• HOME
  • キャリア
  • 本音と建前を区別してコミュニケーションを取るべきなのでしょうか?

本音と建前を区別してコミュニケーションを取るべきなのでしょうか?

本音と建前を区別してコミュニケーションを取らないと痛い目に合うのでしょうか。
また、次の場合実際の職務経歴書に何を書いたらいいのでしょうか。

場合】
1]今までの人生の中でネガティブなことしかなかった。

2]職務経歴が浅い。

質問理由】
あまりに今まであったネガティブなことを書いて大丈夫なのかどうかがわからなかったため。

Wantedly、linkedinのプロフィールにどういうことを書くべきか、20時間も悩んでしまい、途方に暮れているため。

コミュニケーションコミュニケーションスキルキャリア

ユーザー名非公開

回答5

ユーザー名非公開1

誰か、身近な人に代わりに書いてもらえばいいのではないで...

続きをみる
誰か、身近な人に代わりに書いてもらえばいいのではないでしょうか。

職務経験が浅いというよりは、様々な職種を経験してきたと...

続きをみる
職務経験が浅いというよりは、様々な職種を経験してきたと捕えてみてはいかがでしょうか? 私も技術者派遣の職に就いていたので似たような状況でしたけど、それでも色んな職種を経験してきて良かったと思うこともあります。 (過ぎ去ってみればですよ。その当時はそれどころじゃないって感じでしたし。) また、ネガティブな事しかなかったということですが見方を変えてみればいいのです。 例えば、職場で仕事を覚えるのが遅かった→自分がつまづいた所が判る→新人さんに指導するときにつまづいたポイントが判る→写真などパッとみて判るマニュアルを作れるようになる。 などです。(これは私の経験なのでアレですが・・・。) ただ、コミュニケーションを取るときは最初に距離を縮めすぎるのは相手を身構えさせてしまいがちなので。 最初は、当たり障りのない話題からジワジワと距離を縮めるほうがいいのですよ。 なので、本音と建て前を使い分けとくほうが便利です。仕事はお金を稼ぐ場所ですので。

プロフィールは自分という商品を知ってもらう場です 誇...

続きをみる
プロフィールは自分という商品を知ってもらう場です 誇張したり嘘を書くことはだめですが、強調したりすることはできます 悪いことばかり書いてある商品を誰が見ますか?

ネガティブな出来事の衝撃が大きいだけで、 少しはハッ...

続きをみる
ネガティブな出来事の衝撃が大きいだけで、 少しはハッピーだったことがあるのではないですか? 基本的に転職のアウトプットにおいて、 ネガティブなことは歓迎されません。 仕事してれば、少しぐらい嫌なことあるよね? この人はそこばかりフォーカスしてしまうの? だとしたら、採用してもすぐ辞めちゃうよね? と思われるのがオチ。 ネガティブな出来事をネガティブな表現にしない方法は いくらでもありますよ。 少し考えてみてはいかがでしょうか?
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料