グリーの年収を調べてみました!【社員からの最新情報満載です!】の画像

グリーの年収を調べてみました!【社員からの最新情報満載です!】

転職を考えるとき、企業情報って気になりますよね。年収と社員の勤続年数は特に。釣りスタやドリランドでスマホゲーム業界を席巻してきたグリー株式会社。グリー株式会社の年収や勤続年数を始め、企業情報を調査しました。

1568

グリーの過去3年間の平均年収・勤続年数の推移

  2013年6月 2014年6月 2015年6月
平均年収 744.1万円 743.7万円 747.7万円
平均勤続年数 1.4年 1.9年 2.7年
平均年齢 31.2歳 31.4歳 32.3歳
従業員数 1,762名 1,200名 977名

※参考:グリー株式会社 有価証券報告書より

 

従業員数は2013年の1762名をピークに、その後大規模な希望退職者を募ったりと、大幅な従業員数の減少がありました。

それでも、まだまだ平均年収は非常に高く、日本トップ企業、トヨタとあまり変わりません。

従業員数のピーク時には人材紹介における成果報酬額が相場の3~5倍程度を設定したり、社内紹介制度でも報酬額として大金を設定したりと、お金をかけて積極的に人材の獲得を試みてきたグリー。

一方で、平均勤続年数が2年未満と人材の定着は非常に悪いようです。

そんなグリーの業績推移は?

  2014年6月 2015年6月 2016年6月
売上高 125,598 92,456 69,878
経常利益 36,056 25,009 10,534
当期純利益 17,347 △10,322 8,402

(単位:百万円)

 

2014年以来、売上高は縮小傾向となってしまっており、2015年には赤字をだしてしまっています。

表には記載されていませんが、2012年度には500億近くの純利益が出ていたグリーですが、ここ数年は厳しい戦いが続いているようです。

 

2017年度の事業方針としては、

■ネイティブゲームのヒットにより売上反転を目指す

⁃ ネイティブゲーム事業

 ・新規タイトルのリリースラッシュ

⁃ ウェブゲーム事業

 ・ゲーム運営事業の拡大により継続的な収益源へ

⁃ 新領域事業

 ・今後の収益の柱として事業を拡大

となっています。

 

2017年度はあくまでゲーム事業を基軸に経営状況の改善を模索しつつ、また新領域事業として住まいPF事業やヘルスケアPF事業も展開を進めているようです。

最後に

2012年をピークに、事業縮小が進んでいるグリーですが、年収は相変わらず高水準なようです。
高年収を目指す場合、業績不振なことを除けば転職先としては狙いめなのかもしれないですね!

新しいプラットフォーム事業にも取り組んでいるようで、今後のグリーの動向に期待です。

 

※参考
グリー株式会社 有価証券報告書

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー