【契約社員の期間】無期限労働契約や最短日数をわかりやすくご紹介

【契約社員の期間】無期限労働契約や最短日数をわかりやすくご紹介

契約社員の期間について知りたい方も多いのではないでしょうか。そこでこの記事では、契約社員の最短契約日数や、「5年ルール」と言われる無期限労働契約について解説します。また、契約社員のメリット・デメリットや、実際の口コミも紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

441

契約社員の期間とは

契約社員の期間の長さは、どれくらいなのでしょうか。

ここでは、契約社員の定義や、期間の長さについて紹介します。


契約社員の定義

契約社員とは、「雇用期限がある直接雇用契約」を民間企業に対して結んだ労働者のことです。

そのため、働く期間があらかじめ決められているのが特徴でしょう。

このような期間の定めのある労働契約は、労働者と使用者の合意により契約期間を定めたものとなります。

もちろん、契約期間の満了によって労働契約は、自動的に終了します。


契約期間は企業によって異なる

では、雇用期限はどのように決まるのでしょうか。

契約期間は、それぞれの企業の契約次第で変わります。

継続性はあるものの、基本的に1回あたりの契約では3ヶ月間ないし半年もしくは1年程の有期契約となります。

しかし、企業によってさまざまであり、日数に決まりはありません。

そのため、最短1日の契約期間も可能となります。

他にも更新の回数に関して上限はありませんが、不要に短い期間での契約を行い、何度も契約させるのは労働契約法で避けられています。

参照:労働契約法 第十七条 第2項


契約社員の期間満了

契約期間が終わり、契約していた会社から更新の話がなければ自動的に退職となります。

また、契約社員の期間満了における退職の場合は、基本的に退職届を提出する必要はありません。

なぜなら、契約時点もしくは契約更新時に契約満了日が決められていて、その日がくれば自動的に契約が解除されることになっているためです。


契約社員でも再就職手当はもらえる

契約期間が満了となり退職になった場合、次の仕事を探す人も多いのではないでしょうか。

雇用形態がいかなるものでも、給付条件を全て満たしていれば再就職手当の給付を受けることは可能です。

契約社員は有期雇用ではありますが、1年を超える長期雇用が見込まれていれば、給付条件の雇用期間の条件を満たすことになります。

【5年ルール】無期限労働契約が2013年にスタート

契約社員の期間について紹介してきましたが、2013年4月に「無期限労働契約」という労働契約法の改正がありました。

この「無期限労働契約」によって、契約社員のあり方にも変化が訪れています。


5年ルールにより無期限契約が可能に

同じ企業で5年以上の労働契約が更新された場合、申し込みを行えば期限なしで同じ企業に勤めることができるようになります。

そのため5年以上働いていたとしても、その間に複数の使用者と契約していた場合には、この条件を満たしません。

なお、「契約社員」という名前ではありますが、契約期間がなくなるため「無期の契約社員」です。

正社員になるというわけではないことを覚えておいてください。

契約社員であるにも関わらず、期間が設けられない無期契約は仕事の安定性という意味ではメリットの大きい変化でしょう。


無期限契約には申し込みが必須

同じ企業で契約更新が5年以上繰り返されたとしても、自動で無期限契約になるわけではありません。

自分から申し込みを行う必要があります。

また、申し込みをされた企業は拒否ができません。


雇い止めに注意

契約社員が無期労働契約となった場合には、経営が変わってくるなど会社にとって不都合なことが発生します。

そのため、無期労働契約に転換する前にクビにしてしまう会社も出てきているようです。

これは派遣切りの一種である「雇い止め」となります。

雇い止めとなると、契約の更新は不可能となり、「無期限労働契約」も結べません。

ではここで、JobQに投稿されたQ&Aを見てみましょう。
 

無期限雇用の契約社員ってどんな感じなのでしょうか?

正社員の求人で応募し面接をした会社から電話があり、

無期雇用の契約社員でどうか?と聞かれたのですが、無期雇用の契約社員ってどんな感じなのでしょうか?

無期限でもいざとなれば首を切れるので他を探しましょう。

正社員希望なのに契約社員にすることはあなたを低く見てますので入っても良いことはないですよ


とのことでした。

無期限契約は、同じ企業で5年以上契約が更新された場合に使えるため、ある程度会社のことを知った上での申請となります。

最初から無期限の契約社員での就職は、リスクが生じるでしょう。

契約社員のメリット

契約社員として働くメリットは、以下の3つです。

  1. 正社員と同等の給与がもらえる
  2. さまざまな職種に挑戦できる
  3. 正社員登用の可能性がある

順番に確認していきましょう。


1.正社員と同等の給与がもらえる

契約社員の場合、正社員と同じように働くことが多いため、給与もパートと比較すると多くもらえます。

勤務時間や、勤務日数に関しても正社員と同じ環境であることが多いです。

そのため、契約社員は正社員同等の給与がもらえます。


2.さまざまな職種に挑戦できる

契約社員は、契約期間が決まっているため更新を行わなければ期間終了とともに退職です。

期間が終了のタイミングで、今までと異なる業界や職種に挑戦することも可能でしょう。

特にやりたいことが明確になっていないという方には、契約社員としての働き方にも魅力があるといえます。


3.正社員登用の可能性がある

契約社員として勤務し、働きぶりや業績によって正社員登用を行う企業もあります。

まずは契約社員として入社し、正社員を目指すのもいいでしょう。

しかし、企業によっては正社員登用を行なっていないこともあるため、注意してください。

ここで、JobQに投稿されたQ&Aを見てみましょう。
 

20代半ばで契約社員として働くことをどう思いますか?

20代半ば女、転職活動中で先日内定をもらいました。

簡潔に言えば、そこに契約社員で勤めるか、今のまま正社員で仕事を続ける(続けながら転職活動も継続する)か迷っています。

新卒で入った会社がいわゆるブラックで、1年続けましたが入社当時100人近く居た同期が退職時にはほぼいませんでした。

その後大学で学んだ事に関係する会社へ転職。

ここも1年続けたところで会社の経営が傾き、周りが解雇され始め、このまま続ける事に不安を感じ退職。

同業他社の現在務めているところへ転職しました。

ここも今勤続1年半くらいですが、離職率が半端なく直属だった上司も辞めてしまいました。

その後任の上司と考え方が全く合わず、また会社も働く人の事を駒としか思っておらず、業務内容的にもこのまま続けても自分にとってプラスでは無いと感じています。

異動も考え、上に伝えましたが今異動するなら地方の支社しかないと言われてしまいました。

転職活動を始め、ある出版社の法務職で内定をもらいました。

業務内容的にとてもやりたい事で魅力的ですが、一番ネックなのが契約社員での雇用になるということです。

正社員登用制度自体はあるみたいなのですが、皆さん平均でどれくらいで正社員になるのか等を聞いても、

人によって違うから…と具体的にどれくらいでというのが分かりません。

正社員登用を目指して入ったはいいけどいつまで経っても正社員になれない、というのが怖いなというのが正直なところです。

また、年齢に対して転職回数が多いので次勤めるところは絶対長く勤めたいと思っています。

法務職があまり募集がない反面、一人暮らしなこともあり正社員で探し直すのがいいのか、とても悩んでいます。

皆さんならどうするか、もしくは何か経験談などあれば教えていただきたいです。

なかなか求人が無い法務職で、とてもやりたい業務内容なのであれば、契約社員でも入社した方が良いと思います。

ただ、正社員登用の実績や条件は確認しておいた方が良いですね。

私自身、法務ではないですが、20代後半に未経験職に契約社員で入社しました。

当時は「やりたい仕事ができるなら、正社員でなくても良い!」という気持ちでした。

結果、職種とも在籍している会社とも相性が良く、2年目に正社員登用となりました。

会社から正社員登用後の仕事内容に条件を出されましたので、しばらくはそれなりにキツかったですが、

慣れてきた今では、勉強やスキルアップをどんどんして、色々な面での評価を上げていこうとしているところです。

給与面では、契約社員でも1人で暮らしていくには充分な額でした。

充分かどうかは、個人ごとに異なるのでなんとも判断しづらいですが.......

強いていえば、時給制だったため、月ごとの休日の数に左右される分少し不安定でした。

未経験ではまず求人が無い職種で、まだ20代である場合、契約社員として経験を積むのもひとつの手です。

あとは、努力と自分の魅せ方次第だったりします。


とのことでした。

今まで正社員だったのに、契約社員で採用されることに不安を持つのは当然でしょう。

しかし、実際2年目で正社員登用されている方もいます。

また、20代であれば契約社員として経験を積むのも良い考えなのではないでしょうか。

契約社員のデメリット

次に、契約社員のデメリットを見ていきましょう。

契約社員のデメリットは、以下の3つです。

  1. 労働時間が縛られる
  2. 契約満了まで出世できない
  3. ボーナスや退職金がない

順番に確認していきましょう。


1.労働時間が縛られる

労働時間は正社員と同じフルタイムの場合が多く、家事や育児の合間で勤めるのは難しい雇用形態となります。

そのため労働時間を自由に選択するのは、不可能でしょう。

しかし労働時間が縛られているのは、正社員と同等の給与がもらえるメリットとつながっていきます。


2.契約満了まで出世できない

企業側が契約更新を打診した場合、評価が見直され、出世することもあります。

しかし期間が決められている雇用形態のため、企業側も大きな責任を任せづらく、出世する可能性が低いでしょう。

出世したい場合は契約満了に伴い、転職も検討してみるのもいいのではないでしょうか。


3.ボーナスや退職金がない

企業によって異なりますが、もらえるボーナスや退職金は正社員に比べて少なく、もしくは出ない企業もあるでしょう。

長期的にみると、正社員と比べた場合の契約社員の年収は少なくなってしまいます。

ここでもJobQに投稿されたQ&Aを見ていきましょう。
 

新卒で契約社員になることのメリット・デメリットを教えてください。

人材業界で仕事をしています。

簡単にではありますがメリット、デメリットを回答いたしますので参考にしてください。

・メリット

業務内容は使用人との話し合いをベースに契約社員の意思によって決定します。

転勤はありませんし、契約の内容次第では残業なしで仕事をすることが可能です。

(新卒であればきついかと思いますが、特出すべきスキルがあれば正社員よりも高い給料をもらうことも可能です。)

・デメリット

基本的には給料が低いケースがほとんどです。

ボーナスや退職金などの制度はありません。

また、業績が悪化した場合、解雇されやすい傾向にあります。

契約期間を超えた場合、期間延長や正社員としての採用といったケースはありますがごく稀なため生活が不安定になりがちです。


とのことでした。

業績が悪化した場合に、解雇される可能性が高いのはリスクがあると言えます。

給与はボーナスに関しては、企業によって異なるため募集要項をしっかり確認しましょう。

【口コミ】正社員採用なのに試用期間が契約社員なのは違法?

試用期間が「契約社員」と記載されている企業も多くあります。

ここでは、正社員採用と契約社員の関係について、JobQに投稿されたQ&Aを元にみていきましょう。
 

正社員として内定を貰ったのに試用期間が契約社員扱いなのは違法ですよね?

紹介予定派遣で正社員化の会社に勤務し、6ヶ月後試用期間として契約社員で働いて貰いますと言われましたが、

これは違法にあたりますか?

違法かどうかで言うと、違法ではないです。

というか割とあります。

その期間でじっくりあなたを見極め、会社に合わないと判断されたらクビにしやすくするためです。

嫌だったり自信ないなら内定辞退するべき。


さらにこのような回答もありました。
 

小さな会社を経営してます。

私の会社でも最初の3ヶ月間は契約社員扱いで、その後に正社員に切り替えてます。

これ自体は割とよくある話なので、違法というわけではないです。

会社というのは雇用する上で、様々な事務手続きを行っています。

契約社員扱いとするほうが事務手続きが分かりやすいからという理由も大きいです。

他の方がおっしゃられるように、どういう契約になっているか次第だと思います。

ただ、このような質問を出して鼻から違法と言ってしまうことは、無意識的に「会社=悪」という印象を持たれているのでは無いでしょうか?

会社と従業員は対立するものではなく、みんなが1つのチームとして協力して会社を築いていくものです。

会社と対立する意識でいると、今後仕事で出てくる様々な問題も、自分の問題として考えず、ただ会社に責任転嫁してしまうようになります。

会社から与えてもらうという意識のアダルトチルドレンにはならないでください。

最近、ネットの影響を受けてか、そういう間違った方向の耳年増になってる人がかなり多いですので、

そこんとこは気をつけたほうが良いと思います。


とのことでした。

最初に契約社員として働き、その後に正社員登用を行なっている企業も多くあります。

また、試用期間を契約社員として採用するのは違法ではなく、「会社」と「内定者」それぞれお互いのために行なっているのではないでしょうか。

契約社員が期間よりも重視すべきこと

今後の契約社員は期間以上に、「将来のビジョン」「契約社員として働く目的」について冷静分析する必要があります。

今後は契約社員の競争率が高まり、現在のようなメリットが得られなく可能性も高まります。

今のうちに契約社員として働き方を客観的に観察しましょう。
 

将来のビジョン

契約社員として働くいているなかで将来に繋がるようなビジョンがない場合には、一度人生を俯瞰してみることをおすすめします。

仮に運良く期間が決められていない契約社員として登用されたとしても、自分が生き生きと働いているイメージがない場合は、モチベーションが保てない状況に陥ってしまう可能性が高まります。

期間が決められていたことである程度のモチベーションを維持できていた方も、5年以上の契約社員としての実績が認められた瞬間にその必要性が見失ってしまうかもしれません。

そのような状況も加味しながら、本当に期間が決められていない契約社員としての登用にメリットがあるかを見定めておきましょう。
 

契約社員として働く目的

契約社員として会社の期待に応えている方こそ、契約社員という働き方を選んだ理由を明確にしておきましょう。

おそらく期間が決められているという状況でも、「勤めたい会社がある」「やりたい仕事がある」などの理由があって、契約社員という働き方をチョイスしているはずです。

そのような方々にとっては、安定した仕事は決してメリットとはいえないでしょう。

もちろん、将来を加味した場合に無難な決断として選択することもひとつです。

しかしやりたいことがある場合には、理想を追い求める理由がなくなることも意味してします。

今一度、「契約社員」という働き方を選択した理由を明確にしてみてください。

無期契約という安定した仕事に隠されたデメリットも加味して、後悔のない選択を行いましょう。

まとめ

今回は、契約社員の期間について紹介しました。

明確な期間が決められている契約社員も実績に応じて、より早くその処遇が決められるようになるでしょう。

やりたいことがあって契約社員という働き方を選んだ方は、安定した仕事を得られるというメリットがあります。

しかし、やりがいやモチベーションを見失ってしまう可能性というデメリットも隠されています。

後悔しないためにも、期間が決められている契約社員だからできることに、今一度目を向けてみましょう。

第二新卒やフリーターの就活に強いサービス

おすすめの就職・転職支援サービス

エージェント名 対象
第二新卒エージェントneo スピーディーに内定を取りたい方
ハタラクティブ 未経験で転職を成功させたい方
DYM就職 正社員就職率96%
JAIC 職歴なしでも内定率81%
ネットビジョンアカデミー 無料でITエンジニアを目指せる


以上の就職支援エージェントを利用することがおすすめです!

公式HPはこちら
・第二新卒エージェントneo:
 https://www.daini-agent.jp/
・ハタラクティブ:
 https://hataractive.jp
・DYM就職:
 https://talk.dshu.jp
・JAIC:
 https://www.jaic-college.jp

・ネットビジョンアカデミー:
 https://www.netvisionacademy.com

この記事は役に立ちましたか?

この記事に関連する転職相談

正社員として内定を貰ったのに試用期間が契約社員扱いなのは違法ですよね?

紹介予定派遣で正社員化の会社に勤務し、6ヶ月後試用期間として契約社員で働いて貰いますと言われましだが、これは違法にあたりますか?

大手の契約社員と中小の正社員ならどちらが良いと思いますか?

転職活動中です まだ内定もらったわけじゃないですが、自分の中での整理と参考までに…。 ①A社・未経験業界大手/契約社員 面接の話では約1年で嘱託、3年で正社員になれる可能性があるとの...

正社員登用される確率を契約社員の面接で聞くべきでしょうか?

契約社員というのが怖くて、正社員がいいですが 明日面接する会社がちゃんと見たら契約社員の募集だと気付きました… 仕事内容などドンピシャで契約社員のみが嫌なのですが、面接とかで正社員に...

コロナの中で転職は厳しいですか?活動を始めた方がいいでしょうか?

コロナ禍での転職のタイミングに迷っています。27才・事務職(契約社員3年目)です。1社目では広告系の会社でWebライター、2社目(現職)では事務職をしています。契約社員として働いて今3年経ちまし...

仕事と子育てを両立しながらできる仕事はどういうものがありますか?

現在子供が小さく、預け先がない状態です。 二年後には幼稚園に行くので、その辺りからパート等、短時間で働きたいと考えています。 子供がある程度大きくなったらフルタイムや契約社員、正社員...

20代半ばで契約社員として働くことをどう思いますか?

20代半ば女、転職活動中で先日内定をもらいました。簡潔に言えば、そこに契約社員で勤めるか今のまま正社員で仕事を続ける(続けながら転職活動も継続する)か迷っています。 新卒で入った会社がいわ...

正社員より契約社員の給与が高くても転職はやめるべき?

現在転職活動中の37歳です。 正社員と契約社員の二つの雇用形態を打診されています。 違いとしては ・正社員のみ退職金がある ・正社員は家族手当、住宅手当あり ・正社員のみボーナスが...

勤怠を間違っただけで派遣先から契約打ち切りになることはあるのですか?

最近派遣として働き始め、現在テレワーク中です。 残業申請のミスによる契約打ち切りについて教えてください。 現在オンライン申請で勤怠管理をしているのですが、派遣会社から「私が残業に必要な事...

今年入社した会社の有給制度が違反かどうか教えてください

今年入った会社の有給について疑問があります。 会社の指定有給日が、契約上休みの土曜日なのですが、これは法律違反では無いのでしょうか? 雇用形態は、契約社員で、勤務日は平日月〜金で土日...

システムエンジニア(契約社員)の将来性について教えてください

お付き合いしている36歳の彼がシステムエンジニアをしていますが、 正社員ではなく契約社員だということがわかりました。 いい歳にも関わらず契約社員であることに愕然としたのですが、 30歳...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す