• HOME
  • 就職
  • 就職活動の面接で隠れた意図はどんなことなのでしょうか?

就職活動の面接で隠れた意図はどんなことなのでしょうか?

113

新卒で就活中の者です。精神耐性があるかどうかを聞かれることがありますが、面接官は何を意図して、または何を懸念してその質問をしているのかがあまり分かっていません。そのため、どのように答えるのが正解なのか自信が持てません。どなたか教えてください!

就職就職活動/就活面接新卒採用

Johnson2020年04月30日

回答3

ユーザー名非公開1

社会人7年目で、過去に二回転職をしておりますので、面接...

続きをみる
社会人7年目で、過去に二回転職をしておりますので、面接は相当数こなしていますが、精神耐性など一回も聞かれたことがありません。 どのようなことを聞かれたか、をセットにして質問した方が受け手としてはイメージできるので、ぜひ実際の質問内容を教えて下さい。

精神耐性とはストレス耐性の事でしょうか? それであれ...

続きをみる
精神耐性とはストレス耐性の事でしょうか? それであれば、ご応募されている職種で考えられるストレスに対応できそうかという事かもしれませんね。 例えば営業職ならば対人関係がストレスにならないかとか。
ユーザー名非公開2

ストレス耐性の事でしょうが、それを聞く理由は、 残業...

続きをみる
ストレス耐性の事でしょうが、それを聞く理由は、 残業が多いか、仕事で会う人がやばいか、の問題を会社が抱えており、 それに耐えられないとすぐに辞めてしまうからです。 特に新卒は教育コストがかかるので、入社して1・2年で辞めてしまうと、会社は損をします。なので、最低限3年以上働いてもらい、会社に利益を出してほしいはずです。 残業やパワハラはブラック企業に多いので、そういう状況の会社なら避けた方が良いです。 一方で、営業職など、さまざまな人と会ったり話したりする必要がある仕事の場合は、変な人と関わるのを避ける事は難しいです。この場合は、その職種に向いているかという確認になります。
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料