【海外の転職に対する考え方】日本と海外の転職事情を比較しましたの画像

【海外の転職に対する考え方】日本と海外の転職事情を比較しました

転職に対する考え方が海外と日本ではなぜ異なるのでしょうか?日本の転職事情と海外の転職事情を比較するとポジティブかネガティブに考えられているかでしょう。日本はネガティブに考えられ、海外はポジティブに考えられます。なぜこのような二極化して考え方になるのでしょうか?今回は海外と日本での転職に対する考え方の違いについてご紹介します。ぜひ、今後のキャリアを考える際に参考にしていただけると幸いです。

6123

転職に対する考え方は日本と海外で異なる

日本とアメリカでは雇用に対する考え方がどのように違うのでしょうか。外国人が日本で仕事をする場合、日本人とのコミュニケーションもさることながら、仕事への考え方が違うことで日本人が理解に苦しむことが多いようです。

ここでは様々な観点から仕事に対する考え方の違いを日本と海外とで比較したいと思います。
 

 

日本の転職事情

終身雇用制が一般的な日本。最近は変わりつつあるのかもしれないですが、まだまだ新卒で入社した会社で一生働き続けるのが普通のことであるといった風潮があります。

そして、転職回数が多かったり、勤続年数が短いと、忍耐力がない、など指摘されます。転職コンサルタントから、新卒で入社した会社には2年はいたほうが良い、20代での転職回数は2回までにしたほうがいい、というアドバイスをもらうことがあります。

今の日本では、転職とはマイナスなことなのかもしれません。転職=その会社で頑張れない、といったイメージでとらえられることが多いようです。
 

 

海外の転職事情

海外では、仕事ができる人はすぐに他の会社から声がかかります。

もしくは、より給与、待遇のいい会社に転職をします。つまり、仕事ができる人ほど他に需要があるので、よりいいところへどんどん転職をしていくのです。不満があるのであれば、その会社に長くいようとはしません。

他に行き場所がない人のみ、不満を抱えながらその会社で働き続けるのです。これが、海外の欧米スタイルです。周りの同僚はより待遇のいい会社を見つけるとどんどん転職をしていきます。

仕事ができる人からいなくなります。

だからこそ仕事ができる人はチャンスをつかんでいきますし、成長もしていきます。

関連相談

アメリカの転職の考え方とは

一つの会社で色々な職種を経験し、その会社のジェネラリストの育成を目指している日本企業と異なり、アメリカでは、個人個人の能力が重視されます。

プロスポーツ選手が、現状の能力を新しいステージで活かしたいと考え新しいチームへ移籍するのと同様に、一般企業でも、自分の今の実績と能力があると新しい会社への道が開けていきます。

スポーツの世界では、生涯一つのチームでプレーする選手ばかりではないのと同じように、企業でも、同じ職種だったとしても、時の変化やライフスタイルの変化とともに自分が身を置きたい環境が異なってくるのはごく自然なことだと思います。

そして、アメリカ人の労働市場はそうした発想で成り立っているので、人の動きも多く、労働市場も活発化しています。

日本のように、一定の年齢を過ぎたら転職が厳しくなるということは一概にはなく、もちろんチャンスは限られてくるかもしれませんが、技術や経験が豊富で、その人自身が価値ある人であれば、アメリカでは、年をとってからでも、転職の機会は十分存在するのです。

 

違いはどこ?日本とアメリカの転職率

終身雇用が崩壊しつつあるといわれている日本。

とはいえ、転職組はまだまだマイノリティな印象があります。アメリカには終身雇用という概念がなく、どの企業も通年で採用を行っています。そのため、スキルアップやキャリアアップ、収入アップを目的に転職する人が多いようです。

また、アメリカでは18歳から46歳のあいだに、11以上の仕事を経験するとか。なんと勤続年数半年未満という計算になります。

日本では勤続年数20年以上という人が23%。そんなに日本人からすると、「せっかく苦労して入った仕事をすぐに退職してしまうなんて……」ともったいなく思ってしまうかもしれません。

新卒一括採用がいまだメジャーな日本は、転職事情も世界の国とは少々異なっているようです。

 

アメリカで転職は当たり前

アメリカ米企業の転職は日本の転職事情とは全く異なり、よっぽどの事が無い限りネガティブに取られる事は少ないです。

勿論超短期間で転職を繰り返していたら、日本と同様マイナスイメージになりますが、1年位の転職ならば全然普通なんです。そしてレベルアップして復帰してくる事もあります。

全てがきちんとシステム化されているから、そんな短期間でも要領よく把握する事が出来たんだと思います。入れ替わりが早いから、きちんとしたシステムがないと引き継いでいけないのでしょう。

逆に日本の中小企業で終身雇用的に長く働いている人達の中には、俺がずっといるから大丈夫、とシステム化せずにいる所が未だにあるかもしれませんね。

関連相談

アメリカ人はなぜ転職を繰り返すのか

仕事の楽しさを大切にしている

転職の風潮について話をすると、多くの人が仕事をする理由から話してくれました。お金のためだけに働いているわけではないのだから、楽しくなくちゃ意味がない。

創造性に欠けていたり、仕事に対する意欲が低下してきたり、同僚とうまくいかなかったりとそんな理由も仕事を変える一因になるようです。お金を得るために仕事をする、というよりも、自分のやりたいことをやってお金を得る、という考え方が強いようです。

だからといってお金を気にしていないというわけではなく、昇格や昇給のためにスキルを磨く努力も絶やさないようです。
 

 

実力主義

日本では「何年働いているか」で給与が決まることが多いですが、アメリカでは「何ができるか」で給与が決まります。いくら長期間勤続していても、できることが増えなければ給与が上がることはありません。それどころか、リストラの危機にさらされます。

逆に言えば、できることは多くても、それを証明できなければ昇格・昇給は難しいです。そのため、学校に通ったり資格を取ったりして証明できるものを得ます。

アメリカは「資格社会」とも言いますが、資格を重視しているというよりも、資格によって自分の能力が証明される、というその後ろ盾を重視しているようです。
 

 

通年採用

アメリカには決まった採用の時期はありません。新卒者であっても、就活は学校を卒業してしばらくアルバイトをしてから、インターンをしてから、旅行をしてから、など様々なんです。

また、前述のように自分のできることを伝えるには証明が必要なので、在学中に就活をすることはありません。卒業しない限り卒業証明書はなく、まだ何もできないに等しいからです。

入社時期が様々なので、会社を辞めたとしても次の採用シーズンまで待たずに次の仕事を始めることができます。そのため仕事をやめるタイミングも、始めるタイミングも自分次第なのです。
 

 

頭打ちの給与

最も大きな理由はこれだと思います。日本では勤続年数が長いほど給与が上がっていくのが一般的ですが、アメリカは能力ベースで給与が決まるため、同じ仕事内容、同じポジションに留まっていても給与が上がることはありません。

他の会社に動くことで給与の増額が見込めそうな場合、上司から転職を勧められることさえあるそうです。「同じ会社に2年以上勤めた人は生涯賃金を比較するとそうでない人の50%以下の給与しか得られない」という調査結果さえあります。

一社での平均の賃金上昇率は3%なのに対し、転職の場合は10~20%であるため、このような状況が生まれるそうです。転職が多いと給与も信用も下がる日本とは大違いだと驚きました。

このように転職の現状について知るにつれて、確かに労働者にとって転職はメリットの大きいことだとわかりました。しかし、雇用者にとって新しく入ってきた人たちのトレーニングを毎日のようにしなくてはならず、そのコストがかさむのではないか確認しました。

 

アメリカの企業内ではジョブトレーニングがない

すると、アメリカでは企業内でのジョブトレーニングはほぼ行いません。その代わりにカレッジや大学で学び、証明書を得て、求められるスキルを身につけていることを証明した上で転職するそうです。

つまり、社会全体で転職を支える流れができているのです。ある意味アメリカのカレッジや大学は職業予備校化しています。そして日本の大学は就職予備校化しています。

どちらの傾向も、大学は学問を究めるためにあるべきだという意見には反しているようにも思えますが、社会のために学問を究めるという意味ではアメリカ型があるべき姿のように思えます。

関連相談

日本と海外での大学の生活の比較

日本の大学生活

日本の大学生生活は「就活のネタ作り」が中心にあります。

多くの時間をアルバイトに割き、ネタ作りのためにサークルに所属し、イベントに参加し、面接で上手く話せることが最終目標になってしまっています。

面接の際に聞かれる内容も、「何ができるか」というスキルではなく、「何をしてきたか」という経験が主になります。

 

アメリカの大学生活

アメリカの大学生生活は「就職ためのスキル作り」が中心なんです。様々な授業を取る中で自分の関心を探り、専門分野を決め、就職に直結するような授業を取ります。

何をしてきたかも重要ですが、それ以上に何ができるようになるか、必要なスキルから逆算して勉強に励んでいるように感じます。

考えなしの転職には賛成できませんが、自分の適性を見極めた上で自分の本当にやりたいことをするために転職をする、何度でも挑戦できる、そうして社会全体として人材を育成していくことは大切なことだと思います。

関連相談

日本でも転職は当たり前の時代?

近頃日本でも、新卒者の3年以内離職率は大卒でも3割以上です。

3年経ってからの転職者も考えると、多くの人が転職を経験しています。終身雇用制度を前提とした退職金制度は20年前は92%の会社で採用されていたのに、現在は75%とかなり減っており、この先も減少の見込みです。

また年功序列制度も多くの大企業が廃止を廃止すると発表し、同じ会社で長く働けば働くほど給料が上がっていくシステムもなくなりつつあります。

人手不足を背景にかなり転職がしやすい状況となり、入社3年以内を対象とした第二新卒の需要が大幅に増加。さらにかなり厳しいとされていた35歳以上のミドル層の転職もかなり活発に行われるようになりました。もはや転職は珍しいようなものではなく、当たり前のものになってきてます。

全くすることを考えない、検討すらしないことのほうがおかしなことである状況になっているのです。転職を悪いことであるという認識はもう捨てるべきです。

関連相談

最後に

いかがでしたでしょうか?

今のままその会社で同じような仕事をし続け定年を迎えることになるのであればそれはそれで問題ありません。

しかし何十年と働いていく中でいつまでもその会社が続いてくれるとは限りませんし、会社自体の方針、方向性が変わります。

そればかりは自分の力ではどうしようもないことです。だからこそそうなってしまった時のリスクを考えて柔軟性があり、他の会社でも通用する働き方をしていきましょう。転職は、現在はもう当たり前の時代になっています。

現状に満足していようがしていまいが関係なく、一つの選択肢としては持っておくべきだし、そこにメリットがあると感じたなら挑戦してみるべき価値があると言えるでしょう。

登録しておきたい無料転職エージェント

おすすめの転職サービス

エージェント名 おすすめ度 特徴
リクルートエージェント 5

国内最大級の求人数

パソナキャリア 4.8

独占求人が多い

type転職エージェント 4.2 首都圏での転職に強い


以上の転職エージェントを利用することがおすすめです!

公式HPはこちら
・リクルートエージェント:https://www.r-agent.com/
・パソナキャリア:https://www.pasonacareer.jp/
・ビズリーチ:https://www.bizreach.jp/
・type転職エージェント:https://type.career-agent.jp/

この記事に関連する転職相談

アメリカやフランスの企業でも解雇される基準は日本と変わらないですか?

アメリカやフランス現地の企業で突然解雇される基準というのは、日本とさほど変わらないのでしょうか。

50代のSEがアメリカから日本に帰国しても就職できますか?

現在アメリカでSEとして働いています。 家の都合で日本に帰国を考えています。 年齢が50代前半ですが、日本に帰国しても、仕事は見つかりますか? やはり、派遣、正社員とも年齢で採用してもらえでしょうか? お給料の相場はどのくらいなのでしょう...

海外から二つオファーを頂いているのですがどちらがよいですか?

海外で二つエンジニア関連のオファーを頂いていて悩んでいます。ちなみに私のスペックは海外の4大卒業見込みの情報工学学んでいるものです。(コードはあまりかけず、Leetcodeのeasy問題に苦労しています笑) ①A社(SI企業) 開発はほぼしていない。主に海...

海外留学と就職活動の時期が被るのですがどうすればいいですか?

留学経験者の方々へ質問です。 韓国の大学に通っている大学3年生です。 今年の9月から1年間、中国の大学に交換留学することになったのですが、来年から始まる日本での就活のシーズンとどうしても被ってしまうので、就活に影響が出ないかすごく悩んで...

強みは持っているが海外進出できていない中小企業の見つけ方はありますか?

ニッチでとても強力な製品を所有しているが人材不足で海外販売・進出ができていない中小企業はどうやって見つければいいでしょうか。 当人10年以上、日本人と海外企業の間にブリッジのような役回りで仕事をしてきたのですが、どちらかというと外資系...

憧れの海外のエンジニアの年収が全然高くないのですがどうすればいいですか?

私はエンジニアとして、日本で数年外資系の企業で働いていました。 その人脈もあり、アメリカの企業を紹介してもらい、エンジニアとして2年ほど働きその後フリーランスに転向しました。 しかしフリーランスになると思っていたより年収を上げることが...

海外で仕事をする時にに大事にすべきことはなんですか?

下記以外で海外で働くことを視野に入れた場合に大切にすることは何でしょうか。 ・英語を話せること。 ・意見を持つこと。 ・常に謙虚で、死に物狂いで働くこと。 ・Noと言えるようにすること。 ・自分を大切にすること

海外に就職を考えたときに取るべき行動はどんなことがありますか?

もし海外就職をしたいと考えた場合に取る行動は下記のうちどちらにするべきなのでしょうか。 ・その国の転職エージェントへ登録する。 ・Linkedinやwantedlyを使って探す。 ・その他

海外の企業から日本の企業へ転職することは、困難なのでしょうか?

現在、海外ベースで外資系のCAをしています。職種はいくつか経験していますが、海外生活が15年以上になります。 仕事では管理職レベルで、身体への負担が大きい以外は、待遇も職場の雰囲気や同僚にも恵まれている方だと思います。オンとオフの切り替えも...

新卒カードを捨ててプログラマーとして海外で働くのはもったいないですか?

私はバリバリの文系の現役大学生ですが、プログラマーという職業に憧れ勉強を始めました。 Rubyを選び、フロントエンドから少しずつかじって、Ruby on railsでデータベースの構築からアプリ開発に至るまで一つポートフォリオを作り終えたレベルです。 文...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー