• HOME
  • 転職
  • 求人票の予定年収よりも実際の年収が下回ることはありますか?

求人票の予定年収よりも実際の年収が下回ることはありますか?

転職を考えてます。求人票の想定年収より実際の年収が低いことはありますか?

ユーザー名非公開

回答7

ユーザー名非公開1

求人票よりも下回ることは可能性としてあると思います。 ...

続きをみる
求人票よりも下回ることは可能性としてあると思います。 但しがあって、年収は雇用契約書に記載のものが全てですから、そこに記載されている年収で最終判断すればいいと思います。 求人票はあくまでも例なだけです。
ユーザー名非公開2

はい、求人票の年収はあくまでモデルケースです。

下回ることも上回ることもあります! あくまでも想定年...

続きをみる
下回ることも上回ることもあります! あくまでも想定年収ですので、 私は実際に求人票より上回る金額で オファーを頂いたこともあります。
ユーザー名非公開3

目安なのであると思います。多く違わないとは思います。

想定年収を下回ることは大いにあります。求人票は400~...

続きをみる
想定年収を下回ることは大いにあります。求人票は400~1000万円のように、幅が非常に広いと思いますが、最低額はさすがに達成できますが、最高額は社内の最高評価の同年齢の人の例だと考えた方が良いです。大体は、同年齢の新卒同期と同じ水準か少し下の額になると思います。 あとは、交渉次第。

あります。 転職だと現年収をベースに給与を決めること...

続きをみる
あります。 転職だと現年収をベースに給与を決めることが多いので、現年収に影響を受けることが多いです。
ユーザー名非公開4

想定年収の下限を下回ることはほぼないでしょう。求人票を...

続きをみる
想定年収の下限を下回ることはほぼないでしょう。求人票を作るときに、担当者から「下限を下回る金額でオファーを出すことは出来ないので、数字は絶対に間違えないで」と口を酸っぱくして言われました。
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料