• HOME
  • キャリア
  • 就活生ですが、企業分析はどの程度のレベルまでやればよいのでしょうか

就活生ですが、企業分析はどの程度のレベルまでやればよいのでしょうか

128

就活の企業分析について

就活生です。社会人の立場から見て、就活生はどの程度のレベルの企業分析が求められてると思いますか。

現状、ホームページの確認と企業に関するニュース、稀にIRの個人投資家向けの資料を見るくらいです。

就職活動/就活企業研究

ユーザー名非公開

回答3

小さな会社を経営しております。プログラマーです。 ...

続きをみる
小さな会社を経営しております。プログラマーです。 就活はエントリーシートなどの書類の記入と、面接しかアウトプットの表現の場がありません。 面接の時間15分だとして、いくつの質問、何回の会話の往復があるでしょう? そこで話されなかったことは、結果的に言えば無駄です。 面接の場で「昨年の決算で特別損失を計上していますが、何ですか?これは?」などと聞いたりはしないですよね。「志望動機はなんですか?」と聞かれて、数分の会話の中で使える程度の情報を得ておけばいいかと思います。 会話に使うという意味では、創業者の出身地とか、オフィスの近くの飲食店だとか、そんなことのほうが使えたりしそうですけどね。

レベルは特に上限はないですかね。 企業や業界にもより...

続きをみる
レベルは特に上限はないですかね。 企業や業界にもよりますし ただ、経営&現場ベースてどのようにしてお金を儲けたいか? について触りぐらいは理解できると良いですね。 以下、知っておいた方が良い事2点 ①仕事ができる人材像 ・どんな工夫をする事を良しとしているか? ・どんな考え方をする事を良しとしているか? ・どんなコミュニーケーションを良しとしているか? 探すとしたら同業他社の社員の声を調べて、 重視する力が分かればビジネス本を1〜2冊読んで具体的な内容として話せると良いですね。 そうするとガクチカや自己PRで何を話せば良いか?的を得たものが話せますよ。 ②その企業のやりたい事 ・どういう事業に力を入れるか? ・業界内でどんなポジションを取りたいか? 探すとしたらIR。 余力があれば企業や業界の歴史を調べると良いですね。 面接官が学生の過去を聞いて適正見極めるように。 学生も企業の過去を調べれば、その企業の性格などが分かりますよ。

何のために企業分析しているんですか? その目的が果た...

続きをみる
何のために企業分析しているんですか? その目的が果たせれば分析は終わりですよね。 分析はあくまで手段です。どこまで深掘りするかは、分析する目的によって変わります。
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料