13300_ハローワーク メリット_サムネイル

転職・就職でハローワークを使うメリットを求人・面接・手当別に解説

ハローワークで転職・就職活動をしている人もいるけれど、ハローワークを活用するメリットってあるの?と疑問に思った経験のある方も多いのではないでしょうか。そこでこの記事では、転職・就職活動におすすめのハローワークの使い方や、ハローワークを活用する制度や給付金のメリットを紹介します。また、実際にハローワークを使った人の体験談についても紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

ハローワークの概要・特徴を解説

ポイント

ハローワークとは都道府県労働局が雇用対策を展開している組織

ハローワークの営業時間は平日の8:30~17:15

ハローワークは全国各地の各市や町に設置されている

まずは、ハローワークの基本概要や特徴について解説していきます。

 

ハローワークとは

ハローワークとは、厚生労働省からの指示で都道府県労働局が雇用対策を展開している組織のことです。

主な業務として、職業紹介や雇用保険、雇用対策などを行っています。

ハローワークは就職が困難な人を支援するセーフティネットとして、重要な役割を担っています。

 

ハローワークの営業時間

ハローワークの営業時間は、基本的に平日の8:30~17:15です。

営業時間が9:00~17:00や10:00~19:00などの場合もあり、ハローワークによってさまざまです。

また一部の事業所では、土曜日も営業している場所もあります。

 

ハローワークの場所

ハローワークは全国各地に存在し、各市や町に設置しています。

ハローワークの場所を検索し、自分の住んでいる近くにある所へ行くことをおすすめします。

 

ハローワーク関連記事
▶︎
【ハローワークの服装】私服でも問題ないか解説!

▶︎
ハローワークと転職エージェントはどちらが有利?比較してご紹介


ハローワーク経由の転職のメリット【求人編】

ポイント

地元の求人の種類が多い

未経験での応募できる求人が豊富

マイページの登録をすると企業からスカウトが来ることも

ここでは、ハローワークの求人に申し込むメリットをご紹介します。

また、体験談も合わせてご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

 

ハローワークにいい求人はないって本当?

ハローワークには、多種多様な求人が集まっているため、選択肢の多さが特徴です。

どの企業でも無料で載せられる分求人数が多くなり、待遇が抜群によいものと巡り合う可能性が難しいです。

そのためいい求人を探すのは難しいけれども、探してみたら思わぬ求人に出会う可能性があるでしょう。

JobQにも、ハローワークの求人は信用できるのか不安に感じた方から質問が投稿されていました。

こちらも確認してみましょう。

ハローワークの求人って業界や職種問わず信用できますか?

現在、転職活動中の30前半、女性です。

ふと疑問に思ったのですが今のハローワークの求人って、信用に置けるのでしょうか?

求人を探すのにハローワークを使っている方、

実際に使って採用された結果どうだったかなどの声を聞かせていただけないでしょうか?

業種・職種は問いません。よろしくお願いいたします。

ハローワークの求人内容は基本的に企業が作成し不足が有れば担当者が確認する程度で時間をかけて審査しているとは思えません。

以前、建設関係の営業職の面接で土地を更地にする重機の運転もあるけど大丈夫か?と質問されたことが有りました。

求人内容にそんなことは書かれていません。

この時は自分から辞退するとともにハローワークに苦情を言いました。

今はネットで検索すれば口コミサイトなど多くの情報を事前に確認することができますのでご自身でも確認することが必要と思います。

一方で…続きを見る

求人によっては、実際に働くとなった際に、書かれていないことも業務内容として組み込まれる可能性があるとのことでした。

ハローワークの求人で選考を受ける際は、求人内容が合っているのか確認した方がいいでしょう。

14628

地元の求人の種類が多い

地元で就職したい人には、ハローワークの求人がおすすめです。

ハローワークは各自治体にあり、民間のサービスに比べるとその自治体エリア近くにある企業が求人を出している可能性が高くなります。

また、他サイトには出しておらず、ハローワークにしか出していない優良な求人もあるのがメリットとしてあります。

 

未経験での応募できる求人が豊富

応募へのハードルを下げ、広く採用をしたい企業が多く、ハローワークには未経験募集の求人も集まります。

そのため未経験可の求人が豊富にあり、転職によるジョブチェンジを考えている人にはメリットがあります。

 

ハローワークの求職情報公開のメリット

ハローワークに求職情報を公開するメリットとして、経歴やスキルを企業にアピールできることが挙げられます。

そしてあなたの求職情報を見た企業から、アプローチを受ける場合があります。

企業からアプローチを受けることで、今まで気がつかなかった自分が発見できる可能性があります。

 

ハローワークのマイページのメリット

ハローワークのネットサービスから、求職者マイページが開設できます。

マイページを開設するメリットとして、以下のような機能が利用できます。

  • 求人情報検索
  • オンライン応募
  • 求職活動状況の確認
  • ハローワークからおすすめ求人の受信

ハローワークの利用を考えている方は、マイページの開設をしてみてください。

ハローワークの紹介状を活用するメリットとは?

ポイント

企業は紹介状経由で採用するとハローワークから助成金がもらえる

紹介状があるからと言って選考に影響はない

ここでは、ハローワークの紹介状の仕組みについて解説していきます。

 

ハローワークの紹介状とは?

ハローワークの紹介状は、求職申込み後に職業相談をして、求人事業所へ紹介するときに発行されます。

紹介状には求職者の情報が記載されており、応募する際に企業へ提出します。

 

紹介状があっても内定は貰いやすくならない

紹介状経由で採用すると、企業にハローワークから助成金がもらえる制度があります。

助成金をもらうには求職者から紹介状を提出してもらうことが必要なため、企業にとっても重要な書類です。

そのため、紹介状があるからと言って選考に影響はなく、内定をもらいやすくなるわけではありません。

ハローワーク経由の転職のメリット【面接編】

ポイント

自己分析ツールを無料で利用できる

指導員の個別指導・セミナーのサポートがある

若者向けのサポートがある

次に、ハローワークで使える面接対策のサポート内容について、ご紹介します。

 

自己分析ツールを無料で利用できる

ハローワークでは、以下の自己分析ツールを無料で利用できます。

  • 一般職業適性検査(GATB)
  • キャリア・インサイト(適職診断システム)
  • 職業レディネステスト(VRT)
  • 職業興味検査(VPI)

質問に対して回答し、職業への興味や関心を調べ、適職を診断します。

ツールを利用することで、自分では気づきにくい適性がわかり、自分にあった職業と出会える可能性があります。

 

指導員の個別指導・セミナーのサポートがある

ハローワークでは個別指導サポートや、専門家による面接マナーなどの講座が用意されています。

講座の開催頻度は高く、無料で受けることが可能な点は、求職者にとってうれしいサポートです。

 

若者向けのサポートがある

ハローワークには、「若者応援宣言事業」という、若者向けのサポート事業があります。

35歳未満の人を採用・育成のために、通常の求人情報よりも詳細な情報を公表する中小企業を「若者応援宣言企業」としています。

若者応援宣言事業に指定された企業は、積極的にマッチングやPRを行い、若い方の就職をサポートします。

ハローワーク経由の転職のメリット【手当編】

ここでは、ハローワークで活用できる各種手当について、解説していきます。

 

失業手当

退職後は、ハローワークで失業手当の手続きが可能です。

自己都合退職の場合、申請から3か月後に支給が開始されます。

リストラや倒産などによる退職は、会社都合退職となり、特定理由離職者として申請から7日後となります。

金額は年齢や勤続年数によりますが、失業手当があれば退職してもしばらくの間は金銭面に余裕ができます。

 

再就職手当・就業促進定着手当

再就職手当とはその名の通り、再就職が決まった場合にもらえる手当です。

失業手当は再就職するまでの期間にもらえる手当のため、支給タイミングや金額が異なります。

再就職手当の金額は、失業手当の支給残日数に応じて、以下のように決まります。

失業手当の支給残日数が3分の2以上の場合

基本手当日額×支給残日数×70%
失業手当の支給残日数が3分の1以上の場合

基本手当日額×支給残日数×60%

つまり失業手当の支給残日数が、3分の1以上残っていることが条件なため、注意してください。

再就職手当はハローワークから再就職手当支給申請書を受け取り、就職先に提出することで受け取れます。

就業促進手当は、再就職手当の支給を受けた人が以下2つの条件を満たしている場合、受けとれます。

  • 再就職先に6か月以上雇用されている
  • 再就職先で6か月の間に支払われた賃金日額が、雇用保険の給付を受ける離職前の賃金日額に比べて低い

また支給額にも上限があり、上限額は以下の通りです。

上限額:基本手当日額×基本手当の支給残日数に相当する日数×40%

 

広域求職活動費

広域求職活動費とは、ハローワークの紹介により求人事業所を訪問して求人者と面接をした場合、支払われる交通費や宿泊費のことです。

受け取る場合は、広域求職活動を終了した日の翌日から10日以内に、ハローワークへ求職活動支援費支給申請書を提出します。

その際に、受給資格者証と広域求職活動指示書、広域求職活動面接等訪問証明書を添えて提出するのも必要です。

 

教育訓練給付

教育訓練給付金とは、45歳未満の離職者に対して、基本手当が支給されない期間でも受講費の一部を負担してくれる給付制度です。

支給額は教育訓練施設に支払った、教育訓練経費の20%にあたる額です。

中長期的なキャリア形成を考え、教育訓練をする方にとっては利用をおすすめする制度です。

ハローワークの求人への応募の手続き

ポイント

1.求人登録を行う

2.求人を紹介してもらう・自分で探す

3,紹介状をもらう

ここでは、実際にハローワークが掲載している求人への応募の仕方や登録方法の手順をご紹介します。

 

1.求人登録を行う

まずは、ハローワークで求人登録を行いましょう。

ハローワークにあるパソコン、または自宅のパソコンから求職情報を入力し、窓口で求職申込み手続きを行います。

もし問題がなければ登録が完了し、支援を受けられるようになります。

 

2.求人を紹介してもらう・自分で探す

求人登録完了後は、求人探しのステップとなります。

方法としてはハローワークの職員から求人を紹介してもらうか、自分で検索して探す方法があります。

紹介してもらう際は、職員に自分が希望している職種や条件を詳しく伝えておきましょう。

 

3,紹介状をもらう

応募する企業が決まり、選考を受けることになった際は、ハローワークから紹介状を受け取りましょう。

ハローワークの受付で手続きを行い、発行を行います。

上記で紹介したとおり、紹介状には求職者情報が記載されており、選考に影響するものではないので注意しましょう。

関連記事
▶︎
【例文付き!】求職申込書の書き方とは?1から完全解説

ハローワークの求人はやばい?【5つのデメリット】

ポイント

​​待遇のいい求人数が少ない

求人情報の詳細が少ない

指導員が転職ノウハウにあまり長けていない

職探しには自主性が大事になる

土日の利用が難しい

これまではハローワークを活用するメリットをご紹介してきましたが、一方で民間の転職サービスと比較してデメリットな部分もあります。

ここでは、ハローワークで転職・就職活動をするデメリットを5つ解説していきます。

 

​​待遇のいい求人数が少ない

ハローワークのデメリットとして、民間の転職サービスと比べて、待遇の条件がよくない求人も多い可能性があります。

求人数の多い点がハローワークの魅力ですが、いわゆるブラック企業に遭遇する可能性も高いため、見極めることが重要です。

 

求人情報の詳細が少ない

求人情報の詳細が少ないことも、デメリットして挙げられるでしょう。

民間の転職サービスには載せているような、オフィスや社員の画像がないため、企業のイメージがしにくいです。

また、載せられていない情報がある可能性があるため、選考時に確認したほうがよいでしょう。

 

指導員が転職ノウハウにあまり長けていない

指導員が転職ノウハウにあまり長けておらず、充分なサポートをしてもらえない可能性があります。

指導員は公務員であり、転職エージェントに比べるとより専門的な転職・就職のノウハウを知っている可能性は低いです。

そのため、必ずしもハローワークで再就職が上手くいくとは限らないことに注意しましょう。

 

職探しには自主性が大事になる

ハローワークには個別サポートは多くありますが、予約を入れないと対応されません。

また転職サイトとは異なり、求人情報をメールでくれるなどがないため、自分で探す必要があります。

そのため、自主的に行動することが重要です。

 

土日の利用が難しい

ハローワークは基本的に、平日にしか開かれておらず、土日の利用ができない場所が多いです。

そのため、働きながら転職活動をしている人は利用の難しい点がデメリットとしてあります。

ハローワークによっては土曜日も営業しているところがあるため、利用する際は営業時間を確認するとよいでしょう。

ハローワークを活用する企業側のメリット

ポイント

無料で求人を掲載できる

紹介状経由の採用だと助成金がもらえる

自社のパソコンから求人を出すことができる

多くの求職者に求人を見てもらえる

これまでは求職者向けにハローワークを活用するメリットをご紹介してきましたが、ここでは、求人を掲載する企業側のメリットについて解説していきます。

企業の採用担当者で、ハローワークの使い方が気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

無料で求人を掲載できる

企業がハローワークを活用するメリットには、求人を無料で掲載できる点が挙げられます。

転職サイトなどのサービスを通して紹介する場合、マッチング時に手数料がかかります。

一方で、ハローワークは国の公的な機関であるため、コストはかからずさまざまな企業が掲載可能です。

採用活動にあまりお金をかけられない若い企業などにとっては、大きなメリットです。

 

紹介状経由の採用だと助成金がもらえる

紹介状を通して契約することで、企業はハローワークから助成金がもらえるのもメリットです。

求職者にとってメリットはありませんが、企業側は助成金を支給してもらえるため、人件費の削減につながります。

助成金をもらうためには、契約の際に求職者から紹介状を提出してもらうことが必要です。

 

自社のパソコンから求人を出すことができる

ハローワークへの求人の掲載は、自社のパソコンからネット上で申し込むことが可能です。

ハローワークに出向いて直接申し込むこともできますが、会社からできるため移動時間などのコストを短縮できます。

 

多くの求職者に求人を見てもらえる

ハローワークは求職者の誰もが利用できるため、多くの人に求人を見てもらえる機会があります。

公的な機関によるサービスという安心感から、幅広い世代が求人を探すために利用しています。

また、求人の掲載期間延長もできるため、長期間求人を目にしてもらえるのも強みでしょう。

ハローワークのメリットでよくあるQ&A

最後に、ハローワークのメリットについてよくあるQ&Aをご紹介します。

 

ハローワークと派遣会社それぞれのメリットとは?

ハローワークは、アルバイトから正社員まで幅広い雇用形態の中から仕事を探せるのが特徴です。

1つの企業に縛られず、自分の状況やスキルにあわせて求人を探せます。

一方で派遣会社は、サポートの手厚い点がメリットして挙げられます。

派遣会社の担当者から仕事の紹介や相談など、さまざまなフォローをしてくれるのが強みです。

 

障害者がハローワークを使うメリットとは?

ハローワークは障害のある求職者に対しての、支援体制を整えています。

障害がある人向けの求人を紹介したり、障害のある方を対象とした就職面接会を開催したりしています。

障害が原因で仕事が探しにくい方は、ハローワークを利用してみるとよいでしょう。

 

地方版ハローワークのメリットとは?

ハローワークが保有する求人情報を、地方自治体等にオンラインで提供される仕組みがあります。

この仕組みによって、自治体が独自に紹介している求人に加え、ハローワークの求人情報が閲覧可能です。

結果として、求職者が応募する企業の幅が広がり、より就職に結びつきやすくなります。

最後に、就職とハローワークに関するQ&Aをご紹介します。

新卒でハローワークに行く人はいるのでしょうか?

新卒で、ハローワークに行く人っているんですか?

友人の話ですが、新卒でハローワークに行った人がいます。

結果的に、…続きを見る

新卒でハローワークを活用する方は、一定数いるようです。

回答をもっと読みたい方は、続きを見てみてください。

まとめ

今回は、ハローワークを活用するメリットについてご紹介しました。

ハローワークを使ったことがない、または初めて使う方はどのように活用したらいいか迷うことはあります。

もしハローワークを活用しようと決めた時は、この記事で紹介した対処法などを使って転職・就職活動を乗り越えてください。

この記事は役に立ちましたか?

この記事に関連する転職相談
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す