• HOME
  • キャリア
  • 【最新版】マーケティングとは?職場で活かせる知識を全公開!

【最新版】マーケティングとは?職場で活かせる知識を全公開!

世間一般的によくマーケティングという言葉が使われていますが、きちんと意味を理解できているでしょうか?そこでこの記事では、マーケティングの意味について解説いたします。具体的には、マーケティングの定義・種類・手法、マーケティングの歴史とトレンド、マーケティング戦略、の順番でご紹介いたします。マーケティングについて知りたい方は是非参考にしてみてください。

1446

【基礎編】マーケティングの定義・種類・手法について

マーケティングとは「顧客へ価値を提供するための手段」

マーケティングとは、企業がメディアや広告、Webサイトなどを通じて、製品やサービスの情報を消費者に提供し、スーパーマーケットやコンビニエンスストアなどの流通網を通じて、製品・サービス自体を消費者に届けるという、この一連の流れのことを指します。

マーケティングの定義を調べると、「企業が顧客との相互理解を得ながら、公正な競争を通じて、市場を創造するための総合的活動である」とされています。(参照:wikipedia

つまり、自社だけが利益を得るのではなく、顧客にも利益や価値を与える仕組みがマーケティングの定義といえます。


マーケティングは5種類もの職種がある

マーケティングには

  1. CRM
  2. マーケティングデザイン
  3. デジタルマーケティング
  4. SNSマーケティング
  5. コンテンツマーケティング

これら5つの職種があります。

1の「CRM」は、Customer Relationship Managementの略語です。日本語では、「顧客関係管理」と訳されます。CRMは、顧客との関係を良好に保ち、管理・分析する職種です。

2の「マーケティングデザイン」は、過去の顧客データを元に市場考察などを行い、目的の達成をするために現状を効果的に作り変えることです。具体的には、商品開発や商品のパッケージを作る職種です。

3の「デジタルマーケティング」は、Webサイトだけでなく、インターネットやオンライン広告・電子デバイスやオンラインの活動履歴などを分析する職種です。

4の「SNSマーケティング」は、Twitter・Instagram・Facebook・LINEなどのSNSを用いてマーケティング提案などを行う職種です。Twitterや、Instagramでは、テキストと商品画像をセットにして投稿を行い、情報発信をします。

5の「コンテンツマーケティング」は、ユーザーにとって価値のある一貫したコンテンツを制作・提供し続けることで関係性を維持し、商品購入など最終的な収益に繋がる行動をユーザーに取ってもらうための手法です。


実戦で役立つマーケティングの手法5選

 マーケティングで役立つ手法は

  1. 3C分析
  2. 4P分析
  3. STP分析
  4. PEST分析
  5. SWOT分析

これら5つです。

1の「3C分析」 は、Customer(市場・顧客)、Company(自社)、Competitor(競合)をそれぞれ分析し、戦略を考える手法です。

3C分析を行う理由は、事業の成功要因を発見することです。3Cの関係性が分かると、自分の会社の強みと弱みが判明し、事業が進むべき方向が見えてきます。ですので、3C分析は自分の会社の課題や、誇れる点を見つけることに役立ちます。


2の「4P分析」は、Product(製品・サービス)、Price(価格)、Place(立地・流通・販路)、Promotion(販促・広告)の4つの視点から分析する方法です。別名『マーケティングミックス』とも呼ばれています。

4P分析は、製品が思うように売れない場合や、市場展開の戦略を立てる際に利用します。4P分析を行う場合、4Pのうち1つの要素だけでなく、複数の要素を組み合わせることにより、適正価格やふさわしい場所などが判明し、効率よく製品の宣伝が出来ます。

3の「STP分析」は、Segmentation(セグメンテーション)、Targeting(ターゲティング)、Positioning(ポジショニング)の3つの頭文字をそれぞれ取って名付けられた分析手法です。

STP分析は、新規事業や、新しい製品の内容や価格を決める際に利用します。STP分析を行うと、顧客となるターゲットなどを絞り込み、そのニーズに当てはまる顧客にサービスを行えます。そして、STP分析では自分の会社がどの位置にいるのかも明確にすることが出来ます。

4の「PEST分析」は、Politics(政治)、Economy(経済)、Society(社会)、Technology(技術)の4つの頭文字をそれぞれ取って名付けられた外部環境分析をおこなう手法です。

PEST分析は、経営戦略の策定やマーケティングを行う際に利用します。PEST分析を行うと、中長期的に自社を取り巻く外部環境を把握かつ、幅広く洗い出すこと出来ます。

5の「SWOT分析」は、強み(Strength)、弱み(Weakness)、機会(Opportunity)、脅威(Threat)の4つの頭文字をそれぞれ取って名付けられ、自社の内部環境と外部環境を分析する手法です。

SWOT分析は、企業成長のための自社の商品開発、販売、マーケティングなどの戦略作りに活用する目的があります。SWOT分析を利用すると、内部環境と外部環境を把握出来るため、今後の企業戦略や事業課題を発見することが可能です。

基礎的なマーケティングの用語

マーケティングは簡単にいうと、消費者に価値を提供し、その対価として代金を受け取ることを意味します。

その中でもマーケティングを学ぶ上で覚えるべき基礎的用語が3つあります。

  1. セグメンテーション
  2. ターゲティング
  3. ポジショニング

上記の3つについてご紹介します。


1.セグメンテーション

セグメンテーションとは市場や顧客を、類似したニーズや性質を持つグループに分けた集団のことです。

グループ分け(セグメンテーション)をすることによって、万人受けの製品を作るのではなくて、製品の興味のある人に向けて質の高い製品を生産し販売出来ます。

セグメンテーションを行うことにより、ニーズに合ったマーケティング活動も出来ます。


2.ターゲティング

ターゲティングとは、セグメンテーションでグループに分けた集団から顧客層の標的を絞り込み、マーケティングを行うことです。

そのため、ターゲティングが失敗すると顧客の標的が明確ではないため、製品が売れない状況になります。

セグメンテーションを行った後にターゲティングを決めるため、セグメンテーションとターゲティングは常にセットと言えます。


3.ポジショニング

ポジショニングは、顧客に自社の製品やサービスが魅力的であるかを伝え、競合会社との優れた差別化を行うことです。

ポジショニングでは、顧客の目線に近づくことが重要とされています。顧客が求めていることを把握して、差別化を行わないと影響力のないものになります。

マーケティングの歴史とトレンドを理解しよう

この章では、マーケティングの歴史とトレンドについて順番にご紹介します。


マーケティング1.0

マーケティング1.0は「製品中心のマーケティング」です。(1960年代から1970年代)

需要が供給よりも多かったため、企業側がコスト削減や製造管理を行い、製品の大量生産・大量消費のすることが目的でした。そして、「製品の価格を下げれば売れる」環境であり、企業の方が消費者より優位な時代でした。

代表的なマーケティングの手法は、SWOT分析などが挙げられます。


マーケティング2.0

マーケティング2.0は「消費者中心のマーケティング」です。(1970年代から1980年代)

この時代は、大量生産・大量消費の影響で似たような製品が多く出回りました。そのため、製品の安さや利便性だけではなく、公害や安全性など、消費者のニーズを知ることが重要になりました。


代表的なマーケティングの手法は、STP分析などが挙げられます。


マーケティング3.0

マーケティング3.0は「価値中心のマーケティング」です。(1990年代から2000年代)

インターネットが登場したことにより、製品や製品を提供する会社の情報を誰でも見れるようになりました。そして、消費者はインターネットを利用して、製品だけでなく、製品の背景にも注目しました。

そのため、消費者のニーズを満たす「消費者中心」のマーケティングから、「価値中心のマーケティング」になったのです。


マーケティング4.0

マーケティング4.0は「自己実現のマーケティング」です。(2010年代から現在)

消費者は製品の価値だけでなく、精神的価値(自己実現)を感じるものを選ぶようになりました。マーケティング3.0のブランド管理がさらに重要になる時代です。

マーケティング4.0は、消費者への影響力が高い人物や顧客ニーズを満たすコンテンツを活用したコンテンツマーケティングなどが主流となっています。

マーケティングの歴史とトレンドを理解しよう

この章では、マーケティングの歴史とトレンドについて順番にご紹介します。


マーケティング1.0

マーケティング1.0は「製品中心のマーケティング」です。(1960年代から1970年代)

需要が供給よりも多かったため、企業側がコスト削減や製造管理を行い、製品の大量生産・大量消費のすることが目的でした。そして、「製品の価格を下げれば売れる」環境であり、企業の方が消費者より優位な時代でした。

代表的なマーケティングの手法は、SWOT分析などが挙げられます。


マーケティング2.0

マーケティング2.0は「消費者中心のマーケティング」です。(1970年代から1980年代)

この時代は、大量生産・大量消費の影響で似たような製品が多く出回りました。そのため、製品の安さや利便性だけではなく、公害や安全性など、消費者のニーズを知ることが重要になりました。


代表的なマーケティングの手法は、STP分析などが挙げられます。


マーケティング3.0

マーケティング3.0は「価値中心のマーケティング」です。(1990年代から2000年代)

インターネットが登場したことにより、製品や製品を提供する会社の情報を誰でも見れるようになりました。そして、消費者はインターネットを利用して、製品だけでなく、製品の背景にも注目しました。

そのため、消費者のニーズを満たす「消費者中心」のマーケティングから、「価値中心のマーケティング」になったのです。


マーケティング4.0

マーケティング4.0は「自己実現のマーケティング」です。(2010年代から現在)

消費者は製品の価値だけでなく、精神的価値(自己実現)を感じるものを選ぶようになりました。マーケティング3.0のブランド管理がさらに重要になる時代です。

マーケティング4.0は、消費者への影響力が高い人物や顧客ニーズを満たすコンテンツを活用したコンテンツマーケティングなどが主流となっています。

【実践編】マーケティング戦略を立ててみよう


マーケティング戦略とは

マーケティング戦略とは、マーケティングを通じて企業戦略の現状分析と市場志向型戦略の策定、評価、選抜を行い、 経営目標と販促方針に寄与する全ての基本的且つ長期的な活動のことです。(参考:wikipedia

見出し1で説明してきたマーケティングの手法は、マーケティング戦略により初めて機能します。


フレームワークを活用して戦略を作ろう

マーケティング戦略では、STP分析などのフレームワークを活用することで成功に近づきます。消費者のニーズを把握して、マーケティング戦略を実行しましょう。


マーケティング戦略の成功事例

マーケティング戦略で成功した事例をご紹介します。

「無印良品」は、「4P分析」を利用し、消費者の支持を得ています。

  1. Product(製品・サービス)
    →「素材の選択」「工程の点検」「包装の簡略化」の3つのコンセプトを重要視
     
  2. Place(立地・流通・販路)
    →直営・フランチャイズのみでなく、ネットショッピングも展開
     
  3. Promotion(販促・広告)
    →ソーシャルメディアとスマホアプリを活用

まず、1のProduct(製品・サービス)では、「素材の選択」「工程の点検」「包装の簡略化」の無印良品が当初から大切にしている3つのコンセプトを大切にし、開発を続けています。

2のPlace(立地・流通・販路)は、直営・フランチャイズのみでなく、「無印良品ネットストア」などでも商品を販売し流通の場所を増やしました。

3のPromotion(販促・広告)は、前述した3つのコンセプトを明確にし、twitter・Facebookなどのソーシャルメディアや、スマホアプリ「MUJI passport」での発信を行っています。特に「MUJI passport」は、顧客が商品を購入した時間や、感想を投稿する時間を把握することが可能なため、顧客満足度の向上になりました。

以上のマーケティング戦略を行ったことにより、無印良品は消費者の支持を獲得しています。


マーケティング戦略の失敗事例

マーケティング戦略の失敗事例としてコカ・コーラを例にご紹介します。これは、競合ブランドのペプシと対抗した際の話です。

ペプシは、コカ・コーラとペプシを飲み比べて美味しいと思う方を選ばせる企画を行い知名度をあげることに成功しました。

その後コカ・コーラは対抗するために、以前とは異なる味で最高品質の「New Coke」を販売します。しかし、消費者は味の変化を求めているのではなく、いつも飲んでいるコカ・コーラの味が好きだったため不評となり失敗に終わりました。

よって、消費者ニーズの把握が重要であることが分かります。


マーケティング戦略立案の手順とは

マーケティング戦略の手順は、

  1. 内部・外部環境分析
  2. 対象とする顧客を決める
  3. 提供する価値を定める
  4. 価値を提供する手段を定める

以上4つのステップで進みます。

  1. 内部・外部環境分析

    マーケティング戦略において最初にすべきことは、自社を知り、顧客や市場や競合企業について知ることです。
    市場の傾向はどのようになっているのか、顧客は何を求めるのかなど把握せずに、マーケティングはできません。質の高いマーケティング戦略には情報収集が必要です。
     
  2. 対象とする顧客を決める

    次に、ターゲットとなる顧客を定めます。ターゲットの業種や年齢、趣味など様々な軸から、どのように市場を細分化して成果を出せるかを定める必要があります。
     
  3. 提供する価値を定める

    ターゲットとなる顧客を設定したら、どのような価値を提供するかを定めます。自社の製品やサービスはターゲットとなる顧客にどのような価値を提供するのか、他社と比べて自社が提供する価値にはどのような強みがあるのか把握しておきましょう。
     
  4. 価値を提供する手段を定める

    どのような価値をどのようなターゲットに提供するかが定まったら、価値をどのように提供するかを設定します。いかに顧客に周知してもらえるか、利用してもらえるかを考えることはマーケティング戦略では肝心な部分です。

【実践編】マーケティング戦略を立ててみよう


マーケティング戦略とは

マーケティング戦略とは、マーケティングを通じて企業戦略の現状分析と市場志向型戦略の策定、評価、選抜を行い、 経営目標と販促方針に寄与する全ての基本的且つ長期的な活動のことです。(参考:wikipedia

見出し1で説明してきたマーケティングの手法は、マーケティング戦略により初めて機能します。


フレームワークを活用して戦略を作ろう

マーケティング戦略では、STP分析などのフレームワークを活用することで成功に近づきます。消費者のニーズを把握して、マーケティング戦略を実行しましょう。


マーケティング戦略の成功事例

マーケティング戦略で成功した事例をご紹介します。

「無印良品」は、「4P分析」を利用し、消費者の支持を得ています。

  1. Product(製品・サービス)
    →「素材の選択」「工程の点検」「包装の簡略化」の3つのコンセプトを重要視
     
  2. Place(立地・流通・販路)
    →直営・フランチャイズのみでなく、ネットショッピングも展開
     
  3. Promotion(販促・広告)
    →ソーシャルメディアとスマホアプリを活用

まず、1のProduct(製品・サービス)では、「素材の選択」「工程の点検」「包装の簡略化」の無印良品が当初から大切にしている3つのコンセプトを大切にし、開発を続けています。

2のPlace(立地・流通・販路)は、直営・フランチャイズのみでなく、「無印良品ネットストア」などでも商品を販売し流通の場所を増やしました。

3のPromotion(販促・広告)は、前述した3つのコンセプトを明確にし、twitter・Facebookなどのソーシャルメディアや、スマホアプリ「MUJI passport」での発信を行っています。特に「MUJI passport」は、顧客が商品を購入した時間や、感想を投稿する時間を把握することが可能なため、顧客満足度の向上になりました。

以上のマーケティング戦略を行ったことにより、無印良品は消費者の支持を獲得しています。


マーケティング戦略の失敗事例

マーケティング戦略の失敗事例としてコカ・コーラを例にご紹介します。これは、競合ブランドのペプシと対抗した際の話です。

ペプシは、コカ・コーラとペプシを飲み比べて美味しいと思う方を選ばせる企画を行い知名度をあげることに成功しました。

その後コカ・コーラは対抗するために、以前とは異なる味で最高品質の「New Coke」を販売します。しかし、消費者は味の変化を求めているのではなく、いつも飲んでいるコカ・コーラの味が好きだったため不評となり失敗に終わりました。

よって、消費者ニーズの把握が重要であることが分かります。


マーケティング戦略立案の手順とは

マーケティング戦略の手順は、

  1. 内部・外部環境分析
  2. 対象とする顧客を決める
  3. 提供する価値を定める
  4. 価値を提供する手段を定める

以上4つのステップで進みます。

  1. 内部・外部環境分析

    マーケティング戦略において最初にすべきことは、自社を知り、顧客や市場や競合企業について知ることです。
    市場の傾向はどのようになっているのか、顧客は何を求めるのかなど把握せずに、マーケティングはできません。質の高いマーケティング戦略には情報収集が必要です。
     
  2. 対象とする顧客を決める

    次に、ターゲットとなる顧客を定めます。ターゲットの業種や年齢、趣味など様々な軸から、どのように市場を細分化して成果を出せるかを定める必要があります。
     
  3. 提供する価値を定める

    ターゲットとなる顧客を設定したら、どのような価値を提供するかを定めます。自社の製品やサービスはターゲットとなる顧客にどのような価値を提供するのか、他社と比べて自社が提供する価値にはどのような強みがあるのか把握しておきましょう。
     
  4. 価値を提供する手段を定める

    どのような価値をどのようなターゲットに提供するかが定まったら、価値をどのように提供するかを設定します。いかに顧客に周知してもらえるか、利用してもらえるかを考えることはマーケティング戦略では肝心な部分です。

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回はマーケティングについてご紹介しました。

マーケティングでは、戦略的に考えることが重要であり、状況に応じた戦術を自在に組み合わせることがポイントになってきます。

ここまでお伝えしてきた通り、マーケティングとは「自社だけが利益を得るのではなく、顧客にも利益や価値を与える仕組み」のことです。

そのためには、商品開発から販売戦略の策定、広告や宣伝活動から効果の検証までの一連のプロセスを綿密に計画して、滞りなく実行していかなければなりません。

マーケティングの究極の目標は、消費者に広告や宣伝活動をしなくても、自然と買いたくなる状況を作り出すことです。

マーケティングの全体像を把握して、売れる仕組みを構築できるビジネスパーソンへと成長してください。

本記事の初回公開日は2018年05月14日です。

この記事に関連する転職相談

新しいアプリを発表するのにどんなフォーラムを開くと良いと思いますか?

新しいアプリの開発もしているIT系の会社に努めております、PMです。 サービスのローンチに伴い、マーケティング分野においても関わっていかないといけないのですが、 どんな感じのフォーラムを開こう...

マーケティング企画職に転職するにはどんなスキルがあるといいですか

マーケティング関連の仕事をしたいと考えています。 現職では、企画営業に携わっていて、マーケティング分析等も担当しています。 企画営業ではなく、マーケティング関連の仕事に部署異動をした...

マーケティングから事務職に転職することは可能でしょうか?

30代からの職探し。 お付き合いしてる方との結婚話が出たので、結婚後のキャリア形成を考え忙しい前職(マーケティング)から妊娠・出産後も復帰しやすい事務職に職種変更の選択をしました。 ...

公認会計士を挫折し、メーカーの企画・マーケティング職に就きたいと考えています。これは面接官から不審がられますか?

公認会計士を挫折し、休学留年して民間就活に切り替えた者です。 進路について再考した結果、メーカーの企画・マーケティング職に就きたいと考えています。これは面接官から不審がられますか…?やっぱり経...

ウェブマーケティングをするため転職したい私に必要なこととは?

ベンチャー企業でディレクターとして働く3年目のです。 最近ウェブマーケの重要性に気づき、非常に興味があります。 ネットの記事や本を読んで勉強するにつれ、実戦で使いたいという気持ちが強くなって...

マーケティングしていく上で何が1番重要なことでしょうか?

マーケティングの部署に来月異動することになりました。そこで私がこの職種未経験ということも有り、みなさんにマーケターとしての心がまえや気をつけなければいけないことは何ですか?

モンスト(mixi)の宣伝マーケティング部の社風はどんな感じですか?

モンストの宣伝マーケティング関連の部署への転職を考えているのですか、事業部の雰囲気や年齢等はどのような感じでしょうか?業種的に人の回転が早いかと思っており、長く働けるかどうかも気になっています。

アフリカの市場が飽和した後、次はどこの市場が狙われると思いますか?

アフリカの市場がすでに、各国にかなり掌握サれてきていると聞きますが アフリカの市場が飽和しきってしまったら、もう狙える地域はないですよね? やはり、アフリカの次は宇宙なのでしょうか? そしてそ...

P&Gのマーケティング部門はどこから転職する方が多いですか?

P&Gのマーケティング部門に転職を考えています。 マーケティングの部門で働いている人はどのようなバックグラウンドを持っていますか? やはり戦略コンサル出身や大手広告代理店出身が多いの...

アマゾンジャパンでマーケティングの部署で働く方の年収はどれぐらいでしょうか?

某マーケティング支援会社で働くものです。 30歳を目前に転職を考えています。 理由は給与のアップです今後のキャリアをより豊かなものにするために経験を積みたいということです。 現在、転職エー...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す