退職届を入れる封筒の書き方や選び方・入れ方を徹底解説!

退職届を入れる封筒の書き方や選び方・入れ方を徹底解説!

退職届を入れる封筒の書き方やマナーを知らない方も多いのではないでしょうか。この記事では、退職届の書き方や選び方、入れ方のマナーについて紹介します。退職届の封筒の書き方を知って、スマートに退職を進めてみてください。

退職届を入れる封筒の書き方

退職届は封筒に入れて提出する必要があります。

しかし退職届を入れた封筒の書き方について、詳しく分からない方も多いのではないでしょうか。

ここでは、退職届を入れる封筒の書き方を確認していきましょう。

まず、以下の点に留意して書くのを忘れないでください。

  • 黒いインクのボールペンで書く
  • 間違えた場合は新たな封筒を用意する

当たり前のことかもしれませんが、今一度頭に入れておきましょう。
 

封筒の表面の書き方

退職届用の封筒の書き方のポイント
退職届の封筒の表面には、「退職届」と記入します。

書く場所は、封筒の中央で少し上に書きましょう。

なお、退職届の封筒に宛名は不要です。「退職届」のみを大きく書いてください。

前述したように、もし書き損じをした場合は修正ペンや二重線などは使わず、新しい封筒に書き直しましょう。
 

封筒の裏面の書き方

封筒の裏面には、「所属」「氏名」を左下に書きます。

所属部署と氏名は正式名称のフルネームで書いてください。

封筒を閉じる必要はありませんが、もし退職届の封を閉じる際は、「〆」と書きましょう。

封筒を閉じていないからといって、マナー違反になるわけではないため安心してください。

退職届を入れる封筒の選び方

次に、退職届を入れる封筒の選び方を見ていきましょう。

どのような封筒でも良いわけではなく、ふさわしい封筒があります。

具体的なマナーは以下の4つです。

  • 白色の封筒を選ぶ
  • 郵便番号表記がない封筒を選ぶ
  • 中身が見えない二重封筒を選ぶ
  • 退職届の書類に合わせたサイズの封筒を選ぶ

順番に確認していきます。
 

白色の封筒を選ぶ

退職届を入れる封筒は、白色を選んでください。

一般的に封筒は、白と茶色がありますが、退職届を入れる際は白色を選びましょう。

茶色の封筒は事務処理などにも使われるため、正式な書類を封入するには適切ではありません。

また白色の封筒は、清潔な印象を与えるのもポイントの一つです。
 

郵便番号表記がない封筒を選ぶ

封筒を選ぶ際は、郵便番号表記がないものを選んでください。

退職届は、ポストに投函する書類ではなく、手渡しで提出する書類です。

そのため郵便番号表記がある封筒はふさわしくないでしょう。

しかし、郵便番号の枠が書かれて封筒で提出しても、受理されないことはありません。
 

中身が見えない二重封筒を選ぶ

退職届は、重要な書類です。そのため中身が透けて見えないよう、二重封筒を利用するのがおすすめです。

二重封筒でなくても、中身が透けない素材の封筒でも問題ありません。
 

退職届の書類に合わせたサイズの封筒を選ぶ

当たり前ですが、中身である退職届がしっかり入るサイズの封筒を用意しましょう。

それぞれの用紙のサイズに合った、封筒のサイズは以下です。

用紙のサイズ 封筒のサイズ
A4(縦297mm/横210mm) 長形3号(縦235mm/封入口120mm)
B5(縦257mm/横182mm) 長形4号(縦205mm/封入口90mm)


細かいかもしれませんが、サイズにあった封筒を購入して提出を行なってください。

退職届の封筒への入れ方

退職届の折り
ここでは、退職届を封筒へ入れる方法を紹介します。

具体的には、以下3つのステップで封筒に入れるのがおすすめです。

  • 退職届は三つ折りにする
  • 開ける人が見やすい方向で封筒入れる
  • 封筒のフタを閉じる

それぞれ順番に見ていきましょう。
 

1. 退職届は三つ折りにする

退職届は三つ折りにするのがマナーとなっています。また三つ折りは、読み手を配慮した折り方でもあります。

なぜなら三つ折りは折り目が少なく、封筒から取り出してすぐに読めるからです。

実際に三つ折りにする方法はまず、文字が書いてある面を内側にして、下部分1/3を真ん中に向けて折り曲げます。

次に、残りの上部分を真ん中に向けて折り曲げたら完成です。

なお退職届の用紙の大きさ、または封筒の大きさにより、三つ折りでは封筒に入らないパターンもあります。

そのときは、4つ折りでも問題はありません。
 

2. 開ける人が見やすい方向で封筒入れる

退職届を三つ折りにしたあとは、開ける人が見やすい方向で封筒に入れます。

退職届の書き始めの部分が、封筒の裏側から見て右上になるように入れてください。

封筒を開けてから読むのがわかりやすい状態になります。
 

3. 封筒のフタを閉じる

封筒の種類によって異なりますが、封筒のフタを閉じることを忘れないようにしましょう。

のりや、テープ付きの封筒の場合は封をするのがマナーです。

のりやテープがついていない場合は、封をしなくても問題ありません。

退職届を郵送する場合の対応

ここまで退職届を手渡しする場合の対応を紹介してきました。

手渡しであれば、直接上司に渡すだけなので特に対応は不要です。

しかしさまざま事情により、退職届を郵送することもあるでしょう。

ここでは、退職届を郵送する際に必要な対応を解説していきます。
 

郵送用の封筒を準備する

退職届を郵送する際、退職届を入れた無地の封筒よりも大きい封筒が必要です。

結果として、封筒の中に封筒(退職届)が入っている状態となります。

郵送用の封筒のサイズは、以下です。
 

退職届 退職届の封筒 退職届を郵送する封筒
A4 長形3号(縦235mm/封入口120mm) 角型5号(190x240mm)
B5 長形4号(縦205mm/封入口90mm) 長形3号(120mm×235mm)


なお郵送する際は、大きい封筒の左下に赤いペンで「親展」と書くことを忘れないようにしましょう。

この「親展」とは、宛名とされている本人以外の人が封を開けないようにしてくださいという意味です。
 

添え状の同封が必要となる

退職届を郵送する場合、添え状の同封が必要です。

添え状とは、書類を郵送する際に添える手紙で、マナーとして入れておくのが無難と言われています。

添え状の作成は統一されていれば、手書きでもパソコンでも問題ありません。

退職届が手書きなのに、添え状はパソコン作成、などならないよう気を付けてください。

退職届の添え状の例文は、以下です。

拝啓 貴社におかれましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。

このたび一身上の都合で退職させていただくこととなりました。

退職届を提出させていただきますのでご査収の程宜しくお願い致します。

貴社の益々のご発展をお祈り申し上げます。

敬具

添え状の紙は、白地のものを使用しましょう。

まとめ

退職届の封筒の書き方について紹介しました。

退職届の封筒の表面には、「退職届」のみ記入しましょう。

裏面には、「所属」「氏名」を左下に書きます。

また、退職届を入れる封筒にもマナーがあるため、事前にしっかりチェックしておくのがおすすめです。

この記事は役に立ちましたか?

この記事に関連する転職相談
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料

関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す