• HOME
  • ビジネス
  • 広告代理店への転職は未経験でも大丈夫?【仕事内容や年収を紹介】

広告代理店への転職は未経験でも大丈夫?【仕事内容や年収を紹介】

この記事では広告代理店に転職を希望されている方向けに、広告代理店の仕事内容や必要なスキルについて紹介しています。また、広告代理店への転職が未経験の方でも安心してできるようなオススメのエージェントを紹介しています。また、転職時に使える志望動機の書き方や実際に広告代理店で働いている方の生の声も紹介していますのでぜひご覧下さい。

広告代理店とは?



そもそも広告代理店とは?

広告代理店とは、広告を扱う会社の総称であり、企業間取引を行う会社のことです。

広告代理店は、広告主である新聞やテレビ、ネットなどの広告を掲載するメディアと広告掲載主である広告を出したいと考えてる企業の架け橋的な役割を担っています。

広告代理店から見て広告掲載主はクライアントと表現され、広告主や広告掲載主からの広告制作の依頼及び広告主から購入した広告スペースをスポンサーに販売することによって、利益を得ています。


広告の種類

広告の種類は主に3つに分かれています。

・マス広告

マス広告とは新聞広告、雑誌広告、テレビCM、ラジオCMのことを指します。

マス広告は英語の「Mass advertising」のマスをとって名付けられ、多くの人に一斉にアピールできることが魅力の一つとなっています。

・インターネット広告

インターネット広告とはインターネットにある検索エンジンやwebサイトを活用した広告のことを指します。

webサイト上に表示する、ディスプレイ広告やアフィリエイト広告、検索エンジンの検索結果に表示されるリスティング広告が挙げられます。

年々、インターネット市場に対する需要が高まり、従来、メインの広告手法であったマス広告と並ぶ手法になっており、注目度が急上昇しています。

・SP広告

SP広告とはマス広告、インターネット広告以外の広告の手法のことです。

交通広告やカタログ、ダイレクトメールなどがSP広告です。

マス広告と比較すると費用も少なくて済み、効果測定も他の手法と比較するとやりやすいことがメリットの一つです。


広告代理店の種類

広告代理店の種類は3つに分かれています。

・総合広告代理店

総合広告代理店とは企画から制作まで全てを手掛ける形態のことを指します。

電通や博報堂など大手の広告代理店はこの業態の企業です。

・専門広告代理店

専門広告代理店は特定のメディアに特化している企業のことを指します。

一例として「新聞広告専門」「交通広告専門」などが挙げられます。

・ハウスエージェンシー

ハウスエージェンシーは特定の企業のために広告を手掛ける企業のことです。

ほとんどが大企業の宣伝部が独立分社化してできています。


大手広告代理店3社の違いは?

大手広告代理店として、電通、博報堂、ADKが挙げられます。

・電通

【基本情報】

創業:1901年
資本金:100億円
従業員数:6935人(2020年1月1日現在)
平均年収:11,687,559円(2019年12月31日現在)

【社風・仕事の特徴】

電通の社風は一言で表現すると「体育会系」ということができます。

電通はテレビ広告と強い繋がりがあり、多くの日系企業とコネクションがあります。

仕事の特徴としては大型の広告案件が多くあり、入社後早い段階から大きな仕事に就く機会が多くあります。

詳しく知りたい方はこちらから

・博報堂

【基本情報】

創業:1895年
資本金:358億4800万円
従業員数:3870人(2020年4月1日現在)
平均年収:10,788,000円(2020年3月31日現在)

【社風・仕事の特徴】

博報堂の社風は一言で表現すると「クリエイティブ」ということができます。

ユーザーデータを使用した広告を他の企業と比べ早い段階で開発したことも魅力の一つということができます。

仕事の特徴としては、データを裏付けし、広告を考えるロジカルシンキングを重要視していることが言えます。

詳しく知りたい方はこちらから

・ADK

【基本情報】

創業:1956年
資本金:358億4800万円
従業員数:約270人
平均年収:7,569,000円(2016年12月31日現在)

【社風・仕事の特徴】

ADKの強みといえばアニメコンテンツと断言できるほど強みが明確であるのがADKです。

社風も穏やかな性格の方が多くいることから電通や博報堂と比較すると和やかな雰囲気であることが挙げられます。

仕事の特徴としてもアニメコンテンツがメインであることが言えます。

詳しく知りたい方はこちらから

広告代理店の仕事内容とは?



広告代理店の仕事内容は主に3つあります。

・営業部門

営業部門においては広告主からの発注窓口となり企画の提案や受注活動を行います。

広告代理店が案件を多く受注するためにはプレゼンテーションや競合他社とのコンペにおいて良い成績を残すことが重要となってきます。

そのため、プロジェクトチームの各部門の責任者と連携を図り、協力して魅力ある企画を作り広告主に提案します。

営業部門の人には企画能力だけでなく、プレゼンテーション能力なども求められます。

・マーケティング部門

マーケティング部門においてはマーケティングリサーチと分析、広告戦略の構築を行います。

商品を多く売ることができる広告を作るために何をどのように伝えるのか戦略を立てる必要があります。

そのため、まず仮説を立て検証を行うためにマーケティングリサーチを行います。

その後、様々な手法で得られた情報を基に分析を行い、広告戦略の構築を行います。

・クリエイティブ部門

クリエイティブ部門においては広告の制作や進行管理、また校正、校閲などを行います。

校正はかなり重要で、著作権に引っかからないかなど法律に関わる大切な行程です。

そのため、一つの作業を根気よく続けることのできる人が向いています。

今回は以上の3つを紹介しましたが、企業によってさらに多くの部門が存在します。

気になる広告代理店があったら直接企業のサイトを閲覧し、職種について確認してみると良いですね。

ここで、jobQに実際にきた質問とその回答をご紹介します。

広告代理店の「電通」って実際に仕事内容は?

第二新卒ではありますが、たまたまツテがあり、奇跡ではあると思うのですが電通からの誘いがありましたので、電通への転職を検討しています。

ただ、電通が大きな会社なのは承知ですが、一体どんな業務があるのか想像がつかないので質問することにしました。

(今働いている業界とは少し違う業界にいるので、わからないです。)

広告代理店だと大体同じような仕事内容かとは思うのですが、広告代理店全体の仕事内容はどんな感じか、その上で電通はどのような仕事内容かということを教えていただければと思います。

自分としては自発的に行動ができる社内の雰囲気を望んでいるのですが、どうなんでしょうか?

電通の元社員さんもしくは現社員さんがいましたらお答えください。

私は以前電通で働いていました。営業だったので営業の話になりますが、お客様とのコミュニケーションの中で幅広い知識を得ることができ、業界柄様々な職種の方と接することができるので非常に見聞がひろがりました。

広告代理店全体に言えることかと思いますが、その中でも、クライアントに評価されれば、良しっていう感覚はもちろんありましたね。

逆にクライアントに評価されないとダメのレッテルを貼られるので気をつけてください。

まあ、クライアントに評価されると、かなり大きな仕事も任されるし、何よりも社内での評価につながることは、やりがいに繋がると思う職でしたね。

自分次第ではあるが、会社が制限をかけたりはしないので、色んなことにチャレンジできるような会社です。是非、何事にも挑んでいってください!

会社もそういう人材を欲していると思います。

広告代理店で働く時に使えるスキルとは?



広告代理店で働く際にあると便利なスキルについてご紹介します。

・情報収集能力

特に営業部門やマーケティング部門においてこの能力は必須です。

クライアントが求めているニーズや現在の市場の状況など常にあらゆる情報を取得している必要があります。

そのため、転職時にすぐ活躍したいのであればこのスキルを磨いておくとアドバンテージになります。

・コミュニケーション能力

特に営業部門で求められるスキルです。

営業部門の人は自社の広告の良さをアピールするために他社の方とコミュニケーションとる機会が多くあります。

そのため、コミュニケーション能力を磨いておくことで案件を得ることもできるかもしれません。

・想像力

特にクリエイティブ部門で求められるスキルです。

市場のニーズやクライアントから依頼されたテーマを基に広告を制作するクリエイティブ職の人はこのスキルが最も重要となります。

・webリテラシーなどの資格

広告業界で働く際に様々なWebの分析ツールなどを活用する機会が多くあります。

そのため、情報分析に長けている人の方が広告業界において重宝されやすい傾向にあります。

ここに資格の例を一覧にしておきますので参考にしてください。

・webリテラシー
・ITパスポート試験
・webデザイン技能検定
・webライティング能力検定 など

広告代理店に転職する際にオススメのエージェントは?



経験者であっても、未経験者であっても転職エージェントに登録し転職を行う必要があります。

そこで、オススメの転職エージェントを一覧にしたので是非活用してみてください。

リクルートエージェント

エージェント業界No.1のサイトで、転職者の8割が利用しているエージェントサイトです。

求人数が最も多く、人気企業や大手企業の非公開求人も保有しています。

求人数が多いことから、企業ごとの比較がしやすいというメリットが挙げられます。

マイナビエージェント

マイナビエージェントは20代の登録者数がNo.1のサイトです。

そのため、20代で広告代理店に転職を考えている人にはオススメのサイトとなっております。

doda

dodaは転職経験者からの満足度が最も高いサイトです。

リクルートと並び国内最大級の転職エージェントであり、約10万人の求人から、厳選して仕事を探してくれると定評があります。

dodaはリクルートが保有していない企業情報を持ち合わせている可能性があるので、両方のサイトから情報を入手することで万全を期すことができますね。

ビズリーチ

ビズリーチは年収600万円以上の転職者に支持されるサイトNo.1となっています。

企業の採用担当者から直接スカウトが届くことや中小規模のエージェントとコネクトを作ることが可能なので上記に述べた大手のエージェントと併用して使用することをオススメします。

JACリクルートメント

JACリクルートメントは年収600万円〜1200万円の高収入の仕事の求人情報を多数扱っており、30〜40代の専門スキルを保持している人向けの求人が多いです。

業界や職種コンサルタントによるレベルの高いサポートが受けられることも魅力の一つです。

広告代理店に転職する際の志望動機のポイントなど



広告代理店に転職する際に書く志望動機。

志望動機によって採用されるか否か大きく左右されてしまうことから、重要な段階です。

ここでは志望動機を書く際に大切なポイントについて触れていきます。


広告代理店が求める人物像の理解

上記にも述べたように広告代理店は会社ごとに異なった社風があります。

また、広告代理店に限らず、企業に入社する際はどうしてその企業を選んだのか明確にする必要があります。

そのため、広告代理店が求めているニーズを満たすことのできる人物になる必要があります。


転職する目的と成長目標を明らかにする

この項目も、どの転職者においても言えることですが、なぜこのタイミングで転職したのか、転職後どのような自分になりたいのかを明らかにする必要があります。

転職する目的は志望動機を記入する上で基本事項ですが、転職後の成長目標まで記載することで、企業側もこの人を採用したらどのようなメリットがあるのかを考えやすくなります。


仕事に生かすことのできるスキルを記入する

特に広告業界は、スキルがある人を優遇して採用する傾向にあります。

クリエイティブ職の人は自らが今までに作成した作品をポートフォリオ などにまとめ提出すると、自分のスキルや経歴を可視化することができ、採用にもつながりやすくなるかもしれません。

実際に志望動機に記入する際に気をつけたいポイント

・経験者の場合

経験者の場合、前職で培ったスキルや経験を全面的に押し出すことは他の応募者との差別化を図ることができます。

しかし、なぜ退職したいと感じたのか、転職後のキャリアプランをきちんと述べる必要があります。

・未経験者の場合

未経験者の場合、自分が今、広告業界で貢献できるスキルについて述べることで、企業の方も採用後の想像がつきやすくなるはずです。

当たり前ですが、広告業界に興味を持った理由も明確に述べる必要があります。

また、経験者と比べるとスキルや経験の点で劣ってしまうので、やる気があるなど意欲的な面をアピールすることが重要です。

広告代理店への転職は激務?大変?



一般的に広告代理店は激務が多く転職先として大変といった声が上がっています。

ここでその懸念点に関し質問と回答の例があるので参考にしてみてください。

広告代理店に未経験で女性が転職することは可能でしょうか?

現在、30歳で女です。

前職では法人営業をしていました。

この営業の経験を広告代理店でも活かすことは可能でしょうか?

また広告代理店の仕事は激務だとよく聞きますので、体力的に大丈夫なのでしょうか?

もし分かる方しましたらご回答お願い致します。

法人営業の経験は生きますので上手く面接で伝えられてフィットすれば十分可能です。

ただ中途の広告代理店は5年くらいの契約社員形態が多いと思います。

結構な成果が出なければ正社員登用は難しいでしょう。

前職が外資代理店でアカウントを持っていける営業が電博に転職、みたいなのが1番スムーズで典型的だとは思います。

仕事はご想像の通り忙しいです。

広告代理店に転職するメリット・デメリット

広告代理店に転職するメリットとデメリットについて紹介していきたいと思います。


広告代理店に転職するメリット

・年収が上がる

広告代理店の転職は年収が上がる傾向にあります。

理由としては、広告業界自体、モノを抱えることがないため、利益率が他の業種や業界と比較して高いためです。

また実績や賞を受賞することによって報酬を得られるケースもあり、多くの人が転職後年収が上がったと感じるようです。

・ビジネス・コミュニケーションスキルの向上

そもそも、広告代理店は多くの企業とコミュニケーションをとる機会が多いことからコミュニケーションスキルが向上する傾向にあります。

また、広告の制作を進めていくうちに、他者のニーズを具現化していく段階で多くのことを言語化することもあり、様々なスキルを磨くことができます。

・専門スキルが磨かれる

特にクリエイティブ職の人は自分が習得していたスキルを総動員して広告を制作することから、専門的な知識を習得し、さらに磨くことができます。

営業、マーケテイング部門の人も様々な分析を行っていく家庭で経営知識を習得、磨くことができます。


広告代理店に転職するデメリット

・労働時間が長い

以前、電通で過労死の問題があったように、広告代理店は労働時間が多く休日がほとんどない状態もあります。

特に中小企業の広告代理店ともなると、人手が少ない中で多くの仕事をこなす必要があることから労働時間が長くなってしまうケースがあります。

・リアリティショックが大きい

広告代理店は知名度も高く、花形職業というイメージが強いことから、入社後のギャップが大きい場合があります。

先ほども述べたように労働時間が長く、特にクリエイティブ部門の人はひたすら広告作品を制作することから長時間同じことをひたすら行います。

そのため、転職前に抱いていた理想と転職後の現実がかけ離れ、ショックを感じてしまう人が多いようです。

しかし、この問題は、転職前に自分のやりたいことを明確にし、きちんと調査しておけば解決できることから事前の準備がかなり重要であることがわかります。

広告代理店の平均年収は?



先ほど、広告代理店に転職するメリットとして年収が上がることがあげられると紹介しました。

ここで、広告代理店の平均年収についてご紹介しますので、参考にしてみてください。



以上が各広告代理店の平均年収となっています。

やはり1位の電通と2位の博報堂は年収1000万超えですね。

しかし、全体的に広告代理店業界は年収が高い傾向にあるようです。

もし転職を考えている企業があるなら比較してみてください。

また、広告代理店の年収について紹介している記事もあるのでよかったら参考にしてください

参照:【広告代理店の営業】仕事内容は?平均年収って高いの?低いの?

広告代理店に向いている人は?



広告代理店に向いている人は一言で表すと人とコミュニケーションを取ることが好きな人です。

特に広告営業や、マーケティング部門の人は外部の人とコミュニケーションを取ることが多いです。

そのため、人とコミュニケーションを取ることが好きな人、得意な人が向いていると言えます。

また、近年はデジタル広告のニーズが高まってきたこともあるため、流行に敏感な人も向いていると言えます。

この記事に関連する転職相談

公務員から大手不動産企業の総合職への転職は難しいですか?

私は4年間、公務員を務めました、大手不動産企業の総合職に努めたいと考えています。 IRプランナーと宅建士の資格を取得しましたが、やはり未経験では採用は難しいのでしょうか?

フリーランスからの転職は上手くいくものなのでしょうか?

フリーランスから社内SEへの転職を希望している者です。 フリーランサーとして三年、独学でやってきて今や年収400~500万です。 自由に出来るのは非情によいのですが、やはり万が一の時が...

新卒が短期離職を繰り返しても転職先を見つけることはできますか?

新卒で入った会社を1ヶ月で辞め、6月16日日から営業として今の会社に入社しました。しかし、残業が多く帰っても寝るだけの生活です。朝は8時過ぎに出社し、終礼が20時過ぎにあるため終わるまで帰ること...

転職の面接でみなし残業について逆質問したらマズイですか?

転職の面接でみなし残業について質問したらマズイですか? 現職はサービス業をしています。 現職ではみなし残業40時間込みでの給料をもらっていました。 みなし残業40時間は最初からシフトに組み...

第二新卒として転職する場合技術職の将来性はありますか?

会社のリストラに合い転職を余儀なくされた第二新卒です。 様々な転職エージェントさんにお世話になっているのですが皆技術職は将来的にAIに取られる可能性も低く安泰だと言われます。 しかし技術職な...

ただいま転職活動中なのですがありがたい事に2社から内定をいただきましまた。 どちらにするか悩んでいます。参考までに意見が聞きたいです。

転職 職場を決める基準 ただいま転職活動中なのですがありがたい事に2社から内定をいただきましまた。 どちらにするか悩んでいます。参考までに意見が聞きたいです。 A 物流業(体を動...

転職活動に成功した人に共通していることってなんでしょうか?どんな注意をしたらいいですか?

某IT企業で働く新卒3年目です。 拘束時間が長く残業代がつかない、ノルマもきつい。 典型的なブラック企業で仕事をしています。 2年間我慢してきましたがそろそろ限界です。転職活動をスタートし...

ろくな上司がいないので転職したいです。

社員100人程度の広報関係の会社に就職して2年目になります。少数精鋭で能力の高い上司と近くで仕事ができるということで入社を決めたのですが(大手からも内定を頂いておりました)、正直ろくな上司がいま...

転職において、ある程度の妥協は必要だと思いますか?

転職について教えていただきたいのですが、転職においてある程度の妥協は必要でしょうか? 今、内定をいただいた企業があるのですが、年間休日が108日しかありません。それ以外は条件にあう企業なのです...

ビズリーチの評判は良いですか?悪いですか?

転職エージェント?転職サイトのビズリーチの評判を教えていただけませんか? 正直、転職エージェントはどこも同じでは?と思っております。 現在は、転職活動を本格的にやっている訳ではないの...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す