【アクセンチュアの評判】良い?悪い?社員の口コミも一緒にご紹介

転職や就職先企業の評判は誰もが気になる点ではないでしょうか。年収や福利厚生、人事制度、ワークライフバランス、女性の働きやすさなどの評判を事前に知っておくことは、転職や就職後のミスマッチ防止に繋がります。当記事ではアクセンチュアの転職や就職に有益な情報を、社員のリアルな口コミを交えながら紹介します。

アクセンチュアとはどんな会社?

アクセンチュアの会社概要

会社名 アクセンチュア 株式会社
住所 東京都港区赤坂1-8-1
赤坂インターシティAIR
設立 1995年12月


アクセンチュアは、総合コンサルティングファームです

アイルランドに本拠地を置く企業で、世界52カ国、約46万人の社員を持ち、日本法人は北海道から熊本までで約1万人の社員がいます。

主軸となる業務は経営・ITコンサルティングで、特定の領域に特化した担当が既存ビジネスの生産性の向上や新事業・マーケットの創出を行っています。

※参考:
アクセンチュア 会社概要

アクセンチュアの年収口コミ評判

転職や就職する際、年収は生活基盤となるため、まず始めに確認する点ではないでしょうか。

ここでは、アクセンチュアの年収について紹介します。

アクセンチュアはアメリカで創業した外資系企業の日本法人ですので、有価証券報告書のように公開されている年収情報はありません。

そこで、採用情報から、アクセンチュアの想定年収を確認してみました。

アクセンチュア社員の想定年収

職種 想定年収
【業務ITコンサル】
CRM領域コンサルタント
インフラコンサルタント
650万円~1,000万円(残業手当:有)
【AOコンサル】
インフラアウト
ソーシングコンサルタント
【ITOコンサル】
アプリケーション系
アウトソーシングコンサルタント
366万円~700万円(残業手当:有)


アクセンチュアの想定年収は職種ごとに異なり、366万円~1000万円と幅があることがわかりました。

なお、国税庁の調査では正規雇用者の平均年収は約440万円ですので、アクセンチュアの想定年収は職種により差はあるものの、高い水準であることが確認できました。

※参考:

国税庁 2019年民間給与実態統計調査
アクセンチュア 採用情報 doda

アクセンチュア社員の手取り

続いて、アクセンチュアの手取りを確認します。

業務ITコンサルの想定年収650万円~の場合、おおよその手取りから引かれる税金は下記の通りとなります。

  • 健康保険料:36.9万円
  • 厚生年金保険:58.1万円
  • 雇用保険料:1.9万円
  • 所得税:23.9万円
  • 住民税:33.8万円

よって、平均年間給与(手取り)は下記の通りとなります。

手取り 平均年間給与(額面9
約495万円 650万円

※独身(配偶者、扶養親族なし)、介護保険第2号被保険者、基礎控除という条件で算出。
※法人の代表者は雇用保険料0円。
※健康保険料・厚生年金料は東京都基準。
※住民税は6月から去年の所得で税額が徴収。実際の手取り金額とは異なる。
※社会保険料は本来、決定された報酬月額を用いて算出する。


JobQにアクセンチュアの年収に関する質問と回答がありましたので、見てみましょう。

アクセンチュアにこの経歴で中途入社したらどのくらいの年収になりますか?

アクセンチュアに中途入社した際、以下のような条件ですと年俸はどれくらいになる、または交渉可能だと考えられますでしょうか?
digitalの、11段階?ある中の下から4つ目のクラス(マネジャーの一つ下)からの所属になると聞かされています。

・前職:メーカー系SIer
・前職収入:650万
・前職役職:なし
・転職経緯:AC社員からの紹介

アソシエイトマネージャー、という残業代が付けられる最後の役職ですね。

おそらくベースは650~750万円ぐらいで、残業代入れると800~900万円ぐらいは行くかと思います。

おそらく残業代込みで800から850でしょう。

アクセンチュアの方は30前後で年収が1000万円を超えると聞いたのですが本当ですか?

コンサルへの転職を希望しており、アクセンチュアも候補として考えております。

1点、年収につきましてお話を伺いたく投稿いたしました。

アクセンチュアの方は30前後で年収が1000万円を超えると聞いたのですが本当ですか?

アクセンチュアで30過ぎまで働いていたものです。

現在は事業会社に転職しております。

30歳の時点で役職をもらっており、それもあって年収は1000万円弱の年収をいただいていました。

正確にはわかりませんが役職についていない方は700万円〜800万円くらいなんじゃないかと思います。

もちろん年収も大切ですが、どうしてアクセンチュアで働きたいのか、コンサルティングファームで働きたいのかを大事にされるのが良いかと思います。


アクセンチュアでは実力や役職次第で年収が変わることがわかりました。

さらに、アクセンチュアの社員の方から年収に関する口コミ体験談をいただけましたので、ご紹介致します。


アクセンチュアの職種別年収に関する口コミ体験談

基本的には職位が上がると給料がどばっと上がる給与体系になっている。

マネージャー未満は残業代がでるがどこまでつけられるかは、プロジェクト次第。

各職位は3年に一回昇進し、人によっては1年早く昇進することもあり。

また各職位には在籍可能期間が定められており、だいたいシニアマネージャー未満は4年で昇進できないと会社に居られなくなる(実質的なクビになる)。

戦略とその他では、戦略の方が高く職位1段階くらい異なるぐらいのイメージ!

・アナリスト:700~800
・コンサルタント:1,200~1,300
・マネージャー:1,650~
・シニアマネージャー:2,200~
・マネジングディレクター:3,000~青天井

2014年に入社以来、戦略の給与体系は他の戦略ファームに近づけるべく毎年上がっており今後も上がっていく可能性あり(情報は2019年12月時点)。

マネージャー以下は実体験、シニアマネージャー以上は伝聞推定。

アクセンチュアの年収について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

アクセンチュアはブラック?激務?

JobQのQ&Aにアクセンチュアは激務などの評判がありましたので、見てみましょう。

アクセンチュアって、激務って聞くんですが、どの職種が特に激務でしょうか?

アクセンチュアの採用の広告を最近よく見るのですが、アクセンチュアって激務ってききます。

採用サイトみてみると、戦略コンサルタント・テクノロジーコンサルタント・ビジネスコンサルタントと3つ職種があるようですが、特にどの職種は激務だとかあれば教えてほしいです。

アクセンチュアで働いています。

他のファームで働いている友人も何人かいます。

激務と聞くとのことですが、アクセンチュアに限らずコンサルティング会社はどこも忙しいです。

入るプロジェクトによっては地方に行く、海外出張に行く、などは普通です。

ただ、忙しい分ビジネスパーソンとしての成長はできますし報酬も高いです。

ひとつ目安としては、新卒で入社してマネージャークラスまでいけば年俸で1000万円近くはもらえます。

コンサルティングにはテーマがいろいろあって、
・新しいITを導入したいんだけどうちの社員はそういうのに詳しくない
⇒ITコンサルティング

だったり、

・事業戦略をどういう風に立てたらいいかわからない
⇒「戦略コンサルティング」「ビジネスコンサルティング」
※戦略コンサルティングはビジネスコンサルティングよりも扱う時間軸が長いようなイメージ

だったりするわけです。

どこの職種もプロジェクトによっては変わりますがすべて忙しいです。

なので、どのような課題解決をしたいか?とか、どれが自分の強みを活かせるか?を考えると良いと思います。

アクセンチュアの元社員です。

私はテクノロジーコンサルタントとして仕事をしていました。

激務かどうかはプロジェクトによって異なります。

が、基本的には仕事時間が長いと思ってもらって問題ないと思います。

また、プロジェクトとプロジェクトの間には1ヶ月程度の長期休暇を取ることも可能です。

この会社で働く上で、重要なことは自分の意思を強くもちしっかりと発信することです。

そうでなければ機会も成長もありません。

アクセンチュアの評判は?離職率が高い?

ここでは、アクセンチュアの評判や、離職率に関するQ&Aが寄せられましたので、ご紹介致します。

アクセンチュアという企業の評判について教えてください

アクセンチュアは企業的にどのような評価や評判を受けている企業なのでしょうか?

外資系で、非常に有名な企業ということだけは知っているのですが、どれほど評価をされているのでしょうか?

また転職活動時に、アクセンチュアの社員は評判がいいから転職しやすかったなどといったエピソードなども聞きたいです、よろしくお願いします

企業への人材定着率はそこまで高くないと企業だなと思っています。

ただ最近の話で言うと社内制度も整備されてきていることもあり、多少離職率は下がってきていると話を聞きました。

その上で、アクセンチュアは市場のニーズに合わせて組織を変えて行く必要がある。

顧客の増加は今後も期待できるでしょう。

なので、評判はかなりいいということが言わずともわかりますね。

転職市場でも、アクセンチュアという企業の採用ブランドは確固たる地位を確率していますので、各企業の人事からも相当な評価評判を受けていることがわかります。

アクセンチュアは離職率が高く、評判が悪いのは何故でしょうか?

転職エージェントからアクセンチュアへの転職を勧められています。

ネットでアクセンチュアに関する評判を確認しているのですが、離職率が高いなどと、余りいい評判がありませんでした。

実際に、アクセンチュアで働いている方や働いたことがある方に話を伺いたいのですが、アクセンチュアは何故評判が悪いのでしょうか。

評判が悪いのは

1)外資系カルチャーを意識すぎる社員
2)コンサルである事を意識すぎる社員

が多少目立つからです。勘違いして横文字を使いたがる何もできない社員が多いことも事実です。

例えば、社内では直ぐに「アイツは優秀だよ。スマートだよ。」と言いたがる輩がいます。

それは自分も優秀であるといって欲しい意図があるかもしれませんが大概大した事ないです。

優秀というのは単なるコマ、マネジメント、経営者、オーナーで視点が違いますよね。

大抵の場合は単なるコマが言っているコマからの視点で「コマとして使える」意味なので、レベルが低い話です。

なので聞き流して下さい。そもそも人の資質を判断できる基準さえ、そんなに大した事ないレベルです。

そして、コンサルのジュニアレベルは定性評価だけですので、女の子は上司と寝れば良いし、ゴマすれば評価されるので心配しなくて良いです。

一方で、社風は自由闊達なのでその点は非常に良いと考えます。出身社員が会社を興して最近は上場している事も多いです。

コレは中々得意なカルチャーで他社を圧倒して素晴らしいと感じます。

色々、過激な発言をしましたが、要はデキル風に見せかける人間が多いので印象を悪くしているが、そんな下らない奴にビビらず且つ相手にしない。

一方で会社自体のカルチャーはアントレプレナー精神に溢れていて、その点はリクルート以外に無二に近い筈。

意欲を持って働いて独立するには素晴らしい会社だと認識してます。


このような回答をいただきました。

転職や就職を検討している方はぜひ参考にしてください。

アクセンチュアの福利厚生と待遇口コミ評判

福利厚生の充実度は誰もが気になるポイントではないでしょうか。

ここでは、アクセンチュアにどのような福利厚生が用意されているのか確認していきましょう。


アクセンチュアの福利厚生一覧

  • 健康保険・ポイント制度
  • 厚生年金保険
  • 雇用保険
  • 労災保険
  • 退職金制度
  • 確定拠出年金制度
  • 出張
  • クリスマスパーティ
  • 各種法人会員及び契約施設
  • ホテル利用制度
  • カフェテリアプラン
  • ESPP(従業員株式購入プラン)
  • カウンセリング支援
  • ベビーシッター補助制度(月上限2万)
  • クラブ活動


アクセンチュアの手当一覧

  • 通勤手当(通勤費実費支給)
  • 住居手当(世帯主年間36万円、他年間12万円)
  • 時間外勤務手当
  • 深夜勤務手当
  • 出張手当


アクセンチュアの休暇・働き方一覧

  • 年次有給休暇
  • 私傷病休暇(試用期間終了後から)
  • 結婚・出産・忌引休暇
  • リフレッシュ休暇
  • ボランティア休暇
  • 有給傷病休暇(年間160時間まで)
  • 有給母体保護休暇
  • 育児時短勤務(子が満12歳まで)
  • フレックス制度
  • 在宅勤務制度

※参考:アクセンチュア 福利厚生

JobQにアクセンチュアの福利厚生に関するQ&Aがありましたので、見ていきましょう。

アクセンチュアの福利厚生はどういった制度がありますか?

アクセンチュアへの転職を検討しています。年齢は26歳です。

面接もすすみ、次で最終面接なのですが…。

アクセンチュアの福利厚生はどういった制度があるのか気になり質問してみることにしました。

聞いた所、女性でも働きやすいようにワークライフバランスを整える制度や健康診断系の福利厚生制度が整っていることを聞きました。

その他、アクセンチュアはどういった福利厚生の制度が整っているのでしょうか?

アクセンチュア社員です。

福利厚生でいいところと言えば…

カフェテリアプランが充実しているところにあるかなと思います。

これを利用してレジャー施設等を使用することができるので、おすすめです。

他にも、自社株購入制度があります。

正直、日本企業と比較すると良いとは言えないと思いますが、十分な収入を頂くことが出来る企業であります。

次に、JobQのQ&Aにアクセンチュアの福利厚生に関する口コミ評判がありましたので、見ていきましょう。


アクセンチュアの福利厚生に関する口コミ評判

意外と他社には知られていないが、アンダーセンの頃からの名残りか公認会計士年金に加入しており、監査法人からの転職者は同年金を継続できる。

厚生年金の上の三階部分があるのは大きいし、Big4でもコンサル会社は加入してない場合が多いからおどろいた

アクセンチュアの住宅手当に関する口コミ評判

■福利厚生
・住宅補助あり
・交通費全額支給
・健康保険ポイント制度があり、年数万円分のポイントが貰える
・傷病休暇が有給とは別にある

福利厚生は、競合他社より優れている印象

■社内制度
・社内異動制度

受け入れ先部署から欲しいと思われる存在であれば、部署を行き来可能。

アクセンチュアの福利厚生に関して詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

アクセンチュアの人事制度・教育制度口コミ評判

アクセンチュアの教育制度は一般企業とは規模が違います。

アクセンチュアでは社員一人ひとりが能動的に研修(トレーニング)に取組み、成長しています。

  • 集合研修:約7300コース
  • PC/Webベース:約15700コース
  • 国内/海外研修
  • 各種ベンダー提供トレーニング
  • 英語を中心とした語学研修

なお、人事については「キャリアカウンセラー制度」と言って、プロジェクトとは無関係な社員が社員1人にひとりついて、アドバイザーとあわせて評価をします。

これは、社員のキャリア希望を確認し、キャリア構築をサポートするためです。

※参考:

アクセンチュア 研修とスキルアップ
アクセンチュア 採用情報 doda
アクセンチュア 採用情報 リクナビ

アクセンチュアの人事評価に関する回答がJobQのQ&Aにありましたので、確認していきましょう。

アクセンチュアで新人が評価されるにはどんな姿勢や行動が求められますか?

アクセンチュアのコンサルタントの方にお伺いします。

1、業務コンサルタント(ERPパッケージ導入やBPO?)は、今ある技術がどんどん陳腐化していくと思いますが、仕事をしながら、ちゃんとキャッチアップし続けて行けるのか正直、不安です。年次が高い方のキャリアステップ例などを教えて下さい。

2、新入社員のアナリスト時代に、上司に出来る奴と思われるには、どういった姿勢・行動が求められますか?また、学生時代の今、それに関連して、やっておいた方がいいことは何ですか?

1や2について、両方を絡めた回答をしたいと思います。

まず、アクセンチュアの新卒社員は入社時に新卒研修を受けることになります。

その研修はかなり質が高いと社員も認めている程ですので、その研修で知識については身に付けてください。

同様に、入社してからも研修はしっかりと整っているので、積極的な社員は研修等を受けることができます。

昇進しなければ様々な研修は受けることはできませんが、積極的に手を上げれば役職関係なく研修を受けることができるでしょう。

会社の評価制度的に、中途よりも新卒社員の方が良く評価される傾向にあります。

やはり、研修内での取り組み姿勢を良く見られているので、振られた仕事は一生懸命こなすのが一番です。

良くも悪くも実力主義の会社ですので、仕事に対して様々な角度からの取り組みを心がけて行きましょう。


次に、アクセンチュアの社員から人事制度と教育制度に関する口コミ評判がありましたので、見ていきましょう。


アクセンチュアの人事制度と教育制度に関する口コミ評判

■人事評価制度
・相対評価に変わり、良くも悪くも評価点をつけられやすくなった。
・一方でキャリアカウンセラーの力の差がはっきりとする点もある。

キャリアカウンセラーと密に連係できる方、キャリアカウンセラーの力に疑問を感じた際にドライにカウンセラーを変更できる方には相対評価の評価制度は向いている印象。

■教育
・所属グループによる印象
・トレーニング制度は整っている。ただ全社員がオンライントレーニングを受けることは可能だが、能動的に動く必要はある。
・語学トレーニングに関しても、制度は整っているが、こちらも能動的に動く必要はある

アクセンチュアの女性の働きやすさと口コミ評判

下記は、アクセンチュアで働く女性が関わる数字となります。

・全社員数に占める女性社員:35.5%
・全管理職数に占める女性管理職:16.6%
・女性社員の育児休業取得率:82.2%

アクセンチュアでは、女性社員が最大限能力を発揮できるよう制度が整備され、ライフステージによってさまざまな働き方が選択できるようになっています。

※参考:女性が活躍する職場 アクセンチュア


アクセンチュアの女性の働きやすさに関する口コミ評判

出産後自分がどう働きたいのかを自分で選べることができる。

ただ時短勤務や短日勤務の場合残業代の取扱が少し変わるようなので注意
産休・育休・時短勤務・生理休暇など、女性のための制度は整っており、子供がいても問題なく働ける環境ではある。

ただし、どうしても残業ができる人を優先してプロジェクトにアサインしがちのため、時短勤務の女性の場合はクライアント先にはなかなか行けず、社内プロジェクトが多いように感じる。

結果としてワーキングマザーは評価が上がりにくく、昇進も遅くなりがち。

アクセンチュアのワークライフバランスに関する口コミ評判

JobQの口コミにアクセンチュアのワークライフバランスに関わる残業についての評判がありましたので、見てみましょう。

■ワークライフバランス
・Mgr層からどう見られるかは別として、時短やリモートワーク等ちゃんと行使できる制度が整っている

■残業
・配属されたプロジェクト次第。また36協定の遵守を徹底しているため、昔みたいな残業時間は基本的には存在しないし、みなし残業も存在しない。

制度の整備や法令遵守意識は強いが、決められた時間で成果をあげることは必須となるため、そこを履き違えてはいけない印象。

上記が出来ない場合は、アサインされにくい、または、昇格を諦める必要性も出てくる。
休みはプロジェクトに左右されるため、あまり自由度はないかもしれません。

プロジェクトの契約でちょっと時間が開いたりすると、突然、休んでくれと言われたりもします。

ずっと前から休みを申請してればとれます。

しかし、いつどのプロジェクトにアサインされるかは読みづらいため、タイミングや、見極めが難しいです。しかし、申請しにくいということはありません。

残業の申請は44時間以内に収めるよう自主的につける空気があります。

多分70-80時間が平均的な気がします。

200時間も300時間も残業することはまずありません。

部門によってまちまちですが、一番激務とされる戦略コンサルティング本部でも10時頃にはけっこうオフィスから人がいなくなります。

アクセンチュアの社風についての口コミ評判

JobQのQ&Aにアクセンチュアの社風についての評判がありましたので、見てみましょう。

アクセンチュアのコンサルタント部門(非戦略)の社風を教えて頂けませんでしょうか?

現在転職活動中、エージェントからアクセンチュアを勧められている者です。

アクセンチュアのコンサルタント部門(非戦略)の社風を教えて頂けませんでしょうか。(どういった性格の方が多いかなど)

部門ごとに文化が異なることはどこの会社でもあることだと理解しておりますので、あくまで一例として、ご存知の方にお伺いできますと幸いです。

新卒は経営コンサルタントとSIの違いが分からず高学歴という理由のみで入社している人間が一定数いるので少々プライド高な方も居るようです。

一方で中途の方は仕事内容を理解して入社されているので上手く戦力化さていると認識しております。

また、アクセンチュアの社風について詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

アクセンチュアの将来性・事業の強みに関する口コミ評判



※参考:
アクセンチュア 株主への手紙2019

グラフはクラスA株式の株主総利益の累計です。

2014年~2019年まで、アクセンチュアは右肩あがりで順調に業績を積み上げています。

あわせて、JobQに寄せられたアクセンチュアの将来性や事業の強みに関するQ&Aを見てみましょう。

続いて、社員から口コミ評判をいただきましたので、ご紹介致します。


アクセンチュアの将来性・事業に関する口コミ評判

コンサル、SI、アウトソーシングの三本柱で、顧客のビジネスやビジョンを顧客とともに創り、それを実現するソリューションを作ってデリバリーしらさらにそれを顧客の情報システム部門に入って、ユーザーオペレーションをサポートするという三位一体のビジネスモデルは、他の総合コンサル企業と比較しても他に追随を許さないレベルにあると思います。

オポチュニティの数も多く質も高いので、上流から下流まで全部経験したい、関わりたいという人には大変よい会社だと思います。
今は会社の勢いはすごくある。

インフレ状態で昇進もしやすく、給料もあがっている。

逆にいうといつこのバブルが弾けるかがこわい。    

アクセンチュアの入社理由・退職理由に関する口コミ評判

最後に、アクセンチュアへ入社した理由や退職をした理由をJobQのユーザーから口コミ評判をいただけましたのでご紹介致します。

アクセンチュアの入社理由・退職理由に関する口コミ評判

入社理由は当時の会社より年収が良かったから。

退職理由はさらによい金額を提示する会社があったから。

オファーは高めを提示するので新規社員の雇用には熱心だが、既存社員の昇給率には渋い。
・入社理由:様々な業界に関わりたかったことと、転職市場での市場価値が高まると考えたから。

実態は、戦略とSE以外はほぼ特定の業界に身を置き、その業界の知見を深めていくため、様々な業界に関われるという機会は少ない。

また、転職市場にアクセンチュアの社員が多くいるため、結局は自分次第と感じた。

アクセンチュア出身というだけで、興味は持ってもらえるが、何をしてたかをしっかり語れないとキャリアアップは難しいかもしれない。    

この記事に関連する転職相談

大手IT企業からアクセンチュアへの転職者が増加しているのは何故ですか?

現在外資系のIT企業で働いています。 先日ニュースで大手IT企業からアクセンチュアへの転職者の数が増加しているというのを見ました。 まだ一回も転職という事を考えた事がないので、あまり...

アクセンチュアは子育てをしやすい環境で仕事ができますか?

アクセンチュアで働きながらの子育て、託児所について質問があります。 子育てしやすい環境だと感じますか? また、オフィス内に託児所はありますか?

アクセンチュアの20代後半の年収ってどれぐらいですか?

第二新卒でアクセンチュアへの入社を希望しています。 アクセンチュアに第二新卒で入社した方がいらっしゃいました20代後半の年収を教えてください。 自己成長のために転職しようと思っていますが、年...

BIG4やアクセンチュアとキャップジェミニの特異点はなんですか?

キャップジェミニの世界ないしは日本でのプレゼンスと、Big4やアクセンチュアなどの競合に対する特異点を教えていただきたいです

院卒でアクセンチュアかNRIに入るならどちらを選びますか?

2020卒の情報系院卒の学生です。 SIerやITコンサル業界に興味があり就活をしております。 現在アクセンチュアのビジネルコンサルタント・IBMのビジネルコンサルタント・野村総合研究所...

アクセンチュアのオペレーション部門は他の部門とどのくらい年収に差がありますか?

アクセンチュアのオペレーション部門は、他のセクションと比較して年収レンジはどうなんでしょうか?

新卒で就職するなら日立製作所とアクセンチュアのどちらがいいですか?

新卒で就職するとして、日立製作所のプラットフォームエンジニア職かアクセンチュアのソリューションエンジニア職であれば色々な点を加味して、どちらがいいのでしょうか。

楽天とアクセンチュアから内定を貰ったらどちらに転職しますか?

楽天とアクセンチュアに内定を貰ったら、どちらに転職しますか? アクセンチュアのオファーはAssociate Manager, 楽天: Tech Lead

アクセンチュアのバックグラウンドチェックの時期や内容は何ですか?

アクセンチュアのバックグラウンドチェックについて教えて頂きたいのですが、確実にあるものですか? 実施の時期や内容について教えて頂けると嬉しいです。

アクセンチュアの採用難易度はどれほど高いですか?

アクセンチュアへの転職を希望しています。アクセンチュアの採用難易度について相談です。 自分は実力主義の会社で働きたく、転職活動をしています。 そこで、外資系企業で実力で評価するような...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

この記事の企業

  • 東京都港区赤坂1ー8ー1
  • ビジネスコンサルティング
  • Q&A164件
アクセンチュア株式会社 (Accenture Japan Ltd)は創業:1989年で、設立:1995年12月である。 資本金は3億5千万円で、従業員数は約7,600人(2016年11月末時点)である。 事業内容は「ストラテジー」「コンサルティング」「デジタル」「テクノロジー」「オペレーションズ」の5つの領域で幅広いサービスとソリューションを提供してい...続きをみる

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す