• HOME
  • 転職
  • 転職エージェントとの面談はどんな内容なのですか?

転職エージェントとの面談はどんな内容なのですか?

転職エージェントとの面談はどんな内容なのでしょうか。

また、転職エージェントとの面談ではどこまで相談できるのでしょうか。

前職の退職理由は精神的にあまり言いたくありません。

初め転職エージェントする利用する人が注意しておいた方がいいことや、意識することがありましたら教えていただきたいです。

また、転職エージェントの面談の流れや面談の内容をご存知の方がいましたら教えていただきたいです。

今後のキャリアについて望めば良いのでしょうか。

ご回答よろしくお願い致します。

転職エージェント転職活動転職

ユーザー名非公開

回答7

まず、転職エージェント会社もビジネスであることを念頭に...

続きをみる
まず、転職エージェント会社もビジネスであることを念頭に置くことが重要です。 そして、エージェント会社の売上は「採用したい企業」に対して、「求職者」が入社すると、求職者の入社時年収の3割程度を紹介手数料として獲得し、これが売上となります。したがって、求職者は無料でサービスを受けられます。 つまり、エージェントは、いくら時間をかけても合格見込みのない求職者を企業に紹介はしません。時間の無駄になるため。逆に、合格可能性の高い求職者を企業に紹介します。難関企業であればあるほど、優秀な人材じゃないと紹介してもらえません。また、なかなか人が集まらない企業などは採用ハードルが低いため、どんどん紹介してくれます。 上記のエージェントの思考を理解したうえで、求職者は自分のスキルをエージェントにアピールし、求職者が求める企業へ紹介してもらい、さらに、エージェントに応援団になってもらうことが大切です。エージェントが企業に対して、「この求職者は優秀で御社の戦力にきっとなるため、ぜひ採用してください!」と言ってくれれば、エージェントを利用する価値が最大化されます。 まずは、エージェントとの面談ではキャリアプラン、自己PRなどのヒアリングを受けることになります。
ユーザー名非公開1

転職エージェント目線で考えてみてください。 job ...

続きをみる
転職エージェント目線で考えてみてください。 job hopperさんが言うように、彼らはあくまでもビジネス目的です。という事は、あなたを商品に例えると、売れる商品かどうか?を見極めることから始まります。売れる商品かどうか?は、あなたの能力に対して、需要(募集企業が求める能力)があるかどうか?で決まります。 自分を見つめ直し、客観的に何がアピールできるのかを実績で説明できるようにしておくと良いでしょう。年齢がわからないので何とも言えませんが、歳を取ればとるほど、のびしろではなく、実績で評価されることを肝に命じておいてください。
ユーザー名非公開2

複数の転職エージェントに登録し、2回転職をしています。...

続きをみる
複数の転職エージェントに登録し、2回転職をしています。 登録 転職エージェントに会員登録。(転職エージェントは無料で登録、利用ができます) 登録時に年齢や、前職or現職の情報、過去の学歴、経歴情報を入力します。 転職エージェントと面談の調整  面談 (1)事前準備 業務履歴の作成、自分の情報の整理 ・今まで会社でどんな業務をやってきたのか時系列でまとめる ・なぜ、転職したいのか?(なぜ会社を辞めたいのか)その理由、動機 ・どんなところに転職したいのか? 転職したい会社の条件 年収、場所、休み、業務内容等をまとめる ・10年、20年先のキャリアプラン(自分がどうなっていたいのか?)    (2)エージェントとの面談(1時間程度) ・転職市場やエージェント、転職サービスの説明を受けます ・転職したい理由を聞かれます。 ・転職の条件を聞かれます。 ・自分の業務履歴を聞かれ、その内容を深堀していきます。 ・業務内容や転職条件、希望から幾つか求人を紹介してもらいます。 ・職務経歴書、履歴書の作成方法、ブラシュアップ    (3)面談後 ・紹介された求人に応募するかどうか検討 ・定期的に求人が紹介されるので、それに応募するかどうかの検討 ・応募し、書類選考が通過した場合には企業との一次面接の調整をする ・必要に応じて、転職会社が模擬面接の練習をしてくれる。       

前向きに、全てを話した方が良いと思います。 全て...

続きをみる
前向きに、全てを話した方が良いと思います。 全て話した方が、面接受ける企業に対して、言って良い事、言う必要が無い事、言わない方が良い事 等がわかると思います。 エージェントは転職に向けた中間地点ですから、エージェントに対して構えなくて大丈夫だと思います。 私は昨年11月に転職しましたが、転職エージェントを使用していました。私はエージェントに全て話していました。そこから、面接に向けた様々な言い方、言い回し、違う角度からの見方 等、アドバイスをもらってました。
ユーザー名非公開3

だいたい、アンケートに答えて、どういう求人を探している...

続きをみる
だいたい、アンケートに答えて、どういう求人を探しているかを伝えるだけです。 面談前に履歴書を送ると思うので、こちらから切り出さない場合の向こうからの質問はそれベースになります。退職理由程度は伝えておいたほうが無難です。紹介する側も、インプットが多いほうが紹介しやすいはずです。例えば、前職の退職理由が残業時間の多さであれば、定時で帰れる会社をメインで紹介してくれるでしょう。 頑張ってください。

面談方法は各社違います。 直接会うのか、Skypeな...

続きをみる
面談方法は各社違います。 直接会うのか、Skypeなどのツールか電話です。 面談内容はこれまでの経験とこれからについて聞かれます。 面接で前職の退職理由を聞かれますので準備した内容をお伝えすれば良いと思います。 退職理由に前向きな理由と後ろ向きな理由があれば、前向きなは理由をお伝えすれば良いと思います。 注意点はエージェントのアドバイスはアドバイスとして聞いておけば良いです。面接を受けるのは自分でアドバイスにとらわれすぎると、自分の正しい売り方を間違えてしまうからです。
ユーザー名非公開4

エージェントとの面談は採用面接とは違うので、取り繕う必...

続きをみる
エージェントとの面談は採用面接とは違うので、取り繕う必要はありません。 自分のこれまでの仕事内容、希望を話せばOKです。 リラックスして臨めば大丈夫です。私はもう何社何十回と経験しています。 気になったのは前職の退職理由です。 精神的にも話したくないとのことですので、すべてを話す必要もないのかもしれませんが、 概要くらいは話した方が、エージェントが案件紹介の際に考慮頂けるかもしれません。 マイナスな話ばかりだと案件を紹介して頂けないので、 次はこうなりたい!こういうキャリアを望んでいる!という前向きなお話もされると良いと思います。
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料