• HOME
  • スキル
  • 仕事のミスはどのように減らすことができますか?

仕事のミスはどのように減らすことができますか?

202

仕事でのミスを減らす方法を教えて下さい

仕事のミスが減らないです。
メモをとるのがまず大事だと思ったので、メモを取るよう癖はつけています。

仕事でメモをしたのに、メモをしたことを再びミスしてしまったりして落ち込んでまたミスをして凄く憂鬱な気分になります。

まさに負の連鎖という感じです。
どうしたらいいのでしょうか?何かアドバイスをください

仕事のコツ仕事内容

ユーザー名非公開

回答10

小さな会社を経営しております。プログラマーです。 ...

続きをみる
小さな会社を経営しております。プログラマーです。 質問者様が何をミスと言っているのか、というのはあって、メモを取ることで防げるようなものなのですか?仕事は、いい結果ではないのでしょうけど、怒鳴られるとか憂鬱な気分ぐらいで済むものなのですか?負の連鎖ってつまり気分でミスをしたり、しなかったりするような性質のお仕事なのですか?そんな何回でもミスできるなら、別に質問者様のミスで人が死んだり会社がつぶれたりしないってことですよね。 私は以前システム開発での開発基盤整備とテストをやっていました。システムではプログラム上のミスのことをバグと言います。開発基盤整備は、皆がどういう作業をして作るのかを決めてゆく作業です。私のさじ加減で誰がどんな場所で、どの程度のミスをすることができるのかを決めることができます。特定の人はミスすることができないようにもできます。テストはミスが可能である部分について検査します。 質問者様のいる場所が、ミスをしても気分の問題で済む場所でしたら、ミスはあるものだと思って気分に織り込みましょう。10回打席に立って7回ミスをしても大打者です。最初からミスをすることを前提にその後の作業やダメージが少ないように準備しましょう。 ミスというのは多くの場合10%や20%減っても意味がないです。メモで減るのはそのぐらいでしかありません。そもそもミスが起こらないように、起こっても被害が少なくするように、という動きができないのであれば、あまり気にせず、偉くなってから考えたらいいかと思います。
ユーザー名非公開1

ミスをしたときに、原因と解決策を必ず考える癖づけをする...

続きをみる
ミスをしたときに、原因と解決策を必ず考える癖づけをすることではないでしょうか。自らの能力を責めるのではなく、能力がなくてもミスをしない仕組みを考えることです。

内容にもよるのですが、お仕事が即時性のあるものでなけれ...

続きをみる
内容にもよるのですが、お仕事が即時性のあるものでなければ、自分が必ずミスをする前提でいたらどうでしょう? 必ずミスをしているので、再度確認をしないといけないですよね。 確認の方法も大きなまとまりで一度に確認するのではなく、業務に支障がでないくらいの細かい単位で確認すると良いと思います。 確認する範囲が大きいと見落としてしまいますから。
ユーザー名非公開2

メモを取るだけでなく、取ったメモを見直して何が原因か考...

続きをみる
メモを取るだけでなく、取ったメモを見直して何が原因か考えたり、ミスした内容などを覚えることで、次に同じ仕事を行う時に注意して仕事に取り組めるのではないかと思います。 私は何度も自分で確認したり、重要な仕事やどうしても不安な時は上司や同僚に確認をお願いして二重チェックしていました。 もちろん忙しそうな時は避けてですが。 リスト化できる時は確認リストを自分で作成して、一つ一つチェックしたりもしました。 ミスし易いことを付箋に書いて、目に見える所に貼っておくのも効果があるかもしれません。 過去の同僚に頻繁に大きなミスをする人がいましたが、仕事中に他のことを考えていたり注意力が散漫な時が多かったようです。 仕事の重要さを理解したり、自分の仕事に責任を持つことなどもミスを減らすことに繋がるかと思います。
ユーザー名非公開4

一度リフレッシュすると良いのではないでしょうか?

ほかの方も回答してますから、ちょっと切り口を変えて仮説...

続きをみる
ほかの方も回答してますから、ちょっと切り口を変えて仮説を立ててみました。 ミスをよくするということは、あなたは、既に周りにそういう人だと見られている可能性があります。どこの部署にもそういう仕事ができない系のレッテルが貼られてしまう人が座るポストが幾つかあって、そこに一度座ると他の人よりミスが目立ってしまいます。 実際には周りの人もかなりたくさんのミスをしているのです。しかし、上手に隠して要領よく修正したり、あるいは部下がフォローしたりして不問になってたりしているのです。 あなたはすぐにその指定席を出るべきです。本来してないミスまであなたのせいだと疑われ気が病み、よりミスが多くなり、本当に仕事ができない人になってしまうという危険な症状に陥ることもあるためです。 まずはルーチン業務以外で単独で仕事を一つ完璧にやり遂げましょう。一人でやらないと間違いなく相方の手柄になってしまいますから必ず一人で。これをすると周りの目が変わります。一目置かれるとしばらくの間、ミスとあなたの実力は切り離して考えてくれます。 この間に、ミスを確実に減らすことです。自分のスペックを落としてでも完封してください。ミスは大きく2種類に分けられます。 1 確認して防げるもの 2 確認して防げないもの(防げなそうなもの) 1は複数回チェックすること。心配なら早めに仕上げて(記録して)時間を置いてから確認するようにする。 2は上長や同じ業務に携わる他者に見てもらうことで確率を下げられます。必ず第三者がみているところで頼んでください(できればその人より上の立場の人に聞こえるところで)。 ちなみに先に挙げた指定席に座っていると2のケースでミスが発生したとき責任も何故か自分が被るみたいな理不尽なことが起きたりするので、まずは無理せず結果を出すことをお勧めします。

ミスは許されないと思って行動してます。 また、話など...

続きをみる
ミスは許されないと思って行動してます。 また、話などを聞くのではなく 何を言っているのか? 相手の話のポイントや自身が相手の 立場になり話に耳を傾けまた 想定されるリスクを前もって対策をしておく
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料