• HOME
  • 転職
  • オリンピックの求人数へのはどの程度あるでしょうか?

オリンピックの求人数へのはどの程度あるでしょうか?

新卒で入社したメーカー社会人営業職5年目ですが、異業界へキャリアチェンジを考えています。今年の転職を考えていますが、オリンピックの求人数へのはどの程度あるでしょうか。現職のプロジェクトが繁忙期で春までは転職活動が難しそうなのですが、オリンピック後は景気が落ち込み求人数が減るので、早めに動かないと機会を逃すのかなと不安です。

転職求人票

ユーザー名非公開

回答2

ユーザー名非公開1

一般的にはオリンピック後は景気が後退し、求人も減ると予...

続きをみる
一般的にはオリンピック後は景気が後退し、求人も減ると予測されているので、今から始めたほうが良いと思います。積極的な応募が難しくても、履歴書などを仕上げて、転職サイトに登録し、求人の紹介を受け取って眺める、くらいまではやっておいた方が良いです。
ユーザー名非公開2

半年後に景気が後退するのが分かってるならもう採用は抑え...

続きをみる
半年後に景気が後退するのが分かってるならもう採用は抑えているでしょう。 縮小するのが分かってるのにお金をかけると思いますか? 確かに建築とその関連業界では案件がひと段落する可能性がありますが、業界問わず法人営業の職種で探すのならどこかしら見つかります。 団塊世代の引退と就職氷河期の抑制でどこも人手不足ですから。 むしろついでにグローバルと考えたりするならば、コロナ関連の現状で今探す方が厳しいでしょう。
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料