• HOME
  • 転職
  • 30歳で2回目の転職することについてどう思いますか?

30歳で2回目の転職することについてどう思いますか?

412

30歳で2回目の転職を考えてます。
技術職で今の会社に入ったのですが、部署の廃止が噂されており、今の会社には技術系の部署がここしかないため、廃止前に次を探そうかと悩んでおります。
ただ私の場合、前職は2年半、現職は1年半で3年以上勤めたことがありません。なので次を見つけるのはそう簡単ではないのは承知しております。しかし、このまま現社にいても営業とか畑違いの仕事しかできないので、年齢を考えても次を探した方がいいのでは考えております。
みなさんはどう思われますか??
何かアドバイスお願いします。

転職悩み

レッドリバー

回答8

小さな会社を経営しております。プログラマーです。 ...

続きをみる
小さな会社を経営しております。プログラマーです。 どのみち平凡な会社と平凡な人のマッチングです。 転職市場で、エージェントや採用企業は、基本的に買い手ですので、売り手のエンジニアにはなにかとケチをつけるものですけど、人手不足なわけで決して面接でそんなことは言いませんけど、応募数が募集数を下回ってるのに応募者をつまらない理由で蹴っ飛ばすなんてできないです。 質問者様が若くて言うことを素直に聞いてくれて才能もあって安い給料で働いてくれる最高の人でないとしても、市場にそんな人はいないわけで、純粋にできることに自信をもって臨めばよいかと思います。 技術は他でも通用するから技術なわけでして、グローバルで勝負し、転職してなんぼなわけですから、いいお仕事があったら追いかけましょう。

中途は「何ができて(能力)」「何をしてきて(実績)」「...

続きをみる
中途は「何ができて(能力)」「何をしてきて(実績)」「何がしたいのか(将来性)」が全てなので、それぞれに内容があれば過去勤めた期間が長い、短いなんて全く関係ないです。 逆にそれがないのであれば、ご自身に自信がない状態でもあると思いますので、現在の会社で市場価値をあげるために何かしていく必要があるのかも、しれません。

> 今の会社には技術系の部署がここしかないため、廃止前...

続きをみる
> 今の会社には技術系の部署がここしかないため、廃止前に次を探そうかと悩んでおります。 質問者さんはこの文脈からどういう職歴であろうと、 「技術職で雇われていたい」 と次が難しかろうが簡単であろうが考えていることが見受けられます。 みなさんに聞く以前に質問者さんがどうしたいかが文脈から如実に表れている今、言うことは 「次探せ!次が難しかろうがなんであろうが。」 以上です。
ユーザー名非公開1

Webの会社で人事をしています。 会社の事情であ...

続きをみる
Webの会社で人事をしています。 会社の事情であれば、エージェントを通すやり方であればある程度説明してくれるので問題はないかと思います。あとwantedlyのような比較的緩い感じの求人募集サイトは、転職回数や勤務年数を気にしない会社が多いです。 ただ、大手は職歴短いと足切りされる可能性はありますね。 どんな技術をお持ちかわかりませんが、基本的に転職市場は売り手有利なので、色々動いてみるとご自身で思っているよりいい反応があると思います。 内定もらっても必ず行かないといけないわけではないので、一度動いてみるといいかと思います。

私も他の回答者の皆さんと同じように、まずは動いてみる(...

続きをみる
私も他の回答者の皆さんと同じように、まずは動いてみる(転職活動してみる)のがいいと思います。 ただ、1つの選択肢として、「現職で可能な限り長く勤めてみる。畑違いの仕事場に回っても、まずはチャレンジしてみる」という選択肢を残しておくことをオススメしたいです。(つまり、現職で3年の勤続年数が経過するまで辛抱してみてはどうでしょうか、という提案です。) と言うのも、今いきなり転職活動をする背景が「畑違いの仕事しかできなくなること」では、今後転職面接などをする際、応募先企業の担当者は「うちに来ても、希望と少し違うことを任せたら、すぐに辞めてしまうのではないか?」と考えて、採用に抵抗を感じてしまうかもしれません。つまり、今回の転職は「逃げ」なのではないか?と思われてしまうリスクがあるということです。 しかし、貴方が今後、仮に現職で営業職に回ったとしても、そこで営業の経験を積み、技術の経験を活かした営業活動をするよう心がけて仕事をしたという事実があった上で「それでも自分は技術がやりたい」という気持ちで転職を行えば、応募先企業も見方を変えるでしょう。 転職面接では、自分のキャリアのツッコミどころに容赦なく、面接官は質問を投げかけてきます。 自分自身がキャリアの薄さを感じておられるのでしたら尚更、今の現職で現状を打開するよう自分で考えて行動をしてみるのもいい方法でしょう。 その上で「それでも、自分の願いは叶えられなかった。だからこそ、自分は転職をしようと決めた」という領域に達すれば、貴方の転職はもはや逃げではありません。誰にはばかること無く転職しましょう。
ユーザー名非公開2

私は33歳ですが、現在4社目ですよ(笑)それぞれ、2年...

続きをみる
私は33歳ですが、現在4社目ですよ(笑)それぞれ、2年半、4年、3年半、1年(現職)という感じです。2社目からはいずれも3,000人以上の1部上場企業なので、そんなに気にする必要はないのではないでしょうか?魅力的なスキルセットがあれば、転職経験など気にされない時代です。そもそも、終身雇用が破たんしてきているにも関わらず、帰属意識を求める企業が間違っています。

えーっと、質問主さんの感覚が昭和ですよ。 古くからあ...

続きをみる
えーっと、質問主さんの感覚が昭和ですよ。 古くからある大企業でばかり働いてたのかな? なんの技術職かわからりませんので「絶対」とは言い切れませんが「ほぼ絶対」で言えば転職回数は足を引っ張りません。 問われるのは何ができるかですよ。 さらに今回はご自身の事情じゃなくて会社事情ですよね? であればなおさら足を引っ張りません。 紹介会社を通しての応募であれば紹介会社が理由をちゃんと伝えてくれますよ。
ユーザー名非公開3

蛇足かもしれませんがひとこと。 ご質問者間の場合...

続きをみる
蛇足かもしれませんがひとこと。 ご質問者間の場合、 部署廃止が決まるまでは残り、これからの期間で少しでも転職価値(=実績)を積み、きっちりと転職活動に集中されるのが良かろうかと存じます。 日本の古きよき大企業じゃなきゃ嫌だ!という場合を除けば、おおよそマッチングが全てです。勤続年数は長いに越したことはないと私は思っていますが、それで決まることはありません。 少なくとも「部署が廃止されそうな気がするから」というのが理由では、信用される人間とは言い難いと思いませんか? まずはやりきりましょう。話はそこからです。
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料