Webデザイナーの年収は低いの?高いの?【アップさせる方法】の画像

Webデザイナーの年収は低いの?高いの?【アップさせる方法】

Webデザイナーの年収は低いのでしょうか、高いのでしょうか。今回はWebデザイナーとして働く方の年収はどれくらいなのかを聞きました。独立してフリーで働くならどれくらいか、年収1000万円を目指すにはどうすればいいのか等を調査しました。国内や海外ではデザイナーの年収はどれほど変わるのか。確認していきましょう。

549

Webデザイナーの平均年収はどれくらいなのか

Webデザイナーの平均年収

Webデザイナーは働き方がさまざまで、フリーランス在宅勤務でも活躍している人が多い職種です。

ここからは、Webデザイナーの仕事と収入について見ていきたいと思いますが、Web業界は成長が著しく、制作会社の数が増えていることから制作単価が下落傾向にあり、それが収入にも影響を及ぼしています。

Webデザイナー全体の平均年収は300万円〜400万円程度とされていますが、もう少し詳しくWebデザイナーの収入について考えていきたいと思います。

参考Webデザイナーの平均年収を調査しました

関連相談

Webデザイナーの給料は本当に低いのか

Webデザイナーの給料は本当に低いのかの画像
次に、日本国内でのWebデザイナーの収入を見ていきます。

冒頭でも少し触れましたが、日本のWebデザイナーの平均年収は300万円〜400万円程度といわれています。

この年収を得ようとすれば、ある程度のデザインができプログラミング技術を使ってコーディングができるレベルが必要です。

もしあなたが基本的なHTMLやCSS程度のスキルレベルであるならば、300万円よりも少ない年収となってしまいます。

Webデザインは、ラウドサービスなどを通じて外注するという手段もあり、外注の方が社員に給料を支払うより安価であるケースもあります。

したがって、企業内で働くWebデザイナーの場合は仕事が外注に出されないようにスキルを高め続ける必要がありますし、スキルアップさえすれば、必然的に仕事は外注に出されず、収入も増えていくことになります。

今は、Webデザイナーが不足していることからスキルを持った人材を確保できない企業は、自ら教育し育てようとする流れがありますので、Webデザイナーの数自体は増え続けています。

後から続く人に追い越されないよう能力を高める努力が、Webデザイナーの年収アップにも繋がっていくといえます。

ここでJobQに来ていたWebデザイナーに関する質問を見てましょう。

Webデザイナーってなんで年収水準が低いのでしょうか?

Webデザイナーへの就職を考えています。

ただ、悩みとしてはWebデザイナーってどうも企業や会社から下に見られているといいますか…。

Webデザイナーの年収水準などなどかなり低いですよね…?

なんでそのような事態が起きるのでしょうか?

そういった理由でWebデザイナー職への就職はこれからのキャリアで正しいのか考えてしまいます。

技能職だから、あまり技能や経験が高くない人の層が厚いためです。

WEBデザイナーは規模が大きいので目立ちますけど、広義のクリエイターや、法律・心理・医療系を含む、いわゆる技能系専門職はみんなそうだと思いますよ。

経験や技能が低いと収入は低いものです。その道のプロになれば高収入でしょう。

 

ということでした。

Webデザイナーの年収は人によって異なる為、回答にもあるように知識や技術がある場合は年収が高く設定されるケースもあるようです。

ですからWebデザイナーになるとしたら、自身の技術レベルを底上げするような努力が必要となりますね。

▶︎ 20代Webデザイナーはどれくらいの年収水準ですか?

関連相談

30代でWebデザイナーは年収をいくら貰えるのか

30代でWebデザイナーは年収をいくら貰えるのかの画像
では、実際にJobQにあるWebデザイナーの年収についての質問を確認してみましょう。

Webデザイナーとして働く30代の年収はどれくらいなのでしょうか。

Webデザイナーの30代の年収はどれくらいなんですか?

Webデザイナーになりたいと考えている専門生です。女です。

今はアニメの專門に通っていて、Webデザインを趣味でやっている程度なのですが、そのままWebデザイナーとして就職したいなと考えています。

結婚もしたいので、30歳くらいまでは仕事をしたいと考えていますが、年収次第や環境次第では仕事を続けるのも選択肢だなと考えています。

そこで質問ですが、Webデザイナーの30代の年収について教えてください

フリーランスなのかとか、様々な外的要因もあると思うのですが、そこも踏まえてくださると助かります。

仕事をどのフェーズで、どういうクライアントからの依頼を受けるかによります。

そして、ディレクション業務が中心なのか、デザイン中心なのか、システム組めるのか、コーダーとして仕事をするのか、によっても変わってきます。

Webサイト数百万円で発注してくださるクライアントもあれば、数十万円のクライアントもあるので、どういうクライアントを掴むか、どういう人と組むかによって年収はかなり上下しますね。

友人でもともとフリーで仕事し、今は小さなWeb制作会社をやっている人がいますが、朝から晩まで仕事して、フリー時代で500-800前後、現在は人を使って800前後かと思います。

転職市場での相場としてはディレクション含め一人前に仕事ができて、400-500前後が多いです。


といった回答からわかったように、Webデザイナーは30代で年収1000万円近く頂くことも出来るし、その一方で500万円程度の年収程しかいただけないといったこともあります。

クライアントによっても報酬額が変わるということもあり、自分のコネクションもまた年収を左右する大きな要因と考えて良さそうです。

関連相談

独立してフリーで働くWebデザイナーの年収は?

独立してフリーで働くWebデザイナーの年収は?の画像
Webデザイナーは、独立してフリーランスで働くこともできますので、優れたデザインを作成する能力があれば十分生計を立てることが可能です。

ただ、フリーランスになるとデザインだけでなく、仕事を貰うために営業活動をしたり、お客様とコミュニケーションを取ったりというデザイン以外の仕事も必要となります。

それでもやはりフリーランスは基本的に仕事の単価は自分で決めることができるなど、実力次第で正社員以上の収入を得ることも夢ではありません。

▶︎ フリーランスWebデザイナーの年収ってどれくらいですか?

独立後のWebデザイナーの年収は

Webデザイナーとして独立を考えるのであれば、人脈が重要となってきます。

独立して一から大手企業と取引をしたり、大きな案件を請け負ったりすることは難しいといえますので、在職中から信頼感を得られるよう業務に誠実に向き合っておきましょう。

誠実に向き合っていることで、独立したときにふとしたきっかけで、その仕事ぶりにスポットライトが当たる場合もあれば、新たなクライアントに提示できるポートフォリオも豊富になります。

独立してすぐに成功するのは簡単ではありませんが、最新のスキルや知識を身につけるための努力を積み重ねていれば、いずれ高い収入を得られるようになるはずですので多少の困難に挫けることなく頑張ってください。

参考フリーランスWebデザイナーの年収はいくらなのか

関連相談

海外で働くwebデザイナーの年収は

海外で働くwebデザイナーの年収はの画像
これからWebデザイナーとして働いていきたいと考える人は、Webデザイナーの年収が気になるのではないでしょうか。

専門的な知識を必要とするWebデザイナーは、自身のスキルが向上すればするほど年収アップが期待できる職種です。

また国内に留まらず、海外で活躍する日本人Webデザイナーや国内と海外両方で活躍するWebデザイナーも存在し、今後世界的な視野で仕事をするケースも増えると思われます。

そこで日本のWebデザイナーの収入事情を紹介する前に、まずは海外の収入事情についても見ていきたいと思います。

下記が主要各国のWebデザイナーの平均年収です。
 

海外のWebデザイナーの平均年収とは

  • アメリカ 約780万円
  • イギリス 約420万円
  • カナダ  約580万円
  • オーストラリア 約680万円
  • ニュージーランド 約600万円

など、実際は国によってWebデザイナーの社内でのポジションや仕事内容は異なりますし、物価や文化も違います。

また海外のWebデザイナーはデザインスキルに加え、プログラミングスキルやSEO・アクセス解析の知識も必要なことが多く、そのため、年収に差が出ているといえます

参考海外Webデザイナーの年収を調査してみました!

関連相談

Webデザイナーが年収1000万円を目指すには

Webデザイナーが年収1000万円を目指すにはの画像
日本では、まだまだWebデザイナーの収入や待遇が満足できるようなものではありません。

ただし、これはあくまでも平均であり、日本のWebデザイナー全員が厳しい条件で勤務しているわけではありません。

中には、1000万円を超えるような高収入を得ているWebデザイナーも少なからず存在します

年収が1000万円を超えるWebデザイナーは、スキルの幅だけでなく、深さも持ち合わせています。
 

デザイン以外のスキルが年収1000万円への近道

仕事を依頼する側としても、デザインの制作と簡単なコーディングだけでなく、ディレクションやプログラミングまで請け負って貰えれば、多くの報酬を払いたいと思います。

さらに運営するサイトを上位表示させるためのサイト設計など、SEOの知識もあれば依頼者から大変喜ばれるとはずです。

Webデザイナーは今後も必要とされ続けるはずですが、数多いWebデザイナーの中で差別化を図り、収入を増やしていくにはデザイン以外の領域のスキルや知識を磨くことが近道といえます。

参考Webデザイナーが年収を上げるためにやるべきこと

年収から見たWebデザイナーまとめ

ここまでWebデザイナーの収入を中心にご紹介してきましたが、今後Webデザイナーとして収入を増やしていくには、スキルの習得だけでなくWebディレクターやWebプロデューサーという上流業務への転身も視野に入れなければなりません。

主な仕事は、納期やスケジュール管理、デザイン構成やメンバー決定など全体的な責任を担います。

この職種に就くには、幅広くスキルも習得しなければなりませんし、多くの実務を経験した上でメンバーをマネジメントする能力も求められます。

好きなデザインだけに専念できない大変な仕事ですが、頑張ればその分見返りもある業務といえますので、収入アップを狙っている人は是非目指して欲しいと思います。

あとWebデザイナーの命といえるスキルについてですが、独学や通信教育で学ぶことも一つの選択肢ですが、Webスクールに通うことがスキル向上の近道といえます。

Webスクールに通うメリットは、スキルの習得はもちろんですが、同じようにスキルアップを目指す人と机を並べることで習得スピードが早まる点です。

時には、刺激を貰うライバルになり、時には、分からないことを一緒に解決していく仲間にもなり得ます。

色んな新しいことを学び、着実に力をつけて高い年収を得られるようなWebデザイナーを目指してください。

Webデザイナーに関してもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

▶︎ Webデザイナーとは|将来性や仕事内容を誰にでもわかりやすく

登録しておきたい無料転職サービス

職場での悩みを解決できる1つの方法が「転職」です。
今回オススメするのは業界大手リクルートキャリアが運営するリクルートエージェントです。
業界随一の「キャリアアドバイザーのしっかりとしたフォロー・サポート体制」が特徴です。まず、登録しておいて損はないでしょう。

サービス概要

  • 30万人以上もの規模の転職者を転職成功に導いた業界最大級の実績
  • 業界事情に詳しいキャリアアドバイザーが豊富で、多くのベテランキャリアアドバイザーが活躍

リクルートエージェントに1分で無料登録する

本記事の初回公開日は2018年05月18日です。

この記事に関連する転職相談

フリーランスになって食えない人・稼げる人の違いって何ですか?

フリーランスになって会社勤めに比べて多くの仕事を得て稼げる人と、仕事が全くなくて稼げない・食えない人の違いってなんだと思いますか? スキル面、習慣面など多方面からの意見を教えていただけると嬉しいです。

フリーランスで年収600万円以上は可能ですか?

フリーランスで年収600万円以上は可能ですか? 現在エンジニアをやっており、年収は600万円ほどです。フリーランスではありません。 最近フリーランスという働き方に興味を持ち始めて色々調べています。 そこでなのですが、フリーランスで年収6...

フリーランスエージェントのおすすめを教えてください。

フリーランスエージェントのおすすめを教えてください。 また、そのフリーランスエージェントのどんなところがいいのかも紹介してもらえると嬉しいです。

フリーランスのプログラマーになるには

現在大学2年生です。 近頃、フリーランスという働き方に魅力を感じておりフリーランスのプログラマーとして働きたいと思っています。 そこでなのですが、フリーランスのプログラマーになるにはどのようなスキルが必要になりますか? 現在はprogateを使...

フリーランスに向いている人はどんな人ですか?

フリーランスに向いている人はどんな人ですか? 性格面や技術面などさまざまな面からお願いします。

フリーランスのエンジニアが大手企業へ転職することは可能ですか?

フリーランスのエンジニアから大手企業へ転職することは可能ですか? どういった制約や気を付けておくことがありますか?

フリーランスと個人事業主の違い

フリーランスと個人事業主の違いを教えてください。

フリーランスのITエンジニア

現在大学生です。 ITエンジニアになりたいと思っており、フリーランスのITエンジニアが自由度もきくし、在宅ででき、年収も自分のスキル次第だという面で魅力を感じています。 フリーランスのITエンジニアになるためにはこれからどのような道を進んでい...

フリーランスは食えないですか?

現在会社員です。 最近フリーランスに魅力を感じ始めて調べているのですが、フリーランスは食えないという意見も、食っていけるという意見もあります。 人によっても違うと思いますが、食えないフリーランスと食っていけるフリーランスの違いは何だと思...

フリーランスって稼げないの?

現在会社員です。 最近フリーランスという働き方に興味を持っているのですが、知人のフリーランスをやっている人に聞いても全然稼げないといっていました。 人によっても違うと思いますが、フリーランスって稼げないのですか?

この記事に関連する記事

【未経験から】フリーランスエンジニアになるには?求人サイトも紹介

近年、フリーランスという働き方が普及してきましたよね。したがって、元々エンジニアとして働きていた人がフリーランスにな...

【必見】手数料の低いおすすめフリーランス向けエージェントも紹介

フリーランスの人は仕事を得る手段としてフリーランス向け求人エージェントを利用する人が多いでしょう。また、これから利用...

【仕事がない…】おすすめのフリーランスの仕事の探し方を紹介します

フリーランスの悩みとして思いつくものとしては、仕事がない、仕事の探し方、仕事がほしい、仕事の取り方などといった仕事関...

フリーランスUIデザイナーとして活躍するには【スキルや年収も紹介】

フリーランスUIデザイナーになりたいと思っているUIデザイナーの方は多いのではないでしょうか。今回はフリーランス化を希望...

フリーランスエンジニアとして活躍するには?【年収や長短所も紹介】

みなさんフリーランスエンジニアとはどのような職業なのかはご存知でしょうか。現在フリーランスのエンジニアをやっている方...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー