本当に喫煙者だと採用されない会社にあるのですか?

259

喫煙者を採用しない企業が増えていると聞きます。
https://supari.jp/column/15098#i-15

実際にある一定の企業は喫煙者を採用していないのでしょうか?

ユーザー名非公開

回答6

ユーザー名非公開1

現実的に考えて採用段階で喫煙者かどうかって判断可能でし...

続きをみる
現実的に考えて採用段階で喫煙者かどうかって判断可能でしょうか。 それこそハードスモーカーで体臭から臭うレベルであれば判断可能でしょうけど、それ以外だとなかなか難しいかと思います。 面接のタイミングで喫煙有無を聞いても、嘘をついてしまえば分かりませんし、ましてやリモート面接が主流な訳ですから 物理的な匂いなんかも分かりませんし、、
ユーザー名非公開2

はい、そういうのありますがバレません ただし勤務...

続きをみる
はい、そういうのありますがバレません ただし勤務中にタバコは吸えない、匂いでバレないように出勤前から帰宅まで吸わないのが我慢できるなら
ユーザー名非公開3

ありますよ、採用条件に非喫煙者であることを掲げる会社。...

続きをみる
ありますよ、採用条件に非喫煙者であることを掲げる会社。自分も見たことあります。今喫煙者の人は入社までに禁煙する必要があるということでした。
ユーザー名非公開4

あるか無いかで言ったら確実にあるでしょうね。 大手で...

続きをみる
あるか無いかで言ったら確実にあるでしょうね。 大手でも堂々とそれを公言している企業がありますし。 でも不採用時の理由は喫煙者だからダメ。とは言わないと思います。 総合的に判断してダメと言うでしょう。 面接時に「あなたは喫煙者ですか?」の質問にNOと答えたが実は喫煙者であり 採用された後喫煙していたのがバレ、試用期間でいろいろ理由をつけて正式採用しないケース。 (こういう会社はまず契約社員で雇用するケースが多い) その「実は喫煙者だった」という事実を人事ファイルとして残しておいて、 何かミスをしたときにそのミスを理由として退職届を書けと言ってくるかもしれません。 (実は喫煙者だから会社に残したくないため) なぜそこまで喫煙者が目の敵にされるかと言うと、周囲の健康被害の問題もありますし タバコを吸っている時間というのは労働時間に直すと結構な時間になるのですよね。 周りの人がタバコ休憩なんてしないのに、タバコを吸う人だけそのたびに 喫煙ルームに行っていたら示しがつかないのです。 それにご存知のように肥満や喫煙は自分を管理できていないバロメーターにもなります。 科学的に明らかに害があるのにそれを理解できないという事実も、 企業にとっては「だらしない」と映るケースも多いのでしょう。
ユーザー名非公開5

偏見ですが、タバコ吸う管理職、タバコ部屋で自分に酔って...

続きをみる
偏見ですが、タバコ吸う管理職、タバコ部屋で自分に酔ってる感じですね。健康に悪い、お金かかる、臭いいいこと何もないと思います。そういう企業増えると思います。
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料