やりがい 給料 選び方

【やりがい?給料?】仕事でどっちを優先した方が幸せになれるのか

仕事における選択で、やりがいか、給料(年収・お金)のどっちを優先すればよいのか、答えを導き出すことが難しい問題です。このページでは、やりがいと給料のどっちを優先すれば幸せになれるのかを、世の中の仕事に対する意識ランキングや学説的根拠を基に、解説していきます。

28200

そもそもなぜ私たちは働くのか

1.働く目的ランキング

そもそも私たちはなぜ働くのでしょうか。

世の中の人々が何のために働いているのかの「働く目的ランキング」をご紹介いたします。
参考:doda「はたらく理由ランキング(2019)」

順位 働く理由 割合(%)
1 生きていくため(お金のため) 56.3
2 趣味や嗜好品を豊かにしたい(お金のため) 19.4
3 家族を支えるため(お金のため) 8.1
4 やりがい・好きな仕事だから 3.5
5 社会人として働くのは当たり前だから 2.7
6 自分の成長のため 2.3
7 社会と繋がりを持つため 2.1
8 社会に貢献したい 1.9
9 世間体が気になるから 1.5
10 夢をかなえるための準備 1.0


2.モチベーションを上げるには給料か?やりがいか?

私たちの仕事に対するモチベーションに関して、学術的に解説していきます。

【マズローの欲求5
段階説】
やりがい 給料 1
「マズローの欲求5段階説」は、心理学者のアブラハム・マズローが「人間は自己実現に向かって絶えず成長する生きものである」と仮定し、人間の欲求を5段階に理論化したものです。

人間は5段階の「欲求」を持ち、1つ下の欲求が満たされると次の欲求を満たそうとする基本的な心理的行動を表していますが、一番上の自己実現欲求は満たされることはないと言われています。

マズローの欲求5段階説を基に、仕事における「やりがい」と「給料」について考えてみます。

  • 生きていく上で必要な給料が貰える仕事がしたい生理的欲求
  • ワークライフバランスを重視したい・お金があることで安定した生活を送りたい安全の欲求
  • 誰かに必要とされ、感謝されたい社会的欲求
  • 仕事で成功したい、有名企業に勤めたい、重役に就き尊敬されたい承認欲求
  • 自分の価値提供をしたり、自分を成長させたい自己実現欲求

低次の欲求を満たすとするならば、「給料」重視ですが、より高次の欲求を満たすのならば、「やりがい」を重視した働き方が良いと考えられます。


【ハーズバーグの二要因理論】やりがい 給料 2 

二要因理論とは、臨床心理学者のフレデリック・ハーズバーグが提唱した理論です。

衛星要因は満たして当然の基準であるため、下回ると満足度を下げますが、動機付け要因は、職務充実をさせれば満足度を上げることが出来ると言われています。

動機付け要因は、「やりがい」の要素で、生産性に直接関わる要因と言われています。

これが満たされていない職場では、やりがいを求める人材が離職してしまうケースもあります。

一方、衛生要因は、不満足要因とも呼ばれる「一定の基準を満たしていないと社員の意欲が落ちる」要因です。

給与や福利厚生が満たされていない状態では、いくらやりがいのある仕事でも、離職してしまう人材を増やす原因となります。

ただし、衛生要因は社員の不満を防ぐ効果はありますが、多少給与が低くてもやりがいのある仕事をしたがる人が多いように、一定の水準さえ満たしていれば良いという場合もあります。

3.日本人は働きすぎている、ということを忘れてはいけない

「日本人は働きすぎだ」と海外の方が言っているのをよく聞きます

日本人が働きすぎだと言われてしまうのは、2つの理由があります。

  1. 日本人は勤勉だから
  2. 日本企業の従来の文化が根付いているから

2016年のOECD(経済協力開発機構)の調査によると、年間平均労働時間は1,713時間で、日本はOECDの中では22位です。

一方1位はメキシコで2,555時間、2位はコスタリカで2,212時間、3位は韓国で2,069時間です。

ですが、このデータからわかるように、実際は「働きすぎ」なのではなく「生産性が低い」のです。

生きていくためには「給料」を重視した方が良い

1.仕事で給料を重視「する」メリット

仕事で給料を重視すると、お金をより多く稼ぐことが出来ます。

以下に、仕事で給料を重視すると、どのような良いことがあるのかをリストアップしています。

給料 やりがい 3

要するに、経済的に豊かになることで、生活の質を上げることが出来る、ということです。

「給料を重視するべき」という意見がJobQ内でございましたので、ご紹介いたします。


就職するなら年収とやりがいのどちらを重視するべきか?

就職するとしたら、年収とやりがいのどちらを重視するのが良いのでしょうか。

お金は大事だなとも思うしがやりがいがないと続かないと思うし、やりがいだけでお金がないのも辛くなるなと思うので、色々考えています。

年収をおすすめします。

おそらく学生であれば、仕事のことはなにひとつわかってないし、やりがいがある仕事とはと考えたときに、そのうち、そんなものは簡単に手に入らないこともわかります。

であれば、年収が他の人より高いということで、満足できることもあります。

一番いいのは、仕事の難易度があり、年収も高いという、バランスのとれた仕事が最もよいでしょう。

給料。
やりがいは自分を騙せばどうとでもなるが、キャッシュ・インフロ―の源泉たる給料は何者にも変えられない、厳然たる事実だから

若いうちは好きなことを仕事にしてもいいと思いますが、世帯を持つ責任世代になると家族の幸せを考えるようになるかもしれません。

妻子を幸せにするのに、お金はあるに越したことはありませんね。

いつまでにどんなスキルを身につけて、転職してキャリアアップする!

というビジョンを持てるのなら、どんな選択も正解だと思います。

やはり、「生きていく上でお金は必要になるから」という理由がベースの意見が見受けられるようです。
 

2.仕事で給料を重視「しない」場合の生活とは

給料を重視しないと、以下のようなことが起こります。

給料 やりがい 4

若い頃は「やりがい」を求めて仕事をする人も多いですが、今の時代で年収200~300万円の場合、今後の生活に支障をきたしてしまう可能性もあるため、よく見極めることが重要です。

自分の市場価値知りたくありませんか?

ビズリーチでは登録者の70%以上が市場価値を知るために利用しています。

転職を考えるときにはまず自分の市場価値を知ることか大切です。

ビズリーチに登録しておくことで、スカウトを受けることができ年収UPする人が続出しています。
 


ビズリーチ転職後の平均年収

  • 30代:840万円
  • 40代:960万円

今すぐ登録してまずは市場価値を確かめましょう!
 

ビズリーチの公式サイト
▶︎https://www.bizreach.jp/

人生に満足したいのなら「やりがい」を重視した方が良い

1.仕事でやりがいを重視「する」メリット

実際に働いている方の「声」を知った方が良いので、JobQ内での質問に対して、「仕事でやりがいを重視する」と回答している意見をご紹介します。

やりがいと年収、どちらを選ぶべきでしょうか

やりがいですね。

でも年収の比重と大差がある訳ではないのでどちらも大切です。

個人的な意見ですが私はこの順番ですね。

やりたい > 働きやすさ > やりがい > 年収

いくらやりがいがあっても年収が高くても身体を壊してまでやらなくて良いと思います。

ただし、やりたい事があるならそれを優先すべきだと考えます。

やりがいの定義が非常に重要です。

例えば、やりがいの定義を下記のように設定した場合、それが得られれば例え収入が少なくて、経済的な自由が少なくても、人生に満足できるか?を比較すればよいと思います

■やりがいの定義の例
人に感謝されると嬉しい ⇒ 感謝されれば、自分は6畳一間の質素な生活でも問題ない。

寝食を忘れて夢中になれる ⇒ 忙しくて時給換算したら割に合わない、とか考えもしない。

仕事の成果で有名になれる ⇒ 給料が安くても、その業界でビジネス雑誌やTVで紹介されたら満足

 

2.仕事でやりがいを重視「しない」場合の生活とは

仕事でやりがいを重視しなかった時の状態をリストアップしました。

  • 自分が何のために働いているのかわからなくなる
  • モチベーションが給料のみだと精神的にきつくなる
  • 給料が下がった時に、他にモチベーションが無くなる

補足ですが、仕事にやりがいを感じない場合は、JobQ内で「仕事にやりがいを感じない方」向けに掲載しているコチラの記事をご覧ください。

「やりがい」か「給料」か、どちらも選べない時

1.自分と向き合う時間をつくる

自分が、「やりがい」と「給料」のどちらを優先すべきなのかを知るためには、まずは自分自身を知る必要があります。

自分と向き合う時間を設け、主に以下のことを確認しましょう。


自分と向き合い、自分の過去や未来を考えてみることで、人生の中で何を求めているのかがわかると思います。

2.他にも優先すべきことはないか考える

自分自身と向き合ったあとにすることは、その中で優先順位を付けることです。

優先すべき項目例としては、

  • 勤務地
  • 福利厚生
  • 働く時間
  • 人間関係
  • 会社の規模感
  • その仕事が好きかどうか

などが挙げられます。

ご自身の中で、何を大切に仕事をしていきたいかを再度確認してみましょう。

迷ってしまう方は、次の「職場に求めるランキング」を参考にしてみてください。

おまけ:職場に求めることランキング


参考:エン・ジャパン(「仕事の価値」ランキング)

仕事をする上で「やりがい」や「給料」の他に、何を優先したらよいか、見当がつかない方は、上記の「仕事の価値観」ランキングをご覧ください。

やはり、「プライベートの時間」や「人間関係」を重視するようです。

特に、女性の方がこの傾向は顕著です。

まとめ

仕事において、やりがいをとるか、給料をとるか、どちらを選択するのがベストであるのかは、答えがありません。

一番は、バランスの取れたお仕事に就くのが理想的ですが、ご自身の生活や生活と向き合った上で判断するのが、最も有効であると考えられます。

完全無料!転職エージェントおすすめランキング

  転職エージェント/公式サイト 総合評価
1位 マイナビエージェント
 https://mynavi-agent.jp/

4.7 ★★★★☆
2位 レバテックキャリア
 https://career.levtech.jp/
4.4 ★★★★
3位 ビズリーチ
 https://www.bizreach.jp
4.3 ★★★★
4位 リクルートエージェント
 https://www.r-agent.com
4.2 ★★★★
4位 パソナキャリア
 https://www.pasonacareer.jp/
4.2 ★★★★
6位 JAIC
 https://www.jaic-college.jp/
4.1★★★★
7位 ハタラクティブ
 https://hataractive.jp/
4.0 ★★★★
8位 第二新卒エージェントneo
 https://www.daini-agent.jp/
3.8 ★★★☆

 

1位 年収アップを目指すならマイナビエージェントがおすすめ!

2位 IT業界で年収アップなら目指すなら業界大手のレバテックがおすすめ!


この記事は役に立ちましたか?

この記事に関連する転職相談
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料

関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す