【政府が副業を推進している理由】目的などをわかりやすく解説

【政府が副業を推進している理由】目的などをわかりやすく解説

厚生労働省では、働き方改革実行計画を踏まえて、副業が推進されています。なぜ政府は、副業を推進しているのでしょうか。そこでこの記事では、政府が副業を推進している理由や、副業を勧める上で必要な対応などを紹介します。また、副業を禁止している企業が現状多い理由についても解説しますのでぜひ参考にしてみてください。

13555

政府は副業を推進している

副業・兼業の促進に関するガイドラインができた

平成30年1月、厚生労働省により副業・兼業の促進に関するガイドラインが出来ました。

これは、企業や社員が現行の法令のもとで、どのような事項に留意すべきかをまとめたものです。

さらに、企業も社員も安心して副業・兼業を行うことができるようルールを明確化するため、令和2年9月にガイドラインが改定されました。

このガイドラインを元に政府は、副業を推進しています。

また、今後は働き方を選ぶ環境を作る必要があるとの考えがあり、副業・兼業は、新たな技術の開発、オープンイノベーションや起業の手段、そして第2の人生の準備として有効とされているとのことです。

企業は副業を認める方向で検討する

もし、働いている社員が副業を始めたいという意思がある場合、企業は副業を認める方向で検討することが適当であるとガイドラインでは言われています。

これは、労働者が労働時間以外の時間をどのように利用するかは、基本的には労働者の自由であるとされていることが理由です。


そのため、副業・兼業を禁止している企業や一律許可制にしている企業は、まずは、原則副業・兼業を認める方向で就業規則などの見直しを行い、労働者が副業・兼業を行える環境を整備することをすすめています。

政府が副業を推進している理由

スーツの男性

具体的にどのような理由で、政府が副業を推進しているのでしょうか。

  • キャリア形成ができる
  • 自己実現を追求できる
  • 所得が増加する

上記3つの理由について確認していきましょう。

キャリア形成ができる

1つ目は、副業を始めることでキャリア形成ができることです。

副業は、離職する必要がなく、別の仕事に就くことが可能のため、スキルや経験を得られます

そのスキルや経験は、本業でも活かせることが出来たり、キャリア形成へ大きな影響を与えるのではないでしょうか。

また、副業をすることにより、副業で得た人脈やスキル経験が、個人の成長やスキルアップにつながり、それが本業で役に立つことも予想されます。

自己実現を追求できる

2つ目は、自己実現を追求できることです。

既に行っている仕事の所得を活かして、自分がやりたい副業に挑戦できます。

例えば、起業をすることや、新しいサービスを開始することです。起業をすることを目標に現在の仕事を続けている方もいるのではないでしょうか。

このように自分にとって、夢だったことに挑戦することも可能です。

所得が増加する

3つ目は、シンプルに所得が増加することです。

今、働いている時間にプラスして副業を始めるため所得が増えるのは当たり前です。

年金問題もあり、政府は老後の生活のことも考えて副業を勧めています。

ハタラクティブ|自分にあった仕事選ぶことができる!!

あなたにどんな仕事が合うか?からお伝えします!
✔︎ 未経験OK
✔︎ 面接対策
✔︎ 全て無料

ハタラクティブの公式サイトはこちら
▶︎ https://hataractive.jp/

ハタラクティブ

ハタラクティブの強み①
未経験OKの優良求人を見つけることができる

・実際に足を運び厳選した優良求人が3,000件以上(非公開求人も多数)
・求人の80%以上が正社員未経験でOK!
・40種類以上の職種と幅広い業界をカバー

ハタラクティブの強み②
短期間で選考に通過できる

・内定率80.4%と業界最高レベル
・希望する企業別の書類選考対策、面接対策をプロがマンツーマンで実施
・最短2週間で内定獲得
 

副業を勧める上で必要な対応

笑顔の男女

就業時間や健康の管理

副業を許可した場合、企業は従業員の就業時間や健康の管理を気に掛ける必要があります。

これは、就業時間が長くなる可能性があることが理由です。

企業と従業員がコミュニケーションをとり、労働者が副業・兼業による過労によって健康を害したり、現在の業務に支障を来したりしていないか、確認することが望ましいとのことです。

業務上の秘密情報を漏らさない

さらに、業務上の秘密情報を漏らさないように留意する必要もあります。

既に行っている仕事と副業・兼業それぞれで知り得た業務上の秘密情報が漏れてしまうのは信用問題に関わります。

そのため、副業を許可した時には、業務上の情報を漏洩させない規則を作ることがおすすめです。

副業を禁止している企業は現状多い

スーツの男女

政府は副業を推進していますが、実際のところ副業を禁止している企業は多いです。

それはなぜなのでしょうか。

副業禁止の理由

副業禁止の代表的な理由として次のようなことが挙げられます。

  • 本業への集中が削がれる 
  • 守秘義務の遵守

まず、本業の業務時間外に副業を行うため、本来休息として使うべき時間を他の仕事に充てることになります。

そのため、心身ともに負担がかかり、本業への影響が出る可能性もあることから副業を禁止している企業もあります。

次に、先ほども説明したように、業務上の秘密情報を漏らさないために副業を禁止している企業も多いです。

また、これ以外にも、企業の古くからのルールとして副業禁止が就業規則に盛り込まれているというケースもあり、それぞれの企業独自の理由が存在しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は政府が副業を推進している理由について紹介しました。

副業するかどうかは個人の自由ですが、副業は推進されています。

ただ、政府が副業を勧めていたとしても、あなたが勤めている企業が副業を容認しているかどうかは確認した方が良いでしょう。

大手企業が副業を解禁していく中、時代の流れを読み取り、副業をするメリットとデメリットを考えた上で、自分の行動を決めていくことが大事なのではないでしょうか。

完全無料!転職エージェントおすすめランキング

  転職エージェント/公式サイト 総合評価
1位 マイナビエージェント
 https://mynavi-agent.jp/

4.7 ★★★★☆
2位 レバテックキャリア
 https://career.levtech.jp/
4.4 ★★★★
3位 ビズリーチ
 https://www.bizreach.jp
4.3 ★★★★
4位 リクルートエージェント
 https://www.r-agent.com
4.2 ★★★★
4位 パソナキャリア
 https://www.pasonacareer.jp/
4.2 ★★★★
6位 JAIC
 https://www.jaic-college.jp/
4.1★★★★
7位 ハタラクティブ
 https://hataractive.jp/
4.0 ★★★★
8位 第二新卒エージェントneo
 https://www.daini-agent.jp/
3.8 ★★★☆

 

1位 年収アップを目指すならマイナビエージェントがおすすめ!

2位 IT業界で年収アップなら目指すなら業界大手のレバテックがおすすめ!


この記事は役に立ちましたか?

この記事に関連する転職相談
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す