皆さんはリモートワークと出社どちらのモチベーションが高いですか?

811

もっと出社した方が良いと言われました。こんなんモチベが下がりませんか。

普段リモートワークで仕事を回していますが、コロナが落ち着いてきたし、より仕事を覚えてもらいたいから出社頻度をあげてはいかがか?と言われました。

上司曰く、リモートワークで会社の仕事に支障は出ていない。
しかしチームのモチベーション改善やメンタルケアのために同期的な接点を増やそうと検討しており出社が望ましいというのです。

正直出社勧奨の方がモチベーション下がります。満員電車に乗ったら疲れます。

ユーザー名非公開

回答13

ユーザー名非公開1

週に2日ほど出社しています。 ずっと在宅だとダレルし...

続きをみる
週に2日ほど出社しています。 ずっと在宅だとダレルし運動不足になるし、在宅時と出社時でやれる作業が違ってメリハリが出るので、これくらいのペースだと出社日の方がモチベーションが上がります。 外の空気を感じ、都会の雰囲気に触れ、外食して帰りに図書館に寄ったり、出社ならではの楽しいこともけっこうあります。
ユーザー名非公開2

私もリモートワークになって2年経ち、今から出社するのは...

続きをみる
私もリモートワークになって2年経ち、今から出社するのは面倒くさいなぁと思ってるタイプの一人です。 仕事はリモートでもできますが、人によってはメンタルケアが必要と感じてます。 私もそうですが、マネジメントをしている立場からすると、メンバーがモチベーション高く仕事をしているか、困っていること・悩んでいることはないかはとても気になります。 結局メンバーが気持ちよく仕事することがパフォーマンスを上げることに繋がるからです。 ただ、メンバーのモチベーションを確認したい気持ちと、出社推奨はちょっと次元が違う話かなと思うので、集まる日・時間帯(対面で話したい時とか)を決めるとか、メリハリはいると思います。 以下、私見ですが。 リモートだと人はサボるんじゃないかと懐疑的になる気持ちから、出社推奨方針を出す経営者が多い気がします。 その気持ちもわからなくもないですが、リモート云々関係なく、ちゃんとやる人、そこそこやる人、サボる人は一定数存在します。 このリモートワーク環境で、以前より高いパフォーマンスを発揮している人、出社前提の頃と変わらない人、出社前提の頃よりパフォーマンスが下がっている人は明らかに差が出ていることに気づかないマネジメント層、経営層が多いことに驚かされますね。
ユーザー名非公開3

モチベーションは変わりません。ただ、人生の幸福度は圧倒...

続きをみる
モチベーションは変わりません。ただ、人生の幸福度は圧倒的にリモワの方が高いです。
ユーザー名非公開4

私もリモートワークを存分に享受している方ですので、今更...

続きをみる
私もリモートワークを存分に享受している方ですので、今更週何回か出社してねとなったら、うわー、いやだなぁと思うだろうと思います。 一方、社員にアンケートをとると、特に若い人を中心に、週に1~2日程度は出社して顔を合わせたいという意見が意外に多いようです。上司の方の独善的な判断ではなくて、そういう意見もあるということは認識しておくといいでしょう。 モチベの観点ですが、嫌だなーとは思いますが、じゃあそれでこの会社辞めようとかそういう気にはならないです。
ユーザー名非公開5

質問者様のおっしゃることが良く分かります。 チームのモ...

続きをみる
質問者様のおっしゃることが良く分かります。 チームのモチベーション改善やメンタルケアを図るならば、なおさらリモートワーク環境を整備すべきですよね。 実際超大手企業はリモートワークをアフターコロナも推進させ、出社時よりもパフォーマンスが出せるような施策をどんどん打ち出しています。 そんな時代の流れに逆らうような上司は分かっていないと個人的に思いますね。 質問者様の立場が分からないのでなんとも言えませんが、可能であれば当たり前に行なっているリモートワークを見直し、パフォーマンス改善を図るリモートワーク研修を勧めてみてはいかがかと思います。 そのような研修プログラムを提供している会社はたくさんありますので。
ユーザー名非公開6

モチベーションは出社した方が上がりますが、パフォーマン...

続きをみる
モチベーションは出社した方が上がりますが、パフォーマンスはリモートの方が高いです。 通勤時間の分長く働けるし電車で無駄に疲れないし、会社だとザワザワしてたり話しかけられて効率落ちるからかなと。あと大きい外部モニターを家に買ったのも関係してそうです。

具体的に上司は週何回の出社を目安に出てきて欲しいと言っ...

続きをみる
具体的に上司は週何回の出社を目安に出てきて欲しいと言っていますでしょうか。また、今までは質問者様は月に何回程度出社していたのでしょうか。 上司の気持ちはわかります。私はIT職種の30代中盤の中間管理職ですが、部下の仕事のパフォーマンスは、コロナ前のフル出社とコロナ後の月に1~5回程度の出勤で、同じと感じています。会議室が空いていなくても、オンライン会議ができるため、会議の開催スピードが増えて、仕事のスピードは上がり、一方で、作業時間を確保するために残業時間はむしろ増えています。 (メンバーのほとんどは優秀で自律的に仕事ができるチームです。) この環境で、コロナ直後に中途採用のメンバーが入ってきましたが、リモートベースで仕事をしていますが、この人は、2年経っても成長が遅いです。やはり、教育・指導の観点や、同僚や協力会社(他の部署含む)との関係構築の点で、リモートの方が劣勢な気がします。本人がリモートでもパフォーマンスを上げていれば良いのですが、少なくとも上司の私や、私の更に上司は、この人のパフォーマンスに満足していません。 上司から出社を増やしてみてはどうか?と打診されているので、上司の期待に応えるパフォーマンスを出したいと考えるのであれば、出社して上司のサポートをもらいながら成長できるように仕事に取り組む方が良いかなと思いました。

自分で選べるならどっちでもモチベーションは変わらないで...

続きをみる
自分で選べるならどっちでもモチベーションは変わらないです。強制されるのは嫌ですね。
ユーザー名非公開7

自分はリモートワークのメリットを全面的に享受しているの...

続きをみる
自分はリモートワークのメリットを全面的に享受しているのでお気持ちお察しします。 圧倒的にリモートワークの方が良いです。 自分の意思でオフィスに出て同僚と打ち合わせついでにランチに行くとか、客先に行くついでにオフィスに寄るとか(スタバとかよりは仕事しやすいので)であれば良いですが、チームのモチベアップだのメンタルケアだので出社しろと言われると嫌ですね。 ただ、多くの日本企業は未だに従業員を時間管理しようとしてますし、とりあえず定時に出社するのが文化なので、リモートは困るなあというのが上司の本音だと思います。 また、顔つき合わせた方が上司も楽なんです。 これは考え方次第で、リモートでも外資みたいに毎週1:1で進捗を詰められる方がよっぽどキツいかもしれません。 …すみません、グダグダ書きましたが、ご自分に合う環境を探されると言うのも一手です。
ユーザー名非公開8

リモートワークで現状維持はできます。 しかし、仕事も...

続きをみる
リモートワークで現状維持はできます。 しかし、仕事も企業も生ものであり、現状維持だけではいづれ その会社は無くなってしまう(安定した居場所を失う)ことにつながりかねません。 ある程度の新しい仕事の開拓や、スキルアップ等個人の、というよりも 企業全体の成長を考えた時、出社することのメリットは大きいと思います。 ただ、リモートワークの利点もあるので、リモートと組み合わせ、出社時間も ずらすなどいろいろな方法があるかなと思います。 業種・企業の風土文化にもよりますので、これといった 正解はないですが、、、。 リモートに限らず、上記の件に関してはおそらくどの経営者も 常に意識し悩んでいるのではと思います。
ユーザー名非公開9

通勤時間による気もします。 今職場まで徒歩5分ですが...

続きをみる
通勤時間による気もします。 今職場まで徒歩5分ですが、リモートじゃなくて出社した方がパフォーマンスが出ています。ただしその前は片道40分くらいかかっており、その時はリモートの方が頭はスッキリしていてパフォーマンスが出てました。 リモートは雑談ベースでのブレストや異種交流が起こりにくいことが問題であって、そこをうまく解決できればリモートで問題無いのかなとは思ってます。
ユーザー名非公開10

私自身は営業や管理職で、人と会うのが好きだったので生産...

続きをみる
私自身は営業や管理職で、人と会うのが好きだったので生産性が落ちてしまいました。 特に寝たり遊んだりするパソコン部屋と、仕事をする場所が一緒、というのでメリハリがリモートワークだとなくなるのが辛いところです。 リモートと出社、どちらが良いかという議論は度々目にすること自体が、それぞれのメリデメがあるものだと思っています。一言で言えば状況によって「場」も使い分けなければならないと感じています。 例えば、プロジェクトの立ち上げ期、新しく社員が加入する時期では、メンバー間の結束をビルディングしなければならないため、できれば対面で接し、他愛のない話や、ふとした悩みを共有できる機会を多くしたほうが良いはずです。これはコロナと無関係な不文律だと思っています。 ところがリモートだと、こうした偶然や「一緒に仕事をしている感じ」といった空気感が醸成しにくいため、意識して失われた機会を増やしていく工夫が必要になりますね。 まずは、なんらかを成し遂げるために仕事として集まっているのですから、成し遂げのために今出社が良いのか、リモートが良いのか、ということを考えたり、メンバーで議論するのが良いと思っています。この「何のために」が欠落したまま、なんとなく経営者がサボるんじゃないかと思って出社を促したり、はたまたぶら下がり社員がステルスしやすいからリモートを選んだり、というのが事態をややこしくさせてるんじゃないかな……と中堅管理職としてよく思っています。
ユーザー名非公開11

エンジニアをしていますが、仕事へのモチベはリモートです...

続きをみる
エンジニアをしていますが、仕事へのモチベはリモートですね。 出社だと車で30分ほどかかるので、やる気が削がれます。 出社すると集中しているときに声かけられたり、 定時なのに声かける迷惑な人がいるので。 ただ、リモート好きでも、 社員は、リモートで交通費が無くなり、リモート分の光熱費ももらえていないのに、 会社は、交通費+会社でのPC利用の電気代が浮いて儲けとなっている点で、 今の会社へのモチベは下がっています。 社員の光熱費で、企業が儲けているのが、問題にならないことが怖いですね。
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料