【広報への転職】未経験でも転職が可能?エージェントの選び方などご紹介の画像

【広報への転職】未経験でも転職が可能?エージェントの選び方などご紹介

広報職への転職を考えている方も多いのではないでしょうか?未経験でも転職を成功させるためには資格やどんなスキルが必要なのでしょう?志望動機を作成する上で、資格やスキルがあると有利になります。今回は広報職への転職情報いついてご紹介します。もし広報職への転職を考えている方がいましたら是非、この記事を参考にしてみてはいかがでしょうか?

広報への転職は狭き門?

企業が事業を行ううえで、絶対に欠かせないのがPR業務です。

広報はそのなかで、自社のサービスや活動内容について、プレスリリースや各種イベントを通し、世間に広く知らせる役目を持っています。

メディアや消費者と直接向き合う機会が多く、まさに企業の顔というべきポジションでしょう。人気も高く、希望者の多い職種です。他業種からでも、あこがれて転職したいと考える人は多いと思います。

しかしながら、少数精鋭の体制を取っている企業が多く、求人はそれほど多くありません。

特に大手企業ではほとんど見ることができず、中途採用にとってはかなりハードルの高い職種です。外資系の企業であればそれなりに見られますが、本社が指示を行うことが多く、職務内容は調整や伝達など、イメージから離れたものが多くなるかもしれません。

一方、これからも求人を見込めるのが、まだ部署を設立していない中小企業やベンチャー企業などです。

ただし、その場合は総務などとの兼務が多く、やはりイメージと異なる仕事が多くなる可能性があります。しかし、新しい事業の企画に立ち上げから参加できるなど、魅力的な面も数多くあります。

また、はじめはそのような場所でキャリアアップを目ざすのもひとつの方法でしょう。

関連相談

未経験でも転職は可能?

広報という職種はとても専門性が高く、経験も重要視されるポジションです。

そのため、大手企業では入社してからまずさまざまな部署で経験を積み、その後あらためてプロパーとしてつとめるケースが多くなります。

したがって、未経験から転職を目ざすにはかなりハードルが高いといえるでしょう。ただし、未経験から転職したケースもけっして少ないわけではありません。過去には、その経緯で成功した人も数多くいます。

不可能だとあきらめる必要はないでしょう。

広報と同じように、対外的なコミュニケーションがもとめられる職種に営業があります。ほかにも何かと共通点が多いため、社内異動で広報に移るチャンスもあります。

まずは営業でキャリアを積んでから、広報を目指すというのもひとつの方法です。

また、現在ではベンチャー企業による広報部門の設立も多くなっています。

まずは人材確保のために、経験を度外視して採用するところも少なくありません。このような求人にしぼれば、まったくの未経験者でも十分にチャンスがあるといえるでしょう。

関連相談

広報の必要な資格とは

広報への転職で、絶対に必要になるという資格はありません。

ほかにも、持っていると有利になるという資格も基本的にないので、その点はあまり気にする必要はないでしょう。資質としてもっとも大切なのは、やはり何といってもコミュニケーション力です。

つねにメディアや消費者に対して発信を行う立場なので、老若男女にかかわらず、あらゆる相手と意思疎通できることが必須条件となります。

また、みずから情報を発信していくので、主体性を持ってさまざまな企画に当たることも重要です。

どのようなアイディアで、どのような戦略を立てていくのか、そしてそれを実行するといった資質ももとめられるでしょう。職歴では、広報に近い業務があれば有利になります。

たとえば、企画やマーケティング、営業などにかかわる職種は近いといえるでしょう。つねに、市場や取引先に対して何らかの関わりを持っているといった共通点があります。

まったく別の職種であっても、これから企業が開発しようとしているサービスに関わる分野での職歴もアピールポイントのひとつとなります。

特に、その分野で開発や販売などに関わっていた場合は、より有利になるでしょう。

関連相談

志望動機の作成方法とは

広報への転職で志望動機を記すときは、次のようなポイントを抑えておくとよいでしょう。

まず、自分がなぜ広報という職種に興味を持ち、それに就きたいと思うようになったのか。その意気込みやエピソードを、自分の職種にからめて書くとより伝わりやすくなります。

また、広報というのはサービスや商品を説明するだけではなく、企業の考え方や目的なども同時に発信していく仕事です。そのため、自社の理念や哲学に共感を示す人材はより採用したいと考えます。

その点についても、具体的に伝えるようにしましょう。

広報というのは、その魅力を伝えるのが根本的なスキルなので、特に大切に考えてください。もちろん、もともと広報やPR業務に就いていた経験があれば、絶対にアピールしておくべきです。

そのときも、具体的にどのようなメディアと仕事をしたのか、そのときの対応などをエピソードで記しておきましょう。違う職種であっても、プレゼンやマーケティングに関わった仕事のエピソードなどはポイントになります。

流行に敏感なこともアピールするようにしましょう。

コミュニケーション力については、部署間での調整や商談での交渉について、成功例を具体的に記してください。メディアからの質問やトラブル時の対処も広報の大切な仕事のひとつです。突発的なトラブルに対処した経験があれば、それも記しておくとよいでしょう。

関連相談

エージェントの選び方が大切

広報への転職を目ざすために、まず最初に行っておきたいのが転職エージェントへの登録です。

広報の求人自体がとても少ないので、独力で探すのはまず無理でしょう。なかでも、良い案件は非公開となっていることがほとんどです。公開求人だけを探していると、どうしても中小企業やマイナーな会社ばかりになってしまうと思います。

ですから、転職エージェントについても、かならず大企業が求人募集を行うような大手のサービスを選ぶことが大切です。基本的に大手の転職エージェントでは条件の良い案件が多いので、転職をもとめるうえではメリットしかありません。

なかでも、「DODA」にはより多くの広報の求人が見られるので、かならず登録しておくとよいでしょう。外資系を狙うのであれば、「リクルートエージェント」も外せません。

ほかにも、「パソナキャリア」や「マイナビエージェント」などで広報の案件を見つけやすいようです。

それぞれ無料で使用できるので、まずは登録だけでもしておいて損はありません。ただし、広報を希望するさいには、個人情報や希望条件をエージェントにしっかり伝えておくようにしましょう。もしも希望と異なる提案をされたときには、しっかり断ることも大切です。

関連相談

最後に

いかがでしたでしょうか? 

今回は広報への転職情報についてご紹介しました。

広報は、転職するにはかなりハードルの高い職種です。

仮に就職できたとしても、仕事をこなしていくのはとても大変でしょう。しかし、その役割はとても大きく、企業の業績を大きく左右します。世間への影響力も大きいので、自分の仕事に対してとても充実感を持てる職種であるといえるでしょう。ただし、同じ「広報」といっても、企業によってその内容はさまざまです。

PR業務として広くとらえられ、求人が出されていることも少なくありません。

そのため、広報の職種に就いたつもりでも、実際の仕事内容はマーケティングばかりということもありえます。その企業がいったいどのような形で広報をもとめているのか。また、専任部署はしっかりあるのかどうか。

あるいは、まったくノウハウのないところで、一から自分で業務設計や戦略を立てるのか。場合によっては、後者をチャンスだととらえる人もいるでしょう。

せっかく転職しても、自分のイメージしていた仕事と実際の業務がかけ離れていては意味がありません。かならず自分の目的と企業の意図をよく理解したうえで、求人を選ぶようにしましょう。

登録しておきたい無料転職サービス

職場での悩みを解決できる1つの方法が「転職」です。今回オススメするのはリクナビNEXTです。
リクナビNEXTは、転職決定数No.1(楽天リサーチ2015年の転職調査)という実績と、常時1万件前後の求人数を誇る、安定感のある転職サービスです。

サービス概要

  • 幅広い職種、業種、地域を網羅し、新規求人が毎週1,000件以上更新
  • 転職サイトと転職エージェントの併用が可能

リクナビNEXTに1分で無料登録する

この記事に関連する転職相談

就活生ですが、マーケティングと広報の違いって何ですか?

就職活動をしています。 将来、広報関連の仕事をしたいと考えているのですが、広報とマーケティングって具体的にどのような違いがあるのでしょうか。 イメージ的には、マーケティングの中に広報という仕事があるようにも思うのですが、実際はそれぞ...

転職活動中の女ですが、IT業界の広報はどんな仕事をしていますか?

広報職を検討しています。25歳の女です。 現在、事務関連の仕事をしていますが、転職を検討中です。 業界単位で広報の仕事が違うと聞きました。 私はIT業界の広報職を希望しているのですが、IT業界の広報職はどのような仕事をしていますか? IT業...

会社側との広報に対する考え方で悩んでいます。転職したほうがいいでしょうか?

食品メーカーの広報です。 会社側、というか上司(40代)との広報に対する考え方で悩んでいます。 先日、ある新商品のプレスリリースに関しての会議があったのですが、 会社側は、多額の金額をかけるんだからマスメディアにさえ取り上げられればそれで...

広報の採用基準ではどんなスキルが必要で、適齢は何歳からでしょうか?

私は現在WEBディレクターをしておりますが、企画や提案の部分でWEB以外にも幅広く関われる、広報の仕事に興味を持ちました。 某有名転職エージェントへ面談があったため正直にそのことを打ち明けると、<広報の仕事はスキルがいるので無理です!35歳...

彼女がベンチャー企業で働いていますが、何故遅くまで働いているんですか?

ベンチャー企業で働く彼女がいます。 元々大学時代から付き合っていて、僕も彼女も今年から社会人一年目です。 僕は、メーカー系の会社で営業を担当しているのですが、 彼女はベンチャー企業で広報と事務関係の仕事をしています。 一点気になるの...

広報の仕事内容って具体的にどのようなことをしていますか?

広報の仕事って出張が頻繁にあったりするのですか? それとも総務みたいな屋内での仕事ですか? 総務の仕事もよくわかってませんけど。会社にもよるとは思いますが。。 電気製品メーカーへの広報スタッフの派遣の仕事があったので、気になってます...

広報を新たに社内で担当することになりそうです。オススメの入門書やブログ、セミナーなどを教えてください。

広報を新たに社内で担当することになりそうです。 ◯これだけは読んでおけ!というオススメの入門書 ◯この人だけはフォローしておけ!というオススメのFacebookユーザー(友達じゃなくてもタイムライン見れる人) ◯このブログは要チェック!というオスス...

28歳女性、このタイミングで広報や企画にうつるのはリスクがあることでしょうか?

28歳女性、いままで営業やってました。このタイミングで広報や企画にうつるのはリスクがあることでしょうか?また可能性は低いでしょうか

広報の仕事は美男美女でないと、勤まらないでしょうか?

広報関係の仕事に就きたいと考えている女です。 というのも、どこの説明会か忘れてしまったのですが、 そこで働いていた広報の方にあこがれて、就職を検討しています。 本当にかわいくて、魅力的だったのですが、、、 私は正直容姿に自信はありま...

広報って、やっぱり美人・イケメンしかできない仕事なんでしょうか?

広報って、やっぱり美人・イケメンしかできない仕事なんでしょうか?

この記事に関連する記事

【広報とは】仕事内容は企業によって大きく異なるって本当?

広報とは一体どのような仕事なのでしょうか?よく広報という言葉は耳にしますが、社会人として働いてから何となく理解した方...

【広報の仕事内容とは】社内と社外の違いや仕事のやりがいとは

広報とは何かというと、自社の製品やサービスや自社活動を一般消費者に知ってもらうようPRに取り組むことです。今回はそんな...

広報未経験でも大丈夫!?転職で有利になる資格や経験とは

広報は社員間の交流を深め組織の活性化を図る社内広報、企業の状況や製品・サービスの情報を社会に発信する社外広報、会社の...

20代におすすめ!広報としての理想的なキャリアパスとは?

大企業では専任の広報は担当者が数多く在籍していますが、中小企業になると広報担当者がいない場合も少なくありません。また...

【広報とは】仕事に向いている人の特徴やキャリアパスについて

広報とは、企業の活動内容や商品・サービスなどに関する情報発信を行う職種のことです。混同されがちですが、広報は宣伝とは...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー