• HOME
  • ビジネス
  • 【Refcome(リフカム)の評判や魅力とは】リファラル採用で社内を活性化しよう

【Refcome(リフカム)の評判や魅力とは】リファラル採用で社内を活性化しよう

採用は会社の大きな課題の一つです。コストや離職の観点から、採用に課題を抱えている会社も多いのではないでしょうか。今回はリファラル採用を提供しているリフカムについて、その魅力を紹介していきます。そもそもリファラル採用とは何か、という観点や、実際の導入事例などを紹介しながら、リフカムのサービスの強みについて見ていきます。ぜひ参考にしてみてください。

リフカムとは

企業概要

社名 株式会社リフカム
経営陣 代表取締役CEO 清水 巧
取締役CXO 出口 貴也
事業内容 リファラル採用を活性化するサービス
「Refcome」「Refcome Teams」の開発・運営等
設立 2014年1月24日

(参考:リフカム 会社概要


会社のミッション

「採用を、仲間集めに。」

と掲げるように、リファラル採用を通じて採用システムを改革しているのがリフカムです。

今回はリフカムの提供する『Refcome』と、その魅力について紹介していきます。

リファラル採用の魅力

それでは、Refcomeが提供するリファラル採用とは、どのようなものなのでしょうか。

リファラル採用のメリットとデメリットについて、見ていきます。


リファラル採用とは

リファラル採用の語源は「リファラル・リクルーティング」(REFERRAL RECRUITING)となっています。

これは、英語で「紹介」を意味する"Referral"と、「求人、採用」を意味する"Recruiting"を組み合わせたものです。

簡単にまとめると、リファラル採用とは紹介による求人を指したものになります。

具体的には、自社の求人情報に当てはまる人材を、社員の知人や友人を紹介してもらうことで、採用に結びつけるものということです。


リファラル採用の魅力

『Refcome』を導入し、リファラル採用をするメリットとして、以下の4つが挙げられます。

  1. 紹介したいと思ってもらえる会社づくりができる
    社員が知人や友人にも「紹介したい」と思えるような会社を作らなければ、リファラル採用は成功しないでしょう。必然的により良い会社づくりが求められるため、会社と社員の双方にメリットがあります。
     
  2. 離職率を抑えることができる
    社員の紹介によって採用するため、会社のカルチャーを理解してもらえる可能性が高いです。そのため、入社後にギャップを感じにくく、すぐに会社に馴染んでもらえることでしょう。結果として、会社全体の離職率を抑えることにもつながります。
     
  3. コストを削減できる
    リファラル採用とその他の転職サービスを比較した場合、コストは以下の通りになります。もちろんリファラル採用の報酬を社員に支払うこともありますが、その場合でも、他のサービスよりもコストを抑えることが可能になります。
     
    ナビサイト経由 50万~100万円/人
    人材紹介エージェント 100万円以上/人
    リファラル採用 0円/人(社員に報酬を支払うことも)

     
  4. 転職意欲のない人にもアプローチできる
    社員によって知人や友人を紹介してもらうシステムなので、転職サービスを活用していない人も候補者に挙げることが可能です。その中には、転職サービスでは見つけることができないような、優秀な転職潜在層もいるかもしれません。

    自社の魅力をアピールすることができれば、そのような転職を考えていない人に対しても、自社の選考を受けてもらえることができる可能性があります。こうした将来的なアプローチができるのも、リファラル採用の魅力です。


リファラル採用で気をつけること

一方で、リファラル採用にもデメリットはあります。

以下の4点についても見ていきましょう。

  1. 時間がかかる
    社員に紹介をしてもらうため、できるだけ早く求人をしたい場合にはあまり向いていません。
     
  2. 報酬(インセンティブ)目的の紹介がある
    社員に対する報酬が高すぎてしまうと、報酬を目的とした紹介が増える可能性があります。制度設計をする際には、適切な金額を検討すべきでしょう。
     
  3. 社風の固定化
    社員の知人や友人を紹介してもらうと、どうしても似たような社員が集まってしまいます。求める人材の定義を事前に検討するとともに、社内にも共有しておくことが大切でしょう。
     
  4. 不採用の場合のケア
    社員に紹介してもらったとしても、不採用にせざるを得ないケースがあることでしょう。社員と候補者の人間関係についても、配慮が不可欠です。

Refcomeの強み

リファラル採用の中でも、特に『Refcome』を導入するメリットは以下の通りです。

  • リファラルを実施する上での「強み」と「伸びしろ」を可視化
  • 効果的な役割分担が可能な紹介フロー
  • “継続できない”を解決
  • アドバイザーによるサポート体制

それでは、詳しく見ていきましょう。


リファラルを実施する上での「強み」と「伸びしろ」を可視化

リファラル採用を従業員が出来るようになるには、現状を把握する必要があります。

課題が明確になっていなければ、打つべき打ち手がわからず、せっかくの施策も徒労におわってしまいます。

リフカムの提供する『Refcome Score』では、リファラルを実施する上で「自社の強みが何で」「伸びしろは何か」を従業員アンケートで特定することができます。

現状を理解したうえで、課題解決につながる最適な施策を検討できるようになります。

効果的な役割分担が可能な紹介フロー

従来のリファラル採用では、次のようなプロセスで紹介が発生します。

従業員が

  • 自社の募集ポジションを認識し
  • 「自社に合いそう」と思う友人や知人を想起し
  • お誘いして会社についての魅力付けをして、転職の意向があるか確認し
  • 意向があれば人事に紹介する

というものです。

上記のような奇跡的な条件がそろったときでないと、紹介が発生しないため、リファラル採用に成功実感を持てずにいる企業も多くいます。

リフカムの提供する『Refcome Teams』では、プロセスを分けて実行・管理することができます。そのため、「自社に合いそう」と思う友人や知人を思い出して登録しておく、

というプロセスまでを従業員が担当し、以降は人事、魅力付けは役員が行うというように、それぞれのプロセスを適した役職の方に行ってもらえるようになります。

このように、役割分担を行うことで、従業員のリファラルへの参加ハードルを下げることができます。

“継続できない”を解決

リファラル採用をはじめてみると、ほとんどの場合、「最初は紹介してくれたけれど、時間が経つにつれて紹介数が減ってしまった」という問題に直面します。

Refcome Teams』では、リファラル採用が継続できない課題を解消します。

誰がどんな人を紹介してくれたか、を管理するのにエクセルやスプレッドシートを使用する企業が多くいますが、このような管理方法では、更新が億劫になり、次第に利用されなくなってしまいます。

『Refcome Teams』では、誰かが情報を入力すると、瞬時にSlackで通知が飛んでくるので、わざわざエクセルやスプレッドシートを見に行かずとも、周りのメンバーの動きがわかるようになります。

Slackの通知が業務の合間に見れることで、リファラル採用を日常の当たり前にすることができます。

また、誰がどれくらいリファラル活動に参加しているのかを集計し周知するのでは手間がかかり時差が生じます。

『Refcome Teams』では、行動数に連動したランキングや、貢献度や、周りからの賞賛をリアルタイムに可視化することができます。

これにより、リファラルが継続できない課題を解決し、当たり前の文化として根付かせることを実現します。

(参考:スマートフォンからの入力で仲間の動きが瞬時に把握できるように


アドバイザーによるサポート体制

リフカムのサービスでは、人事経験者や人材業界出身のアドバイザーにより、リファラル採用を成功に導く支援を行います。

蓄積したノウハウをもとに提供する、組織の課題や状況に合わせたコンサルティングも、『Refcome』ならではのサービスです。

リフカムのサービスを使うべき会社

リフカムのサービスを積極的に使うべき会社は、以下のような会社が挙げられるかと思います。

  • スタートアップ
  • 採用コストに悩んでいる会社

これらの会社が使うべき理由について、見ていきます。


スタートアップ

スタートアップの環境として、知名度や資金がなく、あらゆることがチャレンジであるという点があるでしょう。

そのため、採用活動においても戦略的な活動が求められるかと思います。

特にリファラル採用を強化することは、以下のようなメリットがあります。

  • 大手企業と採用競争をしなくて良い
  • ミスマッチを減らすことができる

特に限られた人手でサービスを拡大させたいスタートアップにとっては、会社の社風やミッションに共感してくれる人が求められるため、リファラル採用を有効的に活用することで、会社の成長につなげることができます。

(参考:リファラル採用は、”仕事っぽく”なったら負け。他人事だった採用が、部署の垣根を越えて浸透するまで


採用コストに悩んでいる会社

『Refcome』を導入することで、リファラル採用を活性化することができれば、採用コストの削減につながります。

実際に、人材紹介会社に支払う手数料が削減され、3000万円ほどを削減できた会社もあります。

リファラル採用であれば長期的な離職率も抑えることが期待できますし、採用コストに悩んでいる会社は要検討です。

(参考:リフカム導入で3000万円の採用コストを削減。LE.O.VEが取り組む「全員人事」とは

最後に

今回はリファラル採用を活性化させるサービスである、『Refcome』の魅力について見てきました。

少しでも『Refcome』に興味を持たれた方は、ホームページから資料請求をしてみてください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

この記事に関連する転職相談

イマドキ副業とか在宅ワークとか認めない会社ってオワコンだと思うんですが…

イマドキ副業とか在宅ワークとか認めない会社ってオワコンだと思うんですけど、そういうオワコン会社は駆逐されて欲しい。

副業の許可を得ていて別収入をもらったら解雇になるのですか?

万一従業員が上司から自宅待機を命じられた日に、別収入(日雇いバイト、業務委託案件など)を得ていた場合、会社をクビになるものなのでしょうか? たとえ副業の許可を上司から得ていたとしてもです。...

副業をしたいのですが何をすればいいですか?

副業を今すぐにでもしたいのですが、 何をしたらいいか、わかりません。 月曜から金曜まで昼職で だいたい19時には自宅に着きます。 候補を挙げてほしいです。

超大手企業でもダブルワークが推奨されていくとおもいますか?

働き方改革など、様々な改正が行われています。 近年では、副業推奨などの声が高まりつつあるように思うのですが、それでも日本の老舗大手企業はこういった波に対して抗う事が多いのではないか?と個人...

20代サラリーマンで1億円持っているのですが、使い道を教えてください。

こんばんは。 私は現在26歳でサラリーマンをしているものです。 先月に副業で1億円を稼ぎ出すことに成功しました。 しかし、もちろんここまでお金を持つのは初めてなので使い道がわか...

女性の副業でオススメな業界や職種はどこがありますか?

副業に適した業種ってどんなものがあるでしょうか。

今時副業を認めない企業ってどういう理由からが多いですか?

今、転職活動をしています。 転職先には、副業を許可している企業へと考えているのですが、企業のHPに載ってないことが多い一方で、副業を認めている企業については、メディアに取り上げられていたり...

みなさん、本業以外に副業をされてますか?

みなさん、本業以外に副業をされてますか? されている場合はどのようなもので月にいくらぐらい稼いでますか?

副業がOKな転職先を紹介してくれる転職エージェントはどこですか?

副業ができる会社に転職するには、転職エージェントに聞けば教えてくれますか? 奨学金等の返済に苦しんでおり、副業ができる会社に転職するか検討しています。 毎月、毎月、その日暮らしの生活...

アクセンチュアのインタラクティブに転職するにはどこ経由で応募すれば良いですか?

アクセンチュア/インタラクティブへのベストな応募ルートについて 外資広告代理店で営業、プランナー歴7年です。 直接応募を考えていたところ、転職エージェントから同ポジションの打診があり...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す