どうして社内異動が厳しい企業がある?メリットの方があると思います。

私の勤めている会社もそうですが、どうして社内異動が厳しい企業があるのでしょうか?
メリットとしては人気の部署、職種、勤務地に異動したいために社員が自己研鑽するようになると思います。
人気のないところは、明白になるので改善したり、子会社化したりすればいいと思います。

ユーザー名非公開

回答5

ベストアンサー
ユーザー名非公開1

ビジネス上のニーズがあり、それを実行するために労働力が...

続きをみる
ビジネス上のニーズがあり、それを実行するために労働力が必要だから、雇われているという視点を持ちましょう。 日系の大企業はどの部署にいこうとあまり待遇が変わらない傾向にあるので、異動に厳しくないと、例えば儲かるけど厳しい部署には誰もいかなくなり、会社の収益を失いかねないです。 会社は、なんのためにあるのでしょうか。よく考えてください。

人気と収益が相関しないからでは? 儲かるけど不人気な...

続きをみる
人気と収益が相関しないからでは? 儲かるけど不人気な事業が存在している場合、 その事業部からスタッフが離れるような経営判断は、原理的に実行し得ないと思います
ユーザー名非公開(質問者)

本人が辛いと思っている部署で異動も叶わないとなると退職...

続きをみる
本人が辛いと思っている部署で異動も叶わないとなると退職(転職)やいわゆる社内ニートになったりするリスクはないでしょうか?

日本企業の体質として、「配属された部署でキャリアアップ...

続きをみる
日本企業の体質として、「配属された部署でキャリアアップしていく」のが美徳というか基本的な考え方になっている傾向はあると思っています。 一人前に育てた人材が社内で異動されるのは良い気持ちはしないというのもあるでしょう。 一方、仕事ができない人が別の部署に異動して、「どういう教育してるんだ」と元の部署の評判が悪くなるというケースもどこかで聞いたことがあります。 同じ会社内なので、移動後も繋がりがあると微妙な空気になることがあります。 権力者に引き抜かれたり組織の判断による異動なら何も問題はないんですが、 自分本位な異動に対してネガティブな印象を持っている組織がほとんどですのでよく考えましょう。
ユーザー名非公開3

外資IT企業でシニアマネージャーをしています。 ...

続きをみる
外資IT企業でシニアマネージャーをしています。 日本企業の美徳とか関係なく、自由な異動ができると人手が必要な部門で不足したり、逆に溢れたりするという単純な話です。これは海外の企業でも同じです。 ですので弊社の場合ですが、1人異動させるならその先から1人こちらに異動してもらうのが原則になります。その交渉は管理職どうしで行いますが、多くのケースで簡単には行きません。当然あちらの部門としても手塩にかけた部下を出して新しい人を教育しなおすモチベはまずないからです。 それに不満をもち退職してしまうリスクはもちろんあります。その人が自部門にとって必要な人ならば、そうならないようにポジティブフィードバックをしたり、特別昇給をしたりといくつかのオプションはありますが、そこは本人の人生観ですので、残念ながら会社を去る人もいます(忸怩たる思いです)。そうなった場合は中途採用をして補充を計画します。中途採用は原則として経験者しか採りませんので、採用コストはかかりますが教育コストは少なく済みます。 (実際は社内公募などの仕組みもありますが簡単のため今回は触れていません)
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料