意見ですが、Web編集者やライターは、最近、これらの仕事をしている人が会社勤めやフリーランスなどで増加していると思います。 生産(Webサイトの記事の作成)が過剰になり、需要(読み手や広告主のスポンサー料)が下回ると、あまり稼げなくなる可能性があります。 つまり、ライバルが多い職種ということですが、キャリアプランの戦略としては2つあると思います。1つ目は、その職種の第一人者になることです。もうひとつは、あまり稼げなくなった場合は、職種を変えることです。Web編集やライターなどから派生する仕事であれば、経験を生かせます。いずれにせよ、市場環境を注視し、需要がある仕事内容を見極める先見性と、それに向かって努力することが大事です。 Web編集者に限らないですが・・・。
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料