• HOME
  • 就職
  • 就職や転職、新卒の定義などこれからどのように変わってくるとおもいますか?

就職や転職、新卒の定義などこれからどのように変わってくるとおもいますか?

最近、新卒一括採用を見直すといった動きがみられており、卒業後3年以内の既卒者などが以前よりも受け入れられやすい環境を整える動きがありますが、就労経験ありの者はこれに該当しないといった記述が多いのも現状だとおもいます。就職や転職、新卒の定義などこれからどのように変わってくるとおもいますか?

就職新卒

ユーザー名非公開

回答1

下部構造が上部構造を規定する・・のだとするなら、比較的...

続きをみる
下部構造が上部構造を規定する・・のだとするなら、比較的裕福だったバブル世代が親の時代から、がくんと収入が減る氷河期世代が大学生の親になるようになり、経済的な理由で親のお金では大学にいけない人が出て来るのではないでしょうか。特に地方から首都圏の大学に進むのは経済的に難しくなるかと思います。 一方で少子化で、一人の労働者に求める要求は高度になるので、大卒への需要は増えるかと思います。 すると親のお金はアテにならないわけでして、奨学金(≒教育ローン)の利用が今まで以上に増えるでしょうし、派遣など時間の制約の少ないお仕事でお金を稼ぎつつ大学に行く人も増えるかと思います。 就職する企業から学費を借りて、企業は大卒の人材を確保し、学生は返すアテのある状態で学費を借りられるのは経済的に合理的なので制度として定着するのではないでしょうか。大学3年4年で就活するのではなく、入学する前から就活が始まることになります。 労働者の供給が減り、労働市場は流動化する(イヤなら辞めればいいわけですから)ため、中途での採用はどこへでも行きやすくなるのではないでしょうか。
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料