副業と採用の関係性とは?正社員の副業が認められる時代に考えるべきことの画像

副業と採用の関係性とは?正社員の副業が認められる時代に考えるべきこと

働き方改革により、副業が推進されている今の時代。これから正社員が副業をしている場合、企業の採用にはどのような影響が出るのでしょうか?企業によっては副業を認めてそれを明言した上で求人掲載や人材採用を行う企業も出てきます。今回は副業と企業の採用の関係性についてご紹介します。これからの就職や転職のヒントにしていただけたら幸いです。ぜひ、参考にしてみてはいかがでしょうか?

副業している社員の企業の考え方とは

どこまでが副業?

副業とは、「本業のかたわらにする仕事のこと」となっています。(大辞泉より引用)

つまり副業について、具体的な範囲は一般的には明記はありません。そのために副業に関してさまざまな解釈がなされています。

広義の意味での副業については、その範囲は広く、自宅での内職、各種投資、ネットオークションでの販売業務、ネットを通じてのアウトソーシングで行う記事作成やアルバイト、別の会社で社員として勤務するダブルワークまでも副業に含まれると言われています。

一方、狭義の意味の副業では、会社の副業の禁止に抵触する副業をさすことが多くなっています。この場合の副業の定義は、「本業の業務に悪影響が生じること」「会社に直接的な損害を与えること」「会社で習得したスキルを外部に漏えいすること」などに該当しないで本業以外に副収入を得ることと言われています。

 

副業は企業にとってどのような存在か

企業にとっては、社員が行う副業をどこまで把握や管理を行うべきなのでしょうか。またどこまで把握していくようになるのでしょうか。

企業側からすると、先述のように社員が副業を行うにあたり、本業に悪影響を及ぼさないことなどを守れてくれているのかを、どうしても知りたくなります。

また、逆に今後は完全に副業禁止の原則を頑なに社員に押し付けていくことも難しくなると思っていると思います。昨今の政府の方針である「働き方改革」の影響で、厚生労働省や大企業が少しずつ副業・複業を認めるようになってきています。

まずは大企業から少しずつという流れになると思いますが、企業側の思いとしては、間違いなく性善説に基づいたスタンスで社員を見守るしかないということです。その性善説のスタンスを保つためには、企業側としては出来るだけ社員には素直に会社に申告してほしいと思ってくるのではないかと考えられます。

 

副業を禁止していた理由

今まで企業が、副業禁止をしていたのは、昔からの終身雇用制が常識だったことが大きく影響していました。しかし、その常識も今後の労働人口の減少の予測がより現実化してきたことと同時に、企業が人材採用コストの上昇と採用の手間がかかり困難になることを危惧してきました。

そのようなことで、企業側は、副業を認めることをしてでも今のうちから人材確保を重視しておきたいというスタンスに変わってきたのです。

時代の流れにより、企業にとって副業は、認めざるを得ない存在になっているのです。

関連相談

副業が普及し始めその規模を拡大している理由

昨今、本業をもつ会社員が行う副業は、必ずしも「現状の本業の報酬だけでは、生活ができない」や「本業に不満がある」という認識や思いから副業を始めるという訳ではありません。

考え方にもよると思いますが、主に3つの考えから副業を思いつくようです。

 

自分の知識を広げ可能性を試したい

1つ目に「自分の知識の幅を広げて、自分の可能性を試してみたい」ということです。

これは、本業ではある一定の業務しか担当していないためにその業務に慣れてくると、自分のやりたいことや、自分が他社や外部の社会ではどこまで通用するのか不安になったり、試したくなったりする心が出てくることで、副業を思い立つという流れです。

 

退職後も続けられる仕事が欲しい

2つ目に「本業の退職後にも続けられる業務を手に入れておきたい」という思いからです。

これは、昨年から「人生100年」という言葉が、政府から世間に普及してきました。また、平成25年4月から企業の実質的定年の年齢が60歳から65歳に延長しました。

それに伴いが、健康で65歳に達した場合その先、いわゆる「第二の人生」は、どのようなことで過ごしていくかを考える人が多くなったことから、暇にならずに適度に社会との接点をもち続けて自分を刺激していきたいと思う人が増えたことから、副業を思い立つという流れです。

 

経済的に心配のない生活をしたい

3つ目に「将来的に考えて経済的に心配の少ない生活を送りたい」ということです。

これは、経済的格差が広がってきていると一般的に言われると同時に、受給出来る年金額が将来的に下がっていくことが、法律的も制定され確実になってきている為に、退職金だけでは引退後の生活が漠然と不安に感じて、上記の2つ目の内容と重なり合うことで、今のうちに本業での報酬が無くなっても少しでも継続して収入を得るために、副業をしておくという流れになることです。

また、「セブンポケッツ」という思考が世の中に出回ってから、それを実現する為に副業を行うという発想が出てきたとも言えるのでないでしょうか。

関連相談

副業が採用にどのような影響を及ぼすのか

最近になって、企業によっては副業や複業を認めて、それを明言した上で求人掲載や人材採用を行うようなところも出て来ています。

確かに、まだ東証1部上場の会社のごく一部に限られていますが、確実に今後は採用に関して副業を容認したうえで人材確保をしていくスタンスの会社が増加していくでしょう。

今までは、副業をしているということを隠したうえで採用面接を受けなければならないという世間の風潮があったと思いますが、今ではそれが逆転して企業側よりも労働者側の方が強くなってきています。

関連相談

今後も労働者の副業の自由が認めらる?

先述のように労働者側の自由が容認されるような、つまり労働者側が強い環境は、今の時代の技術革新の過渡期だけではないかと考えられます。

いくら将来的に労働人口が減少するとはいえ、再び不況の波が来た場合やロボット化などの業務の効率化・非人間化が普及した場合には企業側が再び強くなるのではないかと予想しています。

その時代には俗にいう大企業では、業務の効率化・非人間化を一気に進めていき、人材採用枠自体を小さくし、そのIOT化などの時代に対応して、会社の経営結果に成果を残せられると思われる人材を中心に最低限度での採用を行うようになると思われます。

また中小企業においては会社の忠誠心がどこまであり、会社の例えば残業命令を臨機応変に対応してくれる人を募集し採用していく風潮に変わってくると思います。

この流れは、いままでの色々な事例から、時代の流れのスパイラル化で時代回帰の中で順々に訪れてくるのではないでしょうか?

いつの時代にも、その時代の流れに乗れた人がその後も生き残っていけるのではと思います。

関連相談

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は副業と採用の関係性についてご紹介しました。

これからの就職や転職のヒントにしていただけたら幸いです。ぜひ、参考にしてみてはいかがでしょうか?

この記事に関連する転職相談

副業をしているのですが、会社にバレないようにするコツみたいなのはありますか?

現在、副業をしています。 ネット関係の副業をしています。会社は副業を禁止にはしていないです。が、社員が副業をしているとの話は聞いたことないです。 会社が副業を禁止しているわけではないのですが、副業をしていることをバレたくないです。 ...

新卒一年目にオススメの副業って何が挙げられますか?

新卒一年目にオススメの副業って何が挙げられますか? 現在、都内のとある会社で働いているのですが、月収は手取りで19万円程です。 ひとり暮らしをしているため、この収入だとギリギリなので、副業を検討しているのですが、新卒一年目となると自分...

会社が副業解禁したので、儲かる副業を教えてください。

勤めていた会社が副業を解禁しました。 まだ周りで副業を始めている人はいないのですが、やってみたいと思います。 儲かる副業って何がありますかね?

安全な副業ってありますか?おすすめのサイトを教えてください

副業元年なんて言われて、周りの同僚や友人がみんな副業を始めました。 僕も本業以外に収入源を手にすることは大事だと思うのですが、安全な副業なんてあるのでしょうか? 副業は基本的にサイトだと思うので、安全な副業サイトがあれば教えてください。

正社員で働きながらアルバイトをしている人教えてください!

正社員で働きながらアルバイトをしている人教えてください! 土日の時間が勿体ないと感じておりバイトを検討しています。 確定申告やマイナンバーなどで勤務先にバレたりしませんか? また、働くのならどの様な勤務形態がやりやすいですか?

超大手企業でもダブルワークが推奨されていくとおもいますか?

働き方改革など、様々な改正が行われています。 近年では、副業推奨などの声が高まりつつあるように思うのですが、それでも日本の老舗大手企業はこういった波に対して抗う事が多いのではないか?と個人的に思っています。 が、実際に内部はどのよう...

公務員って副業しても良いのでしょうか?

将来公務員として安定した仕事をしたいと思っている大学生です。 公務員としての給料では足りない気がしているので、副業をしてお金を稼ぎたいと思っているのですが、公務員は副業できないと聞きました。 公務員は本当に副業をしてはいけないのでし...

20代サラリーマンで1億円持っているのですが、使い道を教えてください。

こんばんは。 私は現在26歳でサラリーマンをしているものです。 先月に副業で1億円を稼ぎ出すことに成功しました。 しかし、もちろんここまでお金を持つのは初めてなので使い道がわかりません。 投資とか、遊びとか、色々あるとは思いますが、...

趣味のアプリ開発や株、FX、仮想通貨は副業に入りますか?

趣味のアプリ開発は副業に入りますか? また、それを収益化していない場合はどうですか? また、株やFX,仮想通貨で稼ぐことは副業に入りますか?

会社で副業が禁止なのですが株は副業に含まれますか?

副業が最近流行っているので、自分も副業を始めたいと思っています。 ただ、会社で副業が禁止されているため、中々始められず悩んでいます。 普通は株は禁止される副業だとは思っていないのですが、売買目的となると処分の対象になりそうで、少し不安...

この記事に関連する記事

パラレルワークとは?新しい働き方としてのメリット・デメリットを徹底解説します!

パラレルワークという働き方が増えていることをご存知ですか?実際にどんな事例があるのか、パラレルキャリア・副業・複業と...

【問題ない?】派遣で働いている人は副業してもいいのか?徹底解説

派遣で副業をする場合について詳しくご存知でしょうか。この記事では、派遣で働いている場合に副業はばれるのか、派遣で副業...

【必ず効果がある】年収を上げる方法を、転職や副業なのど徹底解説

「給料を上げたいけど、どう頑張ったら上げられるの?」こんな悩みを抱えるサラリーマンは少なくないはず。給料を上げようと...

副業はOKなの?正社員・契約社員にわけて書いていきます

副業がOKな会社はどれほどあるのでしょうか?日本政府は働き方改革により副業を容認していますが、正社員だけでなく契約社員...

副業でクビになることがある?職種に分けて見ていきます

副業でクビになることはあるのでしょうか?公務員と正社員、そして銀行員で比べてみたので、ぜひ参考にしてみてください。さ...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー