• HOME
  • 就職
  • 圧迫面接を受けて就活が嫌になったのですがどうすればいいですか?

圧迫面接を受けて就活が嫌になったのですがどうすればいいですか?

1622

圧迫面接を受けたことで就活自体嫌になった場合、もう日本で就活は辞めたほうがいいと思いますか。
 
理由は2つです。

1]某ベストベンチャー100に選ばれた某企業の面接に行った際、人事の方から人格を否定され、『”人類のゴミ”だと思われてるのかな??』と私自身が人事に対して思ってしまう、そのような扱いを受けたためです。

※ちなみに、”某ベストベンチャー100に選ばれた某企業”というのは、勝手に人事の方がおっしゃっていたので、質問文に記載しただけです。

2]1]を受けて個人的に日本での就活自体合わないなと思った為。

※追記いたします。

私自身は面接終了後、冷静に物事を整理しました。

その際、
受けた面接自体に対して下記を示唆しました。

・人事の方が自らの就活に対する姿勢、意識が低かったことを自覚させるいい機会だったということ。

ちなみに下記が社会的身分です。

学歴:非大卒(大学中退、高卒、中卒)
職歴:6ヶ月未満(派遣社員、アルバイトのみ)

追記]
ちなみに、個人的に下記が詰められた要因だと思っております。そのため、致し方ない部分もあるのかと個人的に思っております。
【事実として】
・大学中退してしまったこと。
・独立したいという思いがあるのに、
普通のアルバイト、派遣社員としての職歴しかなかったこと。
→そのため、個人的には、ズタズタの経歴に対してきちんと反省ならびにアクションを提示できなかったことに対して、人事の方が深堀して突っ込んできた、という感じですね。

面接圧迫面接就職活動/就活就職活動/就活

ユーザー名非公開

回答15

ユーザー名非公開1

普通ならそこまで言われることは無いので、 自分の行動...

続きをみる
普通ならそこまで言われることは無いので、 自分の行動に反省すべき点があるのは明らかでしょうね。 認められないと感じるなら国外で就職してもいいかと。 まぁ、それが人格面ならばどこの国でも同じ結果になりそうですが。
ユーザー名非公開2

まずは感情と行動を切り離しましょう。メタ認知というやつ...

続きをみる
まずは感情と行動を切り離しましょう。メタ認知というやつです。 今あなたが取るべき正しい行動は『切り替えてさっさと次の企業を受ける』です。 なかなか客観的に自分を分析できる人は社会人でもいないのですが今自分が取るべき行動を考える、ということを頭に入れて行動するだけでもだいぶ違います。 2020年現在の日本の就活市場において何社も何社も不採用になることはよっぽど問題がある人間をのぞいていません。 転職の話になりますが私は転職活動開始時にまず5社ほど内定をもらった状態で本命の企業を受けます。そのほうが余裕も出てより企業に好印象を持ってもらえるからです。(これは恋愛も同じかも) あと大変申し上げにくいですがベストベンチャー100を気にしてらっしゃるようですが上には上が(例えばメガベンチャー、GAFAなど)あるわけでベストベンチャー100ごときの担当者にそんなこと言われたのなんて気にしないというメンタルの方が結果はついてきます。 あなたが何十社もすでに不採用をもらっている場合は別ですが、話を聞く感じおそらく就活1社目とかではないのかなと思います。 新卒就活で第一志望がベストベンチャー100の企業では目標が低すぎる気がするので大手企業やベガベンチャーなど市場価値をあげやすい企業への就職を個人的にはおすすめします。 頑張ってくださいね!

小さな会社を経営しております。プログラマーです。 ...

続きをみる
小さな会社を経営しております。プログラマーです。 中途の転職活動は実績や「できること」で売ればいいし、いい会社にあたらなければ転職をやめてしまえばいいのですが、それに対して新卒の就活は、具体的には売るものがないので、結局人格を買ってもらうような形になってしまうのですよね。アピールの仕方や売り込み方が悪いと、それを否定するのですから人格を否定する形になってしまいます。ずっと転職より難しいと思います。 ただ、就職は入社してしまってからのことを考えて応募しなければいけないわけでして、社風に合わない会社は落としてもらったほうがいいかと思います。落ちるのは気分が悪いでしょうけど、入ってしまって合わないと気づくほうが悲劇です。多少落とされても一喜一憂しないで売り手市場の就活を楽しむようにしたらいいかと思います。
ユーザー名非公開3

意識高い系とよく言われる行動力があっても具体的な目標・...

続きをみる
意識高い系とよく言われる行動力があっても具体的な目標・軸がないタイプ、 壮大な夢を持ちながらも大学生活でそれに見合う実績を積んでないタイプ、 我が強く企業に対して上から目線で答えるタイプ これらの学生は面接官に不快感を与えやすいです。 単純に実力がないだけであれば相手にもされないはずなので、何かしら言動に問題があったかと思われます。 自分のアピールだけでなく、相手が求めている発言に答えることを第一に意識しましょう。

原因らしきものが分かっているなら、無理しない範囲で就職...

続きをみる
原因らしきものが分かっているなら、無理しない範囲で就職活動に臨んだらいいと思います

どうしてそういう面接になったかは分かりませんが、プラス...

続きをみる
どうしてそういう面接になったかは分かりませんが、プラスに考えましょう! 圧迫面接になったのが、敢えてなのか面接官がアホのなのか、どちらか分かりませんがどうやらあなたにはフィットしない会社なのでしょうし、ご自身内省のきっかけにもなったのだから。 嫌な思いさせれられっぱなしは、こっちの負けです。 ストレス耐性を測る為に敢えて圧迫面接するところもありますし、採用慣れ・訓練を受けていない採用官だったからのか、どちらでしょうね? 因みに、下手な奴が面接官をやると起こるのが、「面接とは余り関係無い道徳的指導」です。今回それだったのかは分かりませんが、もしそうなら気にしない気にしない。 人間性も確認して採用したいのは当たり前ですが、お前は小学校教諭か?みたいな、質問ではなく指導や文句みたいな発言をする人が世の中沢山居ます。 内省で得たものあるのだし、嫌な思いしてるだけ時間の無駄!

就活をせず、もちろん起業されて生きたり、田舎で生業を複...

続きをみる
就活をせず、もちろん起業されて生きたり、田舎で生業を複数持ち生きる方法もあります。自由である前提をまず忘れない方が、ずっと楽になりますよ。 その上で一旦はどこかの企業に就職なさるなら、仕方のないこと、事故みたいなことだと思って忘れるのが良いと思います。営業やそうでなくても、これからの人生いくらでも理不尽が待ち構えています。 村や地方に逃げ込んだところで閉鎖的な社会の呪縛からは逃れられないともいえます。 私は人事をしている者ですが、圧迫面接をする会社の都合もわかりますが、将来のお取引先や、何より一時的にであれ会社のファンになってくださった応募者様に、ひどい対応をするのはあまり良い結果にならないと考えています。 面接をする人事は、学生の甘えた態度などにイライラしてしまい、詰めてしまうことでスカッとはしますが、長期的に見て不利益だということです。そのような採用担当を野放しにしているのは、財務上健全であっても内部統制がなっておらずとも考えられますね。まともな経営者からすると、そんな採用担当はインシデントの原因になるため、是正させます。ソーシャルネットなどで噂になった時の損害や風評リスクをまったく検知できてないのでは。 逆に、落ちて良かったのではないでしょうか。 面接は試験ではありますが、応募者もまた、自分の貴重な人生を割くに値する会社かを評価する絶好の機会です。見方を変えて、前向きにいきましょう。
ユーザー名非公開4

1社のみ受けて日本の〜と結論に至るのは早いと思います。...

続きをみる
1社のみ受けて日本の〜と結論に至るのは早いと思います。圧迫面接をする会社には見切りをつけて次の日探しましょう!
ユーザー名非公開5

圧迫するには理由があるわけで、普段がそういう会社なので...

続きをみる
圧迫するには理由があるわけで、普段がそういう会社なのです。それに耐えられるか見てるだけです。 でもぶっちゃけ、ベストベンチャー100くらいで威張られてもねって感じますよね。
ユーザー名非公開6

他の会社を受ければ解決する気がします。100社応募して...

続きをみる
他の会社を受ければ解決する気がします。100社応募して、100社とも圧迫面接なんてことは無いわけですから、次ですよ、次。 考えが飛躍して、日本で合わないから海外のような発想になっていますが、若手の就職率は日本は良い方です。それは新卒採用や若手を育てる文化があるからです。例えば、アメリカは能力主義なので中途以外はほとんど採用されません。つまり、日本は若い人が職に就くには良い環境です。 日本で就活頑張ってください。
ユーザー名非公開7

ベストベンチャー100ってベンチャー通信がやってるやつ...

続きをみる
ベストベンチャー100ってベンチャー通信がやってるやつですかね。 あそこの会社のほとんどは成金みたいな経営者ばかりで、会社としての体を成していません。 それこそ社長の気分次第で方針が変わったりとか。 そもそも、通信系の代理店ばかりなので光通信出身者ばかりで人格に難ありですよ。 気にすることは全くありません。次いきましょ。

1]某ベストベンチャー100に選ばれた某企業の面接に行...

続きをみる
1]某ベストベンチャー100に選ばれた某企業の面接に行った際、人事の方から人格を否定され、”人類のゴミ”みたいな扱いを受けたためです。 ※ちなみに、”某ベストベンチャー100に選ばれた某企業”というのは、勝手に人事の方がおっしゃっていたので、質問文に記載しただけです。 ⇒人事の人間性=社風とも言い切れないのですが、就活性からすればそう捉えられるのが普通だと思います。 そんなことも考えずに、“人類のゴミ”のように扱う人事がいる会社なら大した会社ではないと思います。 社風が合わなかっただけだと思い切り替える方が良いと思います。 2]1]を受けて個人的に日本での就活自体合わないなと思った為。 ⇒1]を受けただけで日本全体にまで解釈を拡大するのは無理があると思います。 海外の否定はしませんが、日本でもあなたに合った会社は沢山あると思うので、マッチする会社を探し続けるくらいの我慢はしてもいいのでは?と思います。 以下は完全に個人的な憶測ですが、ベストベンチャー100に選ばれるような、そこそこ成長を重ねたベンチャー企業は社長のカリスマ性に惹かれた「会社・社長が大好きな社員」が多い気がします。 面接にまでたどり着けたということは、能力ではなく、単に社風が合わなかっただけだと思うので、切り替えて頑張りましょう。
ユーザー名非公開8

某ベストベンチャー100に選ばれた某企業の人事なので浮...

続きをみる
某ベストベンチャー100に選ばれた某企業の人事なので浮かれているんでしょうね。 ”人類のゴミ"という言葉はまるでアニメのセリフみたいです。まさにその人事から発せられそうな言葉でわかりやすい彼の独り言のようなものですね。 人事も少しお疲れのようなのでできるかぎりフォローをしてあげたいところですが「そのようなお話を聞いて辛かったんですね」と相手に寄り添って親切にしてあげるくらいで十分だと思います。 実際に採用になりその人事と仕事をし続けるとしてもしばらくするとちゃんと仕事する部署とか別のチームに引き抜きがかかるはずです。でなきゃ会社が回らないので。なので一時的なコントだと捉えて気にしないでおきましょう。相手にとって重大な問題ですが何百人と相手してる人ならどうせ忘れているものなのでしょう。アニメのような人事のセリフは業績に影響することではないのでそよ風を受け流すくらいの気持ちで知らんぷりしていいこれぞまさにささいなことです。
ユーザー名非公開9

・気にすることはありません。 ・そこに至る経緯があっ...

続きをみる
・気にすることはありません。 ・そこに至る経緯があったとはいえ面接で人格否定までするのはハラスメントですから場合によっては訴えられますよ。 ・そんな企業はかりではないから別の企業を受ける事をお勧めします。受からなくても会社の雰囲気や人となりを見る事は貴重な経験になります。私も50才ですがたくさんの企業の面接を受けてきて規模や業種によって雰囲気、ビジョン、人などを見る事で「給料が上がる可能性があるか」「自分が成長できるか(後の人生の糧になるスキルやネットワークを獲得できるとか)」「その会社自体が成長しそうか」が分かるようになります。 ・とはいえ色んな選択肢があるので、変な考えに固執せず道を切り拓いていってください。どうにかなりますよ。
ユーザー名非公開10

圧迫面接って嫌ですよね。 私も何回かされたことがあり...

続きをみる
圧迫面接って嫌ですよね。 私も何回かされたことがありますよ。でも、面接担当があえてそうしている場合と、本当にバカだからそうなってる場合があるので全部否定はできませんが、人格を否定するってのはただのバカなんでしょうね。 本来の圧迫って、怒鳴るとか馬鹿にするとかじゃなくて、理詰されたり、答えのない難しい質問されたり、表情かたく淡々とされたりってことだとおもうので。 ベンチャー企業は、意識高いふりしたり、自分はイケてるって思い込んでる人が多いから、何か履き違えてる人も多いです。 ハズレだと思って、割り切りましょう。
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料