• HOME
  • 就職
  • 面接
  • 就活面接での留年理由について。留年率も説明するべき?

就活面接での留年理由について。留年率も説明するべき?

148

就活の面接で留年理由はどのように話したらいい?留年率も説明するべき?

就職活動 留年率を説明すべきか。

再投稿失礼します。大阪大学ロシア語専攻3年の者です。

私の学科は一年生、二年生の時に進級試験があり、三人に一人が落ちます。

その試験は、ロシアの大学に合格できるレベルが求められています。

作文、会話、リスニング、読解、文法の5種類全て6割以上、全体で7割以上で合格、一種類でもそれ以下の点があれば問答無用で留年です。

私は一年生の時、インプットするだけでも時間が足りず、アウトプットができなかったため、作文と会話ができませんでした。

2年生の時も、作文と会話、リスニング対策をしたのですがそれでも十分でなく、落ちてしまいました。

勉強時間は取れるだけ取っていましたが、計画性がなかったのが敗因です。予習復習宿題に追われて、気づけば一年たってしまいました。

最終面接が6つ控えていますが、どこまで正直に話すべきでしょうか。

正直言い訳がましく聞こえるのは仕方ないと思います。

勉強していたのに留年したのが一番印象が悪いと思うのですが、嘘をついてもバレると思います。どのように話せばいいのか教えてください。

ユーザー名非公開

回答9

ユーザー名非公開1

その人の個性にあって矛盾の無い説明をしていれば良いかと...

続きをみる
その人の個性にあって矛盾の無い説明をしていれば良いかと 私は4回ダブってますけど、お金無いから大学行けなかったです。だから強烈にお金欲しいです。必要な犠牲は何でも払います。って感じでした。(その辺で1番給与の良い会社です)
ユーザー名非公開2

一生懸命、なぜ留年したのかとか、3人に1人は落ちるとか...

続きをみる
一生懸命、なぜ留年したのかとか、3人に1人は落ちるとかを長々と説明すると、聞いてる側としては、何かを隠したいのかなと思ってしまいます。 留年について聞かれたら、さらっと点数を取れなかったから、と事実だけを述べて終わらせた方が良いのではないかと感じます。 勉強して留年するのが一番印象が悪いと思っているのは、質問者さんだけではないですか? 自分で、そのように感じていると、表情や言葉の端々にそれが出てきます。 下手すると、言い訳っぽく聞こえてしまうかもしれないので、まずは、留年したという事実に対してネガティブな発想をやめ、その後の質問者さんの学生生活をポジティブに捉えられれば、違う説明の仕方ができるのではないでしょうか? がんはってください。

ただの言い訳なので説明不要です。 合格率10%じ...

続きをみる
ただの言い訳なので説明不要です。 合格率10%じゃなくて67%ですよね? 申し訳ないですが「落ちるやつは勉強していやつ」とみなされるレベルです。 色々な試験の合格率とか調べてください。 「あなたにとって厳しい」が「他の人も厳しい」と思わない方がいいです。
ユーザー名非公開3

素直に勉強不足で阪大の基準に満たさなかったと言って大丈...

続きをみる
素直に勉強不足で阪大の基準に満たさなかったと言って大丈夫ですよ。面接官に阪大ロシア語を超えるような人はそうそうにいません。 それより、いかなるその困難をどう乗りこえようとした。失敗をどう分析したかに関心があります。会社では常に課題があり、解決するのが会社組織だと思います。留年より、阪大の時点で優秀は分かるのでもう一歩です。あと、面接官は一緒に働きたいかをみています。 6社も素晴らしい。悔いのない就活になりますように。
ユーザー名非公開4

留年は絶対的に失敗ではない、という論調にせず、 三割...

続きをみる
留年は絶対的に失敗ではない、という論調にせず、 三割以上留年や他の如何なる理由があろうと留年は失敗だという論調にし、 その失敗から何を学んだかを前向きにかつ端的に述べれば、 多分相手は好意的にみてくれます。 (逆境に耐えられそうとか。) あなたの留年は確認できる事実としてあるんですし、 こちらも『三割留年は、阪大でも知られている事だと、入ってから知りました。』 といえば、 確認出来る事実を提示できます。
ユーザー名非公開5

私は一時期、外資系で採用業務を担当していたので、その時...

続きをみる
私は一時期、外資系で採用業務を担当していたので、その時の経験から回答いたしますね。 あくまで私見ですが、あえて自分から「留年率」を話さなくても、いいと思いました。 ただし、面接官から留年について深掘りされた時は、あくまで自分に落ち目があった事を認めつつ、 あくまで環境要因の1つとして「留年率」について参考程度にお伝えするのはありです。 ※新卒の場合は「謙虚さ」は非常に重要です。 また、「なぜ留年したのですか?」というネガティブな質問に対しては、 まずは「過去の失敗原因は自分にあること(謙虚さ)」を伝えつつ、「失敗の根本原因を自己分析して、次に活かせていること(問題分析力/問題解決力/再発防止策の検討)」などのアピールできるといいですね。 欲を言えば、その再発防止策を踏まえて対応したら、今回は再発しなかった(進級できた)。という成功体験のエピソードへ繋げられると、ベストです。 あとは、「留年しても最後まで諦めなかったこと」などもアピールできるといいですね。 ※面接官も「人間」なので、特に新卒では「この人と一緒に働きたい!」って思わせることが最重要です。面接官は「過去の失敗の言い訳」よりも、「その失敗/挫折を経験し、一回り成長した今のあなた、そして将来のあなた」に高い関心があります。できる限り、ポジティブに言い換えられるように、事前に回答例/エピソードを準備しましょう。 文章が長くなりましたが、 現時点で最終面接が6社控えている = 1次面接以降はPassしている点を踏まえると、 幅広い企業から高く評価されているって事は間違いない事実ですので、あなたの今までの面接対策を踏襲しても問題ないと思います。 自信を持って、最終面接にチャレンジして下さいね! 応援しております!
ユーザー名非公開6

自分が発言することで相手がどういった印象を持つか思考を...

続きをみる
自分が発言することで相手がどういった印象を持つか思考を働かせましょう。 何故留年したか聞かれた場合のオブジェクションハンドリングを考えるだけのシンプルな話ですよね。 まず私は下位1/3でーすなんてアピールする必要ないですね。ご認識の通り言い訳にしか聞こえないので、それらしい理由を答えた方が、、「あーそうなのねー」で終わりですよ。 何故留年したのか?についての議論を深めた所であまり意味がない(不利になる)ので論点をずらすなり楽な方法を考えた方が賢明かと。 社会に出ても同じような事象に直面することは多々あるのでトレーニングだと思えば気も楽かもしれないですね。 あと、落ちる人の割合を話した方が良いってFBがあったみたいですがそれ一個人の意見ですよね。それは聞かれた時に答えればいいので自分から余計な話はしない方が得策。(上述通り)

以前に面接を受けた際、毎回授業に出て、予習復習宿題をこ...

続きをみる
以前に面接を受けた際、毎回授業に出て、予習復習宿題をこなしていたのに進級できないということで、会社に入っても人並みに仕事ができないと思われる。だから、試験の難易度を説明した方がいいと言われたのですが、どう思われますか?
ユーザー名非公開7

はじめまして。 恥ずかしながら私も留年経験者で、どう...

続きをみる
はじめまして。 恥ずかしながら私も留年経験者で、どうしても他人事と思えずコメントいたします。 留年率を話して「留年するのは私だけじゃないんですよ」という話をするよりも、 「一度努力不足or努力の方向性を間違えて留年しましたが、その経験を活かして〇〇を行い次の年では進級できました。また、その経験が××に活きています。」という話をした方が、今後に繋がる印象を持ってもらえると思います。 実際に私も、留年した理由よりもその後行ったことやそれらの経験を通して得た学びについて話しましたし、現在は某有名企業で働いています。(留年したからといって最終面接でNGになる訳ではない、という希望を持ってもらえたらなと思います。) 最終面接頑張ってください。
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料