就職先として、食品業界の味の素は将来性があると思いますか?

2726

味の素の将来性や可能性、安定度に関する質問です。
食品業界がどのような業界か全くわからないのですが、どれほど安定しているのでしょうか。食品の原価の変動などであまり安定しない業界じゃないんですか?

またこの先、何十年間か勤務しようと考えた時に将来性や可能性などはありますでしょうか。実際に就職先として考えているのですが、正直この選択が正しいのか?と自分で疑問におもっています、、、なんでもいいのでアドバイスをいただければと思います、よろしくお願いします。

ユーザー名非公開

回答2

ユーザー名非公開1

この業界ではトップクラスの安定感はしばらく続くと思いま...

続きをみる
この業界ではトップクラスの安定感はしばらく続くと思います。 また昔から食品業界は不況に強いと言われて来ました。それはおそらく今も同じでしょう。 これを昔も今も体現している会社です(実感)。 総合食品メーカーであるばかりでなく、医薬品開発も行っていますので 足腰は相当強いのではないでしょうか。 最近は海外を活動の中心に移しているそうです。 特に、アジア・アフリカ・南米など今後成長が見込まれる地域に次々と進出しているので 今後も安泰と思われます。 「食」という不可欠な分野を扱っているのもこのご時世では有利だと思います。 海外の言語が話せなくても「熱意」が重視され、海外に行ける可能性も高いです。 唯一、中国に弱いのが弱点ではありますけどね。
ユーザー名非公開2

食に関して、ほとんどを牛耳っている状態ですので、将来性...

続きをみる
食に関して、ほとんどを牛耳っている状態ですので、将来性というか安定性は間違いないでしょう。 調味料を主とした食品全般、アミノ酸、医薬品など、幅の広さ、過去のノウハウに関しては、横に出るものはないかと思います。1兆円企業として、今後も飛躍していくことになるかと思います。 弱みとしては、新商品の開発能力ですね。特許になるような新たな技術は生み出せても、一般消費者向けの新商品を生み出す能力が非常に低いと感じます。今までも多くの商品を生み出してきましたが、終売となる製品も多々あるようです。都度、多くの金と人を動かせる企業体力は脱帽です。 そもそも既存の製品の力が強すぎるので、新商品の開発がそこまで必要とされていないのかもしれません。それにより、専門性は弱いのではないかと感じます。

この質問の企業

  • 東京都中央区京橋1丁目15番1号
  • 食品・化粧品
  • Q&A9件
味の素株式会社の本社所在地は(〒104-8315)東京都中央区京橋一丁目15番1号で、電話番号は03-5250-8111(代)である。創業年月日は1909年5月20日で、設立年月日は1925年12月17日である。資本金は79,863百万円(2016年3月31日現在)である。従業員数は単体3,477名/連結33,295名(2016年3月31日現在)である...続きをみる
この質問に関する記事
【味の素へ転職するためには】様々な中途採用情報をご紹介します

【味の素へ転職するためには】様々な中途採用情報をご紹介します

味の素への転職を考えた際に年収や評判、面接、福利厚生の情報というのは非常に重要な情報だと言えます。そこで今回は味の素の年収や評判、面接、福利厚生の情...

【味の素へ就職するためには】採用難易度や採用大学など人気な理由をご紹介

【味の素へ就職するためには】採用難易度や採用大学など人気な理由をご紹介

味の素への就職を考えている方にとって、就職難易度や採用大学は気になる情報です。企業によって募集要項や選考フローは異なりますが、味の素はどのような募集...

11553
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料