• HOME
  • 転職
  • 【誰にでもわかる転職の始め方】転職活動の期間や流れを徹底解説

【誰にでもわかる転職の始め方】転職活動の期間や流れを徹底解説

新たに転職を始める方や転職活動を初めて見たもののどのように進めていけば良いのか分からない方必見の記事です。転職活動の流れや重要となる自己分析、企業分析の手法、さらには年代別のポイントなど転職活動中に見るべき情報が全てまとまっています。転職活動の参考にしてください。

転職の期間・一般的な流れ


平均的に約3〜6ヶ月かかる転職活動。

どのような流れで進んでいくのかご紹介します。

転職をする上での事前準備(約1週間)

転職活動を行う上で欠かせないのが事前準備。

この期間で転職を行う目的や自己分析を行い自らのアピールポイントを明確にすることで今後の転職活動の大まかな流れを決定することができます。

この期間でスケジュールを立てておくことで、この後の情報収集に充分な時間を割くことができ、スムーズに転職活動を行うことができるようになります。

情報収集(約1週間)

次のステップである情報収集。

この期間では自己分析を経て興味を持った業界や企業の情報収集を行います。

業界の特徴をきちんと捉えることで自らのアピールポイントを絞ることができますし、企業内情報など就職後に関連する情報も入手しておくことによってリアリティショックを未然に防ぐことができます。

転職先企業への書類製作・応募 (約2週間)

以上の2つの段階を経て、いよいよ転職先企業に提出する履歴書の作成に取り掛かります(中途採用の場合は職務履歴書も必須)。

この時に重要なポイントは見易く、企業側から好意的な印象を持ってもらえるような履歴書を記入すること。

実際、多くの人が書類選考で落とされていることから形式的な書類だからと軽視するのではなく、自らを最大限にアピールできるような履歴書を書くことを心がけましょう。

転職先との面接(約1ヶ月)

書類選考を通過したら、転職活動のメインとも言える面接。

面接時に重要なポイントはなんと言っても事前準備。

自己PRや志望理由をまとめておくことはもちろんのこと、普段から立ち振る舞いや言葉遣いなど細かいところまで気をつけて練習を行うことが重要です。

自らの魅力を最大限にアピールできるように何度も練習を重ねることが重要です。

転職先企業へ内定を得る(約1ヶ月)

転職活動は内定を得て終了ではなく、入社の意思を伝えること、また在職中であれば現職の退社手続き、引き続きの終了までが転職活動です。

通常、内定通告から約1週間以内に入社の意思を伝えるケースが多く、複数の企業から内定を頂いた場合は自らのキャリアビジョンと照らし合わせ最も自分に合った企業を選択する必要があります。

また、在職中の場合は、現職の退職手続きを疎かにし、トラブルを引き起こすことがないように注意しましょう。

転職する際に重要な自己分析


自らの長所・短所とは何か?

事前準備の段階で行う自己分析では自らの長所・短所の分析を行うことで自分のアピールポイントを明確にすることができます。

また、時間があれば他己分析をしてもらうことで、自分では気づくことのできていない自らの魅力を知ることができ、自分の強みを企業に最大限アピールすることが可能になります。

転職を希望する業界・企業を明確にする

自らの強みや弱みを認識した上で、自分が興味を持っている業界や企業を明確にしていきます。

自らの強みを踏まえ、転職活動を行っていくことで自分に合った企業を見つけることができ、自分が輝くことのできる仕事に就くことができます。

転職後に求めている条件

このサイトを読み、転職を始めようと思っている方は現在の職場の人間関係や給料や職務内容など悩んでいるなど、現状に不満を持っているのではないでしょうか。

転職活動を行うのは体力面的にも精神面的にも容易ではないはずです。

次回のキャリアが自らにとって充実したものになるよう、絶対に譲れない条件などをリストアップし、明確化しておくことによって後悔しない転職活動を行うことができます。

転職する際の業界・企業研究


転職時に業界・企業研究をする目的

業界、企業研究をする大きな目的はなんと言っても、リアリティショックを軽減し自らのキャリアを後悔なく歩めるようにするためです。

業界、企業分析をきちんと行わずに転職活動に取り組んでしまうと、面接時に企業にあった自らのアピールポイントを提示することができなくなってしまいますし、転職できたとしても本来とは異なる業務をしていると感じてしまう危険性があります。

転職時に有効活用できる情報収集サイトの一覧と特徴

現在、業界や企業の情報を入手する際に使用できるツールとして多くのものが挙げられますが短い期間で行うことが勝負である転職活動において、分析に多くの時間を割くことは困難であり、多くの人が疎かにしてしまうのが現状です。

しかし、転職活動においてこの段階を無視してしまうことは致命的であり、将来のキャリア形成のためにも重要であることからどの情報を活用していけば良いのか目的ごとに紹介していきます。

1.企業の公式ホームページ

企業の公式ホームページには企業理念や経営方針など企業がどのような目標を持ち、事業展開しているのかが記載されており、今の企業の様子を知ることができます。

また、多くの企業がプレスリリースや有価証券報告書などのIR情報も公開しており、社風のみならず経営状態なども客観的に知ることができるようになっており、転職後自分の強みをどのように企業に貢献していくかを考える上で大変重要な情報が多く記載されています。

2.新聞・業界紙

新聞や業界紙にはリアルタイムの市場の様子が記載されており、客観的な観点で転職活動の動向を知ることができます。

一般的な情報を入手したい場合は新聞、専門的な情報を入手したい場合は業界紙と使い分けをオススメします。

3.会社四季報

東洋経済新報社から発行されている会社四季報には日本で上場している企業の基本的な情報や様々な数値データ、業績がまとめられています。

会社四季報を利用することで短期的でなく長期的な企業の業績を比較することができ、企業の将来性などを理解することができます。

また、多くの企業が掲載されていることから企業の関係性を一目で知ることもメリットの一つです。

4.情報サイト

現在、インターネット上には多くの口コミサイトが存在しており、在職者や退職者などが自分の意見を発信しており、現場で働く生の声を聞くことができます。

また近年、企業の社長がSNSを利用し自らの意見を発信するケースも多くなっています。

企業公式の情報を入手することも重要ですが、実際に働いている人の意見も聞くことで、より転職後の自分を想像しやすくなります。

年代別転職のポイント


20代が転職する時のポイント

社会人経験がまだ浅い20代での転職で重要視されることは、即戦力となるかではなく、将来企業で活躍できる最低限のスキルやポテンシャルを保持しているかどうか。

そこで転職時に重要なことは自己分析。

将来なりたい自分を想像しながら、今の自分の強み、弱みは何なのかを明確にしておくことで企業に自分の魅力を最大限アピールすることができます。

30代が転職する時のポイント

20代と比べ社会人経験が豊富な30代での転職で重要視されるポイントは今まで培ってきたスキルや実績。

また、成功体験から何を学び、そこからどのようなことを企業に還元できるかを明確にすることが大切です。

20代とは違いキャリアアップの一環として転職する人も多いことからきちんとキャリアの目標を明確にすることが他の転職者との差をつける鍵となります。

40代が転職する時のポイント

20、30代と異なり即戦力を求められる40代での転職ではスキルや実績が今まで以上に重要となってきます。

また、自らのキャリアビジョンも高い目標でありながらも達成可能であることが求められます。

しかし20、30代の転職と違い、マネジメントという観点で転職活動を進めていくことができる点から、方向性を明確にすることができれば他の年代よりも自分の強みを明確にしアピールすることができるというメリットも挙げられます。

転職にオススメな時期は?


転職にオススメな時期はズバリ3〜4、9〜10月と言えます。

転職を行う理由は人によって様々な理由があることから、一概に特定の時期を挙げることはできませんが、3〜4、9〜10月は多くの企業において年度が切り替わるタイミングであることから、採用情報が一気に増える時期であるとされています。

そのため、企業側もスキルや経験の豊富な人材を多く求めることから、一般的に転職にオススメの時期であるとされています。

しかし、採用情報が増えるのと比例して、応募数も増えるのが現状です。やはり重要なのは自己分析をきちんと行い、自分の強みを明確にし他の応募者と明確な差をつけることでどの時期でも受かるような対策をとることが重要です。

転職活動は働きながら?退職後?


多くの人が転職活動中に仕事を続行するのか否かで悩んでいることを目にします。転職活動を在職中に行えば、金銭的な面での不安は無くなりますが、転職活動に集中できないというデメリットも生じます。

メリット、デメリットを比較し自らにあった転職活動のスタイルを発見していきましょう。

仕事を継続しながらの転職活動

・メリット

収入が途切れることがないため金銭面的に余裕がある。

自分の条件に合う転職先を見つけることができ、後悔しない転職活動を行うことができる。

現職の退社の際に内定を理由にすることができ退社しやすい。

退職に伴う煩雑な手続きがない。

・デメリット

仕事と転職活動の両立が難しく、転職活動に多くの時間を割くことができにくい。

急募などの求人の場合、在職していることが不利になる場合もある。

新たなスキル習得などに時間を割くことができにくい。

仕事を退職し、行う転職活動

・メリット

転職活動に多くの時間を割くことができるため情報収集や面接などに多くの時間を割くことができる。

スキル習得などに充分な時間を割くことができ、転職活動が有利になる。

手続きをきちんと行えば、失業手当など金銭面的支援を受けることも可能。

・デメリット

金銭面的に負担が大きく、転職活動中の生活費を確保する必要がある。

働いていないという不安から、転職活動がうまくいかない時に自分の条件を妥協してしまうケースがある。

失業期間が長いと転職活動に支障をきたす場合がある。

転職をするならどのサイトを使うべき?


インターネットを利用していると多く目にする転職サイト。

しかし、どのサイトが自分にあっているのか分からない場合が多く、上手く活用できず自己流で転職活動を行ってしまう人も多いのが現状です。

そこで3つのタイプのサイトを比較し、自分のスタイルにあったサイトを活用していきましょう。

転職サイト(直接応募)

・概要

一般的なタイプで、掲載されている求人情報に自分から応募するもの。

・メリット

自分が興味のある企業にのみ応募できる。

自分のペースで転職活動を行うことができる。

・デメリット

全て自分の力で転職活動を行うことから、充分な知識がないまま転職活動を行ってしまう。

自分のスキルや経歴がどのような企業から求められているのか知ることができない。

・サイト例

リクナビNEXT

doda

転職サイト(スカウト)

・概要

前もってサイトに自らのスキルや経歴を登録し、興味を持った企業側がオファーを送るもの。

・メリット

転職活動の幅が広がる。

どのような企業が自分のスキル・実績を欲しているのか知ることができ、自己分析を深めることができる。

・デメリット

個別でなく自動送信されているスカウトメールも多く存在することから自分で取捨選択する必要がある。

・サイト例

リクナビNEXT オファーメール

doda スカウトサービス

転職エージェント

・概要

一般公開されていない情報を持つキャリアアドバイザーから情報を得ることができ、さらには自己分析など多くのサポートを受けることができる。

・メリット

転職活動のプロであるキャリアアドバイザーからカウンセリングなどの手厚いサポートを受けることができる。

一般公開されていない採用情報などの入手することができる。

・デメリット

転職サイトと異なり、他者が転職活動に関わってくることから、他のサイトとは異なり手軽に行うことはできない。

アドバイザーとの相性が重要となってくる。

・サイト例

doda

パソナキャリア

リクルートエージェント

マイナビエージェント

転職後の年収の上がるのか?下がるのか?


転職後に求める条件として多く上がるのが年収アップ。

もちろんスキルや経歴を買われて転職することが多いので年収が上がるケースもありますが、年収を上げるためだけに転職するのはハイリスク。

そもそも、年収はスキルや経歴と比例しているわけではなく給与の制度によって企業間で多くの差があります。

そのため、今までのスキルや経歴を押しての転職活動においては自分の強みが明確であることから年収アップも期待できますが、20代の若い内での転職では自分のスキルや経験が明確でない分、転職したからといってすぐ年収が上がるとは限りません。

そのため、簡単に転職を決めるのではなく、自分の中でよく考えてから転職活動を行うことをオススメします。

中途採用で人事が見ているポイントはなんですか?

地方から東京に転職をしたいのですが、人事の人が見ているポイントってなんでしょうか?

やっぱり地方から東京への転職って難しんでしょうか?

(地元で転職活動はもちろんしているのですが、条件とか会社の多さは圧倒的に東京の方がいいのでできれば東京に行きたいです。)

同業なのか異業種なのかで違いますが、共通してるのは再現性だと思います。

具体的には、営業であれば部署内で売上xxxを達成し一番になったことがあるとか。

こういう人って絶対何かしらの工夫をしてるので、質問したくなりますし、縁があったときに活躍できるイメージが湧きます。

やはり転職活動において重要なのはスキルや業績だけではなく、どのように企業に自分の強みを還元できるかが大きなアピールポイントとなるようです。

自分の強みを明確に企業にアピールすることによって今後の年収やキャリアアップにも繋がりそうですね。

転職活動での年収交渉はどのように交渉をすればいいですか?

準大手ゼネコンの年収についての質問です。

現在私は建設業界で転職しており、準大手ゼネコンの選考を受けております。

もし内定をいただいた際に年収の交渉があると思うのですが、そのために年収の指標があればとネットで探したのですが、大まかな年代の指標しかないため質問しました。

・20代後半。

・これまで建築業界内で仕事をしていたが、ゼネコンやサブコンに在籍していない。

・全国型の総合職で応募中

上記が私の状況なのですが、準大手ゼネコンの年収といたしましては、どの程度が妥当でしょうか?

一般論で言えば、

①他業界や他業種へのチャレンジの転職→現年収と同水準

②同業種内でスキルを持ったステップアップ→1割から2割増

③同業種内で上位企業への転職→現年収と同水準か、今後を見据えて現年収より1割減でも受け入れる

④現職種からのドロップ→1割減程度

⑤外資などへのリスクあるチャレンジ、上位ポジションへのチャレンジ→3割増程度(受かればラッキーくらいの場合)という感じじゃないでしょうか

あっているか分かりませんがまだ若く、③にあたるのだとしたら、同水準を希望します。と言っておくのが将来的には良いんではないでしょうか。

上位企業であれば、環境に馴染めばすぐに現年収を超えるのが普通ですから。

やはり一概に年収アップを望んで転職するのはハイリスクのようですが、転職する際は前職で感じていた不満を満たすことができるような条件をきちんと明確にして行うことが大切です。

収入アップを全面的に求めることは転職活動においてあまり好ましくはないものの、妥協するのではなく、スキルなど企業に還元できることもアピールしながら自らの希望条件を満たすことができるように企業とコミュニケーションをとることが重要ですね。

この記事に関連する転職相談

今、求人倍率の高い職種はどんな理由で高いのでしょうか?

今、求人倍率の高い職種といえばどんな職がありますか? また、それら職種は何故倍率が高いのでしょうか。 現在、契約社員として働いているのですが、転職を検討しています。 できれば正...

ベンチャー企業の将来性はどのように調べればいいですか?

ベンチャー企業に転職しようと考えています。 未上場の企業だと、勢いあるように見えて実は売り上げが全く無い事も結構あるように思えます。会社がこれから伸びるかどうかは不確かな部分が多いとは思います...

40代の夫が転職を検討しているのですが、止める術はありませんか?

40代後半の夫が転職を検討しています。私は夫の転職に反対でいます。 理由は、 ・新卒から長く勤めてきた会社を今更辞めて他の会社へ転職するリスク ・子供が二人いるということ ・転職先の...

ハローワークの模擬面接や応募書類の添削はどれくらい参考になりますか?

転職活動中です。 ハローワークの模擬面接や応募書類の添削って、どれくらい参考になりますか?

新卒で就職した会社を数ヶ月で転職することはキャリアに影響ありますか?

今年新卒で入社した会社がいわゆるブラック企業で、自分の成長を見込めなさそうなので転職したいのですが、数ヶ月で辞めてしまうのは今後のキャリアに悪影響がありますでしょうか。 転職したい理由とし...

第二新卒の転職の時期、採用されやすい時期ってありますか?

新卒入社した人材系の会社を年末にやめました。 なので入社して一年経ってない状態で、です。 ただいま転職活動中なのですが、 採用されやすい時期、活動時期などありますか? 第二新卒だ...

オリンピックの求人数へのはどの程度あるでしょうか?

新卒で入社したメーカー社会人営業職5年目ですが、異業界へキャリアチェンジを考えています。今年の転職を考えていますが、オリンピックの求人数へのはどの程度あるでしょうか。現職のプロジェクトが繁忙期で...

調剤薬局で営業未経験からMRに転職することができるのでしょうか?

調剤薬局からMRへの転職について 私は現在調剤薬局で働く薬剤師ですMRへの転職の可能性はかなり低いですか? 色々と調べてみるとメーカーのMRではMR経験者でなければ応募できない状態でした。 そ...

30歳で環境・建築コンサル業界への転職は可能でしょうか?

環境・建築コンサルタント業界への就職について。 30歳で環境・建築業界は未経験です。 大学は獣医学を専攻していましたが、全く関係ない業界に就職しました。 今から技術士補や生物分類検...

転職後の住民税の支払いについて質問があります

転職後に住民税の通知が来ました。 4分割か1回で払って欲しいとの通知書でした。 今回支払う住民税というのは前職の1~12月の1年間の所得を元に計算されたものなのでしょうか? ま...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す