メガバンク 年収 銀行

メガバンクの年収ランキング│地方銀行との比較や年収のあげ方を徹底解説!

三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行みずほ銀行、のメガバンクの年収について、ランキング形式で比較してみました。メガバンク3社の年収推移や初任給、給料事情や年代別年収からメガバンク業績比較までご紹介します。さらに、銀行員総合職の平均年収やキャリアプランについても解説しているので、ぜひご覧ください。

177006

メガバンク銀行員の平均年収ランキング

2021年の8月に東京商工リサーチが国内銀行の平均年間給与調査の結果を発表し、各銀行の平均給与が明らかになりました。

最初に、メガバンクの給与ランキングをご紹介します。

銀行名 年収(万円)
三井住友 842
三菱UFJ 773
みずほ 729


メガバンクとは、巨大な収益規模や資産を所有する銀行、もしくは1兆ドル以上の総資産を持つ銀行のことです。

日本では、ランキングに取り上げた3行が3大メガバンクとして知られています。

2021年度の平均年収は三菱UFJ銀行・みずほ銀行の2つは前年度よりも減少しており、唯一三井住友銀行は約136万円(1.64%)増加していました。

しかし、実際のランキングを細かく見ていくと、年収トップの三井住友銀行に次いで上から順に、あおぞら銀行(808万円)・東京スター銀行(801万円)・新生銀行(788万円)がランクインしています。

さらに三菱UFJの下には、千葉銀行(740万円)・静岡銀行(739万円)がランクインしていることがわかりました。メガバンクの中でも年収にかなりの差額が発生しています。

参照
三井住友銀行 平成30年度有価証券報告書
みずほ銀行 平成30年度有価証券報告書
三菱UFJ銀行 平成30年度有価証券報告書

みずほ銀行の年収

みずほ銀行の年収について、JobQに寄せられた質問をご紹介します。

みずほ銀行は他の銀行と比べて年収が低いのは本当?

みずほ銀行で働いたことはないですが、よく知っているのでお答えします。
確かに、他の日本の大手銀行と比較すると、給与は2割程度…続きを見る

三菱UFJ銀行の年収

三菱UFJ銀行の年収について、JobQに寄せられた質問をご紹介します。

三菱UFJ銀行システム部門の年収水準は高い?

基本的にはパソコンで管理されているので、きちんと残業代がつきますが、残業は多めだと思います。サービス残業は無かったです。毎年昇給があり、役付きになると手当てがつきます。賞与はエリアの実績、支店の営業と事務の実績、個人の実績の総合で判断され、…続きを見る

三井住友銀行の年収

三井住友銀行の年収について、JobQに寄せられた質問をご紹介します。

三井住友銀行の年収はどれくらい?

入社時は350万くらい。その後決まったタイミングで大きく基本給が上がる。+一般職:30歳で500万程度/総合職:30歳で900万程度。一般職は500−600万で頭打ちする。総合職は32歳位で…続きを見る

メガバンク銀行員の平均年収予測【年代別】

各社の有価証券報告書に基づいて算出された年代別の平均年収予測をご紹介します。

  • 20代前半
  • 20代後半
  • 30代前半
  • 30代後半
  • 40代

それでは、1つずつ見ていきましょう。
 

20代メガバンク銀行員の平均年収予測

20代前半のメガバンク銀行員の平均年収は以下の通りです。

また、メガバンク銀行員の初任給については、推定年収と共に次の章でご紹介していきます。

銀行名 単位(万円)
三井住友銀行 449
三菱UFJ銀行 429
みずほ銀行 412


続いて、20代後半の平均年収予測です。

銀行名 単位(万円)
三井住友銀行 568
三菱UFJ銀行 533
みずほ銀行 569


メガバンクは、初任給を各社横並びにしています。

3社とも、4年制大学の新卒時の初任給は、月額20.5万円院卒の場合は23.0万円です。

初年度は銀行員といっても他の一般企業と変わらず手取りも少ないですが、住宅補助などの福利厚生も整備されています。
 

30代メガバンク銀行員の平均年収予測

20代と同じように、前後半で分けて推測されています。

30代前半の平均年収予測は以下の通りです。

銀行名 単位(万円)
三井住友銀行 796
三菱UFJ銀行 806
みずほ銀行 780


続いて、30代後半の平均年収予測をご紹介します。

銀行名 単位(万円)
三井住友銀行 985
三菱UFJ銀行 1,003
みずほ銀行 864

メガバンクでは、総合職として就職することができると30代を超えたあたりから年収1,000万円に到達することができると言われています。
 

40代メガバンク銀行員の平均年収予測

最後に、40代銀行員の平均年収予測です。

銀行員は、退職時期が一般的な企業・公務員と比べて10年ほど早く、50歳で引退する人が多いため、年収のピークも40代ということになります。

銀行名 単位(万円)
三井住友銀行 1,134
三菱UFJ銀行 1,107
みずほ銀行 1,183

平均年収としてはかなり高い銀行員ですが、安定して高収入が得られるのはほとんどが総合職です。

現在は廃止され始めている「一般職」にあたる業務を行う行員の場合、採用数が少なかったり、AIの普及によって仕事がなくなってしまったりすることがあるそうです。

 

自分の市場価値知りたくありませんか?

ビズリーチでは登録者の70%以上が市場価値を知るために利用しています。

ビズリーチの公式サイト
▶︎https://www.bizreach.jp/

転職を考えるときにはまず自分の市場価値を知ることか大切です。

ビズリーチに登録しておくことで、スカウトを受けることができ年収UPする人が続出しています。
 


ビズリーチ転職後の平均年収

  • 30代:840万円
  • 40代:960万円

今すぐ登録してまずは市場価値を確かめましょう!
 

未経験の職種へのチャレンジはハタラクティブがおすすめ!!
ハタラクティブの公式サイトはこちら
▶︎ https://hataractive.jp/

メガバンク銀行員の初任給と初年度推定年収

メガバンク3社の初任給は以下の表のとおりに設定されています。

銀行 大卒(円) 大学院卒(円)
三井住友銀行 205,000 230,000
三菱UFJ銀行 205,000 211,000~
みずほ銀行 205,000 230,000


続いて、初年度の年収を推定したものがこちらです。

銀行 大学卒(万円) 大学院卒(万円)
三井住友銀行 321 360
三菱UFJ銀行 321 330~360
みずほ銀行 321 360

参照
各企業の新卒採用 募集要項
国税庁 民間給与実態統計調査

新卒募集要項と、国税庁のデータをもとに、初年度年収を予測すると以上のようになります。

こちらのデータでは、メガバンク3社の初年度年収に類似した値を取ることが予想できます。

月給の12ヶ月分 + 賞与

賞与に関しては、国税庁の民間給与実態統計調査にある、給料における賞与割合をもとに推定しています。

比べてみると、メガバンク3社の初年度年収は、日本の平均初年度年収より水準が高いことが分かりました。

メガバンク銀行員の平均年収【総合職】

銀行員の総合職に就職すると、キャリアのフローはほとんど以下のように決まっています。

  • アソシエイト(1~3年目)
  • シニアアソシエイト(4年目~)
  • 課長代理/部長代理(7年目~)
  • 課長/次長
  • 副支店長/次長
  • 支店長/部長

課長代理/部長代理からは、いわゆる管理職と呼ばれるポジションに就くことになります。

最速でも就任まで7年ほどかかると言われており、個人差があるようです。

アソシエイトからシニアアソシエイトに昇級する際も、人事の評価を受けるまでに個人差があるため、順調に進んでも4年目からの昇進ということになります。

銀行は年功序列の風潮が根強く残っている職場なので、勤続年数と経験を着実に踏んでいくことがマストになります。

メガバンク銀行員の年収は高い!1,000万を超える?

メガバンクに務めると年収1,000万円を狙うことができると言われています。
 

30代で1,000万円を狙うことができる

一般的には、「管理職(課長代理/部長代理)」のポジションに就いた頃に年収1,000万円が見えてくるようです。

早ければ30代前半、遅くても30代半ばから後半には目指すことができます。

総合職でなくても、平均年収は一般的な金額よりもかなり高い職業です。

厚生労働省が行った令和2年賃金構造基本統計調査よると、36.1歳時の銀行員の平均年収は570万円です。

月収にするとおよそ36万、さらに年間の賞与は約130万円を超えることがわかりました。

参照:賃金構造基本統計調査(厚生労働省)
 

みずほ銀行の平均年収はなぜ低い?

冒頭でご紹介した通り、みずほ銀行の平均年収はトップ層や他のメガバンクと比べると少し少ない傾向にあります。

その理由として、みずほ銀行の週休制度が影響している可能性がありました。

2020年の10月より、みずほフィナンシャルグループは希望する社員が週休3~4日で働くことができる制度を導入し、メガバンクの中では初めての事例にあたります。

目的としては、資格取得など、スキルアップのための時間に活用してもらったり、育児・介護の両立をしたりすることがあげられます。

社員の生活やキャリアの充実に優先度を置いた結果の週休増加制度ですが、勤務日数の減少に応じて平均年収も下がっているのです。

週休3~4日制度を利用することになった場合の年収を、有価証券報告書に記載のあった平均年収を参考に独自算出したところ、以下の表のようになりました。

週休数

平均年収 (万円)

通常 735
3日 588
4日 441

今回の制度は基本給の60%・80%ですが、こちらは賞与などの手当を含んだ年収から算出しています。

みずほでは、2019年10月にメガバンクとしては初の副業を解禁しています。

この制度で、より新しい働き方やキャリア形成ができるのではないでしょうか。

参考
みずほが週休3〜4日制]日本経済新聞
 

メガバンク大卒女性銀行員の年収は高い?

銀行員の総合職に採用されるのはこれまでほとんど男性でしたが、現在では女性でも採用されることが増えていることがわかりました。

配属は人事部次第ですが、本人の希望や適性を受けて所属が決まり、男性と同じようにノルマが課せられ、実績に応じて昇格していきます。

メガバンクの場合、総合職として勤務する女性の割合は全体の2~3割で、全国・国外への転勤もあるそうです。

男性社会ではありますが、実力主義な業界であることに変わりないため、成績を残しているのに男性よりも年収が低い、ということはありません。
 

メガバンク銀行員の年収のあげ方

銀行員として、年収をあげるには2つの方法があります。

  • 管理職になる
  • 同業界での転職
  • スペシャリストを目指す

成果主義・実力主義かつ年功序列の風潮が強い銀行では、勤続年数と経験が最も昇格・昇級に繋がりやすいため、もっとも着実に年収アップにつなげることができることがわかります。

また、同業界での転職も年収アップに繋がることがあるようです。

もともと務めていた銀行での経験値やスキルを活かして、転職先で自分の求めるキャリアプランに近づける可能性があります。

また、ファイナンシャルプランナー(FP)トレーダーコンサルタントなどの業界でキャリアチェンジをして年収をあげることもできます。

メガバンク銀行員の将来性

メガバンク3社の将来性について以下の2点からご紹介します。

  • メガバンク3社の業績推移
  • 銀行業界の将来性

では、見ていきましょう。
 

メガバンク3社の業績推移

銀行 売上高(兆円)
三菱UFJ銀行 5.33
三井住友銀行 3.46
みずほ銀行 3.3

参照:各企業の有価証券報告書

メガバンク3社の中では、三菱UFJがトップクラスの業績で、三井住友とみずほの業績に少し開きがあることが見て取れます。

今後のメガバンク3社の業績の変化にも注目していきたいところです。
 

銀行業界の将来性

銀行や証券をはじめとした金融業界の将来性は、一体どのようなものなのでしょうか。

結論から言うと、金融業界の将来は明るいものではなく、大きな変革が必要になるといわれています。

日本は、1990年代のバブル崩壊後、銀行の金利が低くなったことで銀行にお金を預けることをしなくなりました。

その結果、銀行にお金が集まらなくなり、銀行側が運用できる預金が減ったりと悪循環が起きていきます。

そのため、今後の銀行は収益性をあげるためにコスト削減や新たな技術の導入をしていく必要があるのです。

具体的には、FintechのIT技術や未使用の口座維持費用や紙の通帳を新規に発行する際の費用負担を顧客に課すといったことが挙げられるでしょう。

実際に、メガバンクのほとんどがそう言った取り組みを始めています。

さらに詳しく、知りたい方は以下のページを参照ください。

関連記事
【銀行業界】の将来性

メガバンク銀行員と地方銀行員の年収の違い

初任給の面ではメガバンクと地方銀行に大きな差はありあせん。

地方銀行の平均年収は約630万円ほどとされています。

冒頭でご紹介した数値から算出すると、メガバンク3行の平均年収は約780万円です。

地方銀行とメガバンクの平均年収は150万円ほどの差がありますが、どちらも高年収であることに変わりはありません。

メガバンクは全国展開していることが多いため、全国に向けた出向・転勤をする可能性が高いのに対し、地方銀行は限られたエリアでの勤務が多い勤務スタイルになります。

女性が結婚や子育てなどを考えている際に、転勤などの負担を軽減させる目的で、年収も高水準で勤務地の大きな変化がない地方銀行を選ぶのも1つの方法です。

関連記事
【京都銀行】の年収

京都銀行社員の30代の年収はどれくらい?

京都銀行で働くものです。地方銀行の中ではまずまずの高水準ではないかと思う。

実際に入社10年の30代の時点で年収は…続きを見る

メガバンク銀行員の年収についてのまとめ

今回は、メガバンク銀行員の平均年収について、ランキング形式でご紹介してきました。

日本三大メガバンクのうち、最も平均年収が高いのは三井住友銀行(842万円)、続いて三菱UFJ銀行(773万円)、最後にみずほ銀行(729万円)でした。

銀行員という職種全体で見ると、平均年収のトップは変わらず三井住友銀行でした。

しかし、三井住友銀行から三菱UFJ銀行の間に、地方銀行やメガバンクよりも規模を小さく展開している銀行がランクインしています。

そのため、メガバンク=絶対的な権威を持っている、という考えは安直だと捉えられることもあるかもしれません。

銀行員は、昔から収入面でかなり安定していて将来性があるとのことで人気な職業でした。

しかし、現在はAI技術の導入により、より優秀な人材だけが求められるようになっていることや、一般職や総合職の区別を廃止している銀行も増えています。

順調にキャリアを重ねていくことで、ほとんどの銀行員は高年収を狙えるようになっていますが、銀行員からの転職を考えている人が増えていることも事実です。
 

完全無料!転職エージェントおすすめランキング

  転職エージェント/公式サイト 総合評価
1位 マイナビエージェント
 https://mynavi-agent.jp/

4.7 ★★★★☆
2位 レバテックキャリア
 https://career.levtech.jp/
4.4 ★★★★
3位 ビズリーチ
 https://www.bizreach.jp
4.3 ★★★★
4位 リクルートエージェント
 https://www.r-agent.com
4.2 ★★★★
4位 パソナキャリア
 https://www.pasonacareer.jp/
4.2 ★★★★
6位 JAIC
 https://www.jaic-college.jp/
4.1★★★★
7位 ハタラクティブ
 https://hataractive.jp/
4.0 ★★★★
8位 第二新卒エージェントneo
 https://www.daini-agent.jp/
3.8 ★★★☆

 

1位 年収アップを目指すならマイナビエージェントがおすすめ!

2位 IT業界で年収アップなら目指すなら業界大手のレバテックがおすすめ!


この記事は役に立ちましたか?

この記事に関連する転職相談
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料

この記事の企業

  • 東京都千代田区丸の内2丁目7番1号
  • 銀行・信用金庫
  • Q&A24件
株式会社三菱東京UFJ銀行は設立日は1919年(大正8年) 8月15日である。代表者氏名頭取は小山田隆である。資本金は17,119億円 (平成28年3月末、単体)で、従業員数は35,214人 (平成27年3月末、単体)である。支店等は国内 766、海外 75 (平成27年3月末現在)で、本店所在地は東京都千代田区丸の内二丁目7番1号である。
  • 東京都千代田区丸の内1丁目4番1号
  • 銀行・信用金庫
  • Q&A16件
株式会社三井住友銀行(英語表記:Sumitomo Mitsui Banking Corporation)の取締役会長は北山禎介である。資本金は17,709億円で、本店は東京都千代田区丸の内一丁目1番2号である。従業員数は29,495人で、拠点数は国内本支店数440ヵ所(出張所、代理店等を除く)、海外支店は17ヵ所(出張所、駐在員事務所を除く)である。総...続きをみる
  • 東京都千代田区大手町1丁目5番5号
  • 銀行・信用金庫
  • Q&A12件
株式会社みずほ銀行 (Mizuho Bank, Ltd.)の金融機関コードは0001である。発足日は2013年7月1日で、資本金は1兆4,040億円である。所在地は(〒100–8176)東京都千代田区大手町1–5–5(大手町タワー)である。電話は03–3214–1111(代表)で、代表者 取締役頭取は林 信秀(はやし のぶひで)である。従業員数は27,...続きをみる

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す