経済が低迷する日本で働くより海外で働く準備をするべきですか?

1051

海外で働く準備をするには?

日本はお賃金がやすくなり暮らせなくなるのでしょうか。

もう海外でお仕事できるように準備するべきですか。

ユーザー名非公開

回答22

海外で働くべきかどうかはわかりません。 それは自分の...

続きをみる
海外で働くべきかどうかはわかりません。 それは自分の考えに合わせて決断すべきことです。 海外で働きたいと思うならば最低限、英語や働く場所のことを勉強することからでしょうか。 ただ、いきなり海外に行ってから考える人もいたりしますね。
ユーザー名非公開1

よくそのような意見をされてることが多い方がいますが主語...

続きをみる
よくそのような意見をされてることが多い方がいますが主語が大きいです。 日本は確実に低迷していますがだからといってヨーロッパ諸国含む海外が全て裕福かと言われればそうではありません。 日本の平均給料は低いですが海外で働くより日本で高級取り(30歳600万とか)になる方が遥かに簡単です。 現状アメリカと中国が覇権を取りすぎていて他の国は全部ジリ貧だと思っていいかと(オーバーですが) 言語能力だけでは高級取りになりません。最低限スキルを身につけることを今はお勧めします。 文脈は支離滅裂ですが参考までに

海外就職を軽くとらえる人が増えていますが、そんな簡単で...

続きをみる
海外就職を軽くとらえる人が増えていますが、そんな簡単ではないです。 基本的に世界中どこの国も外国人雇用するのを嫌がります。 自国民の雇用が奪われるからです。 ただ、例外もありまして、 ・自国民がやりたがらない仕事を低賃金でやってくれる ・高いスキルや専門知識があり、国の産業に貢献してくれる という場合にかぎり、外国人労働者は歓迎されます。 日本にいる外国人労働者を見てればどちらかに該当するのがわかるかと。 語学+専門知識+実績がない場合、 わざわざ日本人のあなたを高賃金で採用する国はありません。 まあ、低賃金のブルーカラーになるのはあなたの望んだことではないと思いますので、 あえて準備をするなら、 日本で働きながら語学と職歴を積み、多国籍外資企業に転職。 法人の海外勤務になる。現地企業にヘッドハンティングされるというキャリアを積むのが良いでしょう。 海外就職を目指す場合は自分のしたいという気持ちだけではなく、 受け入れる国や企業の立場になって考えてみるとうまくいくでしょう。
ユーザー名非公開2

海外で働けるのなら準備すればいいのでは?

ユーザー名非公開3

 確かに現在の日本は賃金が上がらず、ヨーロッパ及び韓国...

続きをみる
 確かに現在の日本は賃金が上がらず、ヨーロッパ及び韓国よりも経済成長率は下です。しかしながら、海外でも給料が上がっているのと同時に物価も上がっています。他の方が言っているように、海外で働くとはいってもキャリア開発や専門性が築くことができないと厳しいのは事実です。  また、日本の面接とは異なり、海外では面接回数も1回の所が多いため、その分のエピソードトークは濃密であることが要求されます。もし質問者が海外で働きたいと考えるのならば、will、can 、doといった部分を常に考える必要はあるかと思います。  その他にも、生活面はどうするのでしょうか? 日本ではスタグフレーションと言われていますが、海外でも給料が上がると同時に物価も高くなっているのが実態です。最初から高い賃金で働くのであれば、それなりにプレッシャーの高い仕事であると認識した方が良さそうです。
ユーザー名非公開4

もう既にでてますが、ハイスペックの人材なら海外でも活躍...

続きをみる
もう既にでてますが、ハイスペックの人材なら海外でも活躍できると思います。好き嫌いあると思いますが、フランスにいるひろゆき、与沢さん、メンタリストダイゴさんなど活躍されてると思います。この人達は、日本でも活躍できる人です。 よく日本の都内のコンビニ店員で、海外の方、日本語ペラペラで接客してますが、お金持ちではないと思います。日本人がアメリカで店員さんやるメリットってほぼないです。向こうからしてもアジア人なんていくらでもいますし。 一方で、日本は既に衰退しており、金融資産一億を一つの基準とすればかなり厳しいと思います。海外を視野に、語学や経験は必ず必要になると思います。 準備して海外で働いてみてください。それからでどうしよで、良いと思いますよ。日本は安くご飯が食べれる。良いところもありますし、ご自分が良いと思うところにいれば良いと思います。
ユーザー名非公開5

ご質問者様のバックグラウンドが分かりかねますが、志望さ...

続きをみる
ご質問者様のバックグラウンドが分かりかねますが、志望される業界の専門知識を含む外語能力や文化への理解が十分足るものであれば日本に拘ることはなく海外での就職も良いものと思います。 私個人は内国法人に勤めていますが、業務上使用する言語の8割は外語です。 自身の外語力に難を感じる事は殆どないですが、私自身はとても外地で現地企業に勤められるとは思えません。 これは日本企業である(ので言語力や現地文化等への理解不足をある程度は許容してもらえる)という盾に守られていると感じる事が多々あるためです。 これが純外国企業となると後ろ盾は何もなく、言語や慣習への理解はネイティブと同じ水準を求められて当然だと思います。 もしもまだ言語や慣習への完璧に近い理解がお済みでないのであれば、就職前に必ず現地人同様の能力水準まで引き上げる強い意志が必要不可欠だと私は思いますが、これには現地で一定期間過ごすなど基本的に多大な時間・労力・コストが必要になることと思います。 もしも能力に懸念がありながらもたまたま働き口が見つかったとして、無能のレッテルと共に耐え忍ぶ、それともそもそも解雇される、その恐怖に怯えながら働く限り長くは続かないと思います。 無駄に恐れることもありませんが、環境を変える以上、あなたを守れるのはあなたしかいなくなります。 広い視野を持つことは素晴らしいことですので、その展望を叶えきれるように強い意志を持って御精進されますことをお祈り申し上げます。
ユーザー名非公開6

経済が低迷している日本で働くことが、質問者様にとって「...

続きをみる
経済が低迷している日本で働くことが、質問者様にとって「何が問題なのか?」ということによります。収入?労働の安定供給?
ユーザー名非公開7

日本で稼げる人は海外(アメリカ)ではもっと稼げる 日...

続きをみる
日本で稼げる人は海外(アメリカ)ではもっと稼げる 日本で稼げない人は海外でも稼げない というだけです
ユーザー名非公開8

私は、日本でも十分問題ないと思いますよ。 ただし、英...

続きをみる
私は、日本でも十分問題ないと思いますよ。 ただし、英語はビジネスレベルまで身につけた方がいいですね。 (日本だけの市場では限りがあるので。) 少なくても人口減少, GDP減少などにより、日本国内でのビジネスチャンスが減るとは事実です。 しかし、全世界でいうと30〜40年でもまだまだ上位層です。 そして、日本より良い国(先進国)の場合、それなりの能力/学歴/実績がないと厳しいのが現状です。 ※余談ですが、私は海外のローカル企業で勤務経験がありますが、かなり大変です。  当たり前の話ですが、現地人よりパフォーマンスが高くないと、生きていけません。 もし、お若い方でかつ、将来的に海外で働きたい場合は、 10代, 20代前半のうちから、しっかりと将来設計(大学留学, 海外転職, 専門領域など)を戦略的に検討した方がいいです。 ※前もって計画的に考えないと、先進国で働く権利(ビザ・永住権など)すら、取れません。 応援してます、頑張ってくださいね!
ユーザー名非公開9

海外で働くのが正解かどうかは誰もわかりません。当たり前...

続きをみる
海外で働くのが正解かどうかは誰もわかりません。当たり前ですが、日本と海外とでは文化も違いますので。 働く場所を海外に求めるのはアリだと思いますし、それを決めるのは質問者さん自身ですよ。 がんばってください。

・海外で働くという事は、あなたがその国にとって「移民」...

続きをみる
・海外で働くという事は、あなたがその国にとって「移民」になる事だという認識が必要です。 例えば日本国憲法では、「日本国民」に対して基本的人権が保障されていますが、移民に対してはそうではありません。なぜなら「国民」ではないからです。つまり、国はあなたに何もしてくれない、あなたを守る必要は全くない、という事です。あなたがその国に利益をもたらさない状況になると、あなたのビザは更新されなくなり、日本に追い返されます。 ・日本は今でも先進国です。 日本の経済力の衰退が長く叫ばれていますが、それでも世界ではかなり恵まれた国です。上下水道が整備されていない国、強盗や殺人が多発する国、戦争や紛争が起きている国、長期的な不景気に喘ぐ国、経済的格差が大きい国が世界の大半です。その世界で日本より裕福な国は多くはありません。 ・裕福な国には移民が押し寄せてきます このような貧しい国や発展途上国から一握りの裕福な国に、移民は常に押し寄せてきます。安い労働力は掃いて捨てる程あるのです。そして裕福な国の国民の間でも、貧富の差、身分の差、学歴の差があるのです。日本の場合を考えてください。コンビニでベトナム人や中国人が働いていますよね?あなたは海外で彼らの様な立場になるのです。彼らが日本企業で大活躍する姿が想像できますか? つまり、海外で働き、日本以上の生活水準を手に入れるというのは、移民というハンデを背負い、他の移民との競争に打ち勝ち、その国のエリート達ですらできない仕事をこなす必要があるという事です。それができるなら海外で働いて幸せを手に入れられるでしょう。
ユーザー名非公開10

あなたが興味があるのなら、海外での就労にチャレンジして...

続きをみる
あなたが興味があるのなら、海外での就労にチャレンジしてみても良いと思います。 ただし海外で働くためには「就労ビザ」というハードルがあります。あなたが現地の大学や大学院を卒業していて、何らかの専門スキルを有している場合は就労ビザを取得することができると思いますが、そうでない場合は難しいです。(ただしベトナムやタイ、フィリピン、マレーシア等の東南アジアは比較的容易ですので興味があればチャレンジする価値はあると思います) ちなみに東南アジア就労だと、何もスキルがない場合や職務経験のない新卒の場合は日本円で月10~20万円程度が相場です。向こうは物価が安いので、これくらいの額でも生活できます。 プログラミングスキルや会計スキル等、何らかのスキルを有していたり、日本での社会人経験が豊富だと、20万円以上は出ると思います。

物価が安い国でのんびり働いて過ごすか、先進国の外国でバ...

続きをみる
物価が安い国でのんびり働いて過ごすか、先進国の外国でバリキャリを目指すか、同じ海外でも色々ありますが、日本は労働時間が長い割には給料は安く、東京圏で生活するにはそれなりに高給取りじゃないと生活は厳しいですね。同じ日本でも、東京だけ、物価(特に賃貸、土地、マンションなどの住居費)が異常に高いですが、都心に拘らなければ、日本で働いても普通の生活はできると思います。 ネットニュースで1,000万円の年収で生活が苦しいとかよく見ますが、どんな贅沢な暮らしをしているのか不思議です(笑)8,000万円のマンションを買ってローンもあり、子どもも中学から私立で塾通い、車も2台持つ、などの生活であれば確かに苦しいと思いますが。埼玉などで4000万円の住居を買って公立学校であれば普通に過ごせます。
ユーザー名非公開11

海外で働くことが正解かは人によって分かれますが、海外で...

続きをみる
海外で働くことが正解かは人によって分かれますが、海外でも働けるように準備することはキャリアの選択肢を広げる上で非常に重要かと思います。 海外で働く準備に関しては職種によっても分かれますが、英語学習、専門性を身につける、ことは職種限らず必要だと思います。 また、海外で働いている人の王道のキャリアのコースとしては、「日本企業で働き海外転勤」「日系企業の海外現地法人」「外資系企業の日本法人」を経て「海外企業の本国で働く」に至るケースが多いです。
ユーザー名非公開12

Yes Of course . You should...

続きをみる
Yes Of course . You should try it with humble.
ユーザー名非公開13

下っ端仕事を海外に振るケースは増えるでしょうけど、日本...

続きをみる
下っ端仕事を海外に振るケースは増えるでしょうけど、日本がなくなるわけではないので、下っ端仕事から離脱して管理やマネジメントに回ればいいのでは。

これからの日本経済はますます高齢化とともに外需に依存す...

続きをみる
これからの日本経済はますます高齢化とともに外需に依存すると思いますので、海外企業と提携したり、海外に売上を求める動きは加速こそすれ減じることはないと思います。 いずれ日本で働くにしても、海外で働いた経験は必ず重宝される時代になりますので、現地就職か、駐在かは別として、海外勤務を視野に入れるのはとてもよいと思います。
ユーザー名非公開14

海外アメリカで働いたことありますけど、就労ビザの更新に...

続きをみる
海外アメリカで働いたことありますけど、就労ビザの更新に50万円ぐらいかかり、仕事が決まってないとビザの更新も難しいです。ビザの更新には上司の推薦状が複数必要です。 そして自分より遥かに優秀な日本人たちがパートタイムで働いています。それは自国民の雇用が優先されるからです。 日本にいた方がはるかに有利な条件で仕事が見つかりますよ。 所詮外国では自国民の補完的な仕事しか任せられません。さらに住むだけでお金がかかります。日本で働いたほうが、プライドも保てるし色々得だと思うけど。
ユーザー名非公開15

逃げではなく、チャレンジと捉えて海外へ行くなら得る物は...

続きをみる
逃げではなく、チャレンジと捉えて海外へ行くなら得る物は大きいと思います。万一日本に戻ってきてもそのような人材は重宝されると感じます。日本は物価は上がっても給料、社会保障の質は下がり続けていますが、海外では逆の流れとなっています。これも日本が長い間安定に身を委ね過ぎた結果でしょう。チャレンジするときは周囲の9割の人が反対すると言いますが、これに負けずチャレンジすればきっと良い経験が出来ると思います。海外に行きたい気持ちがあるならばどんどんチャレンジしていって欲しいと感じます。ちなみに欧米諸国では600万位なら高給とは言わず、初任給レベルです。だいたい日本と比べて1.5倍から2倍位の差があるようです。

日本国内でも動いているビジネスはあるはずだよ。

ユーザー名非公開16

ネット界隈の無責任な日本ダメ海外サイコーコメントを真に...

続きをみる
ネット界隈の無責任な日本ダメ海外サイコーコメントを真に受けない方がいいですよ。アメリカの西海岸に行ってごらんなさい。年収1300万もらっても車上生活、シェアハウスでも入れたら羨ましがられ、一週間入院したら1000万円請求されるような世界ですよ。 日本でも格差格差言われていますが、海外の格差に比べてたらかわいいものです。つまり日本で格差に苦労をする側の人は海外に行ったらますます苦労するだけです。
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料