• HOME
  • スキル
  • プログラミングミスはどんな方法が一番はやく見つかりやすいですか?

プログラミングミスはどんな方法が一番はやく見つかりやすいですか?

115

今年はじめから、プログラミングを学び始めたものです。

言語はrubyをやっています。
そこで質問なのですが、プログラミングをしていたら人間なので間違いをすることがあると思うのですが、

この間違いをどのようにすると早く見つけることができるのでしょうか?

もちろん、慣れもあると思いますし、言語によっても違うと思いますがみなさんはどんな方法でミスを発見していますか

仕事のコツプログラミングITスキル

ユーザー名非公開

回答1

小さな会社を経営しております。プログラマーです。 ...

続きをみる
小さな会社を経営しております。プログラマーです。 それを教える仕事だけで一生食べて行けます。 一般的なルールで言うと・・ ・バグはキーボードの打鍵回数と関連する確率事象です。打てばいつか間違えます。 ・バグは作り込んでから、発見するまでの時間がかかるほど、発見するのが難しくなり、被害の影響も大きくなります。 ・プログラマーは完璧に作ろうと思って作っているので、自分で自分のミスを発見するのは難しいです。 ・書いている最中も読んでいます。縦にまっすぐ読めて、適度な大きさになっていないものは理解しづらく、理解できないと間違えやすくなります。 ・新しいことをすると間違いを作りやすくなります。コードが同じルールを守るのもそうですけど、書く手順も同じプロトコルを守るほうが間違えにくいです。慣れなんて甘いものではなく厳密に同じ手順にします。 さて、どうすればいいでしょうね。 具体的な方策はこれだけでもかなりたくさん見つかりますね。 例えば、打鍵回数を減らすのは、共通化やフレームワークの利用によってコード量を少なくするのはもちろん、自動生成やエディタの補助などによっても変わります。ただ、短すぎて設定だけで動くものは、動かないときによくわからないという落とし穴もあります。 発見を早くという話だと、初心者では動かす前に書きすぎる人が多いです。ちょっと書いて、自動でも手動でもすぐ動かして、またちょっと書き足すのです。動かなくなったら、動くところまで戻します。書きすぎると戻るのも難しくなってしまいます。 間違えないこと以上に、間違えるのは前提として間違えたときにどうなるのか?という設計・対処は大事ですけどね。
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料