• HOME
  • 転職
  • 【入社2年目でも転職可能?】成功させるための方法やコツを徹底解説
【入社2年目でも転職可能?】成功させるための方法やコツを徹底解説

【入社2年目でも転職可能?】成功させるための方法やコツを徹底解説

入社2年目でも転職することは可能なのでしょうか?成功した事例や失敗した事例がありますが、その違いとは何なのでしょうか。2年目は、新卒など入社して間もない時期になり、様々なメリットやデメリットが出てくるでしょう。しっかり転職する理由を決定してから転職をすることが重要です。今回は入社して2年目で転職する方法についてご紹介します。

594

入社2年目の転職を成功させるには

入社2年目で転職を考えている方も少なくない現在、転職を成功させるためには何が必要でしょうか。
まず、「退職する原因を正しく自覚すること」が必要です。

例えば「給料が少ないから退職するのか」など正しく自覚していなければ、転職しても同じことの繰り返しになってしまいます。

給料が少ないのなら給料が多い企業を探せばよいだけのことです。

次に「第二新卒者を目的とした求人を探すこと」です。第二新卒者とは、一般的に新卒入社3年以内の転職者のことを指しますので、入社2年目の転職者も第二新卒者の枠に含まれます。

企業側としては、第二新卒者は新しい環境に馴染みやすく、社会人として基礎があることから、研修費などのコストを低く抑えることができるというメリットがあるため、第二新卒者のための求人は少なくない傾向にあります。

ただし、2年目で退職したことに対して、「忍耐力がない可能性がある」「キャリアに不安がある」などのデメリットがあることも認識しておくことが必要です。

入社2年目が転職を失敗する理由とは

入社2年目が転職を失敗する理由とはの画像

近年は、入社2年目を含む第二新卒者の需要が多い傾向にありますが、転職に失敗する理由について確認しておきましょう。入社2年目の転職の失敗は次のような理由が考えられます。

 

目的が退職になっている

退職の理由を明確にすることは必要ですが、転職は改善するために行わなければ意味がありません。

「とにかく今の会社から逃れたい」ということばかりを考えるのではなく、「自分は今後どうなりたいのか」という転職後のことを明確に考えておくことが大切です。

 

自己分析をしていない

自己分析は就職活動の際にも行った方も多いと思いますが、社会人を経験したことも含めて改めて自己分析を行うことが必要です。

学生時代に自分に合う仕事を見つけることは容易ではないため「思い」と違う就職をした方も少なくないと思いますが、次こそ成功させるためにも、しっかりと自己分析を行うことが必要です。

 

キャリアがアピールできない

入社2年目の転職者に対して、企業側はキャリアを高く望んでいるわけではありませんが、やはり新卒者とは異なりますので、アピールできるキャリアをもっておくことは必要です。

2年間のキャリアの棚卸をして、しっかりとアピールできるように準備しておくことが必要です。

入社2年目の女性の場合

入社2年目の女性の場合の画像

入社2年目の女性の場合

現在では転職において女性、男性に違いがあることはほとんどないと思われますが、入社2年目の女性が転職を目指す理由として次のようなことを考えられている方はいないでしょうか。

「今の会社では異動や配置転換が少なく、今後も同じような仕事を続けていかなければならないのだろうか。」「周りのみんなが辞めたいと言っているから転職した方がよいのではないか」など。

しかしながら、近年は女性であっても総合職入社も少なくなく、女性を即戦力と考えている企業も多くみられます。

転職をして、すぐにでも状況を変えようと思われるかもしれませんが、本当に転職しないと解決することができない理由があるのかについて明確にしておくことが必要といえます。

JobQに来ていた質問も見ていきましょう。

2年目の女子エンジニアですが、転職活動はどのように行なえばいいですか?

社会人2年目、IT企業エンジニアとして働く女です。

プログラミング未経験でしたが、基本からきちんと教育し一人前に育ててくれるという前提の下、今の会社に入社しました。

しかし実際に入社してみると、
・この1年の間に様々なプロジェクトにアサインされるも、プロジェクトによって開発する言語が異なるため技術が身につかない。
・毎日「なんでそんなこともできないんだ」と上司から嫌味を言われる。育ててくれる前提だったのに。
・期限が厳しく残業が多すぎる。
という状態です。

心身ともに限界を迎え転職を検討しています。

まだまだ技術的にも未熟な2年目の女子エンジニアということもあり不安です。

そもそも転職可能なのか、どんなことを準備すればいいかアドバイスをお願いします。

某ITコンサルティング会社でリクルーターしています。

今は企業規模の大きい会社は、社の女性比率の向上に躍起になっていますので第2新卒の女性エンジニアなら転職に困る事はないと思います。

日本政府が、女性活躍を謳っていますので、下手に小さな会社ではなく、新卒でも難しいと思ってた超大手を狙うことをお勧めします。

程度は分かりませんが、複数言語の経験があるのは、単一言語よりも高評価です。

面接では、やる気を前面に出して、女性らしさも出せば複数内定が出ると思います。

現職で結果を出してからという声もありますが、第2新卒枠のうちに動き出すことを強くお勧めします。

大きい会社であれば、新卒の研修に入れるという選択肢もありますので。


第二新卒のうちに動き出せば、早めに転職できる可能性も高くなりますので、オススメです。

大手企業へ入社2年目で転職するには

大手企業へ入社2年目で転職するにはの画像

入社2年目で大手企業に転職できる?

近年の人手不足も手伝って、大手企業も、「社会人において必要な基礎的なマナーが身についている」などの理由から入社2年目を含む第二新卒者の採用に積極的な傾向にあります。

そのため、新卒の就職活動の際には内定をもらうことができなかった大手企業へも、第二新卒枠で応募すれば、採用される可能性が高くなりつつあります。

それでは入社2年目で大手企業への転職を成功させるにはどうすればよいでしょうか。

まず、「自分の強みや弱みは何なのか」「自分は今後何をしたいのか」を明確にしておくこと、そして、2年間の社会人経験を通じて新卒時よりも成長した自分を企業へ伝えることが必要です。

また、第二新卒者に強い求人サイトや転職エージェントを利用することも、効率よく求人を探すために必要な方法のひとつといえるでしょう。

入社2年目で企業を辞める理由とは

入社2年目で企業を辞める理由とはの画像

入社2年目で辞める理由

現在、「入社して2年目だけど仕事を辞めたい」と思われている方は少なくないと思われます。厚生労働省が発表した「平成25年若年者雇用実態調査の概況」では、入社2年目で転職した方のベスト5は次のとおりでした。
 

  1. 労働時間・休日・休暇の条件がよくなかった 
  2. 仕事が自分に合わない
  3. 賃金の条件がよくなかった
  4. 人間関係がよくなかった
  5. ノルマ、責任が重すぎた

いずれの理由であっても、根本的な原因は「慣れ」にあるといえます。

入社2年目になると仕事や職場の環境に慣れてきて余裕が生まれます。

そこで「本当にこの会社でよいのだろうか?」「この仕事は向いているのか?」など自問自答することが考えられます。

そのため、辞める理由が明確であれば、入社2年目であっても退職理由を改善できる会社へ転職したがよいと思われます。

一方、理由が不明確であるならば、無駄な転職とならないように考え直してみることが必要です。

新卒2年目で転職するメリット・デメリット

新卒2年目で転職するメリット・デメリットの画像

2年目で転職するメリット・デメリット

新卒2年目で退職して転職するメリットとデメリットについて考えてみましょう。

まずメリットですが、新卒2年目で退職しているということは、第二新卒求人に応募することが可能です。入社1年目で退職している場合も第二新卒求人の対象となりますが、1年目よりも2年目の方がキャリアの面から有利であると思われます。

また、中途採用の中では経験よりも今後の伸びしろを期待される傾向があるため、未経験の業界や職種に挑戦しやすいというメリットがあげられます。

また、社会人としての基礎はできていると企業側からも評価されるため、研修などのコストを抑えることができ、新しい環境にも馴染みやすいと考えられるというメリットもあるといえます。

一方、デメリットについては、同業種の転職を希望される場合は経験不足と判断される傾向にあり、企業側としては「またすぐ辞めるのではないか」と忍耐力がないと評価される可能性があるといえます。このメリットとデメリットを十分に把握した上で、転職の準備をすすめることが必要といえます。

入社2年目で転職する理由は?

入社2年目で転職する理由は、人それぞれだと思われますが、「入社2年目の転職者の辞める理由とは?」で記載した退職理由と直結しているといえます。

新入社員として大切にされていた1年目に比べると、仕事に慣れてきた2年目は、自分のポジションや今後のキャリアについて悩む時期ともいえます。

退職理由を明確にし、自己分析をしっかりと行うことで転職理由を明確にしておくことが、転職を成功させるポイントといえます。

転職理由が「なんとなく」では辞めておいた方がよいですが、理由が明確であるならば、転職に挑戦するには、入社2年目は最適な時期といえるかもしれません。

完全無料!転職エージェントおすすめランキング

  転職エージェント/公式サイト 総合評価
1位 マイナビエージェント
 https://mynavi-agent.jp/

4.7 ★★★★☆
2位 レバテックキャリア
 https://career.levtech.jp/
4.4 ★★★★
3位 ビズリーチ
 https://www.bizreach.jp
4.3 ★★★★
4位 リクルートエージェント
 https://www.r-agent.com
4.2 ★★★★
4位 パソナキャリア
 https://www.pasonacareer.jp/
4.2 ★★★★
6位 JAIC
 https://www.jaic-college.jp/
4.1★★★★
7位 ハタラクティブ
 https://hataractive.jp/
4.0 ★★★★
8位 第二新卒エージェントneo
 https://www.daini-agent.jp/
3.8 ★★★☆

 

1位 年収アップを目指すならマイナビエージェントがおすすめ!

2位 IT業界で年収アップなら目指すなら業界大手のレバテックがおすすめ!


この記事は役に立ちましたか?

この記事に関連する転職相談
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料

関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す