【第二新卒で中小企業へ転職?】メリットとデメリットをご紹介の画像

【第二新卒で中小企業へ転職?】メリットとデメリットをご紹介

第二新卒の転職先として、中小企業を転職先として考えてはいますか?新卒の時にはあまり就職先として考えていない方も多いですが、中小企業には大企業にない魅力があります。もし大企業が自分に合わないと感じたのであれば、ぜひ転職先として中小企業を考えてみてください。今回は、大企業と中小企業を比較し、それぞれの魅力について紹介していきます。

485

中小企業と大企業の違い

転職先として中小企業を考えている方も多いのではないでしょうか?まずは、中小企業と大企業の違いについて見ていくことにしましょう。
 

中小企業への転職は狙い目

中小企業と大手企業の転職市場における違いは、人材不足の深刻さです。中小企業の場合は、良い業績を継続して上げ続けていたとしても、知名度の低さから転職者からの人気が集まりにくく、それが人手不足に直結しているという現状があります。

しかし、第二新卒として転職を希望している方は、しっかりと中小企業も志望企業としてピックアップするべきでしょう。転職に使うことのできる時間が長いため、余裕を持って調査することができます。

知名度には反映されない中小企業の良さを知った上で、エントリーする企業を吟味していきましょう。
 

ベンチャーと大企業の違いは?

JobQに、ベンチャーと大企業の違いについて質問が投稿されていたため、紹介します。

ベンチャーと大企業両方で働いた事のある人に質問です。一番の違いはなんですか?

ベンチャーと大企業両方で働いた事のある人の聞いてみたいのですが、両者の一番の違いは何ですか?

大手のweb会社からweb系のベンチャー企業へ転職しました。
手をあげれば仕事を任せてもらえる環境、会社の方向性が社員にまで伝わるスピード感には大きな違いを感じています。

前職もメガベンチャーと呼ばれる企業だったので一般的な日経の大手企業と比べると裁量権もある方だと思いますし、スピード感もあった方だと思いますが。

まあ小さな組織で大手に負けないようなバリューを出そうと思うと…続きを読む

大手にはないスピード感があるとのことで、やはりやりがいは感じることができるようです。

関連相談

大企業と中小企業のそれぞれの魅力は?

JobQに、大手企業と中小企業の比較に関する質問が投稿されていたため、紹介します。

大手企業の安定と中小企業でやりがいならどちらをとりますか?

インフラの大手企業とメーカーの中小企業に内定を頂きました。どちらを選ぶか迷っています。

インフラの大手の方は、ルーティンワークの仕事内容やキャリアプランの遅さがネックです。名前は有名なのと安定しているため、誇りを持てます。

メーカーの中小の方は広報配属予定です。仕事内容にやりがいを感じられそうと思ったのですが、その企業がつくっている製品自体に魅力を感じられないのと、規模が大きくないため、世間体が気になります。

どなたかご意見、アドバイスをいただけるとありがたいです。

大企業でも潰れる時は潰れる時代なので、キャリアを積める中小に一票入れておきます。
誇りでお金は稼げませんが、キャリアはあなたを裏切りません。

製品に魅力がないなら、大手企業で広報や事業企画を目指すとまた違ったキャリアが描けるかもしれませんが。

その比較だと大手だと思いますよ。

その中小企業に特に魅力を感じていないのに行く理由が無いと思うからです。加えて今後数年は安定性の高い企業に…続きを読む

中小3社後に大手に入ったものです。
個人的には、後から大手に入るのは至難の業なので、まずは大手に入って本気で上目指して頑張った方がよいかと思います。

5年ぐらいやってみて…続きを読む

やはり大手企業と中小企業にはどちらにも魅力があるため、一概に比較することはできません。

転職先として考えるのであれば、自分のやりたいことをしっかりと明確化した上で、それが叶えられる場所を、企業の規模を問わず考えて見ることが大切なのではないでしょうか。

関連相談

第二新卒で中小企業に転職するメリット

それでは、第二新卒が中小企業に転職するメリットにはどういったものがあるのでしょうか?

今回は、以下の点からメリットを紹介します。

  • 裁量の大きさ
  • 賃金の柔軟性
  • 内定の貰いやすさ

それでは、詳しく見ていきましょう。
 

裁量の大きさ

第二新卒が中小企業に転職するメリットは、なんといっても「裁量の大きさ」にあると言えるでしょう。

もちろん前職を退職してしまった理由によって、中小企業に向いているかどうかは異なります。しかし、「やりがい」や「人間関係」が退職理由となっている方には、ぜひ中小企業を志望先として一度考えてみてください。

大企業であれば、キャリアをどう歩むのか、また部署内でどういった仕事を行うのかというものは、固定化されてしまっていることが多いです。しかし中小企業に転職することで、自分のやりたい仕事を枠を超えて行うことができたり、自分でキャリアを選択できたりすることがあります。

新卒して入社した企業で、あまり自分らしい働きができなかった、周りの決まったやり方になじまなかったと感じる方であれば、中小企業で自分らしさを取り戻すことができるかもしれません。
 

賃金の柔軟性

また、大企業では確立されてしまっている賃金についても、中小企業のほうが柔軟性があると言えます。

大企業では年功序列の仕組みが残っているところも多く、成果が報酬に直結しないと感じる方も多いです。しかし中小企業では人手不足が深刻な問題であるため、成果を残すことができれば、大企業よりも早く大きな仕事をすることができるでしょう。

さらに、短期間でキャリアアップやスキルアップし、将来のビジョンに近づきたいという方には、中小企業への転職がおすすめです。
 

内定の貰いやすさ

そして、何と言ってもライバルの数が少なく、内定をもらえる可能性をアップさせるというメリットが、中小企業を第二新卒として志望する場合には隠されています。

「少なくとも数ヶ月間で次の仕事を見つけたい」「無職の時期を極力短く済ませたい」という方は、大企業と中小企業のエントリーする割合を整理し、内定を得やすい中小企業の情報収集にも注力することをおすすめします。

関連相談

第二新卒で中小企業に転職するデメリット

もちろん、中小企業に就職すれば、大企業では得られていたものを失う可能性もあります。

中小企業に転職するデメリットとして、以下の点が挙げられます。

  • 給与が低い
  • 職場環境が悪い

それでは、詳しくみていきましょう。
 

給与が低い

中小企業は大企業と比較した場合に、平均の給与が低いという点がデメリットです。そのため、新卒として入社した会社の給与体制に不満があったという方には、中小企業をおすすめすることはできません。

厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」によると、企業規模別の賃金は以下のようになっています。

  男性 女性
大企業 38.7万円 27.0万円
中企業 32.1万円 24.4万円
小企業 29.2万円 22.3万円


【参考】平成30年賃金構造基本調査 結果の概要

上の表から分かるとおり、やはり企業規模が大きい方が賃金が高い傾向にあります。

また、仕事のスムーズさにおいても、中小企業よりも大企業のほうが圧倒的に上でしょう。特に営業であれば、ネームバリューのある大企業であれば、すんなりと契約を取得できるかもしれません。
 

職場環境が悪い

職場における人間関係は、労働環境に最も影響を与えるといっても過言ではありません。人間の移動が激しくない中小企業においては、やはり人間関係が問題になることもしばしばあることでしょう。

職場環境の整えられ方についても、大企業のほうが優れていると言えます。残業代のチェックや勤怠管理などは、組織構造がしっかりしている大企業に利点が上がりそうです。

またリモートでの働き方やフレックスタイム制など、個人の自由な働き方についても、大企業の方が制度が確立していると言えるかもしれません。

関連相談

ホワイト中小企業の見分け方

以上のように、中小企業への転職についてはメリットとデメリットの両方があることがわかります。

それでは、中小企業の中からホワイト企業を見つけるためには、どういった判断基準を用いれば良いのでしょうか?JobQに投稿された質問から紹介していきます。

優良中小企業の探し方を教えて下さい。

優良中小企業の探し方を教えて下さい。

大手企業、ベンチャー企業と経験してきているのですが、あまり自分の思ったような働きがいのある環境ではありませんでした。

どのようにしたら、持続的な成長を続け、社員を大切にしてくれるような企業を探せるのでしょうか。

入社を希望する企業の社員さんに何人も会い、会社の雰囲気や気になる情報を入手することが重要だと思います。

現在は転職活動中ですか?中小企業への入社を検討している理由はなんですか?

優良中小企業の定義づけによるかと思います。

持続的な成長を続ける事と社員を大事にすることは必ずしも相関関係が強くなく、また逆もしかりといった事もございます。

大手企業は持続可能性は高いですが、それはきちんと売上高人件費率や固定費の管理を行っているといった側面があります。企業は安定しますが…続きを読む

 

中小企業の選び方とは

中小企業で自分のあった企業を選ぶ基準としては、やはり業績が一番の基準となります。企業のホームページなどで業績が公開されているのであれば、そこから会社の経営状況を判断するべきでしょう。

営業職であった場合には、知名度は成績の上げやすさに直結し、経営の安定性は福利厚生に反映されます。転職先として志望する場合には、ここ数年間の実績や従業員の休暇取得率、さらにボーナスの支払状況などをチェックしておきましょう。

もし自分に合わない中小企業を選んでしまうと、また新たに転職活動を行わざるを得ない状況に陥るかもしれません。しっかりと事前に調査をした上で、面接などオフィスを訪れる際に、会社の雰囲気を確認しておくことが大切です。

関連相談

それでも第二新卒で大手に転職したい場合は

第二新卒として大手に転職したいという方は、「退職理由」と「適性と将来のビジョン」の2点を徹底的に整理することをおすすめします。

二次新卒を積極的に採用しているという事実に違いはないものの、残念ながらライバルの数は大企業のほうが圧倒的に多くなります。

そんな状況でも、退職した理由を以下にポジティブにまとめられるか、将来に向かう前向きさをアピールできるかが合否を分けるポイントなります。
 

大手に転職するときの退職理由のポイント

退職理由については「前向きな話にする」「自発的な言葉を使う」「自信を漂わせる」ことがポイントとなります。

25歳前に退職した方は退職理由は「人間関係」や「業務量」などのワードを用いて、正直な感情を話してしまいがちですが、大企業を志望する場合はネガティブな印象しか残すことができません。

仮に、「人間関係」や「業務量」などが退職理由であっても、エントリーする前に「御社では◯◯のような仕事ができると感じた」といった前向きな表現を用いるようにしましょう。

さらに、面接中は「~してくれない」などのワードを用いない、落ち着いた表情やしぐさといった点にも気を配りましょう。
 

大手に転職するときの将来のビジョンのポイント

将来のビジョンも明確にしておくことは必須です。

大手企業には本心からやりたいことがあり、将来の自分の姿になるために必要だからこそ、転職活動をしているという第二新卒者も少なくありません。

そのため、やはり自分の理想像をしっかりと明確化した上での転職活動が必要です。

そして、自分の適性とあわせて「◯◯歳になる頃にはマネージメント能力を身に着け、私の行動力を発揮して御社に貢献したい」といった具体的な発言が必要となります。

基本的に5年後くらいのイメージがもてていれば良いとされていますが、10年後やそれより先のビジョンを確認されることもあるため、しっかりと自分の人生について深掘りしておきましょう。

第二新卒で大手に転職することはできるか

「それでもやっぱり大手が良い!」という方はたくさんいらっしゃると思います。

JobQにこんな質問が来ていたのでご覧ください。

第二新卒でも、大手に転職することは可能ですか?

学生時代の就職活動では自分の望む企業には入れませんでした。

内定を頂いたのが唯一現職のみだったので、入社したのですが、志望していた大手企業への憧れが捨てきれないでいます。

第二新卒でも大手企業には入れますか?回答いただけると幸いです。

可能性はあると思います。企業が求めているのは、優秀な人材なので。

ただ、なぜ大手が憧れなのでしょうか?

大手企業ならなんでもいいぐらいな感じで就職されたが社風が会わず第二新卒で転職を考えている方が、ここでつい最近質問されていましたので、対象的な状況だなぁと思いました。

ご自身が力を発揮しやすい環境も重要なのでご注意を。特に、会社が大きくなればなるほど官僚的になったり、内向きになったりするので、この価値観と合わないと結構ツライですね


この回答から見ると、不可能ではないといったところでしょうか。大手にしろ中小企業にしろ、合うか合わないかはとても重要になりそうです。

他にも質問がありますので、こちらも確認してみましょう!

第二新卒が中小企業から大手企業へ転職するのは難しいですか?

第二新卒です。

現在、中小企業で働いています。まだ1年半ではあるのですが、営業成績は順調に伸ばしていて、20代の成績でみても常に、5位以内に入っています。

中小企業と言っても、地方の企業で社員数は300名程います。

私は、元々東京で働きたいと考えていたのですが、親の意向もあり、今まで一度も地元を離れたことはありません。

どうしても東京で、そして働くなら社員規模も大きなところで働きたいと考えているのですが、やはり、自分のような中小企業出で、ろくに大きな成果も残せていないようでは、転職は難しいでしょうか?

300人以上の会社だと限られて来ますよ。

東京で働きたいのか、大きな会社で働きたいかは別に考えた方が良いです。東京に出たいだけなら会社の数は多いので大丈夫です。

大きな会社だとあなたの実績次第なので、可能性はあるとしか言えないです。東京の方が会社が多いので見つかるとは思いますが転職活動は地方からだと大変かも知れません。

転職活動は在職中にやる方が良いです。


というように、中小企業から大手企業への転職も実現することは可能です。新卒時に入社することができなかった会社でも転職するチャンスもあります。

一度、転職エージェント等で話を聞きにいくのも一つの手段といえるでしょう。

第二新卒にオススメの転職エージェント

ハタラクティブの総合評価

  • 求人量:3.2 ★★★☆☆
  • 20代転職へのオススメ度:4.2 ★★★★
  • サポート体制:3.9 ★★★★

未経験転職に特に強いのが、ハタラクティブです。

契約社員、派遣社員、正社員と幅広く転職するチャンスがあります。

フリーターから正社員へキャリアアップの実績も多数あり、丁寧なサポートを受けることができます。

✔公式HP:https://hataractive.jp/


ウズキャリ第二新卒の総合評価

  • 求人の質:4.2 ★★★★
  • IT求人量3.7 ★★★★
  • 内定率の高さ: 4.2 ★★★★

ウズキャリ第二新卒の特徴は内定率の高さです。

また、IT系の求人量が多く、経験の有無を問わず様々な方が転職するチャンスがあります。

このような実績はサポート体制が十分整っていることが一つの要因と言えます。

✔公式HP:https://kisotsu.daini2.co.jp/


リクルートエージェントの総合評価

リクルートエージェント

  • 求人量:4.6 ★★★★★
  • アドバイザーのの質:3.7 ★★★★
  • 内定率の高さ: 4.2 ★★★★

求人数は、リクルートエージェントが一番多いと言われています。

非公開求人が多く、実際にエージェントを利用してみると、思っていた以上に高待遇の求人に巡りあえるなんていうこともしばしばあります。

まず間違いなく、登録しておいて損はない転職エージェントと言えるでしょう。

✔公式HP:https://www.r-agent.com/map/

最後に

25歳前後の第二新卒者にとって、中小企業への転職は多くの点でメリットがあると言えるでしょう。

しっかりと実績を残すことができれば、他の大手企業の同年代よりも多くの裁量が与えられ、自分らしい働き方もしやすいといえます。そのため、仕事とプライベートの両立なども行いやすいというメリットがあります。

また、なによりも短期間で転職を終わらせたいという第二新卒にとっては、ライバルの少ない環境も中小企業をおすすめする大きな要因です。
 

転職を行う際には自己分析や志望動機、そして退職理由の深掘りなどをしっかりと行ない、知名度に左右されない企業の絞り込みを行ないましょう。

中小企業にも、最初に就職した会社を退職してしまった原因を埋めてくれる要素が隠されているかもしれません。

登録しておきたい完全無料な転職サービス

  エージェント名 実績 対象
1位 リクルート 5 全ての人
2位 ビズリーチ 4.5 ハイクラス層
3位 パソナキャリア 4.3 30代以上


以上の転職エージェントを利用することがおすすめです!

公式HPはこちら
・リクルートエージェント:https://www.r-agent.com/
・ビズリーチ:https://www.bizreach.jp/
・パソナキャリア:https://www.pasonacareer.jp/

本記事の初回公開日は2018年06月23日です。

この記事に関連する転職相談

中小企業向けのコンサルティング会社に入ったら転職しにくいのですか?

現在就職活動をしている学生です 大手のコンサルティング(アビームやデロイトなど)に落ちてしまい、中小企業向けのコンサルティング会社に入ったあとは大手へは転職しにくいのでしょうか?事業会社からの転職の方が簡単でしょうか? グローバルな案件...

大手企業の安定と中小企業でやりがいならどちらをとりますか?

大手企業で安定をとるか、中小企業でやりがいをとるか インフラの大手企業とメーカーの中小企業に内定を頂きました。どちらを選ぶか迷っています。 インフラの大手の方は、ルーティンワークの仕事内容やキャリアプランの遅さがネックです。名前は有...

中小企業のメーカーの広報から別業界の広報に転職できますか?

中小企業のメーカーの広報部から、全く別の業界、規模(音楽、芸能関係の会社)の広報部に転職できるのか 音楽、芸能系の会社を志望していたのですが、ご縁がなく、中小メーカーに内々定を頂 き、広報部配属予定とのことです。 しかし、ゆくゆくは音...

中小企業の地方都市ガス会社に就職したのですが転職は難しいですか?

地方都市ガス会社(中小企業)に就職しました。世間では難関私大と言われている大学出身のため、周囲が大手企業や公務員になっていることから、今後の自分のキャリアに希望が持てません。地方(というか田舎)のため、より条件の良い、大手企業に転職は難しそ...

中小企業なので雇用条件に乖離が不安なのですが大丈夫でしょうか?

国立理系19卒、社会人未経験既卒です。諸事情により在学中に就職活動をせず大学を卒業後就職活動を始め、エージェント経由で100人未満の中小企業に内定をいただきました。しかしながら中小企業であることから企業情報があまり手に入らず、エージェント経由...

開発系のIT中小企業では研修後に仕事がないことは普通ですか?

今年の4月にIT系の中小企業にしました。ほとんどが下請けでの開発です。入社後3か月間の研修期間でVisual BasicとPHPの学習が終わって、今月からプロジェクトに配属されるはずだったのですが、「C#の案件に入ってもらうことになった。発注側の会社でまだ案...

IT系中小企業のエンジニアの手取りが20万以下は少ないですか?

IT系の中小企業で働いている3~4年目のプログラマー/エンジニアの手取りが20万円以下は少ないですか?

中小企業の社長が異業種交流会に参加することをどう思いますか?

中小企業に勤めているのですが、社長が毎週1回早朝に開催される異業種交流会に出席しています。そのサイトやフライヤーを見てみたら、文面のいろんなところに「本気」とか「人間力(人間性)」とか書かれていて胡散臭いと思ってしまいました。スタートアッ...

中小企業から大手企業に転職すること現実的に厳しいですか?

中小企業から大手企業に転職ってできますか?

強みはあるが海外進出できていない中小企業の見つけ方はありますか?

ニッチでとても強力な製品を所有しているが人材不足で海外販売・進出ができていない中小企業はどうやって見つければいいでしょうか。 当人10年以上、日本人と海外企業の間にブリッジのような役回りで仕事をしてきたのですが、どちらかというと外資系...

この記事に関連する記事

中小企業の退職金事情とは|経営者向けの共済制度についても解説

退職金制度があるかないか、金額がいくらくらいかは、就活生や転職希望者にとって企業選択の重要な要因です。この記事では中小企業の退職金事情について、平均相場や制度を含めて分りやすく...

【中小企業への就職】中小企業を選ぶメリットやデメリットとは

就職活動を進めていくうえで、大企業に入りたいのか、中小企業に入りたいのか迷う人も多いのではないでしょうか。中小企業に就職することはメリットもありますが、反対にデメリットもありま...

【働き方改革の中小企業への】影響って?優先すべき2大項目をご紹介

皆さん、働き方改革による中小企業への影響をご存知でしょうか。この記事では、働き方改革で中小企業が優先すべき2大項目や、働き方改革法の中小企業における適用時期などご紹介致します。ま...

大手・中小・海外別に監査法人を徹底解明!働くならどこがいいのか

監査法人は大手、中小、海外等様々な規模や形態であります。今回は大手監査法人の特徴や働くならどこの監査法人がおすすめなのか等をご紹介していきます。日本には大手だけでなく、準大手と...

【徹底解説】家族手当をもらうための条件について解説します

家族構成や企業ごとによって、支給される額や支給のされ方が異なる家族手当について解説した記事になります。家族手当とはどのような手当なのか、民間や公務員の方が家族手当をもらうための...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー