日本のITが遅れすぎなのはなぜでしょうか。原因は何ですか?

198

なぜ日本のIT分野の企業は世界に比べ競争力が弱く、多くの日本の顧客となる会社のITのレベルも低いのでしょうか?

何が原因だと思いますか?
過去に日本のメーカーが世界を席巻したイメージがあります。どうしてITでは日本は落ちぶれたのでしょうか。

ユーザー名非公開

回答12

ユーザー名非公開0

政府、財界に先を見る目のある人がいなくなったのと、グロ...

続きをみる
政府、財界に先を見る目のある人がいなくなったのと、グローバル感覚で新しいものを産み出しても 海外へ優秀な人材が流れてしまったためではないでしょうか。
ユーザー名非公開1

収益を経営陣が独り占めして労働者に還元しなかったから。...

続きをみる
収益を経営陣が独り占めして労働者に還元しなかったから。 優秀な人材であればあるほど金くれる外資に流れるし、 海外との教育格差もあって、 海外の優秀な人材が働く選択肢に日本が入らないから、 技術を取り入れる流れもない。
ユーザー名非公開2

そのテーマだけで本が何冊書けるかというレベルですが、私...

続きをみる
そのテーマだけで本が何冊書けるかというレベルですが、私の考えをいくつか書きます。 ・戦後の国策で海外のコンピュータの導入を排除したこと ・Σプロジェクトの失敗(官が主導し民間の非技術者がそれを骨抜きにした例) ・TRONがアメリカにつぶされたこと(都市伝説だと思われるが) ・英語教育の失敗により国民の大半が英語が苦手なこと、そのため先進的なSBCSなソフトウェアが導入しづらかったこと、海外に売ろうという意識が低かったこと ・日本で大事に育てたガラパゴスがアメリカにつぶされたこと ・日本人は発明よりも改良が得意な特性があること ・世界有数の安全と通貨の信頼性のため、電子マネー・電子決済の導入が遅れたこと ・労働者の流動性が低い(簡単に解雇できない)ため、技術者を雇用するよりも外部委託することが一般的になってしまったこと、企業のシステム部が窓際化してしまったこと(日本のIT=SIビジネス化) ・お客様は神様だ思想により、委託業者に無理難題を押し付け、業者もそれに応えてしまったこと(SIのブラック化) ・人種や移民の差別がなかったこと(安い労働力を使えず、高コスト化) ・ツールに合わせて仕事を変えるのではなく仕事に合わせてツールを作らせる文化(システム化に時間がかかる) ・過剰ともいえる品質意識のため、システム開発がますますブラック化したこと ・責任の所在を明らかにしないと気が済まないこと(業務システムを作ってもワークフローが日本固有と言えるほど複雑化する) ・完成品重視のため、MVPでリリースして後から改良しようという発想にならなかったこと ・国土が狭いため、遠隔よりも対面が重視されたこと、東京一極集中 ・高いセキュリティ意識のため、海外のサービスを利用しづらいこと ・文系(非技術者)主導のビジネス展開 ・独裁者(強力なリーダー)を生みにくい合議重視な文化 ・成功者にあこがれるのではなく成功者を妬む国民性 ・自分でなんとかしようではなく国や経営者の批判しかしない国民性、行動する人はなぜか左巻きばかり ・PDが重視されCAが軽視される文化 ・大したことないものを大したもののように宣伝しない謙虚な国民性 ・お金を稼ぐことよりも清貧が美徳という意識 ・エリート教育の不足 ・グローバリゼーションの名のもと、日本に有利な個性をつぶされ、アメリカ有利に誘導されていること ・憲法9条により、軍事転用の恐れがある技術研究が困難なこと ・国益よりも特定アジアの利益を優先する政治家・団体の存在 ・国威高揚に反対する左勢力の台頭 ・いまだにWGIPに洗脳された自虐史観 ・大手マスコミの大半が反日・反体制であること ・何の努力もせず日本はダメだと言いふらすネット住民 ・「日本死ね」を流行語大賞にした国会議員とマスコミ(日本は駄目な国なんだという思想の植え付け) ・IT業界の高収入帯をITコンサルという虚業が食いものにしていること
ユーザー名非公開3

業務システムは投資額もサービス内容も世界一充実してますが。

ユーザー名非公開4

先の大戦で日本が勝利していたら今の世の中全然違ったでしょうね

ユーザー名非公開5

日本特有の同調圧力 英語に苦手意識を植え付ける教育システム

ユーザー名非公開6

> なぜ日本のIT分野の企業は世界に比べ競争力が弱く、...

続きをみる
> なぜ日本のIT分野の企業は世界に比べ競争力が弱く、 やっぱり根底にあるのは英語かなと思います。そして英語を使えなくても日本市場で食えていたので、海外に撃って出ようというモチベーションが低かったのだろうと思います。現在は少子化による国内市場の縮小とグローバリゼーションの波のせいで、日本の独自性が維持できなくなってきていることが問題ですね。 > 多くの日本の顧客となる会社のITのレベルも低いのでしょうか? 多分リモートワークとか社内へのICTの導入の遅れのことを言っていると思います。リモートワークの遅れについては、対面重視の商習慣のせいではないかと思っています。ICTの遅れは、前の方も書かれていますが、自社で開発できる人を雇用せずベンダー委託体質になったこと、既存のパッケージソフトウェアを活用するのではなく、カスタム開発ばかりになってしまったことかなと思います。そのため、日本のIT業界ではカスタムSIという業態が主流になり、ブラック化してしまいました。海外ではカスタムSIはメジャーではなく、パッケージインテグレーションが主流です。つまり、 日本:既存の業務に合わせ、システムをベンダーに開発させる 海外:既存のパッケージに合わせ、業務を変える です。どちらがスピード感あるかは一目瞭然だと思います。今年某銀行のシステムトラブルが問題になりましたが、あれはまさに前者の権化です。一方、最近成長著しいネットバンク系は海外のパッケージを使って早期にサービスを立ち上げています。感覚的な話ですが、国内の企業でも最近はいちいち新規開発するのではなく、パッケージやSaaSを使おうぜという流れがはじまりつつあると感じます。遅れはとりましたが、数年~10年後には日本企業もようやくそういったスピード感になっていくかもしれません。
ユーザー名非公開7

この手の話題は政府が悪い、なんとか政権が悪いという話に...

続きをみる
この手の話題は政府が悪い、なんとか政権が悪いという話になりがちですが、政策よりも前の方が書いているように日本の歴史的な側面とか文化的な側面が影響してるんだろうなぁと思います。あとやっぱりアメリカ様にいいようにやられ続けてますよね。 あ、でも英語教育は文部省・文科省の大失敗だと思います。

既得権益への忖度と壁ですかね 他国では国がそうい...

続きをみる
既得権益への忖度と壁ですかね 他国では国がそういったことを取っ払って導入しますが 日本は国としてそういったことをしていません 中国の信用ランク、インドの生体認証など他国は国が推進しています
ユーザー名非公開8

パッケージに仕事をあわせるのではなく、自分の仕事にあう...

続きをみる
パッケージに仕事をあわせるのではなく、自分の仕事にあうようにシステムを改修する無駄なコスト、そのような仕事を受けるSier その為、先に進まずレガシーな仕事スタイルを改善できません 日本では自動車産業が大きくテスラ品質で送り出す文化がないことも一因です ITも過剰品質求められテストばかりしてますよね 特に年配の方々は自分の方法論に拘り、理解がなさすぎ、新しいことに挑戦せず直ぐカスタマイズばかり また、失敗すると人事評価に悪影響の為、事勿れ主義に陥るのです これは日本型人事評価における相対評価が悪いと考えます つまり、失敗は他者と比較すると低評価つきやすく、挑戦しないで無難に遂行した方が年収に反映されやすいからです その為、新奇制ある提案は、無難に進めたい上司から却下され通りません しかも、ゼネラリストとして終身雇用する労働感は進歩的な専門家を育てることできず、ITに弱い人が上につくことになるのです DX推進のトップに定年退職した人がつき名誉職に我が社ではなっており、もう終わりです 古い業界ではこのしがらみから逃れること難しく、それが大多数の日本企業だと思います グローバルサービスで勝負できるIT企業有れば良いのですが、現状の規模感格差では追いつくのはかなり厳しいです 今後も投資できず差は開くばかりでしょう
ユーザー名非公開9

現代の日本は世界の中で特に変化が遅い国だからです。以前...

続きをみる
現代の日本は世界の中で特に変化が遅い国だからです。以前は社会の発展が遅いので問題ありませんでした。 変化が遅い最も大きな原因は、公務員含め社員をクビにしづらい法律のせいだと思います。20年前、30年前の入社時と同じやり方を続けたい無能な年長者が組織内で権限を持ち続ける限り、日本に変化は無理でしょう。
ユーザー名非公開10

大手IT企業が下請け会社とカルテルを結び、実際に手を動...

続きをみる
大手IT企業が下請け会社とカルテルを結び、実際に手を動かす労働者から偽装請負(派遣ではない不当な労働力供給事業)で中間搾取して、多くの労働者が勤労意欲を発揮し辛い状況に陥っているのは大きな一因だと思います。 デジタル庁なんて、多重請負の中間搾取層が1つ増えたと個人的には認識しています。 で、労働基準監督署も、ブラック企業(隠れ反社)が相手にも関わらず、会社がつぶれると失業者が増えるし、被害者が損害賠償をしっかり受取れなくなる理不尽に陥る可能性があり、積極的な処分をしづらいためにブラック企業を野放しにしているというジレンマがあると思います。 なので、一人の被害者よりも数の多い他の社員を優先して、パワハラのメンタル労災も労基署が塩対応になるのではないでしょうか。 企業が人権を軽視して経済性を優先し続けた結果、ITゼネコンの上位階層のIT企業が責任逃れをして、技術者雇用のリスクを下請けの労働者にヘッジして、実際に手を動かすIT技術者の利益や意欲を奪い、上位階層の企業が本来技術者が得るべき利益と果実を吸い取っているから落ちぶれ続けて、昔は発展途上国と呼ばれた国からも遅れをとっていると考えます。 これだけでは救いがなくて絶望的に思えてしまうかも知れませんが、偽装請負が発覚したら元請け偽装請負の労働者を洗いざらい発注元企業に条件割増しで正社員雇用させ、それでも企業が責任逃れを続けて従わない企業には公共案件の入札をさせない、偽装請負企業で作ったものを部品であっても使用している製品は公共での採用を禁止するくらいの措置を、デジタル庁あたりが音頭を取って行政の縦割りに横串を通して実行に移せば、少しは良くなるのではないかなと想像します。
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料