• HOME
  • 就職
  • 引きこもりだったことを就活でアピールできますか?

引きこもりだったことを就活でアピールできますか?

236

3留した大学生です。
父親が死亡し、色々あってそのまま引きこもりました。引きこもりから立ち直ったことは就職でアピールになるのでしょうか。自力で這い上がるべき壁はまだまだ高いという感じでしょうか。
「引きこもりになったことで他人の痛みがわかるようになった。ここから早期退職や病気退職といった不幸なすれ違いを解消する支援ができる。」といった感じで、プラスのアピールではなく、企業側が常に抱え持つリスクををカバーできるという売り込み方をしようと思っています。アドバイス下さい。

ユーザー名非公開

回答3

ユーザー名非公開1

企業人事です。 書きぶりだけでは、判断しきれないです...

続きをみる
企業人事です。 書きぶりだけでは、判断しきれないですが 評価するかどうかは、企業や担当者によります。 採用は、一般化できそうで、できないものですので、 いろいろな企業と話をする中で、 良い出会いがあるかと思います。 就活を応援しています。
ユーザー名非公開2

他の方も仰っていますが、単純に評価するかどうかは判断が...

続きをみる
他の方も仰っていますが、単純に評価するかどうかは判断が難しいかと思います。 父親が亡くなっても引きこもらないで頑張ってる人もいるわけですから、その人と比較するとマイナスになるという見方もあるかと。 後は受ける業種や職種によっても異なるでしょうから、一概に良し悪しの判断は難しいですね。

やめておいた方が無難です。 何故なら、仕事に対す...

続きをみる
やめておいた方が無難です。 何故なら、仕事に対するストレス耐性が低いと判断される可能性が高いから。 仕事をしていくと、思いがけない障害やキツイ問題にぶつかるケースが沢山あります。 そのたびに、いちいち落ち込むようでは話になりません。 それに引きこもりって、面接では超がつくほどのNGワードですよ。完全にネガティブワード。 辛辣な言い方になりますが。 私が人事なら問答無用で落としますね。 あと、「早期退職や病気退職といった不幸なすれ違いを解消する支援ができる」って、その根拠は? カウンセラーの資格や対人支援の経験があれば、まだ良いですが辛い経験をしただけって話だけだと説得力ないですよ。 視野に入れている業界は、福祉関係でしょうか? それにしても引きこもりの話はマズイでしょ。 就職活動って、競争ですからね。 いかに周囲と差をつけて選考に進むかが大切なので、ネガティブな部分も極力ポジティブに伝えるようにしてください。 私なら、 3浪した理由は、父親の介護に全力を尽くしていたって感じにして、引きこもりの経験は一切話さないです。ウソついてでもポジティブさをアピールしますけどね。何度も言いますが、就職活動は競争です。 頑張ってください。
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料