ヒットタイトル多数!コロプラの業績や年収を調べてみました。の画像

ヒットタイトル多数!コロプラの業績や年収を調べてみました。

転職を考えるとき、企業情報って気になりますよね。年収と社員の勤続年数は特に。『魔法使いと黒猫のウィズ』や『白猫プロジェクト』などの人気スマホゲームを世の中に出してきた株式会社コロプラ。株式会社コロプラの年収や勤続年数を始め、企業情報を調査しました。

コロプラの平均年収・平均勤続年数は?

まずは過去3年の平均年収、平均勤続年数、従業員数、平均年齢の推移をみてみましょう。

  2013年9月 2014年9月 2015年9月
平均年収 617.0万円 628.1万円 566.9万円
平均勤続年数 1.2年 1.5年 1.9年
平均年齢 30.2歳 30.2歳 30.4歳
従業員数 306人 450人 620人

※株式会社コロプラ 有価証券報告書より

 

従業員数が2年で300名増えるのは、ITベンチャーの中でも最高レベルの成長速度ではないでしょうか。

特に、2014年度から2015年度から従業員数が大幅に増えています。

同じ年に平均年収が極端に下がっているところをみると、この年から新卒採用を強め、採用人数を拡大したと予想されます。

とはいえ、年収に関しては新卒採用を積極的に行っているDeNAやグリーといったソーシャルゲームの企業と比べても比較的低いように感じます。

2年で純利益約6倍!業績は好調

  2013年9月 2014年9月 2015年9月
売上高 16,767 53,575 72,395
経常利益 5,787 23,556 32,363
当期純利益 3,156 13,024 19,436

(単位:百万円)

 

人気ゲームの『魔法使いと黒猫のウィズ』、『白猫プロジェクト』、『軍勢RPG 蒼の三国志』などが好調。

パズドラやモンスト一強のガンホーやミクシィとは異なり、中~大規模のヒットタイトルを複数出すことで、安定的に成長をしているようです。

それに伴って業績も大きく伸びています。新分野での事業展開も行なうということなので、非常に楽しみです。

成長率が大きい割に、平均勤続年数が短いのが面白いですが、逆に成長率が大きいがゆえに、平均勤続年数が短いのかもしれませんね。

最後に

主軸事業であるソーシャルゲーム事業が絶好調のコロプラ。

さらには、国内外のVR関連企業を投資対象とする 世界最大級のVR専門ファンド「Colopl VR Fund」を設立するなど、積極的に投資事業も進めているようです。

先日はARや位置情報を用いたソーシャルゲームPokemon Goが話題になっていたりと、技術革新によってソーシャルゲームも変化を遂げる時代に突入しました。

VRはソーシャルゲームとの親和性が高いだけに、投資事業と既存事業とのシナジーやそれによる新しいプロダクトなど、今後も注目していきたいですね。

 

※参考
株式会社コロプラ 有価証券報告書

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー