13469_カウシェ_SDGs_サムネイル

【カウシェ×SDGs】シェア買いアプリ年間売上No.1!『カウシェ』が新制度で目指す、多様な働き方の実現とは?

『株式会社カウシェ』について大塚さん、上林さんに取材!SDGsの取り組みについて、気になるポイントをお聞きしました。

みんなでお得に!シェア買いアプリの「カウシェ」

13469_カウシェ_シェア買いアプリ_1

JobQではSDGs目標8「働きがいも経済成長も」の視点から、社員に向けたSDGsや「働きがい」に取り組む企業を取材していきます。

今回ご紹介するのは、『株式会社カウシェ』。

複数人の「シェア買い」によって割引価格で商品が手に入る、アプリ「カウシェ」を運営しています。

それでは『株式会社カウシェ』のSDGsの取り組みについて、広報部 大塚 早葉さん、人事部 上林 遼さんに詳しくインタビューをしていきます!

オンラインで、世界一楽しいショッピング体験を!

13469_カウシェ_世界一楽しいショッピング体験_2

編集部
貴社の事業について教えてください。

大塚さん
1人では買えない物でも「シェア買い」ができるアプリ「カウシェ」を運営しています。
「世界一楽しいショッピング体験をつくる」をビジョンに、2020年4月に創業しました。
「カウシェ」は2人以上で「シェア買い」をすることで、通常価格から最大70%引き(※)の価格で商品を購入できるのが特徴です。
※商品により割引率は異なります。
自分を含めて2人以上であれば、友人や家族はもちろん「SNS上の誰か」とでも「シェア買い」が可能です。
「シェア買い」により、買い物の醍醐味でもある「この商品いいよね?」「一緒に買おうよ!」といったやりとりが、オンラインで実現します。
また、「世界一楽しいショッピング体験をつくる」というビジョン実現に向けて、2021年11月に、デライト・ベンチャーズをリードインベスター(※)として、総額約8.1億円の第三者割当増資を実施しました。
2020年11月に発表した資金調達と合計し、これまでの総調達額は約10億円にのぼります。
今後もさらなる体験価値の向上と拡大を目指していきます。
※ほか、SBIインベストメント、既存株主のANRI、グローバル・ブレイン、千葉道場ファンド

サステナビリティにつながる、C2Mモデルの実現

13469_カウシェ_C2M_3

編集部
SDGsの観点から、「カウシェ」についてどのように考えていますか?

大塚さん
「カウシェ」は、将来的にSDGsへ貢献できるプロダクトになると考えています。
従来の買い物スタイルは「商品があって、その中からユーザーが欲しいものを選ぶ」でした。
「カウシェ」では、「ユーザーの需要を元に商品を作る」「消費者が必要とする商品を必要な量だけ提供する」ため、C2Mモデル(Consumer-to-manufacturer/消費者から製造者へ)が実現できます。
大量生産をやめることは、在庫問題の解決や無駄なセールの実施を減らし、サステナビリティに寄与できると考えています。

多様な働き方を叶える「誰でも時短」制度

13469_カウシェ_誰でも時短_4

編集部
貴社は人事制度に「誰でも時短」制度を導入しました。
制度導入の背景について詳しく教えてください。

上林さん
「誰でも時短」制度は、特定の理由がなくても、誰でも時短勤務を選択できる制度です。
メンバーそれぞれが理想とする生き方・働き方の実現を後押ししようと、2022年2月に導入しました。 
時短制度に対する企業の取り組みは、国が定める最低限の義務や努力義務に沿った制度が多いです。
そのため、育児や介護など、特定の理由なしで時短制度を設けている企業は少ないのが現状です。
しかし、それぞれの個性やライフステージの変化によって、

  • 仕事に対する価値観
  • 人生において何に時間を使いたいのか

などの、仕事に対する考え方は変わってきます。
「誰でも時短」制度では、通常「週5日8時間」の勤務時間を、本人の希望により「1日4〜7時間」勤務の間で変更可能です。
「進学」や「趣味の充実」が理由でも時短勤務を選べることは、社員の理想とする働き方の実現を後押しすることにつながっているのではないでしょうか。

業務形態を問わず、社員の働きがいを実現!

13469_カウシェ_働きがい_5

編集部
「誰でも時短」制度は大きな働き方改革につながると思います。
制度を導入してから、社内や社外で変化はありましたか?

上林さん
制度を発表したばかりのため、現時点での利用者は1名です。
しかし、採用候補者の方や他社の経営者・HR責任者の方などから多くの反応をいただきました。
採用候補者の方からは、「スタートアップは家庭との両立が難しいイメージだった。しかし『誰でも時短』制度によってポジティブに捉えられた。」という声がありました。
また他社経営者からは、「『誰でも時短』のリリースは関心が高かった取り組み。制度を実現するためのオペレーションや体制の詳細を教えてほしい。」などの反応をいただきました。
社内では、「誰でも時短」制度以外にも副業や業務委託のメンバーに対して

  • 半期ごとに実施する目標設定
  • 評価サイクルに基づいた昇給やジョブローテーション

などの制度を設けました。
『カウシェ』は創業当初から今まで、社員の約8割が副業メンバーです。スキルの切り売りになりがちな副業メンバーも、『カウシェ』で働くことにやりがいを感じ、楽しんでほしいと考えています。
創業からまだ約2年ですが、昇給したメンバーはすでに10名、ジョブローテーションで新しいポジションに挑戦しているメンバーも3名います。
副業や業務委託のメンバーからは「社員と同様に向き合ってもらっていると感じる」というコメントをもらいました。

誰もが働きやすい職場を目指す『カウシェ』

13469_カウシェ_働きやすい職場_6

編集部
就活生や転職を考えている方に向けて、メッセージをお願いします。

上林さん
『カウシェ』は「自律・自燃型組織(自ら働く環境を楽しみ、熱量を最大化できる組織)」が組織ビジョンです。
会社として多様な働き方を認めながら、互いに尊重し合えるカルチャーがあります。
働き方を重要視しながらも、サービスとしてはECという大きなマーケットにおいて、人々の日常に楽しみを提供中です。
ただ安く買い物ができるだけではなく、ソーシャルな繋がりを生み出すEC創りにチャレンジしています。
現在『カウシェ』では、エンジニア、営業、コーポレートなど、さまざまなポジションを募集中です。
退職後も有効なストックオプション制度や、希望に応じた働き方の柔軟性など、さまざまな働き方への取り組みも行っています。
中にはフルリモートで、海外や徳島で働いているメンバーもいます。
今まで就職先として、スタートアップを強く意識していなかった方や、大企業以外の選択肢に不安を感じる方もいるでしょう。
『カウシェ』なら、踏み出しやすさと働きやすさを感じていただける土壌が整っています。
『カウシェ』に少しでもご興味お持ちいただけましたら、お気軽にご応募ください。
気軽なカジュアル面談も実施しています。


取材を終えて、『株式会社カウシェ』は働き方の多様化が認められている会社だと思いました。

株式会社カウシェ』に興味を持った方は、ホームページをぜひチェックしてみてください。

▼JobQのSDGs特設ページはこちら!

SDGsへの取り組み | JobQ[ジョブキュー]

この記事は役に立ちましたか?

この記事に関連する転職相談
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料

この記事の企業

  • 東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目27番5号リンクスクエア新宿16階
  • インターネット
  • Q&A0件
■企業概要: 2020年4月創業の当社は、「シェア買い」アプリ「カウシェ」を2020年9月より提供開始。リリース初日に1000リットル以上の水が「シェア買い」されました。 iOS版リリースから現在までに、購買者数が約4倍に増えたほか、カウシェ掲載商品数は1500点以上に到達。今後も、多くの方に「シェア買い」購入体験を届けていきます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す