• HOME
  • キャリア
  • Fランク大学から人生を変えるにはどうしたらいいですか?

Fランク大学から人生を変えるにはどうしたらいいですか?

533

今年の春から文系のFランク大学に通う者です。
最近になってやっと自分の将来が真っ暗だと気づきました。
中学生の頃から両親に勉強面だったりと説教もされてきましたが、なんとかなるという考えで今に至りました。
ここから本題なのですが、Fランク大学からでも今後の努力次第によって人生は変わってくるのでしょうか。
具体的に何を頑張れば良いのでしょうか。
資格なども取得した方が良いのでしょうか。

大学生キャリア

ユーザー名非公開2020年04月16日

回答14

ユーザー名非公開1

友達を作ってはいけません。 あなたが人生を挽回したい...

続きをみる
友達を作ってはいけません。 あなたが人生を挽回したいのならば、最早環境を変える他ありません。Fラン大への進学が、自身の怠惰の具現化と思うならば、大学にはあなたのように自堕落な人がウヨウヨいます。その雰囲気に浸ると、必ず環境に飲まれ、またダラダラと過ごすことになるのです。 友達を作ってはいけません。仮面浪人してでも中堅以上の大学に通うべきです。何故なら、資格など新卒採用には無価値だから!新卒採用と中途採用の違いは、ド素人のあなたでも基礎学力さえあれば雇ってくれること。つまりは、名のある大学の人はこれまでの人生において、一定の努力をしてきたという担保があります。だからこその学歴フィルターです。 しかし、もう入学までしてしまった。親にも申し訳ないしそんなリスクは取れない。そんな気持ちもあるかもしれません。しかし、受験とはもともとそれ程の痛みを伴うものなのです。辛いし苦しい、けどハイリスクハイリターン。それをあなたは未だ経験していません。 貴方は行動的な人だと思います。発揮していない力を使うべきです。頑張ってください。
ユーザー名非公開2

他の回答と齟齬が出るかもしれませんが、私はそもそも学歴...

続きをみる
他の回答と齟齬が出るかもしれませんが、私はそもそも学歴や、学校社会という枠組みや狭い考え方を捨てるのが近道なのかなかなと思っています。 会社の数は学校よりも多く、会社が取り組む事業の種類は質問者様が思うよりもっと複雑で多様です。そして事業に対する対価も、がむしゃらに頑張れば金や愛がかえってくることが約束されるほど単純ではないと私は考えています。 それくらい開けた世界であなたが活躍したり、外に大きな価値を出すとなると、まずはどこで勝負をするか、世界とどう相対するかを選択するところから勝負が始まっています。自分のことを、Fランク大の大学生で…なんて浅い掘り下げで完結させるのではなく、何が好きで、何を成し遂げたい願いがあり、どんなことにパワーを出せるのかをよく理解して大学受験とは別のフィールドで挑戦することです。それができないと世間の下敷きになって世の中を恨んで終わっちゃいますよ。
ユーザー名非公開3

■非学歴エリート (日本語) 単行本 – 2014/5...

続きをみる
■非学歴エリート (日本語) 単行本 – 2014/5/16 https://www.amazon.co.jp/%E9%9D%9E%E5%AD%A6%E6%AD%B4%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%88-%E5%AE%89%E4%BA%95%E5%85%83%E5%BA%B7/dp/4864103283 一つの参考として、この書籍を読んでみることが第一歩としてみてはいかがでしょうか? (この著者も学歴≒偏差値主義の世界に留まっている、という前提は残ると思いますが) いずれにせよ、ご自身が「どんな人生を歩まれたいのか」を真剣にお考えになり、 「自分の人生に責任をもって、自分で自分を幸せにさせる」ことに腹を括れるか、 ということが最も重要な論点だと思います。 自分で考えながらも、書籍や、気になる人に会いに行って話を聞くとか、 まずは試しに何かチャレンジしてみるとか、幅のある経験を積みながら、 ご自身の考えを進化させていくことが良いのではないでしょうか。 【以下、書籍説明をAmazonより抜粋】 「良い大学」には入れなかった。そこから僕の闘いが始まった―。人生の「入口」での挫折をものともせず、20代で上場企業2社の役員、30代で有名コンサル会社のディレクターを務める「非学歴エリート」が、人生逆転のための働き方・学び方を大公開。努力の仕方がわかる本! ※著者について※ 経営共創基盤(IGPI)ディレクター。1978年、東京生まれ。母子家庭に育ち、都立高校を経て2001年に明治学院大学を卒業、GDH(現ゴンゾ)に入社。 翌2002年おなじくベンチャー企業のMCJに転職。2004年、同社のIPO実務責任者として東証マザーズへ上場達成後、26歳でCFO(執行役員・経営企画室長)に。 その後、自身の学歴コンプレックスを解消し、同時に自己流の仕事術がどれだけ通用するかを確認するためにケンブリッジ大学大学院へ私費留学。 同大でMBAを取得。その後2007年に経営共創基盤に入社し、4年弱でディレクターに昇進(同社最年少)。 クロスボーダーM&Aを含む各種成長戦略や再生計画の立案・実行などに従事。2008~2010年には、ぴあ(株)財務担当執行役員として同社の事業構造改革等を主導。 金融庁非常勤職員(専門調査員)。
ユーザー名非公開4

ズバリの回答ですがFラン出身でも就職はできます。例えば...

続きをみる
ズバリの回答ですがFラン出身でも就職はできます。例えば大手企業でも就職は可能です。 これは、就職活動というものが一言で学歴が重要と言えないからです。 他人の方も回答している通り、企業側は筆記試験や面接などを課してきますが、 これは、努力ができない学生や、主体的に物事を考えて行動する学生を排除するのに適しているからです。 Fラン生の多くは、特に目的意識もなくその大学に行っており、また多くが推薦等によって入学しているので 基礎学力が圧倒的に足りないのです。 よって、貴方がやるべき事は二つです。まずはその大学に通いながら基礎学力を高める事。 企業の筆記試験はSPIで行われますが、これを通るのが最低条件なのでSPI対策を今からしてください。 次に、何か貴方自身が考えたことを実行に移すこと。アルバイトや大学の授業以外で何かをしてください。 例えば、サークルを立ち上げたとか、地域活性化のイベントを企画したとかです。 この2つさえしっかり出来ればESや筆記は通るので、あとは面接ですがこれは個人の問題なので割愛します。 youtubeでFランと検索すると、貴方にぴったりの動画が山ほど出てきます。 おすすめはFさんと呼ばれる方の動画ですね。
ユーザー名非公開5

まずそもそも貴方にとって、どういう状態になることが人生...

続きをみる
まずそもそも貴方にとって、どういう状態になることが人生変わった、と思えるものなのでしょうか? ここで質問されていることから推測するに、一部上場企業や有名外資系企業に就職することを指していると思いますが、そんなの大したことではないですよ。 別に人生が劇的に変わるほどのことでもないです。 ハッキリ申し上げますが、Fラン大学卒の方でも、そのような企業で働かれている立派な方々は沢山いらっしゃいます。 要は貴方次第ということです。 また、別の方の回答をけなすつもりはありませんが、仮面浪人とかは笑ってしまいます。 そんな時間あるなら学生起業でもしてさっさとその辺のサラリーマンを追い抜く収入を自ら稼げば良いのです。 今は、20歳にも満たない若者が年間1億円以上稼ぐような時代です。 稼ぎが全てではないですが、人生変わったと思える1番手っ取り早い方法が、稼ぐことだと思いますよ。 きっとそこまて頑張れたら、大学名しか強みのない凡人達とは圧倒的な差が生まれますので。 応援しています。

就職したい業界を見つける。 その業界で面接ネタになる...

続きをみる
就職したい業界を見つける。 その業界で面接ネタになる活動をする。 まあまあのとこから内定。 実績を積んで5年ぐらいたったら転職活動。
ユーザー名非公開6

やることは3つ。 1. 人生でなりたい職業を決める。...

続きをみる
やることは3つ。 1. 人生でなりたい職業を決める。(人は目標がなければ頑張れません。目標がなければ計画が立ちません。なので、まずは大学卒業後になりたい職業を明確化しましょう。) 2. 大学で一から勉強する。(人生勉強です。大学にいる4年間で毎日読書し、大学の講義には予習復習をし、自分で学ぶ習慣を付けましょう。勉強しない人は一生どん底です。) 3. 有名な資格を取ったり、英語試験で高得点を取る。(Fランは大卒として評価されないわけですから、他のもので評価してもらいましょう。TOEICは850点はほしいところです。) 以上、頑張ってください。

将来どういう仕事をしたいかによりますが、もしテレビCM...

続きをみる
将来どういう仕事をしたいかによりますが、もしテレビCMをしているような有名企業や、高い年収を稼げるような企業に就職したいとお考えであれば、大学の難易度は就活に影響します。 就職四季報という本に、企業ごとの採用実績大学が掲載されていますが(公表していない企業もある)、やはり難関大学の採用が多いのは事実です。 従って、確率で言うと難関大学が有利です。(逆に難関大学だから必ず上記のような企業に就職できるわけでは決してないので、そこは誤解なきように) ご家庭の経済状況もありますが、可能であれば別の難関大学に入学し直すのもありだと思います。 私見ですが、旧帝大、千葉大、横浜国立大レベル、早慶上智レベルであれば1浪の学生もたくさんいますし、確率で言えば就活時の評価も現役で全国的には無名の大学よりは有利です。 あくまで、有名企業等を志望する場合の確率・期待値の話ですが・・・。技術職なら尚更、基本学力が無いのに製品の研究開発などの仕事ができるわけないので。

小さな会社を経営しております。プログラマーです。 ...

続きをみる
小さな会社を経営しております。プログラマーです。 どうでしょうね。本当に「将来が真っ暗」なんでしょうか。 起業してみて交流してみると、多くの創業社長って必ずしも学歴はそんなに高くなかったりします。 私は大学でもそこそこ勉強したほうで、それを仕事にもかなり使うのですけど、多くの人は学校で得た知識はほとんど使わないです。AIの専門書がきちんと読める能力と、顔の作りが魅力的だったり、お金持ちの家に生まれたことだったりが等しく武器になるのがビジネスというものです。自分の持つ武器を理解して一番有利な戦い方で生き残るのです。 他の回答のように、大企業を良しとする価値観の中で勝負してもいいのですけど、当然のように有名大学出身・・勉強が得意な人が有利なゲームに参加して大丈夫でしょうか。質問者様はあまり勉強が得意ではないのではないですか? どこの組織に入るということより、どこにも所属しなくても生きて行けるように手に職をつけることを考えたほうがいいような気はします。

今の時代はエンジニアなど実績で評価される仕事は多くあり...

続きをみる
今の時代はエンジニアなど実績で評価される仕事は多くあります。 学生など可能性は無限大ですよ。
ユーザー名非公開7

人を出身大学ごときで評価しないことです。友達を沢山作っ...

続きをみる
人を出身大学ごときで評価しないことです。友達を沢山作って人との繋がりを生かし、その時間を惜しみなく楽しんでください!

就職活動で公務員や大手を狙う場合は不利ですが、社会人に...

続きをみる
就職活動で公務員や大手を狙う場合は不利ですが、社会人になって数年もたつと学歴が評価対象にならない業界はたくさんあります。 技術、行動力、へこたれずに何度も挑戦する気概、人と仕事に対する誠実さのほうが、よほど大事です。 新興産業を目指しましょう。 たくさんインターンをやって、経験から、本当にやりたいことを見つけましょう。

その大学の学閥のある会社を1年生のうちから探しなさい ...

続きをみる
その大学の学閥のある会社を1年生のうちから探しなさい そして、就活の時にその会社に入りなさい 私が新卒で入った会社には、私の大学(中堅)よりも少し低い工業系大学(俺的には、低脳児でパワハラ野郎が多いのでFランだと思っている。ただ、ヤフー知恵袋で「そういう人がその大学出身なのは恥ずかしい。どうか、あまり誹謗中傷しないでくれ」とお願いされた)の学閥があります。
ユーザー名非公開8

まず意識してほしいのは大学入学はスタートということです...

続きをみる
まず意識してほしいのは大学入学はスタートということです。 どんな学校にでも社会人になってからの自分の身の振り方を考え、夢に向かって着々と行動を起こしている意識の高い学生はいます。 コネクション作りやスキルアップのため希望業界・職種でのインターンやアルバイトを一年時から始めるなんて今ではありふれた話だし、独自に活動を始めて20歳前後でもうフリーランスとして芽を出しかけていたり、知人と事業のようなこと始めて形になりかけていたり、そんなキラキラ輝く若者が貴方の近くにもきっといます。もっといえば高卒者や18歳以下の人でも活躍している業界だってあります。精力的に社会活動を行っている人がそれだけいるということです。人生を変えるも何もあなたの人生はまだ始まって間もないです。 満足いく進学が出来なかった人ほど「もう一度大学受験できれば」とふと思うものです。僕自身そう思ってしまうことがあるので、そういうことを言ったり他人に勧めてしまったりする気持ちはわかる気がします。 しかし学歴にこだわって受験しなおせば、高校三年生の時点に留まってしまうのと同じです。その後どんなに名の通った大学に入学できても前を進む同年代との時間差はどうしても埋められません。 わかっているかもしれませんが浪人の経験が社会で評価されることってあんまりないです。他人から見れば、高校レベルの知識を復習することにずっと時間を費やしていたんだと、後ろ向きな印象を受けます。 そして残念ながら受験に対応する学力そのものは、高卒なら身についていないとおかしいので知っていて当然だとしか扱ってもらえません。その点むしろブランド力が低い大学にいたほうが、教養や処理能力についてある程度寛容に評価してもらえる傾向にあるため、ある意味得なんじゃないかとすら思えます。 つまり色がついていなくて何にでも挑戦できる、25歳くらいまでの”若者”の時間をそこまで割くだけの価値が浪人にあるのかってことです。 志望していた学部がある、使いたい施設や履修したいカリキュラムがその学校にしかない、師事したい先生がいる等、何か明確な目的がない限りは今の大学で地道に研究や課題を頑張ったほうがいいです。 将来出会うだろう人々に自分の学生時代をしっかり説明できるよう、興味のあることを研究したり、学校内外問わず人や物を見て視野をひろげたりして学生生活を充実したものにしてほしいです。
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料