• HOME
  • 転職
  • 【2回目の転職】不利を有利に転換して採用を得るための手引き

【2回目の転職】不利を有利に転換して採用を得るための手引き

転職2回目でも転職を成功させるポイントとは何でしょうか?注意しなくてはいけないのは、20代と30代では同じ2回の転職でも企業の捉え方は全く異なるでしょう。30代の場合は少なくとも1社は長く勤務したと捉えられますが、20代の場合は、すぐ辞める人材なのでは?と判断される可能性が高くなります。ですので職務経歴書などは自分を判断してもらう材料として重要な書類です。今回は転職2回目でも転職を成功させるポイントについてご紹介します。ぜひ、参考にしてみてはいかがでしょうか?

2回目の転職が1回目の転職より難しい理由

新卒として入社した会社が自分には合わず、転職を経験したことのある人も少なくないはずです。

初めての転職の場合、「仕事が合わなかった」「職場の雰囲気に馴染めなかった」「違った仕事をしてみたい」といった理由でも、あまり不利にならず転職活動を進めることができますが、2回目の転職となると採用担当者の捉え方も変わってきます。

なぜなら、2回目の転職は退職理由よりも「少しでも合わなかったり、辛かったりすれば、また、転職してしまうのでは?」という先入観が大きくなるからです。

もちろん、1社目か2社目のいずれかを長く勤務していたのであれば、その先入観は薄れますが、2社共、早期に退職をしているのであれば、いかにすぐに辞めないかをアピールできるかが、転職成功への鍵を握ってきます。

ここでは、やむを得ず2回目の転職を決意した人に参考となるようなことをご紹介していきたいと思います。

2回目の転職でも20代と30代では違うのか?

同じ2回目の転職でも20代と30代では、企業側の捉え方も異なってきます。20代後半や30代であれば、少なくとも1社は長く勤務していた実績がありますので、「すぐに辞めるのでは?」という印象を持たれることはありません。

ただ、20代前半で2回目の転職となると、2社とも長く勤務していないので、「すぐに辞めるのでは?」という先入観はどうしても持たれてしまうことになります。

採用担当者は人材を確保するために、多くの時間を採用活動に費やしています。

長く勤務してくれる人材を確保できれば、採用業務に従事する時間が減りますので、やはり、すぐに辞めないというアピールが重要になります。

2回目の転職で力を発揮する職務経歴書とは?

2回目の転職活動においては、履歴書と共に職務経歴書の出来栄えが合否を左右するといっても過言ではありません。

多くの企業は、面接前に書類選考を設けますので、魅力のない職務経歴書では、面接にすら進めないケースが多くなってしまいます。

ここでは、採用担当者の目に止まるような職務経歴書の作成の仕方について考えていきたいと思います。

 

履歴書と送付状と共に送る職務経歴書

書類選考は、通常、履歴書と職務経歴書を企業に郵送する形を取ります。

もちろん、指定された書類だけを送付すれば良いのですが、そこに送付状を添えることで、誠実な人物という印象を与えることができます。

封筒の中に何が同封されているかを示す送付状は、ビジネスの世界では基本的なことです。

ビジネスマナーの基本を心得ていることをアピールするためにも、送付状は必ず添えるようにしましょう。そのような小さな心配りが、履歴書や職務経歴書に目を向けて貰うきっかけとなります。

職務経歴書の記入形式に適した用紙サイズ

職務経歴書の記入の仕方は、時系列形式、逆時系列形式、職種別形式と大きく3種類に分けられます。

ここでは、その3種類のそれぞれのメリットをご紹介しますが、用紙サイズは、スタンダードなA4サイズで作成するようにしましょう。

 

時系列形式

自身のキャリアを過去から現在の順に並べて記入する形式です。

過去から順を追って、経験してきたことや積み重ねてきたスキルを説明できるので、最もスタンダードな記入方法だといえます。ただ、1社目の職歴が短いとそれが先頭に記載されますので、それが際立ってしまうのがデメリットといえます。

 

逆時系列形式

現在から過去へと遡って記入する形式です。

採用担当者は直近のキャリアに興味を抱く傾向があります。自身の誇れる職歴が直近の企業である場合に検討したい形式です。
 

 

職種別タイプ

時系列にではなく、自身のスキルや経験を軸に記入する形式です。

これまでの成果や経験が中心になりますので、アピールしたい部分を強く訴えることができます。専門的なスキルを強調したい人や、豊富な職種経験がある場合に適しています。

職務経歴書を記入するときのポイントについて

転職活動で職務経歴書は必須の書類です。

この書類の内容によって、内定が決まるかどうか左右されると言っても過言ではありません。では、記入する際に注意する箇所、ポイントはどのようなとこでしょうか?

ここでは、職務経歴書に関する書き方のQAがJobQに投稿されました。早速見てみましょう。

職務経歴書の書き方のポイントや注意点はありますか?

新卒3年目です。初めての転職活動をスタートしました。

現在は小売業界で働いていますが、別の業界で営業としての転職を希望しています。

職務経歴書を書いているのですが、記入の際に注意するべきことや記入の際のポイントを教えていただければと思います。

ぜひ回答のほどよろしくお願いいたします。

人材業界3年、その後人事として採用・制度・労務などに関わっています。

職歴書は営業資料です。チラシと言い換えても良いかもしれません。つまり「この商品(人材)が欲しい(採用したい)な」と思わせることがゴールです。

営業職を目指しておられるということですので、営業職を募集する会社が「欲しい」と思うような内容を盛り込むと良い、ということになります。

では、営業職を募集する会社が「欲しい」要件を分解してみます。たとえば以下のような感じでしょうか。

・自社製品を売り込むトーク力
・顧客のニーズを引き出す傾聴力
・顧客の課題を自分ごととして捉えられる共感力
・自社製品と他社製品の違いを理解して顧客に訴求するまでのストーリーを作れるロジカルシンキング
・新規顧客を開拓できる行動力


ざっくりと思いつくままあげてみましたが、営業とひとくちに言っても会社によってものすごく違いますので、ほかにもあると思います。

この辺りは目指す企業の商材や営業スタイル、組織の感じにもよるので一概には言えません。

で、上記のような要素を持った人が欲しい、とした時に、職歴書には何を書くべきか、ということを考えていけば良いわけです。

ここは、「私の性格」とか「考え方」みたいな「目に見えないもの」ではなくて、「実際に取った行動」「実際に売上がどれだけ上昇したか」「(競争があったならば)何位を取ったか」「リピート率がどれだけ上がったか」など、ほかの人に聞いても同じように見えるもので表現することが大事です。

ポイントは
・「事実」と「考察(自分の考え)」を明確に分けて書く
・5W1Hを具体的に書く

というところだと思います。

というか、「いつ」「どこで」「誰が」「何を」「なぜ」「どのように」「どのくらい」の順で事実を抑えて書いていけば、そんなに大きくは外しません。

変な喩えかもしれませんが、よく伝記などで、「●●の***という性格をよく表しているこんなエピソードがある」的な書き出しで始まる内容がありますが、そんなノリで書いていくのが良いと思います。あの手の話は、「現実に●●さんが取った行動(事実)」から、「●●さんの性格はこうであったようだ(考察)」を引き出す、という流れで進むことが多いはずです。

そして、「ああなるほど」と思わされるわけです。

職歴書も同じです。

「私は優しい性格です」と書くよりも、「駅でおばあちゃんが重たい荷物を持っていたので運ぶのを手伝いました」と書いたほうが「優しいんだな」と思ってもらえるはずです(嘘くさいエピソードではありますが。笑)。

読み返してみて、自分のことがよくわかるなあと思えばまずは上等じゃないでしょうか。

次に、可能であれば自分のことを知る友人知人などにみてもらって、考察の部分があっているか(自己認知との整合性)をみてもらうというのも良いと思いますし、人材会社などでアドバイスを受けても良いと思います。

書類作成は結構大変ですが、一度良いものを作り上げてしまえばあとの変更などはそんなにものすごい労力にはなりません。

ぜひ頑張ってください。


との事でした。

相手が欲しい要件(人材像)を分解することを目的に記入すると良いようです。

また、事実と考察を分けて、5W1Hを意識して記入することがポイントのようです。とても完結で分かりやすい回答でした。

2回目の転職面接時に気をつけておきたいこととは?

活動を進めていくと面接の機会が増えてきます。特に2回目の転職である場合は、次のような点に気をつけるようにしましょう。

 

採用担当者の心象に作用する前職の退職理由

面接において、必ず前職・前々職の退職理由を質問されることになります。

「会社が倒産してしまった」など会社都合による退職であれば、話しやすいかもしれませんが、通常、前向きな退職理由というのは、あまり多くはないものです。

「職場の雰囲気に馴染めなかった」「仕事が合わなかった」「待遇が不満だった」「将来が不安であった」など理由はさまざまだと思いますが、隠すことは難しいので、話せる範囲で正直に話をするようにしましょう。

ただ、あまりにも正直に話してしまうとネガティブな印象しか残りませんので、転職の失敗を反省して、それを教訓にして2回目の転職活動を行っているといったように、最後はプラスの内容で締めくくるように心掛けましょう。

 

採用不採用に直結する志望動機と自己PR  

転職に限らず面接において、重要なポイントとなるのが、志望動機と自己PRです。まず、志望動機ですが、しっかりと企業研究した上で、自身の目指すべき方向と企業の求めるものが一致した内容であれば、採用担当者の心を掴むことができます。

ただ、求人内容を見ただけで分かるような志望動機、ホームページを軽く見た情報による志望動機だと、逆にネガティブな印象を与えかねませんので、企業研究を深く行っているイメージが与えられる志望動機となるように考えてみましょう。

また、自己PRは応募企業のメリットに繋がる内容であれば、プラスの印象を与えることができますので、自分のPRに終始するのではなく、応募企業のメリットに繋がるような内容にしていきましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか?

2回目の転職を成功させるには、年代や一社ごとの経験年数にもよりますが、「すぐに辞めるかもしれない」というイメージを払拭することが鍵を握るといえます。そのイメージを払拭するには、履歴書や職務経歴書、面接を通じて、「今回が最後の転職」ということをアピールできなければなりません。

特に一社ごとの経験年数が短い人は、どうしても強い先入観を持たれますので、その先入観を上回るような熱意をアピールする必要があります。ただ、今は売り手市場でどの企業も人材確保に頭を悩ませていますので、2回目の転職という理由だけで足切りされることは絶対にあり得ません。

ですので、しっかり戦略を練って転職に挑みましょう。

登録しておきたい完全無料な転職サービス

おすすめの転職サービス

  エージェント名 実績 対象
1位 リクルート 5 30代以上 
2位 ビズリーチ 4.5 ハイクラス層
3位 パソナキャリア 4.3 全ての人


以上の転職エージェントを利用することがおすすめです!

公式HPはこちら
・リクルートエージェント:https://www.r-agent.com
・ビズリーチ:https://www.bizreach.jp
・パソナキャリア:https://www.pasonacareer.jp

この記事に関連する転職相談

家庭の事情でオーストラリアから帰国しようと考えています。ですが転職に関して不安で、皆さんのご意見をお聞きしたいです。

私は現在オーストラリアの企業に勤めている29歳の女です。もともと海外で働いてみたいという気持ちが強く、オーストラリアに留学し、オーストラリアの旅行代理店で勤め始めました。 ですが家庭の事情で帰...

生命保険会社の営業職は、口下手でもやっていけるでしょうか?

大学4年生理系の女子です。私は、80社ほど受けて、先日ようやく内定をいただきました。おそらく、口下手なことと専攻がどの企業とも関わりがないことが、就職活動が長引いた理由ではないかと自分では思って...

IT未経験ですが、転職する時は資格があった方が有利なんですか?

IT業界未経験ですが、IT業界への転職を希望しています。 私の担当している職は資格があったほうが、未経験で転職する際に有利なんですが IT業界の場合はいかがでしょうか? IT業界と...

摂南大学卒の派遣社員2年目で大手総合商社への転職は可能ですか?

摂南大学卒業の、派遣会社の正社員(派遣労働者)1年目です。 2年目となる来年度以降、大手の総合商社に転職したいと思っています。 「摂南大学卒業」の「派遣社員」の「2年目」では大手総合商社への...

上場企業の小会社→スタートアップ→上場企業というキャリアは歩めますか?

現在、一部上場の小会社で営業職を担当しています。 学生時代は将来のことも特に考えずに内定を頂けた企業の中から、一番知名度がある企業を選び就職しました。 しかし、実際に入社してみると仕...

英語が大好きで英会話講師になったのですが、正直面白くなく、転職を考えている25歳の女です。アドバイスをお聞きしたいです。

英会話教師からの転職を考えている25歳の女です。 私はもともと英語が大好きで英語の専門学校に進み、今の英会話学校に就職しました。 ですが、私が本当に英語を使ってしたいことは教育なのではないと...

新卒ですがこの時期に会社を辞めても次の会社に転職できますか?

新卒のものです。転職を検討しています。 理由は自分の聞いていた仕事内容と実際の仕事内容が全く違うからです。 会社を退社し、別の会社へ転職ができるのであればしたいのですが、この時期に転...

小売業(イオン、セブンアンドアイ、イトーヨーカドー含め大手小売等)の嫌なところはどんなところでしょうか?

現在、男、28歳、金融機関→メーカー法人営業(今ここです)→小売業(商業施設運営、イオンモールやらららぽーと.パルコ、アリオ等)に転職を考えていますが、小売業に初めて飛び込むかたちとなります。 ...

転職先を考える時に重視するポイントはどこでしょうか?

会社員です。 今の職場の仕事はつまらなくなってしまいました。 そこで転職を考えているのですが、どこに着目して活動するのが良いでしょうか? 今まで見た企業ページには大体良いことしか...

入社後と入社前との会社のギャップがすごいので転職を検討していますが、相談にのって下さい

長文で失礼します。私は現在、某カーディーラーに営業として勤めています。今年の4月から新卒として入社したのですが、営業活動をするにあたって営業車がなく、なおかつ本部からは営業目的で試乗車等会社の車...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す