お金とやりがいで企業選びの際に優先すべきなのはどちらでしょうか?

832

【給与・やりたいことどちらを選ぶ】

就職するにあたり、自分の中でも魅力的な給与、魅力的な業務内容の双方に絞り込めず、決意ができないままこの時期になってしまいました。

現状従事させていただいている長期インターンでは苦しい時もありますが業務に関してはとても有意義にさせていただいております。

しかしながらいざ社会に出て、生きていくとなるとどうしても気がかりになってしまうのが給与の問題です。

同様の思いを抱いて社会に出られた方にどちらの選択をしたかお聞きしたいです。

ユーザー名非公開

回答25

ユーザー名非公開1

圧倒的にお金。 やりがいは自分の考え方次第でいくらの...

続きをみる
圧倒的にお金。 やりがいは自分の考え方次第でいくらの価値にでも感じられるけど、 お金はそう簡単に上がらないよ
ユーザー名非公開2

給与を選ぶべきと思います。 私はやりがいを選んできま...

続きをみる
給与を選ぶべきと思います。 私はやりがいを選んできましたが年齢があがるにつれ給与に満足しないようになりました。 その為、やりがいある分野が給与も良いならば迷わずにすむと思います。 やりがいを選びスペシャリスト採用のメーカー現職に転職しました。しかし、その実、ゼネラリスト日本型雇用であり、異動で畑違いに行かされ、口約束程信用できないとわかりました。 その為、やりがいある業務を選んでも社会人生活の中で興味ないことやらされるリスクはあります。 貴方の述べる会社はどのような組織でしょうか。私の会社は上司が絶大な権力を持ちキャリアも彼に左右される従うしかない会社です。そのような風土であれば後悔しかありません。 お金があればどうにでもなり、それ基準で転職であげていくことも可能です。

やりがいとお金なら、『お金』ですかねー。 特に30歳...

続きをみる
やりがいとお金なら、『お金』ですかねー。 特に30歳が近づき、結婚や育児などが現実的になってくると、より一層そう感じます。 まずは、自身にどれ位の年収が必要なのかを計算してみてはどうでしょうか?(家賃や月々の貯蓄額などから試算) 今のインターン先に就職して貰える給与が、試算した必要年収に収まっているのであれば、やりがいを優先するのも良いと思います。 数年経験を積んで、スキルアップした上でより高い年収が貰える会社に転職するという手もあると思いますし! ただ、どんなスキルを身につけて、どうキャリアアップしていくか、ある程度明確な目標を立てておかないと結局大したスキルもなく年収も上がらないという悪循環になるため、気をつけてください。 あとは、今回は『やりがい』or『お金』でしたが、ワークライフバランスや福利厚生など、自身が重視する軸を増やしてみるのも良いと思います!
ユーザー名非公開3

圧倒的に給与。生活力ファースト。

ユーザー名非公開4

お金ですね。やりがいは、会社が働かせるための口実です。

どちらも大事ですが、 役割は変わるものなので 入社...

続きをみる
どちらも大事ですが、 役割は変わるものなので 入社したときにやりがいがあってもずっと同じモチベーションになるかは微妙です。 普遍的なお金の方が安定感はありますね。
ユーザー名非公開5

給与ですね。 というか、給与の高い仕事って基本付加価...

続きをみる
給与ですね。 というか、給与の高い仕事って基本付加価値も影響力も高いし、工夫の余地もあるのでやり甲斐でも勝る事が多いと思いますよ。 社会のあらゆる場面でも評価高いですし。 長い人生仕事が変わる事なんてよくあります。 今見えてるやり甲斐とやらの為に高給を捨てて、異動でやり甲斐失ったら何も残りませんし、次にも繋がりません。 その仕事を選ばないと人生に悔いが残る仕事とか、心身を壊すような仕事でもない限りは待遇で選ぶ方が良いと思います。
ユーザー名非公開6

やりがいと給与面を優先し金融機関に勤めていました。結果...

続きをみる
やりがいと給与面を優先し金融機関に勤めていました。結果、給与面では満足していたもののやりがいを感じることが出来なくなりIT業界へ転職しました。 転職した結果、給与は下がったもののやりがいは感じています。しかし、現在は給与面で不満があります。 とはいえ、外資系に勤めているため成果を上げれば給与面でも満足いくケースがあります。(基本給が満足いかないだけなのです) つまり、五体満足までにはキャリアステップが必要だと考えます。隣の芝は青いものだと常々感じていますが、実現することは可能だと思って業務に取り組んでいます。

若いうちはやりがい。 30後半からお金。 若いうち...

続きをみる
若いうちはやりがい。 30後半からお金。 若いうちに実力を付けておかないと転職が難しくなり、会社の中でも仕事を右から左にするだけの、いらない人になります。その先はリストラが待ってます。
ユーザー名非公開7

その感じだと「ルーチンにやりがいを感じるタイプ」じゃな...

続きをみる
その感じだと「ルーチンにやりがいを感じるタイプ」じゃなさそうなんで、 それを前提に、ですが、、、、 やりたいことが将来変わるとか、成果を出せば給与が上がるかとか、 その辺を考えずに「今だけでどっちにすべきか悩む」てのは やめといた方がよいかもしれません。 私は若い時に「その時の給与とやりがい」の両方がそこそこ 満たされる転職をしましたが、15年以上勤めて成果を出せず、 ジリジリと両方ともに不満が募っていき、結局再度転職しました。 転職活動時に意識したのは、その時の「遣り甲斐」でも「給与」でもなく、 「そこに行ってすぐだけじゃなく『将来』も自分が役立つか、評価されるか」 でした。 役立つ事が遣り甲斐なんだとしたら、「今どうか」じゃなく「将来どうか」を 軸に考えた方が良いかもしれません。 給与カーブとか、評価制度、人事制度、社風というか雰囲気とか。
ユーザー名非公開8

本来はどちらも同時に得たいですが、なかなか無いですね。...

続きをみる
本来はどちらも同時に得たいですが、なかなか無いですね。 「やりがい」や「志」という言葉は搾取する側がうまく使っているだけです。 「やりがい」や「志」では飯は食えません。 カネがあれば、仕事以外の部分でやりがいを得ることはいくらでもできます。 「やりがい」や「志」に搾取されないでください。
ユーザー名非公開9

疑問をもってしまった時点でお金です。

ユーザー名非公開10

お金です お金ないとプライベートが辛くなりますよ ...

続きをみる
お金です お金ないとプライベートが辛くなりますよ やりがいだけで貧乏は辛い お金があれば仕事をしていてもプライベートが充実できて楽しいですよ

小さな会社を経営しております。プログラマーです。 ...

続きをみる
小さな会社を経営しております。プログラマーです。 この典型的なご質問はお答えするのに躊躇してしまいます。やりがいってやりがいではなくて、このご質問では「お金」と「お金以外の要素全部」なのですよね。このご質問を立てた時点で「お金」にフォーカスしてしまっていて、それ以外の多様性を全部見ないようにして「仕事はお金が貰えれば、その他のことはすべて我慢できますか?」と聞いてるのに等しいです。そう聞けば「お金は大事だよ」って答えは普通に返ってきます。 お仕事はお金をもらう方ですけど、お金を支払う方で考えましょう。生きて健康を維持するにはカロリーが必要です。それを得るにはお金を支払う必要があります。そりゃ安い方がいいですか?と聞けば、一般的には安い方がいいと答えるでしょうけど、実際の行動としてはほとんどの人はカロリーがとれる最安の食べ物を買ったりはしないのです。言葉の上の議論と実際の行動はまるで違います。 仕事についても言えてて、私はIT系にいますが高給がとれるプロジェクトの主力メンバーの応募ってそんなに多くないのです。一方で補助的な作業や事務だと露骨に応募が殺到します。全然みなさんお金だけで見てないです。もらえるお金と過剰な責務の割が合わないと多くの人が感じてることを意味しています。 「やりがいなんてどうとでもなるけど、お金は絶対だよ」という説も、ちょっと微妙な部分があって、このご質問が学生さんだとすると、生活設計を「これから」するので、ミニマリストとして組み立てれば少なくとも東京ではかなりお金は少なく設計することができてしまいます。(地方と違い、平均的には物価は高いけど、異様に安いものが「存在する」のが東京で、安いものばかり選べば極端に安くすることはできます。知り合いがその原理で生活してて目が点になりました。)「やりがいがどうとでもなる」というのと同レベルで「お金の使い方もどうとでもなる」のです。浪費しなければいけないわけではないです。 100年足らずの人生の40年間、1日8時間以上の生活をする場について、お金さえ貰えればどうでもいいと片付けるのは「それでいいの?」という感じもします。 私は少なくともそれらを選ぶ立場ではなく、他の人に「こんな金額でこんな働き方ではいかがですか?」というバランスを提案をする立場ですので、更にお答えしづらいです。それを求人広告に表現しつづけています。
ユーザー名非公開11

私は30代後半で福祉業界にいますが、まさに「やりがい」...

続きをみる
私は30代後半で福祉業界にいますが、まさに「やりがい」を優先した者です。でも、厳しいかな、やりがいをとればお給料は当然、低い。福祉業界なぞキャリアアップ、昇給、ボーナスなぞ望めないし、残業も20時間あります。給与は手取りで16万です。通常の企業にいれば、おそらく、同じ年代の方なら25万ほど手取りがあるのではないでしょうか?私は、結婚も、出産(育児)も、家事もしない、と3つのことがないからこそ、「やりがい」をとれたと思います。「やりがい」の裏には、何かをあきらめたり、犠牲にしたり、自分の思い描いたものをぶち壊されるリスクがあると思ってください。 ※ちなみに、その給与でも、贅沢しなければ、二人暮らし、賃貸、で都市部に住んでます。外食だって趣味だってできるように調整しています。 やりがいをとって後悔していますか?と聞かれたら、まったく思いません。だって、自分がやりたくて入った世界であり、「経験」を積んでいけるから。どんなに金をつぎ込んでも、「経験」は買えません。キャリアアップは?と聞かれたら、様々な資格をとって、キャリアアップが望める同業に転職したり、アフィリエイトをしたりと、色々な道があります。(同業に転職ってどうなん?と聞かれますが、前職に謝罪をした上で就活しました。動けない場合もありますが、それはほぼ期限付きだった)。正直、金は何とでもなります。ただ、五体満足ならね。 一番は健康な体と心でいること!企業や他人は、誰もあなたの体を守ってくれません。どんなに労働法があっても、責任なぞ取ってくれません。お金がたくさんもらえても、心身が削られる仕事をやって、最悪、1度きりの人生を棒に振ってもよいのでしょうか? 私の義理弟が外国人ですが「日本人は、仕事のために生きている感じ」だそうです。勤勉なのはいいとのことですが、「本当にやりたいことしてるの?職場で、愚痴しか聞かない。いやなら、やめろ」とまで言いました。さすがに言い過ぎだ!と叱っておきましたが、外から見るとそんな感じだそうです。
ユーザー名非公開12

給与が高い会社、職種だとやりがいを感じれないみたいな風...

続きをみる
給与が高い会社、職種だとやりがいを感じれないみたいな風潮があるのが間違ってます。 給与が低い、労働環境が悪い状態はやりがいがあるみたいな表現するのは間違ってると思います。
ユーザー名非公開13

余裕で金 やりたいことは業務後に趣味でやればいいだけ

やりがいは曖昧な表現なので、もう少しかみ砕いて考えてみ...

続きをみる
やりがいは曖昧な表現なので、もう少しかみ砕いて考えてみてください。例えば以下です。 ・名誉、名声(他人から羨ましいと思われる、優越感など)・・・医師、弁護士、社長など ・人に感謝される・・・看護師、介護士、人と接するサービス業など ・やっていて楽しい・・・自分の好きなことを仕事にする。 ・知的好奇心・・・難しいことを自分が解決するような仕事。研究者、コンサルタントなど。 上記のような観点で、それが満たされれば、たとえば、弁護士で稼げなくて年収200万円でも人生は満足できるのか、というふうに考えれば良いと思います。 もし、30歳で700万円程度稼ぎたいと考えているならば、業界によっては、ほぼ無理です。ちゃんと稼げる業界の企業に入社しないと叶いません。

まだ若いので、給与とやりがいのどちらかを犠牲にする必要...

続きをみる
まだ若いので、給与とやりがいのどちらかを犠牲にする必要は無いと思いますけどね。 給料はある意味数字で出るので明確なのですが、やりがいはもう少し自身がどこにやりがいを感じるのかを分析してもいいかもしれません。 ちなみに私は30代後半で内資企業で経営コンサルをやっていますがかなり迷いました。 顧客に近いコンサルという仕事はやりたいものの、馬車馬のように働き高給を得るよりは腰を据えてコンサルがしたいので内資企業を選択したり。 とにかく自己分析が肝要だと思います。
ユーザー名非公開14

若いうちはやり直しがきくのでやりがいも大事だが特にない...

続きをみる
若いうちはやり直しがきくのでやりがいも大事だが特にないのであれば給与優先が良いかと。 むしろ給与優先であればやりがいを理由に転職しやすいと思います。 私は前職外資企業に勤めてましたがあまりに暇であまりにつまらなかったので転職しました。 今は日系企業ですが給与は上がったうえ、やりがいも感じています。 とりあえず色々やってみては?
ユーザー名非公開15

長期的に考えると「業務が魅力的」な方が資産を増やしやす...

続きをみる
長期的に考えると「業務が魅力的」な方が資産を増やしやすいと思います。 質問者の方がどれくらいの額を「魅力的な給与」と言っているのかわかりませんが、 業務を魅力的と思えれば、その業務のプロフェッショナルになるためにスキルを磨くための努力をしやすくなると思います。 スキルが身につけば、それを活かして、より高年収の会社に転職しやすくなります。 また、一定期間就業してスキルを磨き、転職して年収を上げているという事実は、住宅ローンのような大きなローンを組む上でも有利に働くようなので(体験談)、そう言った面でもスタートの年収は低くてもスキルアップによって年収を上げていく方が、最初の給与が高くて仕事内容に魅力を感じないところに行くよりはお得だと思います。
ユーザー名非公開16

やっぱり皆さんほぼ同じ意見なのですね。私もお金、給与を...

続きをみる
やっぱり皆さんほぼ同じ意見なのですね。私もお金、給与を選びます。やりがいって後からついてくるものでもあると思っています。 私は一度給与を下げて転職しましたが、受け取る給与額が下がりショックでしたし自分の市場価値が落ちた気持ちになり、悲しく、耐えられず元の給与水準以上を求め再転職しました。今は報酬制度も企業によって様々ですが、初任給だけでなく上がり方なども検討材料として持っておく方がいいと思います。初任給を高めに設定して良く見せている企業が多いので。

意見が出尽くしている感がありますので、あえて別の視点を...

続きをみる
意見が出尽くしている感がありますので、あえて別の視点を。 ご自身の選択もありますが、反面企業も人選びしてますので、あとはご縁かと。 何かの参考になれば幸いです。
ユーザー名非公開17

金です。 やりがいなんて、社内の人間関係によってゼロ...

続きをみる
金です。 やりがいなんて、社内の人間関係によってゼロになります。 私もよりよい社会をつくるために公務員になりましたが、上司がパワハラばかりするもので、やる気が失せ、仕事を全部なすりつけて休職しました。 どうせパワハラはなくならないでしょうから、何度でも休めばいいんです。
ユーザー名非公開18

給与。やりがいは自分でいくらでも見つけられます。

この質問に関する記事
ハイクラスにおすすめの転職エージェント・サイト10選 | 転職の際に気をつけるべき点も解説

ハイクラスにおすすめの転職エージェント・サイト10選 | 転職の際に気をつけるべき点も解説

ハイクラス人材として、転職したいと考えている方も多いのではないでしょうか。今回は、ハイクラス層の転職におすすめの転職エージェント・サイトを紹介します...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料