転職先が決まってから退職する際の伝え方や手続きのコツを紹介

転職先が決まってから退職する際の伝え方や手続きのコツを紹介

転職先が決まってから退職を考えている方も多いのではないでしょうか。この記事では、転職先が決まってから退職する際の伝え方や、退職の流れ・手続きを紹介します。また、パートの場合も転職先が決まってから退職した方がいいのか、失業保険についても解説しますのでぜひ参考にしてみてください。

2294

転職先が決まってから退職するメリット

ポイント

メリット1:収入の心配がない

メリット2:転職活動の期限がない

メリット3:無職の期間が発生しない

まずは、転職先が決まってから退職するメリットを確認していきましょう。

メリットを知って、どのような流れで退職するかを検討してください。
 

メリット1:収入の心配がない

転職先が決まってから退職する場合、次の職場が決まっているため収入がなくなる心配がありません。

お金がなければ生活することは困難です。

しかし転職先が決まってから退職するなら、問題なく暮らせるメリットがあります。
 

メリット2:転職活動の期限がない

退職後に転職活動をおこなうと、早く次の職場を決めなければいけないと感じ、焦ってしまう方もいます。

また収入がなくなるため、金銭的な面で早く転職先を決めたいと考える方もいるでしょう。

しかし転職先が決まってから退職するなら、現在の仕事を続けたまま転職活動をおこなうことになります。

収入や期限の問題もないため、じっくり時間をかけて転職活動を進められるのはメリットといえます。

さらに自己分析や企業研究も時間をかけてできるのも、転職先が決まってから退職するメリットとなるでしょう。

なお自分に合っていない適当な企業へ転職するのはおすすめできません。

焦って転職してしまうと、失敗する確率も高くなりやすく、転職先に不満を抱き後悔することになります。
 

メリット3:無職の期間が発生しない

転職先が決まっているのであれば、退職後すぐ働くことになります。そのためブランクが発生しません。

ブランクなく働くのは、今後のキャリアプランにも良い影響を与えます。

退職はその場限りのものではなく、これから働く人生にも関わってくることを忘れないようにしてください。

転職先が決まってから退職するデメリット

ポイント

デメリット1:プライベートの時間が減る

デメリット2:上司からの引き留めに合いやすくなる

デメリット3:転職先の入社時期の調整が難しい

続いて、転職先が決まってから退職するデメリットを確認していきましょう。

転職先が決まってから退職をする際どのような部分がデメリットになるのでしょうか。
 

デメリット1:プライベートの時間が減る

転職先が決まってから退職する場合、現在の仕事と並行して転職活動を行います。

そのため本来の休日や、休憩の時間に転職活動を進める必要があるでしょう。

仕事終わりに面接に行ったり、書類作成をプライベートの時間で進めたり、いつもよりハードスケジュールになるかもしれません。

さらに繁忙期に転職活動を進めると、体力的にも苦しくなる可能性があります。
 

デメリット2:上司からの引き留めに合いやすくなる

転職先が決まる前に退職の話を切り出すと、上司からの引き止めにあいやすくなる可能性があります。

なぜなら転職先が決まっていないのであれば、まだ会社に留まる可能性があると思われるからです。

強く引き止められると、約束していた入社日に間に合わなくなる場合もあります。そのため、転職先が決まってから伝える方が、トラブルを起こさずにすむでしょう。
 

デメリット3:転職先の入社時期の調整が難しい

転職先が決まっている場合、入社日や入社時期を指定されることも多いでしょう。

そのため現在働いている会社を辞めるタイミングと、転職先の入社日の調整が必要となります。

デメリットとして例えば、ボーナスをもらってから退職したいと考えていたり、有給を全て消化してから退職したいと思ったり、このような場合に自分の希望通りに行かない可能性があるでしょう。

自分の市場価値知りたくありませんか?

ビズリーチでは登録者の70%以上が市場価値を知るために利用しています。

転職を考えるときにはまず自分の市場価値を知ることか大切です。

ビズリーチに登録しておくことで、スカウトを受けることができ年収UPする人が続出しています。
 


ビズリーチ転職後の平均年収

  • 30代:840万円
  • 40代:960万円

今すぐ登録してまずは市場価値を確かめましょう!
 

ビズリーチの公式サイト
▶︎https://www.bizreach.jp/

転職先が決まってから退職する流れと手続き

ポイント

就業規則を確認

退職したいことを上司に伝える

退職届を会社に提出する

会社から書類を受け取る

会社から借りていた備品などを返却する

退職の手続きは、複雑でかつ初めての転職者には不安に感じている部分も多いでしょう。

適切に退職をするためにも、退職にまつわる手続きを理解するの重要です。

ここでは、転職先が決まってから退職までにする手続きを解説していきます。
 

就業規則を確認

転職先が決まってから退職をする際に、まず行うことは就業規則の確認です。

なお転職先が決まる前、退職を意識したときにも就業規則を確認するのがおすすめです。

就業規則は、会社によってそれぞれ異なります。

退職したい場合、何日前までに連絡する必要があるのかどうかをしっかり確認しておきましょう。

基本的には退職日の1〜2ヶ月前に報告をする会社が多いようです。
 

退職したいことを上司に伝える

就業規則を確認したあとは、退職したいことを直属の上司に伝えましょう。

事前にメールなどで、「相談したいことがある」とアポをとってください。

なお退職したいことを伝えるときは、上司と二人で話せる会議室などの個室がおすすめです。

なぜなら本来伝えるべき上司以外に聞かれてしまうと、退職の噂が流れる可能性もあるからです。

退職を伝えるタイミングとしては、繁忙期を避けた業務時間外の終業後がゆっくり話せておすすめです。

また退職の旨を伝えると、引き止めに合うパターンもあるため注意してください。
 

退職届を会社に提出する

退職手続きで書類を提出する際は、退職願より退職届の方を渡すのがおすすめです。

退職願は退職したいことを願い出るための書類であり、退職届は退職を申し出る書類です。

退職届は会社との合意後に出すため、正式に辞められる書類になるため、退職届を提出するとよいでしょう。

また退職の意向は、最初は必ず直属の上司から伝えるようにしましょう。

 

会社から書類を受け取る

退職時に会社から渡される書類をしっかり確認しましょう。

会社から受け取る書類は、以下の通りです。

  • 雇用保険被保険者証
  • 年金手帳
  • 離職票
  • 源泉徴収票

雇用保険被保険者証・離職票・源泉徴収票は、退職時に会社から受け取ります。

年金手帳は厚生年金への加入手続きに使うため、必要になります。

いずれの書類も転職先で必要なため、受け取り忘れないようにしましょう。

 

会社から借りていた備品などを返却する

以下のような会社から借りていた備品などは、忘れずに返却するようにしましょう。

  • 健康保険被保険者証
  • 名刺
  • 社員証
  • 通勤定期券
  • 業務に関わる書類・データ

いずれも退職の10日前あたりから、チェックしておくのがよいでしょう。

とくに私用のPCに業務データが入っている場合は、消去するのを忘れないように気をつけてください。

関連記事
▶︎詳しい解説で安心!退職はいつまでに伝える?手続きの方法や法律
▶︎退職最終日のやることは?流れや挨拶の例文を紹介!

転職先が決まってから退職するまでの期間

転職先は決まったとしても、引継ぎや就業規則によって、1〜2ヶ月期間を設ける必要があるケースが多いです。

ここでは、転職先が決まってから退職までのスケジュールを組む際に気をつけるべきポイント・期間についてまとめました。

 

退職希望月の3~4ヶ月前から転職活動を始める

転職活動は、退職希望月の3~4ヶ月前からスタートさせるようにしましょう。

転職活動期間の平均は、3ヶ月程度といわれています。

そのため余裕をもったスケジュールで、転職準備を始めるようにしてください。

また長期化しそうな場合は、半年ほどで見積もって計画を立てましょう。

 

繁忙期に差し掛からない期間で転職活動を行う

繁忙期は避けて転職活動をするのがおすすめです。

なぜなら繁忙期の中でスケジュールを組むと時間が限られるため、面接日程の調整が難しくなります。

なるべく余裕のある閑散期に転職活動できるように、あらかじめ逆算して計画しましょう。

 

引継ぎは1ヶ月ほど期間を設けておく

引き継ぎは、退職までの1ヶ月ほど期間を設けておくのがよいでしょう。

担当している仕事をどこまで自分で行い、どこから引き継ぐかを決めなければいけません。

決めた後はマニュアル作成をしたり、後任へ直接伝えたりするための時間が必要になります。

業務に支障を出さないよう、余裕をもったスケジュールを組みましょう。

 

計画通りにいかないことも想定しておく

転職活動は、景気や時期によって求人数が異なる場合もあります。そのため、転職は必ずしも計画通りに進むとは限りません。

スケジュールをギリギリまで詰めてしまうとトラブル時、各日程に間に合わなくなる可能性があります。

転職活動や退職の手続き期間に、予備日を設けて想定外の事態が起きても、対応できるようにしましょう。

 

有給の消化を忘れない

有給消化も忘れずに、計画に入れておくようにしましょう。

とくに引き継ぎのスケジュールは、有給消化を念頭に入れて組んだ方がいいです。

なぜなら円満退社できなかった理由として、有給を消化しきれなかったことが多いからです。

有給の残り日数をあらかじめ確認して、すべて消化できるように調整しましょう。

関連記事
▶︎【退職のベストな時期とは】交渉方法やボーナスの疑問について解説
▶︎退職前に引き継ぎをしよう!メールのやり取りや資料の作成方法について

転職先が決まってから退職する際の伝え方

ポイント

退職は直属の上司へ1番最初に伝える

繁忙期を避けて退職までのスケジュールを組む

朝や夕方など人いない時間帯に伝える

退職日は上司と相談して決める

退職を迷う気持ちは払拭してから伝える

転職先については伝えなくてもいい

転職理由に会社や同僚の悪口を言わないようにする

就業規則を確認しておく

退職を伝える際に、避けたいトラブルの1つに、「上司からの引き留め」が挙げられます。

JobQにも、上司から引き留められて退職がスムーズに進まない人からの質問が投稿されていました。

退職時に引き止められてしつこいのですがどうしたらいですか?

転職先が決まり、現職を辞めると伝えても保留にされ辞めさせてもらえません。

もう限界なんですが、、なるべく円満退職したいのですが、何か良い方法ないですか??

皆様の意見聞きたいです。

退職は権利です。

上司への退職通知は相談じゃなく報告です。

就業規則に30日前に通知することのようなルールが書いてあるので、就業規則を確認の上淡々とことを進めれば良いだけです。

それを言う勇気がないのなら、退職代行サービスを利用するとか。

違法行為ですから、すぐ何とかなります。

録音しておいて、録音を聞かせながら、これ以上言ったら労基法違反なのでこの録音を労基署に提出する、民法上の違法行為なので労働審判起こす、業界関係のユニオンにも見せて組合争議もやってもらう、…続きを見る

回答にもあったように、会社は社員の退職を引き止める権利はありません。

しかし、引き止める権利はないと承知していても、円満に退職したいと思う人の方が多いはずです。

ここでは、上司からの引き留めに合わないように退職を伝えるコツや、退職を伝える際に気をつけておくべきポイントについて解説していきます。

退職の伝え方に困っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

退職は直属の上司へ1番最初に伝える

退職の意向は、直属の上司へ1番最初に伝えるようにしましょう。

なぜなら直属の上司が自分以外の人から知ると、周りから上司の管理能力に疑問をもたれ、失礼にあたるからです。

親しい同僚などであれば、話やすいため先に伝えがちですが、上司への報告が最優先です。

そのため、退職を伝える順番は間違えないように気をつけましょう。

 

繁忙期を避けて退職までのスケジュールを組む

なるべく繁忙期は避けて、退職までのスケジュールを組むようにしましょう。

繁忙期の場合、引き継ぎに十分な時間が取れず、上司に退職を伝える時間を確保しづらくなります。

忙しいにもかかわらず、急にやめることを伝えると、メンバーに迷惑がかかります。

そのため退職するまでの日程を逆算して、余裕がもてるように調整しましょう。

 

朝や夕方など人いない時間帯に伝える

退職を伝えるのは、朝や夕方など人がいない時間帯がベストです。

日中の仕事をしている時間帯だと、上司も忙しく、退職の話をそらされる可能性があります。

また、周りに退職の情報が伝わらないようにするために、個室の中で話し合いをしましょう。

周りにばれるとトラブルになる可能性があるため、人の少ない時間と場所を選ぶのがポイントです。

 

退職日は上司と相談して決める

退職日はなるべく一方的に押し付けて伝えないように、上司と相談して決めましょう。

まずは退職希望日を伝えて、交渉を切り出します。

現在の業務を引き継ぎする必要もあるため、一方的な決めつけはトラブルの原因になります。

受け入れてもらえるよう、お互い歩み寄って交渉するように意識しましょう。

 

退職を迷う気持ちは払拭してから伝える

退職に迷う気持ちは、払拭してから伝えるように気をつけましょう。

迷う気持ちが見えると、上司から引き止められやすくなり、なかなか退職できなくなります。

退職の話を切り出すことは、やめる意思がある表れです。

なるべくあやふやな表現は避けて、仕事をやめる強い意志表示をしましょう。

 

転職先については伝えなくてもいい

退職を伝える際は、転職先について話す必要性はありません。

円満退職ができなかった場合、とくに同じ業界への転職だと、悪口を言いふらされる可能性もあるからです。

そうなると、転職先で仕事を続けるのが難しくなります。

転職先を伝える義務はないため、聞かれても言わないようにしましょう。

 

転職理由に会社や同僚の悪口を言わないようにする

上司に転職理由を聞かれたら、会社や同僚の悪口を言わないようにしましょう。

不満や悪口は相手に悪い印象を与え、円満退職ができなくなる可能性があります。

また引き継ぎや職場の人への挨拶などが、やりにくくなるかもしれません。

不満があってもその場はこらえて、前向きな理由を伝えるようにするのが賢明です。

 

就業規則を確認しておく

退職を伝える前に、就業規則を確認しておくのが最も大切なことです。

なるべく就業規則の退職までの日数は守るようにスケジュールを組みましょう。

退職届を受け取らないなどのトラブルが発生した場合は、法律上2週間前に伝えていれば退職は可能です。

万が一揉めた場合は、退職代行を活用することも検討しましょう。

円満退社をするためにも、なるべく就業規則に沿って退職を伝えるようにしてください。

 

法律では退職を2週間前に伝えることが決められている

民法627条1項で「雇用は、解約申入の後2週間を経過したるに因りて終了する」と定められています。

つまり、退職することを伝えてから2週間経てば、会社を辞められます。

2週間より前の退職は法律上できないため、スケジュールをしっかり組むことが必要です。

参考:民法627条1項

関連記事
▶︎【退職の伝え方】退職理由の例文から切り出し方までご紹介
▶︎【退職を伝えるのは朝一がいい?】得する・損するタイミングとは
▶︎【退職するときに引き止められたら?】対策方法と円満に辞める方法
▶︎【月末が有利?】損をしない退職日の決め方

転職先が決まってからの退職でよくある質問

最後に、転職先が決まってからの退職でよくある質問を見ていきましょう。

  • 転職先が決まってから退職しない場合に使える手当・制度は?
  • 転職先が決まってから退職するのにおすすめな時期は?
  • 転職先が決まってから退職するコツは?

それぞれ順番に確認していきましょう。

 

転職先が決まってから退職しない場合に使える手当・制度は?

転職先が決まらないまま退職したとしても、使える手当・制度はあります。

具体的には、以下のとおりです。

  • 失業手当
  • 再就職手当

まず失業手当はハローワーク手続きが行えます。

自己都合退職の場合、申請から3か月後に支給が開始されます。リストラや倒産などによる退職は、特定理由離職者として申請から7日後です。

ただし、口座へ振り込まれるのは約1ヶ月後からのため、注意してください。

また受給期間は年齢、雇用保険の被保険者であった期間、退職理由により、90日~360日の間で決められます。

次に再就職手当は、再就職するまでの期間にもらえる手当です。そのため、支給タイミングや金額が異なります。

再就職手当の金額は、失業手当の支給残日数に応じて、以下のように決まります。

【失業手当の支給残日数が3分の2以上の場合】

基本手当日額×支給残日数×70%

失業手当の支給残日数が3分の1以上の場合

基本手当日額×支給残日数×60%

つまり失業手当の支給残日数が、3分の1以上残っていることが条件ですので、注意してください。

再就職手当はハローワークから再就職手当支給申請書を受け取り、就職先に提出することで受け取れます。
 

転職先が決まってから退職するのにおすすめな時期は?

退職を伝えるタイミングで多いのは、7月〜8月や12月〜1月です。

この時期は、ボーナスが出たあとのため退職を伝える方が多くいます。

会社によっては、賞与をもらう前に退職の意思を伝えると賞与をなかったことにするパターンもあります。

確実に賞与をもらってから退職を伝えれば安心でしょう。

またそれぞれの業界・業種には繁忙期があります。出来るだけ忙しい時期は外して退職すると円満に辞められるでしょう。
 

転職先が決まってから退職するコツは?

転職先がすでに決まっている状態の場合、円満退職を目指すのは当然と言えます。

問題なく現在の会社を辞めるコツとしては、以下があげられます。

  • スケジュールを計算する
  • 引き止めをしっかり断る
  • 有休消化やボーナスを重視しすぎない

まず転職先が決まっている場合、入社日が指定されているパターンが多くあります。

そのため入社日に合わせて退職日を決める必要があるでしょう。

しっかり余裕を持って、スケジューリングを行うのがおすすめです。

続いて、転職先が決まっているのであれば、引き止めを必ず断らなければいけません。

強い意思を持って、次の職場が決まっていることを伝えてください。

最後に、有給消化やボーナスを全額もらってから退職したいと考える方も多くいます。

しかし有休消化やボーナスを重視しすぎた結果、退職を伝えるタイミングを逃したり、うまく円満退職できなかったり、スムーズに辞められない可能性もあります。

ある程度は割り切って、転職活動を進めてみるのも良いのではないでしょうか。

まとめ

今回は、転職先が決まってから退職について紹介しました。

転職先が決まってから退職するのは、多くのメリットがあります。

また退職を伝える際、引き留めに合う可能性もあるでしょう。

もし転職先が決まってから退職する場合は、この記事で紹介した伝え方などを使ってみてください。

転職先が決まってからの退職でよくある質問

最後に、転職先が決まってからの退職でよくある質問を見ていきましょう。

  • 転職先が決まってから退職しない場合に使える手当・制度は?
  • 転職先が決まってから退職するのにおすすめな時期は?
  • 転職先が決まってから退職するコツは?

それぞれ順番に確認していきましょう。

転職先が決まってから退職しない場合に使える手当・制度は?

 

この記事は役に立ちましたか?

この記事に関連する転職相談
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料

関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す