• HOME
  • 会社
  • 「6か月以内は同業他社への就職禁止」という規則は破っても大丈夫ですか?

「6か月以内は同業他社への就職禁止」という規則は破っても大丈夫ですか?

1835

同業他社のアルバイトに鞍替えしようと思っています.
就業規定に6か月以内の同業他社への就職禁止の文言があったのですが
これは有効な契約でしょうか.
ちなみに私はアルバイトとして数か月程度しか勤務しておらず,機密情報どころか業務内容をやっと覚えたくらいのスキルしか持ち合わせていません.

社内規則会社

ユーザー名非公開13日前

回答4

ベストアンサー
ユーザー名非公開1

「6か月以内は同業他社への就職禁止」という規則は無効で...

続きをみる
「6か月以内は同業他社への就職禁止」という規則は無効です。 このような文言は雇用時の規定にしばしば見られますが、おもに重大な機密情報やビジネスを左右するほどの経営ノウハウを持ち出しされ他社に流されることを危惧しての一文です。 質問者様の場合はこれに該当しないようですし、職業選択の自由が保障されていますので安心して転職されてください。 ...しかし、同業ということは今後何かしらの接点がないとも限りませんし、何より穏便に退職するため、同業他社に行くことをあえて伝える(退職時の面談などで)等は控えたほうがいいと思います。
ユーザー名非公開2

職業選択の自由は憲法で保障されています。無視して大丈夫です。

6か月以内の同業他社への就職禁止は会社の規則なので退職...

続きをみる
6か月以内の同業他社への就職禁止は会社の規則なので退職すれば無効。 辞める時にどこに就職するのか、調査される場合があるので、もし新しく行く就職先の採用担当者に、今の会社から電話があれば私の事は言わないで下さいと言えば良いと思います。 今度行く就職先の採用担当者が言わないと思いますけどね。 辞める時に今の就職先を言う必要は無いので、今の勤め先から就職先の事を言われても嘘をついても良いです。
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料